IMG_4628
(平日でもロード乗りは結構いました。写真に写り込ませたのは高校生の自転車部のようです)
Canon EOS 50D Canon EF-50mm F1.8


行きは天国帰りは地獄、荒川CR~彩湖3周87kmライド

23日。2月の気温としては異様に暖かい18℃以上、ほぼ無風の環境下、彩湖まで行って帰ってきました。
彩湖に行くのは初めて。ここは関東のロード乗りのメッカの一つです。
行きは本当に天国でした。暖かく、春の気配があり、太陽も時折顔を見せ、爽やかなライドでした。

当初、この日は100km以上のライドを計画していました。
しかし18時に用事があり、遅くとも17時までには帰らないといけないという時間制限があるにもかかわらず、家でgdgdしてしまい出発は午後12時ちょうどに。100kmライドは諦めました。
しかしせめて彩湖には行きたい!と思ったため、終始急ぎ足、休憩や補給を怠った結果、そして下準備の不徹底が、帰り道に地獄へと誘ってくれました・・・

ルート


ルート概要

スタート地点〜荒川CR〜彩湖3周〜荒川CR〜スタート地点。
計87.87km。

目的・条件・装備

  • 彩湖に行って帰ってくる
  • deuter raceにCANON EOS 50D入れて装備
  • ケイデンス90前後維持
  • 目標巡航速度28km以上

道中の出来事・トラブル

暑い、2月の気温じゃないよこれ!

天気予報では最高気温が17℃と4月中旬並の気温でした。
インナー、ミドルレイヤー、アウターと着込んで走っていたため、途中暑くてやってられなくなり、ミドルレイヤーを脱ぐ羽目になりました。それでも暑かったです。
あとはグローブが冬用だったのですが、これも暑かったですね。
これぐらいの気温だとインナー、ミドルレイヤーに春夏用グローブでも良かったかもしれません。
2月とは思えない暖かい日でした。それ故に走ってて気持ちよかったですねぇ。

荒川CRには春の気配

IMG_4619
Canon EOS 50D Canon EF-50mm F1.8

荒川CRの随所で自生している菜の花が咲き始めていました。
もうしばらくすれば土手一面に自然の菜の花畑が広がります。楽しみですね。
往路ではとにかく楽しいことしかなくって、浮かれていましたよ・・・。

フォークからの異音、再び

吉見町でのライドで発生した異音。ヘッドパーツの増し締めで解決したはずでしたが、再発しました。やはりハンドルに負荷をかけてダンシングしている時、とくに車体を右側に傾けた際発生します。
ヘッドパーツのトルクを強めたり弱めたりしましたが、試行錯誤しても異音は完全には収まりませんでした

フォークを分解清掃する技術は持ってないので、これはもう諦めてショップ行きですね・・・

⇒【ロードバイク】異音の原因究明と解決

追記:2015/03/03

【ロードバイク】異音問題をショップにて解決してもらった

タイヤレバーを喪失する

Panaracer(パナレーサー) タイヤレバー [3本セット] PTL
Panaracer(パナレーサー)
売り上げランキング: 5
痛恨のミスです。
異音問題に対応するためにツールケースからX-toolを取り出した際、タイヤレバーを落としたか、置き忘れたようで気づかずそのまま家に帰ってきてしまいました。

自分が使っているのはPanaracerのタイヤレバーで、3本の内2本を持ち合わせていましたがこれを喪失。
家にある1本だけではタイヤやチューブの交換が出来ません。/(^o^)\ナンテコッタイ。
高額なアイテムではなかったのが不幸中の幸いですが、悔しい思いをしました。残念無念です。

両足のふくらはぎを攣る

彩湖を周回している途中、左ふくらはぎに違和感を感じました。
悪い予感を感じながらも走り続けていたら案の定、軽く攣ってしまい、そして復路途中、左ふくらはぎを労りながら走っていたら右ふくらはぎも攣りました

いずれも走行不可能なレベルの強烈な攣りではなかったため、立ち止まるようなことはしませんでしたが、ペダリングがままならなくなったのは言うまでもありません。
踏み込もうとしても脚が攣りかけ、引き脚メインで回そうとしても攣りかけます。どうしろと\(^o^)/。

右脚の腸脛靭帯に違和感


両足を攣るだけならまだしも、復路途中から右脚の腸脛靭帯がパンパンに腫れて違和感を感じました
自分は昨年の始めにランニング中両足の腸脛靭帯を痛め、腸脛靭帯炎(ランナー膝)になっています。左側はだいぶ収まっているようですが、右脚はまだ回復途上です。どうやらそこに負荷がいっていたようで、とにかくペダリングが辛い

信号などの停止時にふくらはぎと太もものストレッチをしますが、筋肉がガチガチに固まっていて伸びてくれません。もはやアウターギアを使うことは出来ずインナーに落とし、足に負荷がかからないよう軽いギアで回すしかありませんでした。それでもペダルを回し続けることは出来ず、帰り道の平均速度は体感20km/h程度だったと思います。

膝のトラブルの原因はクリートの位置も関係しているそうなので、再度調整したいと思います。

帰り道、大雨に降られる

ふんだり蹴ったりとはまさにこのことです。
天気予報では曇マークが続いていたはずですが、復路でまさかの土砂降りに遭遇しました。
しかし夕方5時までに家に帰らなくてはならないということもあり、雨宿りも休憩も出来ません。
両足の異常に悪天候で、もはや写真を撮る心の余裕も失います。

ウェット環境での走行は初体験

雨の中ロードバイクで走るのは実は初めて。雨の日は命を奪いに来ると言われているグレーチングやマンホールの蓋に注意し、ウェット環境でのブレーキの効き具合を確かめながら走りました。

