経済ニュースゼミ

小笠原誠治の、経済ニュースを通して世の中の動きを考察するブログです。地球温暖化阻止のために石油・石炭産出権取引を提唱します。産出権取引は排出権取引とは違います。みんな勘違いするのです。

 ようこそ「経済ニュースゼミ」へ。当ブログにアクセスして頂き、ありがとうございます。私は2004年以降、一般の方々に経済ニュースを分かりやすく解説する仕事をしております。経済のニュースは難しいことが多いですし、それに誤解を呼びそうな報道も多いからです。皆様が、このブログをお読みになって、ご自分で考えることができるようになることを望んでおります。当方へのご連絡先は、次のとおりです。seiji+cj9.so-net.ne.jp (+を@にして下さい)

 昨日、民進党の調査チームが大阪の合同庁舎に乗り込み、疑惑の国有地売却に関して近畿財務局と大阪航空局からヒアリングを行ったと報じられています。

 なかなか積極的で結構!

 しかし…

 実際にどんなやりとりがあったのか?

 田中龍作氏によると次のようなやり取りがあったといいます。

 民進党「9.9mのゴミを確認したのか?」

 大阪航空局「我々としては…ゴミがそこにあると調整して、現地の状況を見つつ…」

 民進党「現地に行ってどういう方法で確認したのか?要は見てないんでしょ」

 国土交通省(本省)「我々は判断したり知見したりする立場にない。ご依頼頂いたので積算した。判断する権限がない」

 近畿財務局「学校の開校に間に合わない、急いでいたから」

 民進党「9.9mの深さからゴミが出てきたという証拠はどこにあるのか?」

 財務省理財局室長「穴から出てきたことを説明できる写真はございません」
 
 民進党「政治家の関与はないのか?」

 近畿財務局「私の知っている限りではございません」

 民進党「秘書からもありませんか?」
 
 政治家の関与がないのかと聞かれて、私の知っている限りではないなんて言うのは相当に怪しい。

 それに秘書からもないのかと言われて黙っているということは、なお怪しい。ないと何故言わなかったのか?

 結局、何からの圧力があったと考えるのが自然なのです。圧力があったから、タダ同然で国有地を売却した、と。

 いずれにしても、ゴミ撤去費用としての8億円の積算の根拠については財務省と国土交通省で互いに責任をなすりつけている訳ですが、どちらに責任があるかは別として、その積算に合理的根拠がないのはこれで明らかになったと言っていいでしょう。

 だったら、違法な国有地売却というべきものであり、従って、白紙撤回すべきだと考えます。

 ところで、本日日経は、初めてこの件を報じているのですが…これほど疑惑が深まっているのに、政府の言い分と野党の言い分は平行線を辿っているなどと他人事のような書きぶりなのです。

 そろそろ日経の購読を止めようかとさえ思ってしまいます。


 

 これは完全にクロだと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 私、数日前、佐川理財局長の傲慢な答弁の態度を批判しつつも、しかし、彼もつらい立場にあるみたいなことをこのブログで書きました。

 そもそも、彼が理財局長に就任したのは、昨年の6月の頃で、そのときには全てのことがもう決まってしまっていたからなのです。

 つまり、彼に言わせれば、全て先輩たちがやってきたことなのに、と。

 しかし、しかし、しかし…

 それでも、彼のあの厚顔無恥なというか、あの答弁を聞いていると、やはり、これはあかんと思うのです。

 国民をなめているのか、と。

 それに、答弁の態度をみていると、他の省庁の幹部と違って、一人だけ必死に手を上げて答弁しようとしている態度はなんといったらいいのでしょう?

 安倍総理に対し、如何にも自分は頑張っています、と。

 国土交通省の人、文部科学省の人と比べて違うでしょう?

