経済ニュースゼミ

小笠原誠治の、経済ニュースを通して世の中の動きを考察するブログです。地球温暖化阻止のために石油・石炭産出権取引を提唱します。産出権取引は排出権取引とは違います。みんな勘違いするのです。

 ようこそ「経済ニュースゼミ」へ。当ブログにアクセスして頂き、ありがとうございます。私は2004年以降、一般の方々に経済ニュースを分かりやすく解説する仕事をしております。経済のニュースは難しいことが多いですし、それに誤解を呼びそうな報道も多いからです。皆様が、このブログをお読みになって、ご自分で考えることができるようになることを望んでおります。当方へのご連絡先は、次のとおりです。seiji+cj9.so-net.ne.jp (+を@にして下さい)

 米国の今年第2四半期のGDPが発表になりました。

 な、な、なんと実質年率で4.1%の高い伸びになったのだとか。

 でも、このブログを熱心にお読みくださっている貴方は、予想通りだと思っていると思います。

 だって、以前から高い数値になることが予想されているとこのブログでも紹介していましたから。

 では、何故そんなに高い伸び率となったのか?

 報復関税のラッシュで貿易戦争となっているのに、何故?

 貿易戦争が起き輸出が減少すれば当然のことながらGDPにはマイナスの影響を与える筈なのに。

 いずれにしても、トランプ大統領は、この結果を受け、自分の手柄のように言っているのです。


 that these numbers are very, very sustainable. This isn't a one-time shot. 

 I happen to think we're going to do extraordinarily well in our next report next quarter.

 経済成長率が今回高い伸びを示したのは、1回限りのものではない、と。今後も極めて高い伸びが続くとトランプ大統領は言っているのです。

 では、エコノミストたちもトランプ大統領と同じ意見なのか?

 答えはノー。

 つまり、1回限りのものだ、と。

 何故かといえば、そもそも今回高い伸びを示した主な理由は2つ。

 一つは、大型減税のお蔭で消費が伸びたと。

 減税すれば場合によっては消費が刺激されるかもしれませんが、しかし、それによって消費の水準が増大しても、増大するのは1回だけ。

 その後も消費を伸ばしたいのであれば、さらに減税が必要となるからです。

 それから、今回高い経済成長率となったもう一つの理由は、トランプ関税のせいで、それが実施される前に米国から輸入しておこうという駆け込み需要が起きたことがあるとされています。

 日本でも、消費税が上がる直前に駆け込み需要が発生し、一時的にモノがよく売れることがありますよね。

 それと同じ。

 しかし、駆け込み需要が発生すると、その後には必ず反動減がある、と。

 高い伸び率が今後も続くどころか、逆に成長率を押し下げる圧力がかかるとみておいた方がいいでしょう。

 しかし、次のGDPが発表になるのはあと3か月後のことで、中間選挙で大騒ぎしている頃。

 トランプ大統領は、今回の4.1%の高い成長率を今後も大いに吹聴することとなるでしょう。


 騙されてはいけません。


 トランプ大統領は、相変わらずいい加減なことばかり言っていると思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨日アップしたつもりの記事がアップされていなかったことに今気が付きました。

 大変恐縮です。ボケですかね?



 今朝、PBSの放送を見ていたのですが、トランプ大統領の嘘つき振りを報じていました。

 大変興味深かったです。

 長文で恐縮ですが、目を通して頂ければ幸いです。

 今回も時間の都合で、全文を訳すことはできませんが、重要なところを分かるようにしておきます。


 




As we heard, Michael Cohen's recordings contradict what the Trump campaign 
said they knew about model Karen MacDougal at the time.

既に聞いたとおり、マイケル・コーエンの音声データは、トランプ陣営が言っていたものとは矛盾するのです。彼らは、その当時、カレン・マクドーガルを知っていたと言っていました。

 It is one of a number of false statements that, over time, have come from President  Trump or member of his team.

これは、トランプ大統領と大統領のチームのメンバーから得られた多くの間違った発言の一つなのです。

 At the "NewsHour," we do not report on all of them.

NewsHourでは、これらの全ては報じていません。

 But, tonight, we want to take a moment to step back and look broadly at President Trump's record on truth-telling and what it means for our democracy.
 
 しかし、今夜は少し時間を取って、トランプ大統領の真実の発言の記録と、それが民主主義にとって何を意味するかを探ってみたいと思います。

 We start with some background.

先ず、背景から始めましょう。

 DONALD TRUMP, President of the United States:
We're putting America first again, and we're seeing the incredible results.

トランプ大統領:我々は、再びアメリカ第一を掲げているが、信じられない結果が得られている。

 JUDY WOODRUFF: When weighing what's true and what isn't, one of the president's favorite targets is the news media and the many news organaization he attacks. That was the case last night when he spoke to the Veterans of Foreign Wars in Kansas City and stirred up the crowd.


ジュディ:何が真実で、何が真実でないかを判断するとき、トランプ大統領が好んで標的にするものの一つはニュースメディアであり、彼は多くのニュースメディアを攻撃する。昨夜、大統領はカンザスシティで行われたベトナム兵の集いでスピーチを行い聴衆を沸かせた。

DONALD TRUMP: Just stick with us. Dont't believe crap you see from these people, the fake news.

我々を信じて欲しい。フェイクニュースが報じる馬鹿げたことなど信じてはいけない。

(CHEERING AND APPLAUASE)

DONALD TRUMP:Just remember, what you're seeing and what you're reading is not what's happening.

貴方たちが見ていることや聞いていることは実際に起きている事ではないことを忘れてはいけない。

 JUDY WOODRUFF: But in just the last few weeks alone, the president has made a number of misleading or inaccurate statements on subjects ranging from Russian interference in U.S. politices to farmers and trade to how much member NATO countries spend on defense. Mr. Trump's statements on Russia have gotten the most attention, particularly after his news conference with President Putin in Helsinki, where he seemed to agree with Putin, instead of U.S. intelligence.

