カラーで彩りを

カラーに関するコラムを紹介します。ファッションや色彩心理、日常に関わる色に関するコラムなど。色を知ると日常が楽しくなるかも!?

消費の動向も色次第!

ファイン・メンタルカラー研究所
藤本梨恵子さんのコラム

ファイン・メンタルカラー研究所

こんにちは、名古屋のカラーとコーチングのスクールファイン・メンタルカラー研究所代表の藤本梨恵子です。


岩倉市役所様にて消費生活講座にカラー講座を担当しました!

こちらは、2年ほど前にカラーのセミナーを担当させていただき、その時、ご好評をいただき、今回も私を呼びたいと参加者の型から提案をしていただき、本日、再び、登壇させていただく機会を得ました。

参加者の方に喜んでいただき、こうしてリピートしていただけることがとてもありがたいですね。

これからも、皆さんに喜んでいただけるよう、精進していきたいなと改めて思いました。

私たちは知らない間に色に影響されて、モノを買っています。
そんな日常に溢れる色の影響力を伝えていく事もカラーのお仕事の1つです。

ファイン・メンタルカラー研究所のレッスン情報

プロのカラーコーディネーターになるレッスンを探すなら【カラーナビ】

カラフルかき氷機

ファイン・メンタルカラー研究所
藤本梨恵子さんのコラム

カラフルかき氷機
ロフトで見つけたかき氷機。

カラフルでステキですね!

しかも左側の商品はなんと、凍らせた果物を使ってアイスクリームの食感が味わえる代物!

テレビでもやってました

商品の色も果物や清涼感を思わせる色使いです。

ベリー系の色が多いです。

色は五感も刺激すると言われています。

例えば、赤なら温かさ、青なら冷たさなんて雰囲気はだれでも感じると思います

そして、色は味も感じさせます。

紫色ぽいとベリー系の果物をイメージして酸っぱい感じなど。

色の効果を勉強するといろんなものをみるのが楽しくなりますね!


P.S.あなたは色に影響されています!


ファイン・メンタルカラー研究所のレッスン情報

カラーセラピーのレッスンを探すなら【カラーナビ】

色は国際語だといわれる所以…

ファイン・メンタルカラー研究所
藤本梨恵子さんのコラム

ファイン・メンタルカラー研究所
今日のテーマは“色は国際語だといわれる所以…”です。

ちょっと、質問です。


1.愛を告白するなら、どちらのハートマークを贈りますか?


では、

2.冷めた気持ちを表すならどうでしょう?


きっと、1は赤いハート、2なら水色のハートを選びますよね?


こんな感じで、色はあなたが言葉にするより前から、ずっと饒舌に語りかけてくるんです。


20代の時、よく一緒に遊びにいっていたメンバーで友人のことが好きな男の子がいました。


友人の女の子から「彼、私の事どうおもってると思う?」と聞かれた時、


私は「彼が履いてきた真っ白なスニーカー見た? あのスニーカーにあなたに合うために新品をおろしてきました。あなたが好きです。って描いてあるみたいに見えたけど。」


と答えました。


そして、彼と彼女は結婚し、今では3人の子供の親になりました。


色は絶えず、私たちにメッセージを発信しています。

でも、そのサインに気付き、深く耳を傾けるには、少し勉強が必要かもしれません。

その勉強には、カラーセラピーが一番かもしれません。

p.s.色は世界共通言語で私たちに語りかけてきます。

ファイン・メンタルカラー研究所のレッスン情報


パーソナルカラー診断を探すなら【カラーナビ】

服の色で人生が変わる

ファイン・メンタルカラー研究所
藤本梨恵子さんのコラム

通販業界は、ネットショッピングに押されて、不況だといいます。


そして、打開策として、「大きなサイズ」の展開をして、需要を伸ばしているとテレビで放送されていました。

その中で、ぽっちゃりさんが

「今まで、かわいいデザインや色の服がなくて、引きこもりぎみでした。でも、この通販で、奇麗な色の服を着るようになって、外出する機会が増え、性格も明るくなりました!」

と話していました。

服の色で人生が変わるんですね。

p.s.色が明るくなると心も明るくなります♪

ファイン・メンタルカラー研究所のレッスン情報

パーソナルカラー診断のレッスンを探すなら「カラーナビ」

色と健康の関係

ファイン・メンタルカラー研究所
藤本梨恵子さんのコラム

色と健康の関係
先日、女性特有の悩み(生理痛)を解決する食べ物を紹介しているサイトをみつけました!

そこで紹介されていた食べ物と色の関係を考えてみました。

●ゴボウ
ゴボウに含まれる食物繊維やポリフェノールで腸の環境を整え、便通を良くし、免疫力を活性化させる効果があり、腸内毒素を減少させる。

●パセリ
必要なビタミン・ミネラルが多く含まれ、体内でビタミンAに変化するβ(ベータ)−カロチンが非常に多く含まれている。β−カロチンは、活性酸素の働きを抑制する作用により、体の老化やガンを防ぐ効果がある。また免疫力を活性化し、風邪を予防する働きもある。
糖質の分解を助けるビタミンB1、健康な皮膚・髪・爪を作るビタミンB2、美容や風邪の予防に効果のあるビタミンCが豊富に含まれている。

●人参
体を温める効果があり、美肌作用がある。血行をよくし、デトックス効果あり

●黒豆
活性酸素を押さえ、便秘解消と血液さらさら効果。豆イソフラボンは、体内で女性ホルモンと 同様の働きをすることで、更年期障害を改善すると言われている。

●ゴマ
セサミンで抗酸化作用、は肝臓の働きを強化し、アルコールの分解を促進してアセトアルデヒドの毒性を軽減して無害化する効果があり。がん予防。悪玉コレステロール抑制。老化予防。精神安定。

といろいろ効果がある食材ですね。

これらの栄養素を全部覚えるのは、大変。

そこで、カラーの世界では昔から、栄養素を考える事が難しければ、

「いろんな色をバランス良く食べる事が健康の秘訣」

という考えがありました。

カラーセラピーの起源ともいうべき、健康と色との付き合い方です。

これなら、簡単に取り入れられるのではないでしょうか?

ファイン・メンタルカラー研究所のレッスン情報

パーソナルカラー診断やカラーセラピーのレッスンを探すなら「カラーナビ」
web無料パーソナルカラー自己診断
ad_web
プロフィール

colornavi

  • ライブドアブログ