2017_05_27_0618
Canon EOS 50D SIGMA AF 17-70mm f/2.8-4 DC HSM OS macro

迂闊にもネジ穴をズタズタに潰してしまった

ブレーキシューを交換するためにブレーキシュー固定ネジをドライバーで回したんですが、経が合わないのに無理やり回そうとしたのでネジ穴を潰してしまいました。その後マイナスドライバなんかも使ってなんとか回せないか試みたのですがネジ穴がどうしようもなくなった。

今回はその際に地味に役立つ専門工具があるのでさくっと紹介します。


ネジは正しい経のドライバーを正しく使おう!

潰れたネジ穴を回すには

2017_05_27_0628

よく使われる手段が以下
  • 輪ゴムをネジ穴に噛ませてドライバーで回す
  • ペンチなどを使って力技で回す
  • ネジ穴修復剤を使う
らしいです。
輪ゴムを噛ませてドライバーを回すのは試したのですが、既にネジ穴をこれでもかというくらい潰してしまっていたので効果が出ませんでした。

ネジザウルスを使ってネジを抜くことに

2017_05_27_0659

工具箱を漁ってみたら幸運にもこんな工具が。
名前はネジザウルス。
ニッパーのようですが違います。

ネジ穴が潰れてしまったネジを引き抜く専門工具です。
ニッパー等よりも遥かに使いやすくネジを取り除くことが出来るらしい。

2017_05_27_0620

先端部分がこのように独特な形をしておりネジをガッツリホールドしてくれる模様。
色んな経のネジに対応してくれるようです。

大した力も必要とせず簡単にネジを取り外せた

2017_05_27_0622

そんな訳で早速実戦投入。
画像のようにネジを挟んで緩めるだけ。

2017_05_27_0658

綺麗に、そして安全に抜くことが出来ました。
メチャクチャ簡単だったので簡単なレビューしか出来ない。

まとめ

まずこういう事態に陥らないようにしよう^^;

ネジ穴を潰す原因はまぁまずドライバーを正しく使っていなかったり、経が合わないのに無理やり回そうとする横着です。結果、無駄に時間と労力を食うハメになるので、僕の真似をしないように。

不幸にもネジ穴を潰してしまった際には、まず輪ゴムを噛ませてドライバーを回して見る方法を試し、それでもだめなら工具や薬品を使ってなんとか出来ないか検討しましょう。


偉そうに講釈垂れてますが要は僕のようにならないように横着しないでね☆。



エンジニア ネジザウルスGT PZ-58
エンジニア
売り上げランキング: 93



!最後まで読んでくださってありがとうございます!
↓こちらをクリックすると、貴方の一票が加算されます↓

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