 しかし、先週だけでも、トランプ大統領は数多くのミスリーディングな、或いは不正確な発言をしています。例えば、米国の政治に関するロシアの介入から、農業や貿易問題、そして、NATOの軍事費に至るまで。ヘルシンキでのプーチン大統領との会談の後行われた記者会見で述べたトランプ大統領の発言は大変注目されました。そのとき、トランプ大統領は、プーチン大統領の意見に賛同して、
政府の情報機関の意見には賛同していないように映ったのです。

DONALD TRUMP: I will tell you that President Putin was extremely storng and powerful in his denial today.

プーチン大統領は、ロシアの関与を本日否定したが、非常に説得力のあるものであったことを言っておきたい。

JUDY WOODRUFF: That brought condemnation from both political parties, including RepublicanSenator Jeff Flake of Arizona, a frequent critic.

その発言は、民主及び共和両党からの非難を浴びた。

SEN. JEFF FLAKE(R), Arizona: We have indulged myths and fabrications, pretended that it was't so bad, and our indelgence got us the capitulation in Helsinki. We in the Senate wha have been elected to represent our constutuents cannot be enableres of falsehoods.

JUDY WOODRUFF: The next day, Mr. Trump said he stood with U.S. agencies, but even then he put in a caveat:

DONALD TRUMP:I accept our intelligence community's conclusion that Russia's meddling in the 2016 election took place. Could be other people also. Tere's a lot of people out there.

JUDY WOODRUFF: But a declassified intelligence report shared with Mr. Trump before he became president concluded that Putin personally --quote-- "ordered an influence campaign in 2016 aimed at the U.S. presidential election." U.S. agencies have not suggested any other country intended to disrupt the election. Earlier this month, in a tweet about the impact of foreign tarrifs on farmers, the president wrote that farmers have been on a downward trend for 15 years and "A big reason is bad,terrible trade deals."

 But that statement is not accurate. Farmeres have earned less in the past few years, but that's not been the case for 15 years. In fact, net income adjusted for inflation reached a record in 2013.

 And many experts say the problem has not been trade deals, but commodity prices.

The Washington Post, a news organization the president regularly criticizes, keeps itsown list. It found the president has made more than 3,200 false or misleading claims whilein office. And that was before the start of summer. It also analyzied a speech Mr. Trump gave in Montana ealier this month and found 76 percent of the claims the president made in the speechalone were false, misleading or unsupported by evidence.

 The latest "NewsHour"/NPR/Marist poll asked whether voters think the presidenbt generallytells the truth; 58 percent said only some of the time or hardly ever: 36 percent saidalmost all of the time or most of the time. Republicans believed the president by a large margin.The poll also asked whether President Trump tells the truth more often or less than prior U.S. president; 56 percent said less often; 32 percent said more ofte.

 For a closer look President Trump and the matter of truth, we turn to Peter Wehner, a senior fellow at the Ethics and Public Policy Center in Washington.
 He served in the last three Republican administratons, Presidents Reagan and both Bushe.

 Lara Brown is director of the Graduate School of Political Manage,ent  at the George Washington Univesity. She's also the author of several books on presidents, including "Jockeying For the American Presidency."

 And Domenico Montanaro, he's the lead poltical editor for NPR.

 And we welcome all of you back to the "NewsHour."

 Domenico, I'm going to starat with you upon. We were just sharing with the audience some of these poll numbers; 58 percent of those polled say they think the president tells the truth some of the time or hardly ever. How does that break down among the elecrorate? Who are we talking about here?
 
DOMENICO MONTANARO, Political Editor, NPR:

Well, and if you add never into there, you get to 61 percent. So you have a full 60-something percent of the American peopole who think that this president either never, hardly ever, or only some of the time tells the truth. You know, and when you look particularly in the suburbs, where there's going to be all these key House races, you wind up withe seeing that, you know, three-quarteres of people who live in the suburbs, including especially suburban women, who are going to be key to this election, really not having a lot of faith in this president or his ability to tell the truth.

JUDY WOODRUFF: Peter Weher, the fact that we're having this conversation tells us that something different ig going on. As we said, you worked in the Bush White House 41, 43, you worked for President Reagan. What is different?

PETER WEHNER, Ethics and Public Policy Center:
Well, what's different is that we don't have a ryb^of -the mill liar in the White House. We have a pathological liar. This is a man who lies on personal matters, political matteres, domestic, international. He lies morning, noon, and night. And it just is never-- never-ending. So that's one thing. We have never had a president who is so pathlogically -- lise so pathologically, and lies neddlessly ofen. That's one.

The other thing is the number of people in this country who believe in the lies, who
have accepted them. This has tremendous damaging effects on the political and civic culture of the country. 

 A self-governing nation can't run if you can't have a common set of facts, if you can't agree on common realities.

 What you have got is White House who is engaged in not just an assault on truth, but an effort to annihilate truth.

  トランプ大統領は、病気であると、嘘つきの病気である、と。
 嘘をつかないと死んでしまうのでしょうか?

 アベシンゾウとよく似ています。


 この二人は本当に嘘つきだと思う方、怒りを込めてクリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 文科省の職員がまた逮捕されたと報じられています。

 霞が関のモラルも…というか、モラルなんて言葉がとうに喪失してしまっているのではないでしょうか?

 だって、行政のトップの総理大臣があれですから。

 ところで、また逮捕者を出した文科省ですが、文科省とともにかけられている看板の文字の酷いこと。


文化庁

 以前からそう思っていたのですが…

 だって、そうでしょう?

