経済ニュースゼミ

小笠原誠治の、経済ニュースを通して世の中の動きを考察するブログです。地球温暖化阻止のために石油・石炭産出権取引を提唱します。産出権取引は排出権取引とは違います。みんな勘違いするのです。

 ようこそ「経済ニュースゼミ」へ。当ブログにアクセスして頂き、ありがとうございます。私は2004年以降、一般の方々に経済ニュースを分かりやすく解説する仕事をしております。経済のニュースは難しいことが多いですし、それに誤解を呼びそうな報道も多いからです。皆様が、このブログをお読みになって、ご自分で考えることができるようになることを望んでおります。当方へのご連絡先は、次のとおりです。seiji+cj9.so-net.ne.jp (+を@にして下さい)

 内閣改造に関心が集まっています。

 とは言っても、アンコンされたテレビ局が無理やり話題にしている感がなきにしもあらず。

 安倍総理の早期の辞任を期待する私にとっては、全く意味のない話!

 何故、今内閣改造なのか?

 朝日新聞です。
 「安倍晋三首相は内閣改造と自民党役員人事に8月初旬にも踏み切る方針を固めた。東京都議選の惨敗を踏まえ、早期に人事を刷新し局面を転換する必要があると判断した。首相は主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)などに出席するため欧州を歴訪中で、12日に帰国した後、速やかに人事の構想固めに着手する。」

 要するに、イメージを一新して支持率回復を狙いたいということなのでしょうが…

 しかし、肝心の安倍総理や麻生副総理が変わらずしてどうして態勢の抜本的な立て直しができるでしょうか?

 もちろん、稲田朋美防衛大臣や金田法務大臣が辞めるのはおおいに結構。

 でも、それだと単なるトカゲのしっぽ切り!

 騙されてはいけません。

 何故、自民党は今回の都議選で惨敗を喫したのか?

 小池都政を支持する有権者が多かったからか?

 違います。

 安倍総理への不信感が極限にまで達したから、その結果として自民党でなく都民ファーストに投票した人が多かっただけなのです。

 ですから、仮に安倍総理が態勢の立て直しを図ろうと考えたところで、自分が森友学園事件や加計学園疑惑に関して正直に全てを告白するか、或いは辞任しなければ、態勢の立て直しなどあり得ないのです。

 でも、正直に事実を告白するなんてことはあり得ません。

 そして、辞任することもない、と。

 単に内閣を改造してお茶を濁すだけ。

 内閣の支持率は、そういうことで今後も低下の一途をたどると思います。

 ところで、先ほどTBSのひるおびに山本一太議員が出演していて、駆けつけ擁護にこれ務めていました。願わくば防衛大臣とか環境大臣のポストでも狙っているのでしょうか?



 内閣改造で有権者をごまかそうと思っても、そうはいかないと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ペットの獣医師の収入が高すぎるために公務員獣医師になろうという人が少ない。だから、獣医師の数をもっと増やすことによってペットの獣医師の相対的収入を減らせば公務員獣医師になる人が増え、公務員獣医師の不足が解消する、というとんでも理論を展開している山本地方創生大臣ですが、獣医師会が猛反発していると報じられています。

 毎日の記事です。
 「山本氏は4日、閣議後の記者会見で熱弁をふるった。年間収入5000万円以上の犬猫診療施設が3割を超えているとする日本獣医師会の2015年の調査結果を引き、ペット獣医の収入が高すぎるとした。

 だが日本獣医師会によると、この「収入」は一般企業の売り上げに当たり、諸経費を差し引いていない。また、厚生労働省の16年の賃金構造基本統計調査によると、民間で勤務する獣医の平均年収は約569万円。医師(約1240万円)や歯科医師(約857万円)に及ばない。」

 獣医コンサルタントの西川芳彦氏は「犬猫病院の臨床医は一般に公務員より勤務時間が長い。病院によって差はあるが、院長や経営者を除き、時給に換算すると公務員より低い」と指摘する。北里大の高井伸二獣医学部長も「若いペット獣医は安い給料で頑張っている。山本氏の見解は表面的な数字を見ただけの暴言。現場の獣医たちは怒りまくっている」と、取材に憤りをあらわにした。

 年間収入5000万円の意味を、山本大臣は正しく理解していなかったのでしょうか?