 典型的なエリート官僚の仕草と言っていいでしょう。

 風貌も、他省庁の人より上品そうに見えます。

 但し、確かにおかしなことは特に言っていないようには思うのですが、全然説得力がないのです。

 これこそ、典型的な官僚の答弁と言っていいでしょう。

 まあ、でも、財務省の理財局長の立場で、総理というか、総理周辺から圧力がかかったという訳にはいかないのしょう。それは分かります。

 運命なのでしょうね。

 でも、結局、国家公務員になったものの、国民の利益のために奉仕する立場にあるのに、反対のことをしているとしか思えないのです。

 この後、どうなるのでしょうね。

 そして、総理は何をしているのでしょう?


 どう考えても、役所が本当のことを言っているとは思えないと言う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 愛国小学校の理事長である籠池氏が昨日、TBSのラジオ番組に電話出演しました。

 そのときのやりとりの一部です。

荻上:ゴミというのは何メートル掘り下げて見つかったんですか?

籠池:場所によって変わるんですよね。5m掘るとか、例えば10mのところからというのがあって。元々我々の学校というのが7階、8階建で立てる予定だったんですけど、ところがゴミとかが出てきますと、例えば杭打ちをしたときに例えばゴミの上に杭が立ちますと、ズレたりするでしょう?だから危ういということになってくるので、低くするという今の建築にさせてもらったということですね。

荻上:そのゴミはもう撤去したんですか?

籠池:ゴミは、えー、建物が経っているところについては、撤去もしておりますね。

荻上:ほかのグラウンドなどは?

籠池:グラウンドはね、記者の方もご存知の通り運動場ですから、運動場はずっと昔からもう土の下というんですかね、動かして何もないんですよ。そのままでいいんです。

荻上:じゃあ、ゴミ出しの作業はもう全て完了したわけですか?

籠池:うん、あのー、土地の建物のところの分に関してはですね、あのー、ほとんど完了していますね。

荻上:いくらぐらいかかりました?そのゴミ出しには?

籠池:いやー、金額のことはどうもちょっとまだまだ、建設がしているところですから、その中にまた、結果として出てくるんだと思いますから、それについて、私はまだ存じあげておりません。

荻上:いくらぐらいかかるという見積もりで?

籠池:ちょっと今、言えないですね。あの、何ともメディアのところで言えないですけれども、かなりかかるだろうと思いますよ。

荻上:8億、行きますか?

籠池:いや、だって、運動場の下のところは取り出さなくていいんですから、触ってないんだから。そうですよね。運動場で使いますところは、何も触らなくていいので、そこにお金がかかることはありません。

 如何でしょうか?

 ここで、先日お見せした写真をもう一度見て頂きたいと思います。

森友学園


 この標識が設置された時期は、まだこの理事長が言うゴミの発見がなされる前の話なのです。

 階数のところに、地上3階と書いてあるでしょう?

 矛盾しているのですよ。

 つまり、籠池氏は嘘を言っている、と。

 もうバカバカしいったらありゃしません。


 安倍政権と役所とメディアは国民をどれだけ甘く見ているのだと憤慨している方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 昨日の玉木議員の質問は期待外れだったのですが…それでも、昭恵夫人が名誉校長を務める愛国小学校の設置についてはまだ正式な認可がなされていないことが明らかになりました。

 では、誰がその認可権限を有しているかと言えば…

 松井大阪府知事なのです。

 では、大阪府知事は全く自由に認可するかどうかを決める権限があるかと言えば、そうではなく、事前に私立学校審議会に諮問することとされており…そして、その答申に基づいて認可するかしないかが決まる仕組みになっているのです。

 で、その私学審の出した答申というのは、次にようなものだったというのです。
 
 「学校建設にかかる工事請負契約の締結状況や寄付金の受け入れ状況、詳細なカリキュラム、入学志願の出願状況など、開校にむけた進捗(しんちょく)状況を次回以降も審議会に報告する条件付きで認可適当と認める」

 微妙ですよね?