 文化庁とスポーツ庁…

 何と下手なのかと誰でも思うのではないでしょうか?

 何故こんな看板をぶら下げておくのか?



 看板と言えば…

 大蔵省から財務省に名前が変わった時、事務方が当時の宮沢大臣に揮毫をお願いしたらしいのですが、宮沢氏は俺は書かない、と。

 大蔵省の名前を変更させられたことが口惜しかったのでしょうか?

 いずれにしても、大臣が書かないというので、代わりに書かされたのがパソコンさん。

 財務省の文字は、パソコンで書かれたものなのです。

 だから心がない?

 その宮沢氏で思い出しましたが、財務省という名になった原因である金融不祥事やバブルの崩壊に関連して金融庁が発足したとき、もうこれからは役所と金融機関の癒着がなくなり、客観的な検査がなされるであろうと感想を述べたのですよね。

 しかし、その宮沢氏の言葉を否定するように、今年から独立性を維持した検査局が廃止され監督局と一体化されてしまったのです。

 役所の改変が怪しからんと言っている訳ではないのですが、納得のいく説明がなされていないのではないでしょうか?


 スポーツ庁の文字を書いたのは下村元大臣と言われていますが…疑惑まみれの代議士だと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 関西のNHKがIR法案に関して世論調査した結果を円グラフにして放映したそうですが、その円グラフがおかしいとネット上で話題になっています。

 どうおかしいかと言えば…

 その円グラフをご覧ください。


IR誘致

 おかしいでしょう?

 いまどき、こんなミスがあるのでしょうか?

 これは何かの間違いなのか…円グラフが間違っていたのではなく、誰かがNHKを陥れようと…

 などと考えていたら、NHKの謝罪文が見つかりました。


 7月20日放送の「関西にカジノ!?〜IRの光と影」の円グラフの訂正について

 番組内でIR誘致の賛否に関する調査結果を円グラフで紹介した際に、「反対」が42%、「どちらともいえない」が34%と表示しました。円グラフ上は数字では正しく表記していましたが、「どちらともいえない」の面積の方が大きく表示されていました。作画ミスによるもので、確認が不十分なまま放送してしまいました。今後、このようなことがないようにチェックを徹底していきます。 

 NHKは、本当にミスを犯していたのです。

 ちゃんとチェックすればミスは簡単に見つかった筈。

 というか、そもそもそんなへんてこりんなグラフなど作れる筈がない。

 だとしたら意図的なのか?

 というか、数字では正しく表記していたなんて言っていることなど、全く反省の色が見られないと言ってもいい。

 だって、円グラフは直感で分かるように使用している訳ですから、面積が間違っていたのは致命的

 このグラフを安倍政権の誰かがみて、関西のNHKは、忖度の姿勢がなかなかいい、グー、なんて言っているかもしれません。

 こんな謝罪文で許されるものではありません。

 関係者は責任を取るべきです。

 
 
 本当にデタラメなNHKになってしまったと思う方、怒りを込めてクリックをお願い致します。
 ↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロイターの記事です。


 トランプ米大統領は、イランが米国を一段と脅かすようなら、
「ほとんどの国が過去に経験したことのない規模の」悲惨な結末を招くリスクを警告した。

 22日にツイッターに投稿した。数時間前には、イランのロウハニ大統領がトランプ氏に、敵対的な政策は「あらゆる戦争のもと」につながる恐れがあると強調していた。

 トランプ氏は、ロウハニ氏に宛てたメッセージで「米国を決して再び脅してはならない。さもなくばほとんどの国が歴史上経験したことのない規模の結末を招く。暴力や死に関する正気の沙汰と思えない発言を支持することはもはやない。注意せよ」と述べた。

 トランプ氏のツイッターへの投稿を受けて、イランのザリフ外相もツイッターで反撃。トランプ氏とまったく同じように米国に対して「注意せよ」と大文字で書き込んだ。

 ロウハニ氏は22日、自国の外交官らの会合で「イランとの平和はあらゆる平和の母で、イランとの争いはあらゆる戦争の母だと、米国は認識すべきだ」と述べた。国営イラン通信(IRNA)が伝えた。

 ホワイトハウスの声明によると、ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は「イランがマイナス方向の動きに出れば、ほとんどの国が過去に支払ったことのないような対価を支払うことになると、トランプ氏が語った」と述べた。

 また、ポンペオ米国務長官も22日、イランの指導者は腐敗し不正な蓄財を行っていると述べ、イランは政府というよりも「マフィア」のようなものによって運営されていると批判した。「長く無視されてきた国民の声を米国は支持していく」とも述べた。

 タスニム通信によると、イラン政府はポンペオ氏の発言について、国内問題への干渉と指摘した。

 23日の原油相場は、両国間の緊張激化を受け供給懸念が広がり上昇した。北海ブレント先物LCOc1が一時、2%近く値上がりして1バレル=74.50ドル。米WTI原油先物CLc1も同69.31ドルまで上昇する場面があった。


 以上が、トランプ大統領のイランへ向けたツイートに関する一般的な報道ですが…

 NPRでは、ちょっと違った視点での説明も試みています。



KING: All right. I want to bring back in NPR's national political correspondent, Mara Liasson.

 はい、では、NPRの政治担当記者のマラ・ライアソンに戻ってきてもらいます。

Mara, what do you make of what we just heard from Mr. Lotter?

 マラ、ロッター氏の説明を聞いたと思いますが、貴方はどのように考えますか?

LIASSON: Well, I'm still puzzling about the tweet. On the simplest level, Donald Trump likes to direct the media narrative. He likes to control it. And he's gotten us all talking about Iran this morning instead of talking about Putin...