 或いは、事実を分かった上で敢えて国民を煙に巻く作戦だったのでしょうか?

 地方創生大臣というよりも痴呆大臣がふさわしいような気がします。

 いずれにしても、公務員獣医が不足しているというのであれば、給与の引き上げを含め、待遇の改善が急がれるところだと思うのですが、何故そうした措置を講じないのか?

 不思議でなりません。

 話は変わりますが、松野文科大臣が、加計学園の獣医学部新設に関連する文書の取り扱いが不適切だったとして、文科省の戸谷一夫事務次官(60)、小松親次郎文科審議官(60)、常盤豊高等教育局長(58)の3人を口頭で厳重注意していたことが5日、分かったと報じられています。

  個人メモは行政文書に該当せず、共有フォルダに保存すべきではないとの理由からだそうですが…

 未だにこんな茶番を繰り返しているのです。

 その一方で、官邸の嘘に付き合った佐川理財局長は、国税庁長官にご栄転。

 どこまで国民を舐めるつもりなのでしょうか?

 反省のハの字も感じられません。


 安倍政権を打倒しないことには未来は拓けないと思う方、怒りを込めてクリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 朝日の記事です。
 「山本幸三地方創生相は4日、公務員の獣医師が不足しているのは「小動物獣医師がもうけるからだ」と述べ、ペットを診る小動物獣医師の待遇が良すぎるとの認識を示した。獣医学部をつくって獣医師を増やせば、ペット診療の「価格破壊」が起きて小動物獣医師の給与が下がり、相対的に給与が低いとされる公務員獣医師の不足が緩和されるという持論を述べた。

 安倍晋三首相が「公務員獣医師の確保は喫緊の課題だ」などとして獣医学部を全国で増やす方針を示したことを受け、山本氏が閣議後の会見で発言した。「小動物獣医師の給与を下げるべきだと考えるか」という質問に、「そう思っている。(日本)獣医師会の資料で、1施設で5千万円以上の収入があるところが3割を超える」などと語った。

(中略)

 厚生労働省の2016年賃金構造基本統計調査によると、民間事業所で働く獣医師の平均年収は約570万円となっている。医師の年収約1240万円、歯科医師の約860万円に比べても低い。

 ペットの獣医師が儲けすぎみたいなことを山本氏は言っていますが…それは何と比較するかで決まります。

 公務員の獣医師の給与と比較すると、ペットの獣医師は給与が高く見えるだけで、逆に、公務員の獣医師からすれば、ペットの獣医師と比較して、自分たちの給与は不当に安いと映るのは当然のこと。

 だとしたら、公務員獣医師の給与を上げれば、公務員獣医師の人手不足は即解消。

 そうでしょう?

 それに、記事にあるとおり、獣医師の平均年収は、医師や歯科医師と比べ明らかに低い訳ですから、ペットの獣医師が儲けすぎとの指摘は合理性を欠くものと言わざるを得ません。

 それでもペットの獣医師が儲けすぎだと言い張るのでしたら、獣医師に対する何らかの偏見があるとしか言いようがありません。

 この人、つい最近も、学芸員に対する根拠のない批判をしたことがありましたが…東京大学を卒業し、大蔵省に入った自分は普通の人間とは違って偉いのだという思い込みが強すぎるのではないでしょうか?

 いずれにしても、ネット上では既に多くの方が、この山本氏の考え方を批判しています。

 それはそうですよね。

 山本氏は、公務員の獣医師が不足している理由として、ペットの獣医師に給与が高いことが原因だと言います。

 だから、獣医師の全体の数を増やせば、獣医師の数が過剰になってペットの獣医師の給与が下がる、と。

 では、獣医師の全体の数が増えることによってペットの獣医師の給与が下がるのであれば、公務員獣医師の給与は下がらないのか?

