鴻巣スタジアム周回コース
「bike route toaster」でコースポイントを付与している

平地周回でギア捌きと少しだけ高い強度で練習1時間

最近はもっぱら早起きして午前中に短い時間走るということが習慣になりつつあります。
幸い近所には田園地帯が広がり、「平地」「信号なし」「交通量極小」「見晴らし極めて良し」「歩行者無し」な交通規制無しで独りクリテリウムが出来る環境が整っています。ローラー台いらずです。

9月に入ってからはもっぱら平地走行のみで、田園地帯を探索しつつ、コースを作成しては平均心拍数が最大心拍数の80%以上を維持しつつ1時間走り続けるメニューを安全にできるか実走行テストを繰り返したりしていました。

ルート



ルート概要

フラワースタジアム・クリテリウムコース

一周わずか1.8kmという短いコースですが、「信号なし」「交通量極小」「見晴らし極めて良し」「歩行者無し」という周回練習に極めて適したコースになっています。

また1.8kmという距離の中に右左折ポイントが計6箇所あり、コーナーの練習をしつつ、減速と加速の際のギア捌き、効率のよいペダリングを求められるためとても良い練習になっています。

埼玉県平野部は走りやすい場所が一杯

saitamade

埼玉県は関東平野のまっただ中で、かつ県央以北は広大な田園地帯が広がります。
自分の近所でも上越新幹線を仕切りに、北部では水田地帯が広がっています。

DSC_0694

幹線を除けば農道が多くなるので決して路面状況には恵まれませんが、交通事故の危険を極めて0に出来る周回練習コースの作成が可能です。埼玉県にお住まいの方は自分で平地周回練習コースを作ってみるのをオススメします。

DSC_0690

まもなく季節は秋となり稲穂が重たくなってきています。収穫の時は近い。
そんな水稲の様子を観察しながらまっ平らな平地をひたすら周回するのも中々飽きないものです。

平地周回練習で意識していること

1.コーナーを綺麗に曲がる

本コースでは6箇所の右左折ポイントがあり、いずれも90°以上の直角です。
このコーナーを安定して綺麗に曲がれるよう意識しています。

意識的に綺麗に曲がろうとすると、たとえ1人でもイメージ通り上手く行かないことも多々あり、本物のクリテリウムレースでは他人に迷惑をかけることになりそうだということが分かりました。
安定してイメージ通りに曲がり切るという練習はレースだろうがロングライドだろうが役に立つのでしっかりしたいです。

2.疲労耐性をつけるために強度を維持する

独り平地周回練習では、信号なしかつ交通量極小の環境下の元ストップすること無く1時間走り続けることにしています。意外と普通のライドでは信号や交差点があるため一時間走り続けるというのは例えサイクリングロードでも無理なことです。

平均心拍数が常に最大心拍数の75%〜85%になるように強度を調整しつつ走り続けて疲労耐性をつけるようにしています。一時間走るとちょうど28〜30km程度距離を稼ぐことが出来ます。
結構疲れますが朝の運動としてはとても良いです。

3.減速と加速でのギア捌きを練習する

ANCHOR RS8 mdl 2.3に搭載しているコンポはSHIMANO105(5800系)です。
11速化した105は全部で22のギアの組み合わせが出来るわけですが、この恩恵を出来るだけ多く受け取るためには細かいギア捌きが出来ないといけません。
本コースでは1周1.8kmという短い距離の中に6箇所の右左折ポイントがあり、いずれのポイントでも減速と加速が求められギア捌きの練習には非常に向いていると思います。

適切なギア選択はレース・ロングライド問わずスピードと疲労に直結するので非常に重要です。
1時間意識し続けて加減速の際に自分の脚力にあったギアを選択するというのも意外と難しいもので、ちょっと重かったり軽すぎたりということがあります。自分の場合は適切なギア選択より平均して1段重い設定にしていしまっていると感じることが多々あることが分かりました。


平地周回1時間走は例え一人でも様々な発見と練習が出来るので飽きず楽しいもんです。


!最後まで読んでくださってありがとうございます!
↓こちらをクリックすると、貴方の一票が加算されます↓

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


------------------------------
自転車 : ANCHOR RS8 mdl 2.3
オイル : AZ blc-004 ロードレースSP
走行距離: 30.5km
平均時速: 27.1km/h
走行時間: 01:07:37
通算距離: .km

STRAVA走行記録