IMG_4970


2018年第6回ハルヒルの様子をレポート!

群馬県高崎市で行われる榛名山ヒルクライム、通称ハルヒル。

前記事
では私がハルヒルでタイム60分の壁を破ったことにのみフォーカスを当てて記事を書きましたが、こちらでは私が家を出てから走り終えるまでのハルヒルの様子をまとめていきます。

今年"も"ハルヒルは良かったゾ!

ハルヒル攻略のみの記事はこちら
 2018年 第6回榛名山ヒルクライム(ハルヒル) レポート【走行編】


まず天気が今年も晴れだった!

IMG_4967

実はハルヒル10日前、天気予報は"雨"でした。
しかし大会が近づくにつれ予報は改善し、当日は素晴らしい晴れ!

ハルヒルは毎年天候に恵まれてます。
大雨でDNSにならなくて済む確率が高いのは嬉しいですねぇ!!

ハルヒル前日

久しぶりの輪行と大会受付

IMG_4942

自宅から輪行して高崎駅で受付。
受付場所はエントリー時に事前申請します。
2018年度はここ高崎駅 or 大会会場の2択でした。


IMG_4944

駅出口にすぐこのように受付会場が設営されており、参加者はスムーズに受付を済ませることが出来ます。受付時間も長いため、行列になることはありません。


P_20180519_145006

受付でチケットを渡し、参加証や大会案内、ゼッケン等が詰まった荷物預け袋を受け取り。
すばやく受付を済ませたら後は高崎を観光するなりホテルに直行なり好きにできますよ。


IMG_4940

輪行解除中。思えば輪行するのは半年以上ぶりでした。
RS8を輪行袋にしまう時、すっかりやり方を忘れてしまっていました。

IMG_4941

私が採用しているmont-bell コンパクトリンコウバッグは記事裏面にパッキングの手順が書いてあるので、久しぶりの輪行でも思い出しながら作業できて安心でしたよ・・・。


IMG_4946

組み上がったRS8。
この時、時刻はまだ15時前。ホテルのチェックインは16時から。

私は独り。暇だ。。。観光計画も何もない。。。

●しそさん
と、ツイッターにボヤいていたら、私をフォローしてくださっているしそさんがハルヒルの受付を終え私に会いに来てくださいました。

リアルでは初めまして(恐縮。
「宿を取ってないのでこれから探す。駄目だったら車中泊。」と、しそさん。大丈夫だったろうか?
結構長く談笑に付き合ってい下さりとても楽しかったです。
いつか一緒に走る機会があればと思います。

ホテルまでは暴風で草も生えなかった

IMG_4948


台風かな?と思ってしまうような暴風。
風向きが悪いと横風で車体がよろめいてしまう程でした。
雨よりか何倍もマシだけど、これは危ないって。

あんまりにも危ないので、自歩道があればそちらに避難しながらホテルのある前橋を目指す。

IMG_4949

車道を走るのが嫌になったので利根川CRに入り北上するルートを取りました。
CRを囲む木々がだいぶ風を弱めてくれたのでようやく安全に走れました。

高崎駅からホテルまでは10数キロ。
あまり長くない距離のはずなのに、ずいぶん時間と体力を奪われました。。。

ホテルはちょっと遠い前橋だけど、自転車持ち込みOKでした!

IMG_4950

高崎駅から10kmちょい離れた前橋駅近くのホテルです。
事前に自転車の持ち込みの可否を尋ねたところ快くOKを頂いております。

自転車を畳むことなく部屋に持ち込めるのは非常に助かります。
チェックイン時はもちろん、大会当日、速い朝にセッティングをする必要がありません。
思わぬメカトラ、忘れ物を防ぐことが出来ます。

サイクルイベントで前泊するときは積極的に自転車持ち込みOKのところに泊まりに行きたいと思いました。

晩御飯はぞうじるしさんと共に


晩ごはんどうするかー。近くのなか卯で牛丼でも食べるかなー。
と思っていたところ、以前ハルヒル試走に連れてってくださったぞうじるしさんからご飯のお誘いが。是非是非とご一緒させていただきました。

この時
ハルヒル会場の出店にある『もつのおっきりこみ』が凄い美味しい
と教わりました!食べたい!!

