コルトレーン・ハウス

世界的ジョン・コルトレーン研究家【藤岡 靖洋】(Fujioka Yasuhiro)のオフィシャル・ブログです。

至上の愛50周年 Live at RAG

1974443_669699349760291_420399860_n





















コルトレーンが至上の愛を作曲、録音(1964年)してから50年。
2014年4月17(木)
午後6時開場、7時開演
京都木屋町三条上ル
ライヴスポットRAG 
http://www.ragnet.co.jp/live_spot/live/detail/4823.html
石田博嗣(dr)カルテットのライヴを秘話と共にお贈りします。


Temple University 1966

IMG_1025ABIMG_1015ABIMG_1011AB

Coltrane Group performed at Mitten Hall of Temple University, Philadephia, PA on Friday November 11, 1966.
Rehearsal was done at Church of Advocate near Mitten Hall several times before the show.
Updated information/ discographical data is on The John Coltrane Reference website.
http://www.wildmusic-jazz.com/jcr_1966.htm
See 66-1111

A CD will release after 4 years since Fuji found out an original tape in New Orleans, LA on May 22, 2010.
Michel Biel kindly shared his original tape with The Verve Music Group, NYC.
Thanks to Michel, Harry Weinger and Zev Feldman

I’m wondering who upload this footage on a website whose copyright is owned by Hozumi Nakadairea.
Highway Synch. Production may not ask him???
http://pitchfork.com/news/54512-john-coltrane-1966-temple-university-concert-to-be-released-in-full-for-first-time/

慈愛LOVE パリ公演

お経とJAZZのコラボCD『慈愛LOVE』
パリの日本文化センターで世界初公演!!!
2014年3月5日から日野皓正さんらと行くパリ7日間
ツアー参加者募集中!!!
http://www.ragnet.co.jp/ragmania_jiai_love.html慈愛LOVE

The Coltrane Home benefit

Sunday Octobet 6, 2013
11:30 am - 3 pm

Completely excited to have been invited to this fantastic event this weekend!
Are you in #NY sunday morning and want to have brunch with Carlos Santana,
swoon the sounds of Ravi Coltrane and donate to a charity that is rebuilding the home of John and Alice Coltrane?
Join me!

Detail; http://thecoltranehome.org/

EN-1006

Brunch with Santana

The Coltrane Home benefit brunch with Carlos Santana @ Japanese Brasserie EN in SOHO, NYC on Sunday October 6, 2013.
http://thecoltranehome.org/2013/08/

Wayne Shorter and Joe Lovano on Blue Note TV

http://www.bluenote.com/blue-note-tv/jazz-conversations-wayne-shorter-joe-lovano-p-5
from 6:50 Joe Lovano starts to talk about Albert Ayler and John Coltrane, continuing to part. 6 by Wayne Shorter.

DSC_8969AB
DSC_0370AB

The John Coltrane Reference

The John Coltrane Reference
(ザ・ジョン・コルトレーン・リフファレンス)
Routledge, NYC December 2007
(ニューヨーク、ラトリッジ出版2007年12月刊)
遂にペーパーバックで発売
2013年2月13日(米:$64.95)
2013年3月22日(日:¥6,150)
The John Coltrane Reference 2008AB

http://www.routledge.com/books/details/9780415977555/
http://www.amazon.co.jp/John-Coltrane-Reference-Lewis-Porter/dp/0415634636/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1360642456&sr=8-1
http://www.wildmusic-jazz.com/jcr_index.htm

拙著は、英BBC放送が選ぶ「2008年ブック・オヴ・ザ・イヤー」に選定される栄誉に浴しました
http://www.bbc.co.uk/programmes/b00g2v5c
(下から3行目に記載)

さらに、全米レコード・サウンド・コレクション協会ARSCから
ジャズ部門で「最優秀ディスコグラフィ」に選出。
The Association for Recorded Sound Collections (ARSC)
http://www.arsc-audio.org/awards/awards2009.html
上から8段目に記載されています。
BEST RESEARCH in RECORDED JAZZ MUSIC
“Best Discography”

【本書の見所】新発見の未発表テープやインタビュー、そして映像―――
 大きく分けて、前半(p.1~366)はクロノロジィ(年代記)、後半(p.367~771)はディスコグラフィ(音盤記録)。その間には24ページにわたって珍しい写真を満載。付録として「フィルムやTV出演記録」「インタビュー記録」、メイン・インデックスは、「人物や場所」、そして「曲名」インデックスなど、知りたい情報を簡単に引き出せるようになっている。