もちろんレインコートなど持ってるはずもなく、降り始めてすぐに頭の先から爪先まで濡れネズミ状態

幸いなことに、リュックを背負っていたおかげでこれが雨よけになり、体幹を雨から守ってくれました。お陰で体の芯部が濡れて全身が悴むことは避けられました。
また、時間に追われて休憩を取らず走り続けたことも体を常にホットな状態に保つことにつながったと思われます。

びしょ濡れの状態で休憩をとったり、リュックを背負っていなければ、かなりヤバかったかもしれません

CRに自販機が無く、補給を怠る

彩湖3週を終えたところでボトルに入れてきた水分を全て飲み干してしまいました。
周回起点の場所に自販機が一台だけあったのですが、ほぼすべての商品が品切れ

スポーツドリンクが飲みたかったので、帰り道に自販機見つけて買えばいいやと楽観して復路についたが運の尽き
荒川CR上に自販機はなく、水分を補給するためには荒サイから外れるしかありませんでした。

両足を攣り、腸脛靭帯にも異常。大雨に降られた上、時間にも追われる

こんな状況でとても荒サイから外れて自販機やコンビニに立ち寄ろうというという気持ちにはなれず、とにかく一刻も早く家に帰らねばと急ぎました。

しかし雨が降ろうと喉は渇きます。
雨と汗が混じったものを舐めて、「うわぁ汗うめぇwww」とか思いながら走ってました

ゴール3km前でようやく補給

FxCam_1424676819632
(命の水です)
結局、彩湖から荒川CRを抜けるまで休憩という休憩は一切挟まず走り続け、ゴール手前3km地点でようやく巡り会えた自販機で補給を行いました。
ポケットに入れていた補給食も一緒に食べました。
飲み物はエネルギーが枯渇しかけだったのでスポーツドリンクではなくコーラを選択。
こんなにコーラが美味しく感じられたのは数年ぶりでした


コーラパワーで立ち直り、無事5時に帰還。12時出発5時帰還。無理したなぁ。。。
帰りはまさに地獄ライドでした・・・死ぬかと思った。

走行を振り返って

IMG_4632
Canon EOS 50D Canon EF-50mm F1.8

彩湖は練習にもサイクリングにも最高の場所

帰りは最悪でしたが、彩湖はとても気持ちのよいサイクリングが出来ました。
道が広く、見通しもよく、程よい起伏が有り、そして何よりも沢山のロード乗りが走っていて刺激になります。
正直荒川CRを走っているよりもずっと楽しかったです。

また彩湖にはロード乗りだけでなく、家族連れ、犬の散歩、ラン、写真、ラジコンなど、様々な人達が思い思いの時間を豊かに過ごしていて、とても気持ちのよいところでした。埼玉県にこんないいところがあるなんて知らなかったなぁ。
ロードバイクをはじめたお陰で、また一つお気に入りの場所を見つけることが出来ました。
自転車の整備をしたらまた行くぞ〜。

長時間のライドをするときは天気予報は要チェック

自分が確認した天気予報ではずっと曇りマークでしたが、降水確率は40%でした。
大丈夫やろと思った結果、春の通り雨(土砂降りに)にやられたわけで、今後は道中でもこまめに天気予報を確認するなどした方がいいなと反省しました。

走る前のストレッチは必須


今回の両脚のトラブルを招いたのは走行前にストレッチをしなかったこと。これに尽きます。
ボトルには当初スポーツドリンクを入れていたので、電解質の不足は考えにくいです。
走行前の下準備を侮ったから、痛い目を見たといえるでしょう。

今後長距離を走るときはストレッチを徹底して、再発の防止に努めるとします。

修理したTOPEAK フラッシュスタンドスリムは良好

ある時いつの間にか壊れてたので修理したフラッシュスタンドスリムですが、今回のライドで試験運用しました。
写真でも使われている通り、使用感は上々。パテで留めた支柱の強度も問題ありません。
大成功です。

【ロードバイク】TOPEAK フラッシュスタンド スリムの修理


土砂降りで被害を受けたウェアやロードはメンテナンスしました

IMG_4635
IMG_4636
IMG_4637
Canon EOS 50D SIGMA AF 17-70mm f/2.8-4 DC HSM OS macro

今回のライドでRS8はもちろん、ウェアやリュックまで跳ねた砂や泥でめちゃくちゃに汚されました。
各種ウェアはメーカー推奨の方法で洗濯し、翌日ロードバイクは以下のメンテナンスを行いました。
  • チェーンの洗浄・注油
  • フレームの清掃
  • アクセサリー等の清掃
  • リム・タイヤの清掃
  • ブレーキシューに挟まった小石の除去
  • Rディレイラーのプーリー分解清掃・グリスアップ
  • Fディレイラー等各部要所に詰まった砂の除去・及びグリスアップ
  • ガラス系コーティング
ホント、雨のライドは地獄だぜ。


------------------------------
自転車  : ANCHOR RS8 EPSE
走行距離: 87.87km
平均時速: 23.00km/h
走行時間: 03:49:12
通算距離: 481.8km

より詳しい走行記録はここから閲覧可能です(runtastic走行ログ)
https://www.runtastic.com/ja/users/wind-bell/sport-sessions/401712783



TOPEAK(トピーク) フラッシュスタンド スリム
TOPEAK(トピーク) (2011-11-30)
売り上げランキング: 2,018

TOPEAK(トピーク) X ツール カラー:ブラック
TOPEAK(トピーク) (2011-11-16)
売り上げランキング: 36,303