IMG_5567


初めてのロングライドイベントに参加してみた!

2018年7月8日のことです。
生まれた初めて榛名山ヒルクライム以外のイベントに参加してきました。

参加したのは表題の通り那須高原ロングライド!
栃木県の有名観光地那須高原を走り、その地の名物を各エイドで頂きながら
上りあり景色良しの素晴らしいルートを走りきる!はずでした。

実際は前日天候不順で、当日はなんとか走れたけど雨にも濡れましたし、
なによりも酷いメカトラに遭遇しメタメタでしたw。


ま、それでも意地で完走しましたので遅いながらもレポートをまとめます。
本記事は前日観光編です。

那須高原ヒルクライム 2018 について

参加したコースルート



■ヒルクライム 100 距離:約107km 獲得標高:2000m

那須高原ロングライドの中で最も長距離のコース。
参加費9000円。

参加費に見合った素晴らしいおもてなしがあり、非常に評判の良いイベントと伺っています。

足切りタイムあり。
余程登攀が苦手でなければ大丈夫かと思います。

ちなみに私は複数のメカトラに襲われながらも
意地で全エイドに立ち寄り完走しました_:(´ཀ`」 ∠):。

準備

IMG_5471

■ロードバイク装備一覧

○基礎装備
  • Garmin Edge 510J
  • CATEYE VOLT 300
  • リアライト
  • OLTRIBE SadlleBag L
  • ポディウムチルボトル 0.62L
  • ツールケース
○サドルバッグ中身
  • 100均の使い捨てかっぱ(雨の予報があった)
  • ウィンドブレーカー
  • クリートカバー
  • U字ロック
【疑問】 何故Lサイズのサドルバッグを選択したか。
⇒ 食べきれないエイド供給品を詰め込むため(実際かなり役立った)

○ツールケース中身

レポート:前日観光編

当初、前日はキャンプして参加するつもりだった

IMG_5370

ロードバイク左手の荷物は全てキャンプ道具。
当初キャンプサイトを予約しており、前日はゆるきゃん△、
当日はろんぐらいど!!という完璧な過ごし方を予定してました。
しかし前日の天気は雨。

天気が確定したところで予約していたキャンプサイトにキャンセルし、
慌ててホテルの予約をしました・・・。


サイト管理人様は那須高原ロングライドを承知しており、
キャンセルにもご丁寧に対応してくださりました。
いつか必ず泊まりに行きます:(っ`ω´c):


道の駅 那須高原友愛の森 「なすとらん」で昼食

IMG_5373
道の駅 那須高原友愛の森

気を取り直して那須まで高速で約2時間ちょいくらい。
那須高原入り。

終始曇天&雨とげんなりさせてくれますが、
中止にならない限りは濡れ鼠になっても走破する所存。

IMG_5386

昼食の場所は決めていました。
那須高原ロングライドのパンフレットに載っていた、
1日15食限定の「那須の内弁当」を食べたかったんです。

那須の名産品などをふんだんに使った限定食「那須の内弁当」

IMG_5378

1300円也。
なすとらんオリジナルの特製ハンバーグがメインで全体的に地元野菜多めの和食です。
どうやら季節によって若干のメニューの違いがあるようです。

お腹が減ってたのでガッツリ重めのご飯を食べたい気持ちがありましたが、この期を逃す手はないと思った(普段なら絶対頼まない)ので、一品一品味わって食べました。

IMG_5384

ハンバーグから牛乳まで、どれも美味しかった。


IMG_5375

おしゃれなお店で賑わってました。
那須高原のメイン通りに面してますのでアクセスも良好です。

道の駅なので、直売所でお土産など買ってもよいかと思います。


殺生岩を見に行った

IMG_5393
殺生石

那須高原の観光地と行ったら必ず名前が出てくる場所の一つ、殺生岩

あたりからは薄っすらと硫黄の匂いが漂います。
深い霧の影響か、名にふさわしく死の雰囲気を感じました。

IMG_5413

九尾の狐を退治したら毒気を放つ石に化け、偉い人が大乗経を唱え続けたら三つに爆散し一つがここに残ったそうです。九尾の狐という言えば漫画アニメやなんかでヒロイックに扱われることもありますが、概略を調べてみると大概にど畜生ですね(笑)。

IMG_5397

道中にはたくさんのお地蔵様。
一人ひとりに丁寧に帽子が掛けられており、人々から大切にされているのが分かります。
若干その帽子の劣化具合に格差がある点についてはノーコメントです。