 そうですね、依然としてトランプ氏のツイッタ―については謎めいたものがあります。単純に考えれば、トランプはメディアに指示したがる男です。コントロールすることが好きなのです。今朝、急にプーチンの話からイランの話に転換しました。

KING: Yeah.

 はい。

LIASSON: ...Or the investigation into Russian interference. So on a simpler level, it could be just that. We also have seen the president use this kind of very harsh rhetoric, threatening to destroy another country before. He did that with North Korea. Sometimes he likes to create a crisis and then become the hero of his own story and declare the crisis over, as he did with North Korea after one meeting with Kim Jong Un, even though not a single nuclear weapon has been taken down in North Korea. So I don't know. Let's see what he follows this up with today.

 ロシアの介入に関する調査の話から転換したのです。単純に考えれば、そうしたこともあり得るでしょう。大統領が厳しい言い方をするのをこれまでに私たちは経験してきました。他の国を破滅させるぞ、と。彼は北朝鮮に対してそのような言い方をしました。彼は危機を作り出しておいて、自分がそのストーリーの英雄になり、そして、危機は終わったと宣言するのが好きなのです、丁度、北朝鮮の金正恩と会談したときのように。しかし、実際には核兵器は一つも撤去されていないのです。だから分からないのです。今日は、この件をフォローしていきたいと思います。

KING: Do you think, though, that there's a risk to the president tweeting something like this beyond just, OK, it's more rhetoric - like, a risk to how seriously he's been taken by the rest of the world?

 しかし、大統領のツイートにはリスクがあるとは思いませんか? レトリック以上のものがある、と。世界の国々が思った以上に深刻に受け止めるのではないか、と。

LIASSON: Sure. I think there is a boy-who-cried-wolf aspect. If you keep on threatening things and don't follow through with them, then people won't take you seriously or they won't quite know when to take you seriously. But he's the president the United States, has a massive nuclear arsenal and he is now saying that if Iran continues to threaten the United States, whatever that means, they'll suffer the consequences the likes of which few throughout history have ever suffered before. And we're going to be trying to figure out what that means all day today.

 オオカミ少年のような一面がありますね。いつも危ないぞと言い続けながら、しかし、実際には危機が起きなければ、人々は大統領の話を真剣に受け止めなくなります。ただ、彼は米国の大統領なのです。核兵器も持っています。その彼が今、もしイランが米国を脅かし続けるのであれば、イランはこれまで人々が経験したことのないような悲惨な目に遭うと言っているのです。それが何を意味しているのか探っていきたいと思います。

KING: NPR's Mara Liasson. Thank you so much, Mara.

LIASSON: Thank you.


 トランプ大統領が今度は、イランの大統領と会談するなんてことがあるのでしょうか?

 それにしても、こんなに落ち着きのない大統領を支持する米国民が少なからずいるということが不思議ですね。



 トランプ大統領は、自らのロシア疑惑を打ち消そうと、なんでもかんでも利用しようとしていると思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウォールストリートジャーナルの記事です。

 ドナルド・トランプ米大統領はロシアのウラジーミル・プーチン大統領との首脳会談後に厳しい批判にさらされたにもかかわらず、直近の世論調査で支持率がやや上昇した。トランプ氏の独特な政治スタイルはさまざまな物議を醸してきたが、今回の米ロ首脳会談を巡る批判も深刻なダメージとはなっていないようだ。

 ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)とNBCニュースの共同世論調査によると、トランプ大統領の支持率は45%。6月の調査から1ポイント上昇し、就任以来最も高くなった。調査が行われたのは、米ロ首脳会...

 安倍政権の支持率が落ちないのもおかしいですが、トランプ大統領がプーチン大統領と会談して言い訳にもならないデタラメをいって厳しい批判に晒されたと思っていたら、支持率はむしろ上昇したのだ、と。

 本当にどうなっているのでしょう?

 暑さのせいなのでしょうか?

 いや、違います。

 アメリカ人の知的レベルが大いに低下している証拠だと思うのです。

 低下しているからこそ、Make Americka Great Again! なんて言われて、そうだ、そうだと拍手喝采してしまう、と。

 日本人だってそうです。

 森友疑惑に加計疑惑。

 どんなに言い訳しようが、安倍氏側の関与はあったとしか思えません。

 でも、安倍擁護を任務とする評論家や政治家が、猛烈に援護射撃をする、と。

 今回の水害の対応についても、初期対応が遅れたのは事実なのに、万全を期していたなんて嘯くありさま。

 末世ということなのでしょうか?



 世の中、間違っていると思う方、怒りを込めてクリックをお願い致します。
 ↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

 貿易戦争が酷くなっていますね?

 トランプ大統領が関税措置に加えて、為替相場の口先介入を開始したからです。

 トランプ大統領は、どうしても中間選挙までにある程度の結果を出さなければなりません。そうしないと中間選挙で負ける可能性が大きくなるから。

 それに、輸出メーカーの経営者たちには、暫くの間辛抱してくれと言っている手前もあります。

 では、このトランプ大統領の口先介入に対して、他の国々はどのように反応するのか?

 ここでも各国は米国に対抗すべく口先介入や実際の介入に手をつけるのか?

 しかし、そうなったらそれこそ、しっちゃかめっちゃか!

 世界経済は、リセッションに突入してしまうでしょう。

 ここはなんとかしなければいけない、というムードが高まってくるのではないでしょうか?

 では、どうするのか?

 昔、プラザ合意なんてものがありましたよね?