1)、クロノロジィ:
1926年9月23日(木)、ノース・キャロライナ州ハムレットに生を受け、17年間育った同州ハイ・ポイント時代の家族の記録を筆頭に、1945年プロとして活動し、最初のレコーディング記録(1946年7月13日)から、1967年7月17日没、その後の葬儀(21日)の模様まで、毎日の行動を年代順、日付順に詳細克明に記録。
[例]:
*49年1月15日(土)から6月10日(金)までの半年間、エディ“クリーンヘッド”ヴィンソン・バンドに加わった全米ツアーの全行程
*エリック・ドルフィを加えた自己のクインテットで初ツアーの61年。英国、欧州の全日程を各国雑誌の切り抜きや写真(西ドイツ、バーデン・バーデンでのリハーサル風景など)を交えて、視覚的にも判りやすく記載
*66年5月28日(土)夜、ファラオ・サンダースとジミー・ギャリソンは、
《ヴィレッジ・ヴァンガード》でライヴ・レコーディング(『V.V.アゲイン』Impulse A-9124)のセットの合間に《カーネギー・ホール》にも出演し、7番街を往復。さらに翌29日(日)はマチネー(昼興行)、レイト・ショウ(深夜興行)を含め一日5セットもこなすと言う、超ハードスケジュール。さらにその上、コルトレーン自身は、写真家チャック・スチュワートに終演後拉致され、早朝まで掛かってインパルス用のポートレイト撮影に駆り出されるなど、超多忙を極める一部始終。(本文、写真ページでは、更に仔細な内容)

2)、ディスコグラフィ:
世界初の未発表セッションでは、次のものが登場
*50年3月1日、ビリー・ヴァレンタイン(vo, p)グループ
*53年3月、コーストヴィル・ハリス(ds)オーケストラ
*50年代マイルス・バンドでのエアーチェック音源の数々
*60年代の未発表プライヴェート録音の分析結果公表。主な録音場所は、フィラデルフィアの《ショウ・ボート》《ペップス》、マンハッタンの《ジャズ・ギャラリー》《ヴィレッジ・ゲイト》《バードランド》などなど
*63年1月19日、ペン州立大学《シュワブ・オーディトリアム》の6曲
*63年7月、カナダ、モントリオール《ラ・テテ・デ・ル’アルテ》での2曲
*64年9月18日、フィラデルフィア《ペップス》での“決意”は、『至上の愛』録音3ヶ月前のドキュメント

さらに、これまで知られていた記録の全貌を紐解き、詳細なデータを掲載
*61年12月21日、RVGスタジオで“グリーンスリーブス”“イージー・トゥ・リメンバー”の全29テイクのデータ
*62年4月11,12日、6月19,20,29日録音の、いわゆる『コルトレーン』(Impulse A-21)セッションの全43テイクのデータと、失われたテープ発見の経緯
*60〜63年、65年全5回、欧州ツアーの正しい全行程と演奏曲目。特にパブロ盤『パリ・コンサート』PL2308-217が収録された62年11月17日のデータ
*63年3月6日22テイク、7日62テイク、RVGスタジオで収録された全曲。7日は、ジョニー・ハートマンとのセッションで、「コルトレーンは同じセント・アーバンズ(クイーンズ)に住むハートマンを車で迎えに行き、道中、セッションについて話し合いながらRVGスタジオへ向かった」エピソードなど、知られざる情報満載
*63年10月8日、《バードランド》でライヴ録音された全曲、当時のバードランド内部写真、オリジナル・テープ・ボックスの公開
*『インターステラー・スペイス』(米Impulse/Verve 314 543 4150-2)(67年2月22日録音)には、CDパッケージに表示の無い6テイクのスタジオ・チャターなどを収録。では、どうしたら聴けるのだろう?第1曲目をスタートさせ、そこから巻き戻しボタンを押すと、聴けるのだ!

3)、写真ページ(全24ページ)
*58年8月23日、NYのランダルス・アイランド・ジャズ・フェスティヴァルで演奏中の、リー・モーガン、ジミー・クリーブランドとのスリー・ショット
*マッコイ・タイナー(p)、スティーヴ・デイヴィス(b)、ピート・ラ・ロカ(ds)の加わった初期カルテット
*日本で最高の人気を誇るアルバム『バラード』の“ナンシー”録音中のRVGスタジオ内部
*60年代当時最もヒップなジャズクラブ《ハーフノート》の内部とその詳細な解説。サックスのキーの一部をゴムバンドで留めて補修しながら壮絶な演奏を繰り広げるコルトレーン!(激レアー写真!)
 