 そこがポイントなのです。

 山本氏は、公務員獣医師の給与水準は不変であることを前提にしているのです。公務員獣医師の給与が変わらないなかで、ペットの獣医師の給与が下がることによって、初めて公務員獣医師の給与の相対的水準が上がり、従って、公務員獣医師の人手不足が解消する訳ですから。

 しかし、何故公務員獣医師の給与水準は変わらないのか?

 おかしいでしょう?

 本来、公務員の給与は、民間の同種類の労働者の給与に準拠すべきものですから、ペットの獣医師の給与水準と公務員獣医師の給与水準に大きなかい離があること自体が問題なのです。つまり、公務員獣医師の給与を引き上げることを考えるのが本筋なのです。

 従って、仮に山本氏が、公務員獣医師の現在の給与水準が妥当と考えるのであれば、その根拠を先ず示す必要があります。

 さらに言えば、獣医学部の新設をどんどん認め獣医師の数を増やしたとしても、それによって獣医師の年収が大きく減るようでは、獣医師になろうという人の数が増えない可能性もあるのです。

 全くもって説得力のない山本氏の説明。

 ただ単に、加計学園の疑惑を晴らすために屁理屈を言っているとしか思えません。

 また、仮に山本氏の説に従って、獣医師全体の給与水準を引き下げることに成功し、そのため公務員獣医師になる人が増えたとしても、そのような人は獣医師全体のうちで最も能力の低い者ばかりでしょうから、そのような人に公務員獣医師が務まるかと言えば、甚だ疑問。

 公務員獣医師が不足しているということは、仕事の内容に見合った給与水準になっていないからだといういう単純な理屈がどうして分からないのでしょうか?

 不思議でなりません。

 こんな人がインフレターゲットを推奨した張本人なのです。

 もちろん、そのインフレターゲットというか、リフレ政策というか、それは失敗に終わっているのです。


山本



 こんなにレベルの低い政治家は、さっさと大臣を辞めろ、と思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ 

 自民党のアンコン政策ですが…

 あれだけ寿司友評論家を動員して、メディアのコントロールをしていた自民党ですが、都議会選には惨敗してしまいました。

 それに、それだけメディア対策というか言論封じをしているのに…

 こんなことを言っているのです。

自民メディア



 アホか、と言いたい。

 傲慢としか言いようがありません。

 真実を隠して、というよりも嘘ばかり言っているのに、と。


 
 安倍一強が長く続いて、このおっさんたちは、錯覚しているのだ、と思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 安倍総理が、都議選の惨敗を受けて次のように言っています。

 「厳しい叱咤(しった)と深刻に受け止め、深く反省しなければならない」

 「国政には一時の停滞も許されない。反省すべき点は反省し、謙虚に丁寧にやるべきことを前に進めたい」

 「安倍政権に緩みがあるのではないかとの厳しい批判があったんだろうと思う」

 相変わらず口だけは達者なようです。

 でも、全然心に響かないですよね。

 だって、心にもないことを言っているからです。

 口だけではダメなのです。

 どんなに反省した素振りをしても、信頼が回復することはないでしょう。

 あり得るとしたら、稲田防衛大臣を更迭すること。菅官房長官を更迭すること。萩生田官房副長官を更迭すること。そして、何よりも安倍総理自身が辞任することです。

 そうすれば、自浄能力が少しはあるのかと見直されるかもしれません。

 しかし、安倍総理がそのような手段を採ることはないでしょう。

 何故か?

 それは、今までの発言が嘘に嘘を重ねたものであるために、辞任してしまえばそれらの嘘が全てばれてしまい、安倍氏とその取り巻きの連中の政治生命が断たれる恐れがあるからです。

 しかし、辞めなければ益々内閣の支持率は下がる。下がり続ける。

 そして、そうなれば自民党内から安倍降しの風が強まる。

 そういうことではないでしょうか?