 そこで、各国が米ドルの価値を下げるべく、目標とすべき為替レートについて合意する可能性がなきにしもあらず。

 ドルの価値を下げることにしたから、トランプ関税は終わりにしなよ、と。

 でも、ドルの価値を下げるということは、ユーロや人民元や円の価値を引き上げるということで、欧州、中国、そして日本から米国への輸出は大きく減ることになるでしょう。

 それに、そうやってドルの価値が下がるということになれば、それまで米国を目指していた資金の流れが逆流することにもなり…

 そうなれば、米国の株価が下落するかもしれませんし、国債の価格も暴落、つまり、金利が急騰する可能性があり、そうなれば米国の景気も悪くなる、と。


 なかなか名案なさそうですね?

 でも、トランプ大統領のことだから、暫くはドル安誘導の口先介入を続けると思います。




 為替市場が荒れそうだなと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週1週間のトランプ大統領の言動についてNPRが報じています。

 時間がなくて、全文を訳すことができませんでしたが、太字のところが大切ですので、ご自分で味わって読んでみて下さい。

DAVID GREENE, HOST:

So near the end of this chaotic week, Russian President Vladimir Putin made a statement. He said he reached, quote, "useful agreements in his summit with President Trump." This confused many U.S. officials, even the White House Director of National Intelligence, who say they have no idea what, if anything, Trump agreed to in his one-on-one meeting with Russia's leader.

 この混乱の1週間の終わり近くになって、ロシアのプーチン大統領が声明を発表しました。彼はこのように言っています。「トランプ大統領との首脳会談で有益な合意に至ることができた」 しかし、この言葉が多くの政府関係者を混乱に陥れているのです。国家情報長官でさえどのようなことを合意したのか分からないと言っています。もし、ロシアのリーダーと一対一で会談をして、何かトランプが合意したことがあったとしてもだ、と。

Towards the end of this week, President Trump declared that summit a success. That is despite week-long criticism and dismay from people on both sides of the aisle. Though, a poll suggested most Republican voters liked Trump's performance in Helsinki. And now, the White House says Trump wants to meet with Vladimir Putin again.

 今週の終わりになってトランプ大統領は、今回のサミットは成功だったと宣言しました。共和、民主の両サイドから批判と落胆の声が聞こえたにも拘わらず、です。但し、世論調査によれば、多くの共和党支持者がヘルシンキでのトランプの言動を好意的に受け止めているとしています。そして、ホワイトハウスが今度は、トランプ大統領がプーチン大統領にもう一度会いたがっていると言っています。

So what has this week revealed? What's mattered, and what are the consequences of what happened? Let's try and answer all of that with NPR national political correspondent Mara Liasson. Mara, good morning.

 ということで、今週、どんなことが明らかになったのでしょうか? 何が問題なのでしょうか? 起きたことの結果はどのようなものなのでしょうか? これらの質問に対する答えをNPRのマラ・ライアソンとともに探ってみましょう。おはよう、マラ。
 

MARA LIASSON, BYLINE: Hi, David.

 はい、デイビッド。

GREENE: I wonder if you'll indulge me and listen to some of the sounds of this week with me, starting on Monday, which was a big day. We had the two leaders holding this meeting in Helsinki. They came out, and President Trump is asked if he accepts the evidence provided by U.S. intelligence agencies of Russia's interference in the 2016 election.

 今週の月曜日は大変な日だったのですが、先ず録音した音声を一緒に聞いてもらえますか? 二人のリーダーがヘルシンキで会談を行いました。そして、二人が登場し、トランプ大統領が、2016年の米国の選挙においてロシアが介入したという米国の情報機関の証拠を受け入れるかと質問されました。

(SOUNDBITE OF ARCHIVED RECORDING)

PRESIDENT DONALD TRUMP: So I have great confidence in my intelligence people. But I will tell you that President Putin was extremely strong and powerful in his denial today.

 私は、情報機関の人々に絶大なる信頼を寄せています。しかし、本日の会談でプーチン大統領がそのことを強く否定し、説得力があったいうことを皆さんに言っておきたいと思います。

GREENE: Sounding like Trump trusted Putin's denial or at least might have. What does this tell you about who Donald Trump trusts?

 トランプはプーチンの否定を信用しているか、少なくても信用しているかもしれないように聞こえますね。トランプ大統領は誰を信用しているように思いますか?

LIASSON: I think it tells you that, on Monday, he trusted Vladimir Putin. He also said on Monday, my people, Dan Coats came to me, said it was Russia. Putin says it's not, and I don't see why it wouldn't be Russia. Now, later, he said he misspoke and meant to say - I'm sorry. Why - he said - I'm sorry. He said why it would be Russia. Later, he tried to clarify that and said, I meant to say the word wouldn't. You can see it's still pretty confusing, even for me...

 彼の発言からすれば、月曜日には彼はプーチンを信用していた、と思います。月曜日に彼は、部下のダン・コーツが来て、それはロシアだったと言ったと言いました。しかし、プーチンはそうではないと言っています。私は、それがロシアでないとは思いません。トランプ大統領は、後になって言い間違えた、申し訳ないと言いました。実際には彼は、ロシアがしたとは思えないと言っていたのです。そして、後になって釈明をし、ロシアがやっていないとは思えないと言いたかったのだと訂正したのです。非常に不可解なことで私にも分かりません。

GREENE: It's of - yeah, for all of us.

 皆そうだと思います。

LIASSON: ...But I think it shows you that he is deeply, deeply reluctant to accept the conclusion of his intelligence agencies that Russia was the No. 1 bad actor here.

 ただ、考えてみると、張本人がロシアであるとの情報機関の結論を受け入れることを大統領が非常に嫌がっていたことが窺えます。

GREENE: Well, and in that summit, he had this one-on-one meeting, it sounds like despite the advice of his own advisers. What does it mean for the country that the heads of U.S. intelligence even don't know what the president might have promised in a one-on-one meeting with a foreign leader?