 まあ、松井府知事が勝手に決めていいというのであれば、安倍政権との関係もあり、即座に認可されると思われますが…

 というよりも、そもそも松井府知事がこの愛国小学校の設置には大きく関与していることが容易に想像されるのです。

 だって、小学校の設置の認可の見通しもないのに、小学校の用地として国が国有地を売却するなんてことは到底考えられないからです。

 つまり、行政部門で一番最初に動いたのは、大阪府であり文部科学省であったのではないでしょうか?

 そして、そこで必ず小学校の設置を認可するから、後は可能な限り安い価格で国有地を売却させ、併せて様々な補助金が支給できないか検討させようということになったのだと思います。

 つまり、この問題が国会で取り上げられることもなければ大阪府は予定どおりに認可をしたでしょうが…しかし、これほどま関心を集めることとなり、そして、多くの不自然な点が明らかになった今、果たして大阪府の関係部局が認可を適当とするという決裁文書を府知事に上げるのかという疑問が湧いてくるのです。

 例えば、入学希望者数だって、一旦は出願したものの取り消しが多数発生しているかもしれないし、それに、処理するのに8億円もの費用がかかるゴミが校庭に埋まっているのを放置したままにしていいのか、なんて問題も出てきているのです。さらに言えば、学校の敷地は一応この学校法人に所有権移転の登記がなされているものの、抵当権がついている上、買戻しの特約までついている、と。

 それに、忘れてはならない総理のこの発言です。

 「私や妻は、この認可あるいは国有地払い下げに、事務所も含めて一切関わっていない。関わっていたのであれば、私は総理大臣、国会議員を辞める」

 これどういう意味なのでしょうか?

 普通に解釈すると、この案件は違法、ないし極めて不適切な事例であると総理も認めたということなのです。8億円もゴミの撤去費用として値引きするのはおかしい、と。

 そういうことでしょう?

 しかし、自分や妻は関与していないのだから、無実である、と。

 でも、仮に総理夫妻が関与していないとしても…というか、昭恵さんが名誉校長になっていて、昭恵さんがその小学校を積極的にPRしていたのは事実ですから、全然関与していないと言えるものなのか?

 でも、取り敢えずその点はおいておいて、総理夫妻が関与していないとしても、総理もその土地の売却等など不審な点が多いと認めるのであれば、だったら大阪府としては、その小学校の設置の認可を認めるべきではないと思うのです。また、そのように文部科学省としても大阪府を指導すべきではないのでしょうか?

 つまり、認可すべきではない、と。

 違うでしょうか?

 でも、松井府知事のことだから、やっぱり認可してしまうのでしょうか?

 認可するならしてもいいでしょう。

 でも、認可され4月になり開校になっても実際にどれだけの生徒が登校してくるのか?

 昨年の暮れだったか、安倍総理が松井府知事と会食をしたことが話題になったことがあります。

 あの時は、何の話をするのかなんて寿司友の田崎氏がテレビで聞かれていた記憶があります。

 土人発言を擁護するような松井府知事ですから、普通の人の感覚とは少し違うのかもしれません。

 それに、この人、関西の人間でありながら、福岡工業大学を卒業しているのです。

 私も九州の人間なので、どうしてわざわざ福岡工業大学に進学したのだろうなんてずっと思っていたのですが、何でも高校生のときに何かをしでかし、それで自主退学して福岡に行かされたなんて言われているのです。

 いずれにしても、このまますんなり件の小学校が開校することは難しいような気がしますが…そのことをメディアは報じる必要があるのではないでしょうか?


<補足>
 私立の小学校の設置認可については、従来府知事の権限であったものが教育長に移管されているという情報があります。もし、そうであれば、益々この小学校の認可はなされない可能性が大きくなるのではないでしょうか。



 このような状況で大阪府が小学校の設置を認可したらいかんだろう、と思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 本日午後、予算委員会で民主党の玉木議員が森友学園に対する国有地の売却の件について質問しました。

 ひょっとしたら衆議院のネットでの中継をご覧になった方がいるかもしれません。

 質問してくれてありがとうと言いたいところですが…

 でも、喝! 喝! 喝!