 安倍一今日の時代は終わりです。



 本当にさっさと辞めてほしいと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 みなさん、東京都議会選の結果が分かりつつあります。

 自民惨敗です。

 なんと清々しい結果でしょう。

 スガ、スガしいでも、ガース、ガースしいでもありません。

 清々しいです。

 でも、よく考えたら、小池氏の勝利でもなく、自民党の惨敗でもなく、安倍政権の惨敗といっていいでしょう。

 豊田真由子様の強烈な暴言が効いたのでしょうね。

 それに、下村氏のバカバカしい記者会見も。

 稲田朋美様の貢献も大きかったですね。

 さて、これから国政をどうして行くのか?

 ゆっくりと考えていきましょう。



 皆様のクリックに感謝しています。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 しかし、本当にこの総理もおバカですね。

 togikaisen

 「こんな人たちに負ける訳にはいかない」だなんて。
 
 総理は、自分に反対する人々も含め、全ての国民の総理なのです。

 よっぽど安倍辞めろコールが堪えたのでしょうね。

 あれほど工作員を動員して万全を期したのに、と。

 それに日の丸の旗も沢山用意して配ったのに、と。

 ところで、よく民主政権のときに、例えば菅総理は国旗に向かって敬礼しなかったとか、君が代を歌わなかったとかというような悪口が言われたのですが…

 我々が育った時代というのは、日の丸と言えば右翼の宣伝カーを思い出すような時代だったので何とも言えない事情があったのです。それに戦前、戦中の反動ということもあったのです。

 今だって、余りにも日の丸の旗とネトウヨがセットになって頭に刷り込まれてしまうと、日の丸の旗を敬遠する人が出てきてもおかしくはないのです。(私は、正月にはちゃんと国旗を玄関に飾りますが)

 要するに、安倍政権は日の丸の旗を悪用しているようなものなのです。

 貴方は、日の丸の旗を振らないのですか? 国旗を掲揚しないのですか?

 だったら、非国民ですね、と。中国や韓国の味方なのですか、と。

 近年、中国や韓国の行動に余りにもおかしなことが多かったので、その反動で安倍政権は若者の支持を集めたと言っていいでしょう。

 要するに、中国や韓国が理不尽な行動に出るから、安倍政権を支持して日本を守ろう、と。

 しかし、安倍政権がやってきたことは、結局、お友達を優遇するようなことばかり。自分たちさえよければ国のことなんかどうでもいい、と。

 そのことは森友学園事件、そして加計学園事件がよく物語っています。

 だから、国民は怒っているのです。

 国民が何故安倍総理に辞めろと声を挙げるのか、それが全然分かっていない安倍総理。

nikkyoso


 やっぱり病気なのですよ、この人。

 病気だったら暫く治療に専念すべきだと思います。

 役人のなかには、安倍総理が辞めると、自分たちがついてきた嘘がばれてしまうと怖がっている人と、これで少しはまともな行政に戻ることができると期待している人がいると思うのです。

 東京都の有権者はどんな審判を下してくれるのでしょうか?



 こんな総理はさっさと辞めちまいな、と思う方、怒りを込めてクリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 安倍辞めろコールが止まないようです。

 隠れ読者本物様から教えて頂きました。

 しかし、最後の最後まで油断は禁物です。

 一人でも多くの人がノーを投じるように、昭恵様にならってお祈りします。
  


 安倍辞めろ! 安倍辞めろ! 安倍辞めろ!

 豊田真由子様、最後の頑張りありがとうございました。

 ハゲー!

 ちがうだろう、ちがうだろ、安倍じゃだめだろ!

 稲田朋美様、最後の頑張りありがとうございました。

 下村博文様、最後の頑張りありがとうございました。

 11人のお金だなんて、そんなバナナ!


 あした、天気になーれ!


abebaka

 安倍辞めろ、に賛同する方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓

 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 豊田真由子様の暴言、暴力に関して、河村元官房長官が次のように言ったのを覚えていると思います。

 覚えていまちゅか?
 「選挙を戦う者とすれば、あのようなことは起こる。たまたま彼女が女性だからこうしたことになっているが、あんな男の代議士はいっぱいいる」
 この発言、どのように理解すべきなのでしょうか?

 女性があんな酷い言葉を吐いたものだから注目されているけど、男性の議員だったらそこまで注目されないのではないか、と言いたかったのでしょうか?