美味しい上に賑やかな食事を楽しませていただいてほんと感謝感激であります。
ありがとうございました!(写真は撮り忘れました)

 ハルヒル試走・榛名山満喫ライド(榛名山ヒルクライム試走) 60km

ハルヒル当日

高崎駅発のシャトルバスに乗るため朝からダッシュ

IMG_4951

ローディの朝は早い・・・(AM2:45起床)
前日は23時就寝だったので3時間半程度しか寝れてないです。
でも何故かよく寝れた感覚。早寝の恩恵かもしれません。

ハルヒル当日は高崎駅から会場までシャトルバスが出ます。
エントリー時にシャトルバス利用を申し出た方のみが利用できることになっています。

これが案内では3:30〜4:00に乗り込みとなっていました。
十分余裕を持ったつもりでしたが、ストレッチ等していたら出発が遅れ、大急ぎで高崎を目指すことになり、起き抜けから90%HRRまで心臓を酷使(笑)。

結局高崎駅に着く頃には予定の4時を過ぎており、危うく会場までの自走を覚悟しましたが、ご覧の通り普通に乗り込み途中でした(ホッとしたマジで)。

IMG_4952

ロードバイク専用トラックに一台一台丁寧に積み込まれ、一台ごとに分厚いマットが噛まされます。
余程のことがない限り大切なロードバイクに傷等が入ることは無い安心な運送方法です。

そして我々ローディは一般的な4列座席バスに乗り込むのですが、なんと一人につき2席与えられます。
そのためスペースや心理的余裕がかなりありました。ストレスフリーで最高です。

会場まではおおよそ一時間くらいですが、
寝てよし、朝食(他人に迷惑がかからない物)よしで非常に楽でした。

会場入り

IMG_4954

会場すぐ横のバス発着場に着いたら自転車を受け取り、会場入りします。

IMG_4955

この行列に沿って歩き、頂上で受け取る荷物を各々預けつつ前に進みます。
サドルバッグや宿泊用の荷物類はすべて預け、頂上で受け取ります。

参加者が多すぎた前年度と比べて、秩序がより取れていた印象がありました。


IMG_4957

受付自体は昨日済ませているのであとはグランド入するだけです。
なお当日受付はありません。

出走まで

IMG_4959

うぉーすげ・・・!
毎年見ている光景ですが圧巻であります。コレ全部ローディかよ。

今年度は朝の冷え込みが厳しい目!!

今年度は朝の冷え込みが厳しく、ウィンドブレーカーを着ている人が多いです。
私もいつもなら荷物と一緒に預けてしまうのですが今回はウィンドブレーカーで保温。

出走前はできるだけ体温を保つほうが良いです。
たとえバックポケットにウィンドブレーカーを詰め込まなくてはならなくとも。

ちなみに例年だと暑いかぽかぽか陽気のどちらかです。


IMG_4958

と、高みの見物をした後私はいつもの場所へ。
ここ私のサンクチュアリ。水飲んでストレッチして日向ぼっこして過ごします。

出走まではだいぶ時間があります。
この時間帯をどう過ごすかは結構重要だと思ってます。

■この間にやるべきこと
  • メカトラが無いか各部の最終点検
  • 保温
  • 水分の補給
  • 穴場のトイレ探し
  • 入念なストレッチ
  • 自分なりの方法でリラックス

待ち時間中に多くの方と交流できました!

●ながもんさん
リアルでははじめまして(恐縮。

上記の画像をツイッターにアップしてしばらく、
ながもんさんは、ハルヒルに参加するチームメンバーを応援しに来たとのこと。
わざわざ私のツイッターを見て探しに来てくれました。ありがとナス!

この時
榛名神社までに40分を切ることができれば1時間切りいける
と教わりました。これが序・中盤の具体的な目標になり非常に良かったです。

ちなみに、私をもっと年配の方だと思っていたそうです(゚∀゚)。
だったら「例のアレ」ネタなんて呟かないんだよなぁ・・・。


●おKさん
私がまだハルヒル初心者で恐々としていた頃。気さくに話しかけてくださったイケメン。
今年も出場とのことでご挨拶できました!