IMG_5410

しめ縄されているものが殺生岩。
物だけ見るとしょぼいという感想も出るやもしれません。

が、その場の歴史や伝説など背景を知ると途端に見え方が変わってくるものです。
アニメのロケ地が聖地として活性化するのもそれと似ていると思っています。


IMG_5429

殺伐とした雰囲気が素晴らしい。


IMG_5433

実は幼い頃に殺生石に来たことがあったのですが、
あまり覚えていませんし、楽しくなかった記憶があります。

しかし歳をとって再び訪れてみると印象はガラリと変わるものです。
面白いですね。

那須温泉神社で明日の交通祈願を祈る

IMG_5426

那須温泉神社
殺生岩のすぐ横にある、これまた那須の観光スポット。
きりの影響で幽玄な雰囲気。寺社仏閣には曇天と雨がよく似合います。

明日の那須ロングライドが無事故無違反ノートラブルで終えられますようにと祈願。


鹿の湯で苦行に耐える

IMG_5435

鹿の湯
殺生岩のすぐ下にある非常に有名な温泉。
古いた佇まいで、浴場と区切られた脱衣所は無いし、体や頭を洗う洗い場も無い。
シンプルに温泉だけがある、良くも悪くも特化したところです。


そしてココは、硫黄濃度がとても高いだけなく、水温も高い。
温泉の質は全て同じで、かけ湯に加えて水温の異なる6つの浴槽があります。
具体的には
  • かけ湯 48℃
  • 浴槽1(チキン) 41℃
  • 浴槽2(カジュアル) 42℃
  • 浴槽3(ノーマル) 43℃
  • 浴槽4(ハードコア) 44℃
  • 浴槽5(エクストリーム) 46℃
  • 浴槽6(インセン) 48℃
こんな感じ。

入浴前は正座し、頭にタオルをかけ柄杓で大人200回かけ湯を行うのが作法です
48℃のお湯を、200回・・・。

IMG_5437

ほとんどの人が途中でギブアップする中、黙々とやりました。
10回ずつ数えて20回。後半からはやけどしているような感覚が首筋に。


(あれ、温泉に癒やされに来たはずなのになんでこんな辛い思いしてるの?)


200回終えた頃には体表面が熱すぎて死にそう

俺「もー十分だ、許してくれ。」

鹿の湯「いえいえまだですよ、これからですよ。」



各浴槽にチャレンジすることに。


とはいっても、もう48℃200回で肌がやけど一歩手前なため、44℃(ハードコア)浴槽へ。
入った瞬間、あ、死ぬと思いましたが肩まで浸かれました。
でも46℃、48℃の温泉に入ろうというチャレンジ精神も砕け散りました。

周りにはちらほらローディらしい人もいましたがやはり46℃や48℃の浴槽に入れているのは常連さんだけですね。ほとんどの人は43℃以下の浴槽に入ってました^^;。

44℃の浴槽から徐々にクラスダウンさせて体を冷やしていき、
くたくたになった状態で浴場からでました_:(´ཀ`」 ∠):。

なんか軽く脱水してた気がします。
自販機で買った普通のミネラルウォーターが恐らく人生で一番美味く感じました。


硫黄臭が強すぎて入浴時に持ち込んだタオルは使えなくなりました(´・ω・`)。
ここは温泉ではなく、修業の場だと思います(真顔)。


大森プランツ直営 コスピガーデン で植物に囲まれた

IMG_5443
コスピガーデン

植物の卸売等を行う大森プランツ直営のガーデンセンターです。
植物園やカフェもあり、非常に過ごしやすい空間です。
入場料は一定時期を除き基本無料です。

IMG_5445

IMG_5460


IMG_5462

植物園にはたくさんのバラと宿根草が植えられていましたが、
2番花がちょうど切り落とされた後でした。残念_:(´ཀ`」 ∠):。

IMG_5463

代わりにあじさいを中心とした花々が美しかったですね。

IMG_5466

中規模の施設ですが、季節が良ければ素敵な時間を過ごせそうです。
庭造りのヒントも沢山あります。

IMG_5454

花・木苗やバラ苗もたくさん販売してました。
苗の値段は一般価格より割高ですが、環境がよく、苗の調子はどれもとても良かったです。
見るだけでも楽しいですし、ここでお土産がてらなにか買っても良いと思いました。
少し珍しい植物もあります。

IMG_5456

朝晩涼しいからでしょう。きれいに咲いていました。
植物好きの方なら是非足を運んでみましょう。



急遽なんとか取れたホテルは福島県・・・

IMG_5468


イベント当日の天候が崩れることを知り慌てて取ったホテルはなんと福島県。
白河ラーメンで有名な白河市です(勿論食べました)。

那須から下道でだらだらと行って当日の準備を固めつつ宿泊。
ロードバイクを室内に持ち込めた点は僥倖でしたが、
全体的にあまり良いホテルではなかったのでもう使いたくないです^^;。

窓の外は雨。
明日の天気が良いことを願いながら早々に寝てしまいましたとさ。。。


当日編に続く。



きんいろのきつね―「殺生石ものがたり」より (むかしむかし絵本 21)
大川 悦生
ポプラ社
売り上げランキング: 104,762

!最後まで読んでくださってありがとうございます!
↓こちらをクリックすると、貴方の一票が加算されます↓

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