 だから、マスコミや世間は騒ぎ過ぎだ、と。

 多分、そんなことなのでしょうね。

 そう言えば、麻生副総理も次のように言っていましたね。
 「あれ、女性ですよ、女性」
 麻生氏の日本語はときとして理解に苦しむことが多いのですが…

 豊田議員は、経歴は抜群だが、女性だから大したことはないと言いたかったのではなく、女性があんな酷いことを言っている…女性はもっと女性らしくすべきだと言いたかったのでしょうか?

 だとすると、麻生氏の考えも河村元官房長官の考えに通じるところがあるような気がします。

 男ならそんな議員も珍しくない。だから、男の発言だったら、そこまで関心を集めなかったのに、と。

 では、お聞きしたいと思うのですが…男の場合、そんな暴言や暴力を奮う議員が自民党には沢山いるのか、と。

 多分、いるのでしょうね。

 でも、いるとしたら、それは大変な問題ではないですか!?

 そうでしょう?

 まあ、週刊誌の情報を信じるならば、確かにそうした暴言を吐く男性議員はそれほど珍しくないのかもしれません。実名でいろいろ出ていますよね。

 でも、だったらそれを改善しようとしなくてどうするのか?

 自分たちのことですら、少しも改善することのできない自民党。

 そんな政党が国を良くすることなどできる筈はないではないですか。

 豊田真由子様についての新しい情報です。


 meishi2

 こういうのを、身から出た錆というのでしょうね。

 明日は天気が良くなって、投票率が上がって欲しい、否、雨が降っても選挙に行ってくれと思っていると言う人、クリックをお願い致します。それしか政治を変える方法はないのです。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 加計学園の下村氏に対する献金を、下村氏側が政治資金収支報告書に記載していなかった件に関して、下村氏が一昨日記者会見を開き弁明していましたが…

 どう思います?

 問題になっているパーティは2度行われているのです。 2013年と2014年にです。

 そして、加計学園の秘書室長から100万円分ずつ、2回に渡ってパーティー券の購入代金として支払われているのです。

 しかし、政治資金法上20万円以上のパーティー券の購入については記載が必要なのに、下村氏側は記載していなかった。

 何故記載しなかったのか?

 それについて、下村氏は、2回とも、合計11人(企業を含む)の人によるパーティー券の購入であり、いずれも20万円を超えるものはなかったので、記載しなかったと言います。

 でも、不自然ですよね?

 その前に、何故下村氏は11人と言ったのか?

 合計200万円で、一人当たり20万円を超すと記載が必要になると考えて、だから11人と言ったのではないのでしょうか?

 しかし、1回当たり100万円の入金で、一人当たり20万円だと5人で済むわけです。

 皆、20万円ずつパーティ券を購入してくれたが、20万円ということは20万円を超していないので、
記載しなかった、と言える訳です。

 下村氏とその秘書達は、この政治資金規正法の規定について詳しくなかったのではないでしょうか?

 それはそれとして…

 いずれにしても、11人がパーティー券を購入してくれて、しかも1人当たり全て20万円以下だというのであれば、それを証明するものがなくては誰も納得できません。

 しかし、誰がパーティー券を購入した方は、相手方のプライバシーの問題もあり、今公表はできない、と言うのです。

 パーティー券を購入したことが明らかになったからって、それを嫌がる人がそんなにいるとは思えないのですが…

 それに、購入者のリストもないと言います。

 バカか!と言いたい。

 大事な支持者ですよ。20万円以下かもしれませんが、そんな個人としては大金を寄付してくれる人なんてそういるものではありません。住所を控えてしっかり記録しておくのが当たり前です。

 でしょう?

 お得意様の名前と住所を記録しておかない商売人なんてありえないではないですか!?

 そんな白々し嘘をついて、いつまで持つと思っているのでしょう?

 バカバカしすぎて、開いた口が塞がりません。



 よくもまあ、そんな白々しい嘘を、と思った方、怒りを込めてクリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

↑このページのトップヘ