 そして、このサミットで、彼は補佐官たちの助言に反して一対一の会談を行ったのです。情報機関のトップたちが、その国のリーダーが外国のリーダーと一対一の会談で何を話すか分からないということは、何を意味するのでしょうか?

LIASSON: It means there is a big gap between the president and his own administration and his own party because he is the only top official who hasn't accepted the conclusions of his intelligence agencies that not only Russia interfered, but that Putin himself directed it, and also that they're in the dark about what happened in this meeting. Usually, by now, there would be a briefing, a readout. But all we've heard is reports from the Russians saying that there were all these agreements reached between the two men, and they want to move forward on them.

 大統領とその行政組織、そして彼の所属する政党との間に大きな溝があるのです。ロシアが介入したということだけでなく、大統領自身が指示をしたという情報機関の結論を彼が受け入れていないからです。そしてまた、情報機関のトップたちは、両首脳の間でどのような話がなされたかを知らされていないからです。通常でしたら今頃はブリーフィングがあるなり、資料が配られるなりしている訳ですが、それがないのです。分かっていることはといえば、ロシア側からの情報だけで、二人のリーダーの間で合意がなされ、二人はそれを実行したいと望んでいる、と。

GREENE: OK. Well, let's move forward to Tuesday. Let's muddy the waters even more.

 それでは火曜日に移りたいと思います。益々混迷を加える訳ですね。

LIASSON: (Laughter).

GREENE: The president attempted to walk back this statement about Russian interference and walk back the idea that he didn't support the intelligence finding that Russia was guilty. Although, some questions here about what exactly this meant. Let's listen.

 トランプ大統領は、ロシアの介入の関する彼の発言と情報機関がロシアを有罪であると決めつけた判断を支持しないとする彼の考えを撤回しようとしたのです。とは言っても、それが何を意味するかという疑問は残るのです。聞いてみましょう。

(SOUNDBITE OF ARCHIVED RECORDING)

TRUMP: Could be other people, also. There's a lot of people out there.

 他の人々が関与した可能性もあるのです。そこには多くの人がいたのです。

GREENE: Could be other people, also, who interfered in the election. Still being incredibly vague, maybe as vague as he's been since 2016, right?

 選挙に関与した他の人々がいた可能性があるのでしょうか? 信じられないくらいに曖昧ですね。2016年の選挙以来、一番曖昧です。

LIASSON: Yes. He just doesn't want to finger Russia or Putin for some reason, but he just won't. Even when he's walking something back, he tends to walk back the walkback in the same sentence.

 何か理由があって、彼はロシアやプーチンを名指ししたくないのです。しかし、名指ししない訳にはいかなかった、と。そこで、前言を撤回するにしても、その撤回した言い方をまた撤回してしまった、と。

GREENE: Although, then, he goes on CBS with Jeff Glor. And he seems to sort of point the finger at Vladimir Putin.

 もっとも、その後、彼はCBSのジェフ・グローと話をします。そこではプーチンの名前を示しているように見えます。
 
(SOUNDBITE OF TV SHOW, "CBS EVENING NEWS")

JEFF GLOR: But you haven't condemned Putin specifically. Do you hold him personally responsible?

 しかし、貴方はプーチンを特には非難していません。彼は個人的に責任があると思わないのですか?

TRUMP: Well, I would because he's in charge of the country, just like I consider myself to be responsible for things that happen in this country. So, certainly, as the leader of a country, you would have to hold him responsible, yes.

 この国で起こる事に私が責任があるように、彼は自分で起きたことに責任があると考えます。一国のリーダーとして彼に責任を取らせるべきでしょう。
 
GREENE: All right. Getting closer, but still this generic idea of - if you're the leader of a country, you're responsible for anything that happens. So, Mara, can you just remind us, like, what does the evidence show?

 分かりました。少し近づきつつありますが、それでも一般論ですね。というのも、貴方が一国のリーダーであれば、その国の出来事に責任を負うというだけですから。では、どのような証拠があるのかそれを思い出させてくれますか、マラ。

LIASSON: Well, we know that the president was shown evidence way back in January that Vladimir Putin directed this interference. It wasn't some random rogue Russian hacker who did it. And then you have the indictments that came out last Friday of 12 Russian military intelligence officials in granular detail showing about what they did and how they did it. And the indictment says that the president's own Justice Department is willing to prove this beyond a reasonable doubt in a public courtroom and show that Putin has been lying to Trump. So there is a lot of evidence to show the president that Putin was in charge of this, and he just doesn't want to accept it.

 そうですね、トランプ大統領は、プーチンが介入を指示したという証拠を1月に示されているのです。ロシアのハッカーたちが、何の脈絡もなく攻撃をしかけた訳ではないのです。そして、先週の金曜日に、12人のロシアの軍事情報部員たちが何をどうやって行ったかを書いた起訴状が示されたのです。そして、その起訴状には、司法省自身が、プーチンがトランプ大統領に嘘をついている事実を公開された法廷で喜んで証明すると言っているのです。ですから、この件でプーチンに責任があるという証拠が沢山ある訳ですが、トランプ大統領はそれを受け入れたくないのです。

GREENE: Well, and a lot of people in Congress, though, do accept it. And that was one of the extraordinary themes of this week. You had Republicans who seemed very willing, at least in their language, to confront and openly disagree with this president. This is the outgoing speaker of the House, Paul Ryan, talking about Russia.

 でも、議会の多くの人はそれを受け入れているのですね。そこで、それが今週の異様なテーマの一つになった、と。少なくても口では、大統領の言うことに反論したいと言っている共和党の議員がいますね。歯に衣を着せないポール・ライアンが次のように言っています。

(SOUNDBITE OF ARCHIVED RECORDING)

PAUL RYAN: Vladimir Putin does not share our values. We just conducted a yearlong investigation into Russia's interference in our elections. They did interfere in our elections. It's really clear. There should be no doubt about that.