相変わらず多忙の身で準備もギリギリだったようですが、ちゃんと出走するバイタリティは見習いたいです。
今回も声をかけてくださってありがとうございます!


●のみおんさん
リアルでは初めまして(恐縮。
ハルヒルには初参加でチームでいらしてたそうです。
わざわざ私に時間を割いて頂き申し訳ない^^;。

毎日自転車に乗っており、ブルベなどで200km以上走っている方ですが、「自分はまだまだ」と評する謙虚な姿勢は尊敬します。私なんて最長距離はせいぜい165km程度なんです(情けない)。
完走云々よりまず参加することがすげぇことだと私は思うんですよ。

ちなみにのみおんさんは私をもっと若い人だと思っていたそうです。
すいませんご期待に添えませんでした\(^o^)/


皆さんお会いできて光栄でした。孤独感を感じることなく幸せでした。
何かの機会でご一緒できればとても嬉しいです。

いざ出走

IMG_4962

ウェーブに乗り遅れるも出走です。

時間になりウェーブごとに出走開始。
私は確か第7ウェーブで出走予定でしたが乗り遅れ、第八ウェーブで会場を出ます。

IMG_4963

しかし途中飛び込みのトイレ(カフェイン採ってた)で更に乗り遅れ。
第9ウェーブで走ることになりました笑。

※会場からスタート地点までの道中にいくつかトイレが開放されています!優しい!!


IMG_4966

スタートラインを前にすると流石に緊張します。
今回は頑張れば念願の一時間切りができそうだったからです。

今回は本気の本気で行きました。
走行の様子、攻略は別記事でまとめましたのでそちらをどうぞ

2018年 第6回榛名山ヒルクライム(ハルヒル) レポート【走行編】


無事完走。大勝利の1時間切り成し遂げる

IMG_4972

や り ま し た 。

ハルヒル初参加から4回目。
ようやく悲願の一時間切りを達成しました。
タイムは55分台でした。

昨年の記録が1時間11分。
前月の試走が1時間3分程度だったので、大躍進と言えるでしょう。

おぉ・・・ついにやったんじゃな・・・。
フルクラムレーシング7という軽くないホイールでよく頑張った(涙

頂上にて荷物受け取り

IMG_4975

ゴールをくぐるとそのまま麓で預けた荷物を受取る列に入ります。



P_20180520_085021

ハルヒル運営は凄く手練れており、スムーズに荷物を受け取れました。


い つ も の ポ ー ズ で 記 念 撮 影

IMG_4977

IMG_4976

榛名湖道標でスタッフさんが記念撮影を手伝ってくださていたのでお願いしました。
私流の記念撮影ポーズで撮って頂きました!

・・・が、ちょっと構図下手・・・下手じゃない・・・?(失礼)。
※ 右手に記念撮影用のパネルがあったのでどうしようもなかった。

下山まで

IMG_4982

荷物を受け取った後は待機場所で下山まで待ちます。
早く下山したい場合、とっとと待機場所に自転車を置いておくことをオススメします。

IMG_4980

反対側にはバイクラックと出店があり、おいしい食事をリーズナブルに頂けるのですが、自転車をこちらに置きっぱなしにしてしまうと下山ウェーブが後ろ倒しになってしまうため、長時間ここに留まらなければなりません。

下山ウェーブ待機場所に自転車を置いてから出店でご飯を買ったほうが良いんじゃないかと思います。
つまりここのバイクラックは罠(笑)。


IMG_4979

そうそう、ここでは専門スタッフ(この分野を学ぶ学生さん)によるマッサージを受けることが出来ます!しかもタダで!!(多分毎年やってくださってます)

凄くないですか?
学生さんとはいえ、マッサージ術を学んでいる方から無償で施術を受けれるんですよ!
私も早速施術してもらいたいと思います!!!