4)、「フィルムやTV出演記録」:
総計20以上あるとされるコルトレーンのTV出演やプライヴェート8mmフィルムの記録は、ファン必見。今後のリサーチに大いに期待が持てる

5)、「インタビュー記録」:
現存する14のインタビュー録音を、三つのレアーな写真と共に、内容を詳細に分析。日本公演での発言「わたしは、聖者になりたい」の真相が遂に判明!

6)、メイン・インデックスは、ミュージシャンだけでなく、プロデューサー(ノーマン・グランツやジョージ・ウィン、上不三雄)、批評家(ダン・モーガンスタンやゲイリー・ギディンズ)、ヴェニュー(バードランド、シェリーズ・マン・ホールや厚生年金ホール)などなど、「知りたい」サブジェクトから容易に検索できる親切設計。

7)、楽曲別インデックスも、「えっ、こんな曲もコルトレーン演ってたの!?」驚きの新発見の連続。検索も容易。

製作に初版は7年、更にそこから13年、総計20年の長きにわたる徹底的なリサーチをインターナショナルなチームワークで成し遂げた、コルトレーン研究の決定版。国際A4版、全848ページ超の膨大な情報は、データが中心のディスコグラフィ・セクションを始め、未発表写真、資料も満載で、英語が苦手な方でも楽しめること請け合い。書いたぼくでも、読むのに最低3年間は必要とするような、楽しみいっぱいの著書が遂にペーパーバックで発売!!
2013年2月13日(米:$64.95)
2013年3月22日(日:¥6,150)

Wayne Shorter

Wayne Shorter telephone interview by Fuji on EMI music HP and Jazz Japan #30, February 2013
http://emimusic.jp/jazz/wayne/
http://emimusic.jp/artist/w-shorter/

DSC_2551AB


DSC_0521AB


DSC_4399AB


DSC_9021AB

Ravi Shankar

John Coltrane deeply admired of his music and wanted to be taken on as a disciple of Maestro Shankar.
How I know about it because he named his second son Ravi and I interviewed with Maestro Shankar.
But it couldn’t happen because of John Coltrane’s sudden death on July 17, 1967.

Ravi Shankar 98-0206-1AB

Ravi Shankar @ Sankei Hall, Osaka, Japan on February 6, 1998 photo: Fuji

Ravi Shankar 98-0206-2AB


Following is from my private interview with Maestro Ravi Shankar.
In 1967, Ravi Shankar and Coltrane made arrangements for Coltrane to study with Shankar in Los Angeles, beginning in the summer, for as long as five or six months. But Coltrane died not long before this would have begun. (Ravi Shankar told Yasuhiro Fujioka that these plans were “fixed”- that is, definite - not just something they had discussed.)
Shankar had first heard Coltrane with Miles Davis in the late 1950s or in early 1960, and Coltrane of course was aware of Shankar through his recordings and had seen him in performance. Later, Coltrane contacted Shankar through Richard Bock of World-Pacific Records, Shankar’s record label at the time. Coltrane and Shankar got together four or five times over a period of several years: “Each time he came to my hotel. For two-three hours we sat down, he asked me questions, he wrote notes. He never brought [his] instrument, I never had [my] sitar, but I was telling him basic things about raga, how we improvise, the meaning of raga, the spiritual quantity.”
(Ravi Shankar interviewed by Yasuhiro Fujioka, Sankei Hall, Osaka, Japan, Feb. 6, 1998.) 
Quote from my 2nd Coltrane book, The John Coltrane Reference, Routledge, NYC 2007 pages 365 and 366

The Brooklyn Jazz Orchestra

http://www.brooklynjazzorchestra.com/
The Brooklyn Jazz Orchestra is giving a concert on December 2nd where we will be playing Duke Ellington/Billy Strayhorn's rarely performed arrangement of The Nutcracker Suite
Profile (Japanese & English)
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
ギャラリー
  • 至上の愛50周年 Live at RAG
  • Temple University 1966
  • Temple University 1966
  • Temple University 1966
  • 慈愛LOVE パリ公演
  • The Coltrane Home benefit
Skype Me
  • ライブドアブログ