 プーチンは我々と価値観を共有しない。米国の選挙に介入したかどうかの調査を1年かけて完了したばかりだ。ロシアは米国の選挙に介入したのだ。それは明白であり、何の疑いもない。

GREENE: Are we hearing something new from Paul Ryan? I mean, he is forcefully saying, I mean, without, you know, using the president's name that - President Trump, you're wrong.

 その後、ポール・ライアンが何か言っていますか? というのも、彼は大統領の名前を出していないからです。大統領、貴方は間違っているとは言っていません。
 
LIASSON: I think this has been the biggest pushback that you've seen from Congress to anything that Donald Trump has done so far. And the other thing that happened this week was the demise of the so-called incredible offer when Trump said in that press conference that Putin had made him an incredible offer that if - that he would allow U.S. Justice Department officials to come to Russia and interrogate the GRU officers if America sent over former diplomat Michael McFaul and others so that Russia could interrogate them.

 トランプ大統領が行ったことを議会がここまで押し返したのは初めてのことだと思います。そして、今週起きたもう一つ重要なことは、トランプ大統領が会見で明らかにしたプーチン大統領からの申し出がダメになったことです。もし、米国がミッチェル・マックファウル等を派遣し、それら12人を尋問するのであれば、米国の司法省が役人を送り、GRFの関係者を尋問することができるという申し出のことですが…。

And that was an extraordinary offer. It was incredible. And the Senate passed a nonbinding resolution 98-0 saying, no, that shouldn't happen. And, of course, by the end of the week, that - the White House said, no, we disagree with that. We're not going to push forward with that offer.

GREENE: Ninety-eight to 0, though. Have we seen any moment in this presidency so far where the Republican leadership in Congress, I mean, so forcefully taking a vote against this president?

LIASSON: We've only seen it one other time, and it also had to do with Russia. The Senate and the House passed nearly unanimous resolutions saying that Russia should be sanctioned. And the president had to sign that legislation despite his misgivings. So yes, they have pushed back before, and it was on this same general topic.

GREENE: I'm just - I just want to underscore nonbinding because...

LIASSON: This one was nonbinding. The...

GREENE: This...

LIASSON: ...Other sanctions, of course, he had to sign...

GREENE: The other sanctions, of course, was sanctions that had teeth.

LIASSON: Yeah. So they're willing to slightly - they're willing to be slightly more aggressive and express themselves on the other side of this issue. Slight pushback against the president.

GREENE: Why slight? Why not go further if you're the Republican leadership?

LIASSON: Because you're in the midst of an election campaign. And the president is extremely popular among the Republican base, the voters that every one of these Republicans who are up this year need to have. And this is not the time that they want to break with this president.

GREENE: And we should say that even though a lot of Republicans in Washington and in political circles have sort of been scratching their heads about what Donald Trump has done this week, there's a poll suggesting that something close to 80 percent of Republican voters approve of how he handled the summit.

LIASSON: That's right. That's what I'm talking about. And, right now, the president's hold on his base is very, very strong. We don't know if the base is growing, but it certainly is staying extremely loyal to the president. And that is the main reason why Republicans don't want to go any further in their disapproval of what he did in Helsinki.

You know, they'll say to you, why should I immolate myself? Why should I end my career, for what? They've seen what happens to people who criticize Donald Trump. Mark Sanford, a House Republican who voted with Trump almost 100 percent of the time, lost his primary because he was deemed insufficiently loyal because he'd criticized the president.

GREENE: I want to finish with what was an absolutely extraordinary moment yesterday at the Aspen Security Forum in Colorado. This - the - Dan Coats, the director of National Intelligence was on stage. The moderator was MSNBC's Andrea Mitchell. And the idea that Donald Trump might invite Vladimir Putin to the White House maybe this fall had come up. And it was Andrea Mitchell who told the director of National Intelligence, who actually gave him the news.

(SOUNDBITE OF ARCHIVED RECORDING)

ANDREA MITCHELL: We have some breaking news. The White House has announced on Twitter that Vladimir Putin is coming to the White House in the fall.

DAN COATS: Say that again?

(LAUGHTER)

MITCHELL: You - Vladimir Putin coming to...

COATS: Did I hear you?

MITCHELL: Yeah.

COATS: OK.

MITCHELL: Yeah.

(LAUGHTER)

COATS: That's going to be special.

(LAUGHTER)

GREENE: The man in the White House responsible for knowing things did not know this. So, I mean, it kind of sums up the week in a way.

LIASSON: Sums up the week. You have to have some black humor, I think, if you're going to be Dan Coats. But, you know, there was talk after Monday about Dan Coats resigning, not that he was saying he was going to resign. But I had several Republicans say to me, wow, if the president doesn't walk this back, Coats will have to resign because the president just threw him under the bus.

GREENE: All right. A big week. NPR national political correspondent Mara Liasson. Thanks for talking it through with us. We appreciate it.

LIASSON: Thank you.

GREENE: Have a good weekend, Mara.

LIASSON: You, too.



 なんと人騒がせなトランプ大統領でしょう。

 

 トランプ大統領も早く辞任すべきだと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

 日経の記事です。

 20日のニューヨーク外国為替市場で円相場が大きく上昇し、前日と比べて1円の円高・ドル安水準である1ドル=111円45〜55銭で取引を終えた。トランプ米大統領が午前、中国や欧州を名指しで「通貨を操作し、金利を低くしている」とツイッターに投稿し、ドル高へのけん制姿勢を強めたとの見方から円買い・ドル売りが膨らんだ。

 円相場は朝方、112円40銭の近辺で推移していたが、トランプ氏のツイッターを受けて一時、111円38銭と11日以来の高値をつけた。

 円相場は18日、米利上げ継続への思惑から約半年ぶりに113円台に下落したばかり。前日からトランプ氏の「けん制発言」が相次ぎ、円売りの動きが巻き戻った。

 トランプ氏は20日放映の米テレビのインタビューで中国の輸入品すべてに関税を課す準備をしているとも語っており、貿易摩擦の激化を嫌気した円買いも誘った。


 如何でしょうか?