 まあ、いろんな観点から聞いてもいいとは思うのですが…そして、予算委員会での質問なのだから歳入の観点から質問してもいいとは思うのですが…

 ピントの外れた質問になってしまいました。

 小学校の設置の正式な認可がまだ下りていないことを知り、びっくりしゃっくり。

 そんなことで大丈夫なのか、と。

 もしも、認可が下りなかったら、売却した国有地は買い戻すことになるのか、だんて。

 アホか、と言いたい。

 この案件は、ある力が働いて(少なくても私にはそう思える)いろんな無理に無理を重ねて4月の小学校開校実現に関係省庁が協力させられているのに、4月までに大阪府の正式の認可が下りないなんてことを心配する必要があるのか、と。

 そうでしょう?

 それに、財務省だって、大蔵省と呼ばれていた頃、銀行の店舗の設置認可制度というものがあった訳ですが…実際の認可は、開店の少し前になることが珍しくなかったのを知らないのでしょうか?

 まあ、その場合は、内認可なんてものを少し前に行っていた訳ですが…

 どうもピントがずれている。

 生活ゴミの撤去費用に8億円もの金額がかかるなんてことはないだろうとか、或いは、どうして国土交通省は関空に当該国有地を現物出資しながら、錯誤を原因に所有権移転の登記を抹消したのかとか、幾らでも聞かなければいけないことはあるのです。

 或いは、財務省には、当初安倍晋三記念小学校を作りたいということでその学校法人から要望が出されたのか、とか。

 本当に貴重な時間が無駄にされたと思います。

 民主党はこのことを真摯に反省すべきなのです。

 皆、大変失望していると思います。


<補足>

 大阪府は、この小学校の認可をする筈だと、述べましたが…もし、この問題がもっともっと注目を浴びるようになれば、ひょっとして認可がなされない可能性がないとは言えませんね。

 そうなったら、確かに玉木議員がいうように、当該国有地の買戻しなどの措置を取ることになるとは思うのですが…でも、それは問題の本質とはそれほど関係のないことですよね。


 



 玉木議員の質問は、本当に期待外れだったと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 本日、トランプ政権が貿易収支の算出方法を変えるかもというニュースが流されています。

 貿易収支の算出方法?

 具体的には、「再輸出」を輸出から除外するのだ、と。

 再輸出とは、海外から輸入したモノをそのまま、また他の国へ輸出することを意味します。

 例えば、米国はメキシコやカナダに多くの自動車を再輸出しているらしいのですが…その再輸出分を輸出から除外すると、特にメキシコとの関係では貿易赤字が今まで以上に膨らんで見えるようになるのだ、と。

 トランプ大統領は、メキシコからの輸入を減らしたいのですよね?

 そうするためには高関税をかけることも厭わない、という訳ですから。

 でも、こうして再輸出分を輸出から除外してしまうと、益々米国の貿易赤字が膨らんでみえてしまうのですが…

 米国は一体、何を考えているのでしょう?

 米国の貿易赤字をより膨らんで見せることによって、トランプ氏の保護主義政策に対する支持を高めたいのだ、とか。

 全く、納得ができないというか…バカじゃないかと思ってしまいます。

 案の定、米国通商代表部も反対しているのだとか。

 こんな人が一国のリーダーをしていたのでは、無駄に時間が過ぎていくばかりのような気がします。


 米国は、本当に貿易赤字を減らしたいのなら、例えば日本人でも買いたくなる魅力のある、しかも安い自動車を作るべきだと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 私、土曜の大阪の読売テレビのウェークアップでは豊中の国有地売却案件に関して少しは報じるのではないかと思っていたのですが…

 だって、前日には、国会で民進党の議員がそのことで直接総理に質問したし、また、その売却された土地は豊中市に所在しているし…と。

 でも、私が甘かった。

 そうでなくても権力側についているとしか思えないその番組で取り上げる筈がない、と。

 今、思えばそうなのですが…でも、安倍総理が関係しているかどうかは別として、余りにも不思議なことが豊中の国有地を巡って起きている、というくらいの報道をするかと思ったのです。