IMG_4978

楓鈴「すいません、こちらでマッサージを受けたいのですが。」

受付「只今ご覧の通り順番待ちの状態ですが、大丈夫でしょうか?」

楓鈴「大丈夫ですが、どれくらい待つことになりそうですか?」

受付「そーですねぇ・・・1時間くらいは。」

楓鈴「あっ・・・ふーん(察し)」


残念ですが今回は諦めました(TдT)。受けたかったマッサージ。


下山

IMG_4984

早目に下山待ちウェーブに自転車を置いて待機したので、割合早い下山ウェーブで下ることが出来ました。

正直ハルヒルの下山は楽しいです。
が、個々人の下り技術の差はかなりバラバラなので、周囲への警戒は怠らないように。

安全に、かつ快適に下りたいのであれば、先導車の付近に位置出来ると良いと思いますよ。適切なスピードで下れると思います。

ちなみに前年度はコーナーを曲がりきれず、ガードレールにぶつかって救急車を呼ばれた方がいたようです。下ってるときに見かけました。。。

スピードの出しすぎはやめようね!

下山後

IMG_4985

無事、会場に戻ってまいりました。
下山中はスタッフの皆さんから「お疲れ様〜また来てね〜」と言葉を頂き心が温まりました。
ホスピタリティが半端ないイベントであります。

会場ではなめこ汁が配布されているので頂きます。
塩分補給でおいしい^q^。


IMG_4987

お腹が減ったので更にお食事!
ぞうじるしさんいおすすめされた「もつのおっきりこみ」を探したのですが、何故か見落とし、売り切れたものと勘違いしてしまったため、普通のもつ煮込みを食べました(涙)。

いや、これも全然美味しかったので満足なんですけどね!

kimさんにお会いしました

リアルでは初めまして(恐縮)。
Twitterを通して私にfizik ARIONE R3サドルを貸してくださっている心優しい先輩です。
サドルの件でぜひ直接お礼を良いたかったのでお会いできてよかったです。
ライドもいつかご一緒できればと思いますが、獲得標高地獄になりそうですね!(歓喜)


勝利のアイスクリーム

IMG_4989

念願の1時間切りを成し遂げたどころか55分台を刻めた自分へのご褒美。
清々しく、沢山の方に出会えて孤独感もない。素晴らしい気分です。

アイスうんめぇな!!


生まれて初めて鍼治療を受ける

IMG_4990

無償で鍼灸治療受けることが出来ます。
しかも施術箇所の希望が出せますよ!

私は膝を希望しましたが、腰にも施術してくださいました。

鍼灸治療は経験が無いのですが、曰く今は簡易針を用いることが多いんですって!
シリコンベースのシールをいくつか貼られたんですけど痛みが全く無く、え?これが鍼灸治療なの??と思ってました。しかし、後日シールを剥がしてみると、シール裏面には鋭い針が(驚き)。

プロは痛みなくツボに針を刺すんですねぇ〜感心しちゃいました。

こちら、穴場となっております。

IMG_5000cm

完走証も頂きました。
さて、そろそろ帰りましょうか


帰路は温泉に入ってスッキリ

IMG_4991

やりたいことをすべてやり終え、帰路につくことに。

IMG_4992

シャトルバスで高崎駅まで運んでいただきます。
これホント楽やで。


IMG_4994

高崎駅から自転車で15分くらいの場所にいい感じの温泉があります。
『さくらの湯』です。




IMG_4997

こちらでゆっくり温泉に使って疲れをふっとばしました。
湯上がりのコーラやフルーツオレは格別ですよねぇ!!!

ちなみにお客さんは男女問わずハルヒル上がりと思われるローディが多かったですw。

IMG_4999

シンプルな温泉ですが、駅からも近いので良いと思います。

帰宅

P_20180520_175416


大勝利を収め、沢山の方と交流出来て、温泉も気持ちよかった。
素晴らしい気持ちと勝利の余韻を感じながら輪行して帰宅しました。

AACRも気になるけど、きっと来年もハルヒル出るでしょう。
ハルヒルスタッフ・周辺住民の皆様、素敵なイベントをありがとうございました!!


おまけ:ハルヒルにかかった費用合計

haruhiruMoney

安い・・・安すぎる・・・!!!



!最後まで読んでくださってありがとうございます!
↓こちらをクリックすると、貴方の一票が加算されます↓

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