 結局、トランプ大統領の利上げけん制発言は、ドル高阻止を狙ったものであることがはっきりしたのです。

 もっと言えば、貿易戦争が激しくなるなか、急速に人民元安が進んでいることへのトランプ大統領の反撃であった、と。

 トランプ大統領は、米国の輸出メーカーに対して、辛抱しろというメッセージを送っています。
 
 貿易戦争が激化して苦しい目に遭っているのは分かるが、今が一番大切なときなので辛抱してくれ、と。

 かつての日本の「欲しがりません、勝つまでは」というスローガンを思い出させます。

 でも、いつまで辛抱すればいいのか? いつ、アメリカは勝つのか?

 トランプ大統領は11月の中間選挙に標準を合わせていると思われます。

 つまり、その中間選挙の前までに何らかの結果を出す必要がある、と。

 米国の製造業に希望を与える何らかの兆候を示す必要がある、と。

 そこで、トランプ大統領は、関税措置の他にドルの価値を引き下げる作戦に出たものと思われます。

 幾ら関税をかけても、それに応じてドルの価値が上がってしまえば、何の効果も生まないからです。

 反対に、関税をかけた上にドルの価値を下げれば、米国の輸出メーカーにとっては益々有利になる、と。

 ということで、今後、一層ドル安円高に振れやすくなると思われます。

 日本に対しても、今のゼロ金利やマイナス金利を止めろと迫ってくる可能性もあると思います。

 そのとき、黒田総裁、そして安倍総理はどのように対応するのでしょうか?

 いずれにしても、トランプ大統領が本気でドル安政策に乗り出すのであれば、従来の米国の方針を変更することになるのですが…

 ドル安が進み過ぎるということは、米国の相対的地位が落ちたとみられる訳ですが…そのような状態を本当に受け入れることができるのでしょうか?






  こうなったら、トランプ大統領が安倍総理に厳しく当たることを期待したいと思う方、クリックをお願い致します。暑いのでやけくそだ!
 ↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

 トランプ大統領がFRBの利上げにいちゃもんを付けています。

 日経の記事です。


 トランプ米大統領は19日、米CNBCテレビとのインタビューで、米連邦準備理事会
(FRB)の利上げを「好ましくない」と述べた。ユーロ圏の金融緩和や中国人民元の下落で「不利になる」と語り、利上げがもたらすドル高にも懸念を示した。大統領がFRBの金融政策に不満を表明するのは極めて異例で、中央銀行の独立性の観点から波紋を広げそうだ。

 CNBCが単独インタビューの一部を報じた。トランプ氏は自らがFRB議長に指名したパウエル氏を「非常に良い人物を据えた」と自賛しつつも、「必ずしも(政策運営に)賛成する必要はない。彼は金利を上げている。喜ばしくはない」と利上げ路線に明確に異論を唱えた。一方で「それと同時に、私は彼らが最善だと感じることをさせたい」とも話した。

 利上げの問題点を「(景気が)上向くたびに、彼らはまたやりたくなる」と指摘「我々は経済に打ち込んでいる。それで金利が上がるのをみるのは好ましくない」と語り、減税を軸にした景気刺激への努力がそがれるとの懸念を示した。

 さらに欧州の金融緩和やユーロの下落、中国人民元の大幅な下落を引き合いに「我々の通貨は上昇している。それは我々を不利な状況に置いている」として、利上げ継続を背景にしたドル高の動きに不満を表明した。

 近年の米大統領はFRBの独立性に配慮し、金融政策へのあからさまな批判は避けてきた。トランプ氏は「一般市民だったら言ったであろうことを言ったまで。大統領としては言うべきではないといさめる人もいるだろうが、少しも気にしない」と「確信犯」であることを明らかにした。


 トランプというのは本当にお騒がわせな人間だと思います。

 そして、お騒がせなだけではなく、愚かである、と。

 もし、自分の考えが正しく、FRBの判断よりも優れていると思うのであれば、だったらFRBから金融政策の決定権を奪い取って大統領が決めればいいだけの話。

 つまり法律を改正すればいい!

 しかし、どこの国だって、政治家に金融政策の内容を判断させることはしないのです。

 何故か?

 だって、そんなことをしたら、どうしても景気にばかり気が向きすぎてインフレが起きる可能性が大きくなってしまうからです。

 或いは、中央銀行に国債を引き受けさせて放漫財政になってしまう、と。

 しかし、インフレが起きたら国民から大ブーイングが発せられるのは必至。

 でしょう?

 だから、中央銀行の政策委員たちに、客観的、冷静に政策を決定する権限を委ねているのです。

 でも、トランプは口を出したがる。そして、アベシンゾウも口を出したがる。

 しかし、幾ら口を出しても、形式的には中央銀行が金融政策を決定することになっているので、インフレが起きるなど不都合な結果が起きたとしても、トランプやシンゾウが責任を取ることはない!

 それが、トランプとシンゾウなのです。

 日本では、未だにインフレが起きる恐れがないので、ゼロ金利やマイナス金利の副作用の恐ろしさに気が付いていない人が多いのですが…そして、メディアもそうした副作用について報じようとはしないのですが…

 でも、いつかはきっと大変な目に遭うと思うのです。







  日銀の黒田総裁はさっさと責任をとって辞任すべきだと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