 しかし、結局は全くスルー。

 今朝、私は、テレビ朝日の羽鳥さんのモーニングショーでは流石に取り上げられるだとうと思っていましたが、こちらも全く期待外れでした。

 この案件、誰が見たって不自然なことだらけなのに、それでもテレビが報じない訳ですから、何らかの圧力がかかっているとしか思えません。

 
そしてまた、テレビが報じないものだから、関心のある視聴者のイライラは益々募る、と。

 ああ、そういえば、日曜のサンデーモーニングでは、概要だけは簡単に報じられていましたね。しかし、コメンテーターたちがその件について触れることは一切ありませんでした。

 これはこれで見ている人は、ストレスが溜まります。 

 ところで、この疑惑に関してはテレビで報じられることが殆どないので、ネットを利用しない人のなかには、このような疑惑の国有地売却が行われているという事実さえしらない人が多いと思われます。

 また、だからこそ、週末に行なわれた世論調査の結果では、内閣支持率が上がっているのかもしれませんね。

 安倍総理とトランプ大統領の親密ぶりが何度も何度も放映されたことですし…

 しかし、だからこそ私は、この疑惑の国有地売却を解明するために、記事を書いていかなければいけないと思っているのです。

 それに、私は、地方の財務局と財務省を行ったり来たりした経験のある元国家公務員。

 つまり、自分が働いていた職場が汚されているという思いを禁じ得ないものだから、なおさらまともな職場に戻さなければならないという気持ちになるのです。

 この問題を報じないマスコミは、財務局や財務省、或いは国土交通省や大阪航空局、さらには文部科学省、そして、大阪府で働く人々のことなんか少しも気にならないのかもしれません。

 自分たちには関係がないから、と。

 そして、この問題に関心を有する多くの人も、このような役所、そして、そこで働く職員こそ悪者だという思いを持っていることでしょう。

 ある意味、それはそのとおりなのです。役所が嘘を言っている可能性が大なのですから。

 但し、それはそうであっても、役人が率先して悪事を働こうとした可能性は極めて小さいのではないのでしょうか?

 何らかの圧力に屈したとしか思えないのです。

 或いは、単に「安倍晋三記念小学校」という名前を聞いて早とちりした可能性がなきにしもあらず。名誉校長に総理夫人が就いているからと、勘違いした可能性がなきにしもあらず。

 いずれにしても、役所は国民の生活に密接に関係した仕事をしているので、そのその役所が、デタラメなことをしていたのでは世の中おかしくなってしまいます。

 新聞社はテレビ局は、そのことに気が付かないのでしょうか?

 私は、今回の疑惑の愛国小学校設置事件に関しては、関与した役所だけでなくテレビや新聞も大いに糾弾されるべきだと思います。


 

 これだけの疑惑を報じない新聞やテレビならむしろ有害だと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 安倍総理は、自分や妻は関与していないと断言しました。もし、そのようなことがあったら、自分は国会議員や総理の座を辞する、と。

 まあ、安倍さんの前言撤回には慣れっこになっているので、どんなことを言っても驚かないのですが…

 そもそも奥様は、その疑惑の小学校の名誉校長様になっているのですよ。

 それで、全く関係ないなんて言い切るその神経に脱帽!

 凄い!

 しかし、総理は、その学校法人の経営者である籠池なる人を全く知らないどころか、自分の考え方に共鳴してくれている人だと認めています。

 そして、一度は、その人が、安倍晋三小学校という名を冠した小学校を設立しようとしていたことも十分承知していたのです。

 但し、そのような名にするのではなく、吉田松陰学校にしたらどうか、なんて言ったというのです。

 私、個人的に、吉田松陰を尊敬していないので、そのようなことを聞いても何とも感じないのですが…

 いずれにしても、私の勝手な妄想ですが…安倍晋三記念小学校という名を冠することを撤回した代わりに、奥様を名誉校長にしたのではないか、と。

 流石に、安倍晋三記念小学校では露骨すぎますよね。

 しかし、だからといって安倍さんの名前を全く降ろしてしまえば、小学校設置に目途が立たない、と。

 だから、奥様が名誉校長になったということではないのでしょうか?

 少なくても奥様は、教育勅語を暗唱する幼稚園や小学校のコンセプトに大いに共感していたのは事実です。

 勝手に名前を使われたのではないのです。
 
 安倍晋三記念小学校を設置したいとか、或いは、そのような名でなくても、昭恵さんが名誉校長に就任する小学校を設置したいという要望が役所に提出されて、どうして役所の人たちが冷静でいられるでしょうか?

 有形無形に圧力がかかるのは必定。

 しかし、それだけでは各省庁が足並みをそろえて、この愛国小学校の設置のためにこんなに協力することはなかったでしょう。

 誰かが全体のプロジェクトを仕切ったに違いないのです。

 それが誰なのか?

 それをスクープしてこそのメディアです。

 いろいろな情報網を駆使して事実を解明して欲しいと思います。

 既に述べたように、今国会で答弁しているような人たちは、直接関与した可能性は小さいのです。

 何代か前の先輩たちがやったことなのに、と思っているに違いありません。

 だとしたら、その人たちを一方的に攻めるやり方は得策ではないでしょう。

 貴方もある意味、被害者なのですよね、なんてシンパシーを示すと…なんとなく、真相が分かるかもしれないのです。

 また、昭恵さんに、教育勅語を暗唱する幼稚園や小学校をもっともっと設立すべきではありませんか、なんて投げかけてみるのも一つの方法かと思うのです。

 やっぱり教育勅語を暗唱する小学校を設立したかったのでしょう、と。

 そのために国が支援して当然だと思ったのでしょう、と。

 いずれにしても、昭恵さんにもう一度聞きたい。韓国が好きなのでしょ?にもかかわらず、韓国が大嫌いな森友学園の小学校設置を応援するのはどうしてなのですか、と。

 これは本当に謎と言っていいでしょう。

 それから、時給100円でネットサポーターというか、工作員に働いてもらっているというのでは、まさにブラック企業ではないのでしょうか?

 blogos も存在意義がありませんね。



 日本も、これでは韓国を笑えたものではないと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 近畿財務局が、豊中市に所在する8770屬療效呂1億34百万円で売った案件。

 同時に、国は有害物質の除去費用として、相手方の学校法人に1億3千万円を支払っているので、実質タダで譲渡したようなものなのですが…

 先日の国会の質疑でも明らかになったように、約8億円もかかる埋蔵物撤去作業を行うためにはダンプカー4000台が行きかう必要があるのですが、近隣の人は誰もそれを目撃していないのです。

 それに、航空写真で確認した限り、学校の建設工事が始まる前にゴミを撤去するための土地の掘削が行われた気配はないのです。

 さらに、もう一枚、貴重な証拠となる写真が発見されました。

 ご覧下さい。

 森友学園


 建築計画のお知らせと書かれた標識なのです。

 標識の設置年月日は、平成26年11月6日、つまり2014年11月6日であり、大阪府への小学校設置の認可を申請した後であるものの認可は降りておらず、また、国有財産の処分方針を決める国有財産近畿地方審議会が開かれる数か月前に当たるのです。

 小学校設置の認可が得られるかどうかも本来なら分からないし、その学校用地が手に入るかどうかも分からない状況のなかで、こうやって建築標識が設置されていたのです。

 必ず小学校の設置が認められる、必ず土地は格安で売り払いされるとの見通しがなければ、こんなことできる筈がないのです。

 つまり、安倍総理の関与があったかどうかは別にして、何か大きな力が働いていたことがこれで証明できると思うのです。

 誰がしきったのか?

 当該土地は、2012年4月にいったん国土交通省が、関空へ現物出資したため所有権の移転登記がなされているのですが、それが2013年1月に錯誤を原因として抹消されているのです。

 関空の所有のままでは格安、或いはタダでの譲渡が不可能であったからでしょう。

 そこで、推測されることは、この学校法人に土地をタダで譲渡する計画は、2013年頃から始まったのではないか、と。

 2013年と言えば、安倍第二次政権がスタートした時期とほぼ一致します。

 何かを感じますよね?

 そうすると、先日、答弁していた理財局長は、如何にも傲慢な態度であった訳ですが、彼は2016年6月からの就任であり、彼が関与した可能性小さいと言っていいでしょう。

 つまり、何代か前の局長が決めたことであって、と思っている可能性があるのです。

 それを今になって自分が否定することは、先輩たちを裏切ることにもなってしまう、と。

 難しい判断ですよね。

 しかし、そうすると今度は国民を裏切ることになるのです。

 何故、実際には自分が決めた訳でもない案件について、自分がこんな変な答弁をしなければいけないのかと運命を嘆いているかもしれません。

 文部科学省の役人だって、そして国土交通省の人間だって同じです。

 いずれにしても、今示した写真からも、この案件がクロであることがほぼ立証される訳ですから…そろそろ内部からも告発があってしかるべき段階に来ている気がします。

 おまけの情報ですが…この写真の構造のところに、「鉄骨造り」と出ているでしょ?

 鉄骨造りであって、木造ではないのです。なのに、国土交通省は、木造・木質化による先導的な技術の普及啓発に寄与する住宅・建築物に該当するとして、この小学校建設に対して6200万円も補助金を交付しているのです。

 呆れてしまいますよね。



 本当に滅茶苦茶すぎると思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

  疑惑の愛国小学校設立問題で注目を浴びている安倍総理夫妻。

 でも、安倍総理は、きっぱりと身の潔白を主張しました。

 自分たちが関与しているのが事実であれば、国会議員や総理を辞める、と。

 大変に結構なことなのです。

 でも、そうであれば、苦しい立場に追い込まれている、財務省、国土交通省、そして文部科学省が行なった不自然な行動を、何故自分が解明してみせると言わないのか?

 貴方は行政組織のトップなのです。

 貴方の指揮下で働く財務省、国土交通省、そして文部科学省が大変おかしなことをやっているのです。

 もちろん、貴方も、財務省が算定というか、財務省が付けた土地の価格、1億34百万円が全然おかしくないというのであれば話は別です。

 文部科学省が、そのような財政的基盤のない学校法人に小学校の設置を認めたことも全然おかしくないというのであれば話は別です。

 でも、豊中の土地を坪5万円で譲渡しているのですよ。

 しかも、国からもらった1億ナンボのゴミ撤去費用を差し引くと、差し引きほぼゼロ。

 つまり、タダで国有地8770屬鮠渡しているのです。

 そのことがおかしくないというのであれば、格別何もしなくても結構!

 しかし、少しはおかしいと思ったから、貴方も、各省庁によく話を聞いてくれと言ったのでしょ?

 誰がどう考えてもおかしい!

 教育勅語を暗唱させる小学校を設置したいというのであれば、それも一つの考えかもしれません。

 昭恵さんがそう思っていたとしても、そのことにとやかくいうつもりはありません。

 しかし、そのこともあって昭恵さんが注目されているのだから、皆の前で何か言ったらどうなのでしょうか?

 何故、逃げるようなことをするのか?

 いきなり記者に質問されても困ってしまうというのであれば、ちゃんと場を設定して記者会見をすればいい!

 プラス、もし、記者会見をするのであれば、次のことにも答えて頂けると大変ありがたい。

 昭恵さんは、一方で韓国が大好きなような言動をしていますが、その一方で、何故逆に愛国的な小学校の設置を支持するのか?

 どこか相通ずるところがあるのでしょうか?

 日教組が嫌いというのであれば、それはそれで結構。

 率直な意見を聞かせてもらえると幸いです。



 名誉校長になっている昭恵さんの説明を聞きたいと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ


↑このページのトップヘ