経済ニュースゼミ

小笠原誠治の、経済ニュースを通して世の中の動きを考察するブログです。地球温暖化阻止のために石油・石炭産出権取引を提唱します。産出権取引は排出権取引とは違います。みんな勘違いするのです。

 ようこそ「経済ニュースゼミ」へ。当ブログにアクセスして頂き、ありがとうございます。私は2004年以降、一般の方々に経済ニュースを分かりやすく解説する仕事をしております。経済のニュースは難しいことが多いですし、それに誤解を呼びそうな報道も多いからです。皆様が、このブログをお読みになって、ご自分で考えることができるようになることを望んでおります。当方へのご連絡先は、次のとおりです。seiji+cj9.so-net.ne.jp (+を@にして下さい)

 本日は、籠池氏が取材陣の前で言いたい放題でしたが…

 まあ、言いたいことはいろいろあるでしょうが…しかし、どれだけ話を聞いても、少しも説得力がないのです。

 また、いい加減なことを言いやがって、と。

 但し、政治家に尻尾切りされそうになっているのが悔しいのは分かります。

 あんなに一緒に教育勅語を暗唱する小学校を設立しようと誓い合ったのに、と。

 それはそうと、佐川理財局長は、関係者との交渉記録は全て廃棄したと言い張っています。

 もちろん、追及している野党の議員はそんなことはある筈がない、と。

 そして、役人をやっていた私も、廃棄したなんてことはないと思っています。

 但し、役所の公式見解としては、そんなことになるのだろうな、ということも分かります。

 だって、都合の悪いことが書いてある記録を残していては危うくなるからです。

 しかし…公式には残っていない筈の記録文書も、個人のパソコンのハードディスクには残っているかもしれません。或いは、プリントアウトした資料が残っているかも知れません。

 だって、折角作った資料ですよ。後々利用することもある訳ですし…例えば、その資料の一部をコピーアンドペーストしてまた使うかもしれないし、と。

 それを捨ててしまうなんて、なんとアホなことか、と。

 それに保存するにしても、全然スペースを取らないのですから。

 むしろ、すべての資料をデータベース化したいほど。

 そうでしょう?

 それにですね、人間の本性として、折角作成した文書には愛着が湧くものであり、そう簡単には捨てられないということもあるのです。

 違います?
 
 だから、探せば必ず残っていると言っていい!

 逆に、残っていないとしたら、それはかなりやばいことが行われた証拠だと見ていい、と。

 要するに、財務局、財務省に記録が残っていないと言い張るのは、私たちはクロなのですと言っているのと同じことなのです。

 クロちゃんで〜す!




 佐川理財局長は、国民をなめているのかと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 籠池氏が、YouTubeで世間に自分の考えを訴えています。

 吠えていると言った方が当たっているでしょうか?

 こんなに喋りたがりなのに、何故国会に呼ばないのか?

 喋り過ぎがいけないのでしょうか?


 籠池氏の主張

 籠池氏の主張


 

 
 

 この動画を見て、彼の言い分にどれだけの合理性があるかを判断してください。



 自分の言いたいことだけ言って、疑問には全然答えていないと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ



 安倍政権を支持するかどうかに、投票して下さい。

 もちろん、不支持ですよね?

 右側のアンケートです。

 籠池氏を参考人招致することに関して、与野党ですったもんだしていますが…

 そして、与党が参考人招致を拒否する理由が、全く理由になっていない訳ですが…

 誰もが指摘するところですが、そうやって与党が参考人招致を拒否するので益々疑惑は深まる、と。

 多分、そのことをよく分かっている議員は自民党のなかにも沢山いると思うのです。しかし、だからと言って参考人招致を認める訳にはいかない。

 何故?

 それは、安倍総理が反対しているからです。

 籠池氏を国会に呼んだら何を言い出すか、分からない、と。

 これが、佐川理財局長のような答弁ができる者であれば、直ぐにでも参考人招致したいところでしょうが、危なくてしょうがない、と。

 何を言われると困るのでしょうね?

 何も関与してないのなら、何も恐れる筈はないと思うのですが…

 でも、籠池氏はラジオに電話出演してべらべら喋ったことがあったし、なんて思っているのでしょうか。

 いずれにしても、与党が籠池氏の参考人招致に反対すればするほど、疑惑は深まる、と。

 但し、甘利氏の件にしても、時間が経つと皆、忘れるなんて思っているのかもしれません。

 本当に国民をなめているとしかおもえません。

 ぺろりん!

 ところで、本日、参議院の財政金融委員会で、民進党の大塚議員が鋭い質問をしていました。

 国有地の売却に関して、財務省が本件を例外扱いして非公表にしたのは法令の解釈を間違っている、と。

 財務省は、風評被害を避けるために森友学園のことを考慮して非公表扱いにしたと言うが、国が売買の当事者である場合には、非公表にすることはできないのだ、と。だからこそ、これまで、国有地の売却の価格は全て公表してきたいのではないかと言うのです。

 アッパレ!

 しかし、同時に野党の議員に言いたい!

 籠池氏を参考人として国会に呼ぶことを要求しているが、これだけ疑惑が深まっているのだから、証人として呼ぶべきだ、と。

 というのは、参考人は、虚偽の陳述をしても罰せられることはないし…他方、毎日の報道をみていると籠池氏は、平気で嘘をつく性癖があるようにしか思えないからです。

 小学校建設の請負金額が2つあってどっちが正しいのかが問題になっていましたが、本当は3つの請負金額あったことが明らかになっています。

 ・国土交通省へ提出した契約書:23億8464万円
 ・大阪府へ提出した契約書:7億5600万円
 ・関西エアポートに提出した契約書:15億5200万円

 2つの数字の存在が明らかになった時、森友学園側が何と言ったかと言えば…正しいのは7億5600万円であって、国土交通省へ提出した数字は経費が膨らむことを考慮したものだったなんて言っていた訳です。

 そして、3つ目の数字が明らかになった今は、15億5200万円が正しいのですって。

 よくもぬけぬけと、と言いたい。

 もうバカバカしくて聞いてはいられないのです。

 ということは、幾ら籠池氏を参考人として国会に呼んでも嘘を言う可能性が大。

 だとしたら、時間の無駄なのです。それに出席するかどうかは本人次第なのですから。

 だったら証人として呼ぶしかないではないですか?

 証人としての発言に嘘があれば、偽証罪が問えるのです。

 それから、新しい情報として、本日、籠池氏の妻が園長を務める保育園が、1千万円の不正受給をしている疑いがあることが報じられています。



 野党は、もっとガンガン追及すべきだと思う方、そして、籠池氏の言っていることなんが信じられるかと思っている方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 
人気blogランキングへ

 森友学園事件について、私は次のような印象を持っています。

 ・籠池氏が平気で嘘をつくこと。そして、園児に安倍首相頑張れ、なんて言わせて、園児を利用していること。

 ・佐川理財局長が、確信犯的に嘘を言っているとしか思えないこと。そして、財務省ともある組織でもここまでアンコンされることがあり得るということ。

 ・一家言ある麻生財務大臣が、壊れた蓄音機のように、国有地の売却は適正であったと言い張っていること。そして、そのような反応しか示さない麻生氏に財務大臣としての資格があるとは思えないこと。

 ・状況証拠的にみれば真っ黒である安倍総理が、野党は印象操作をしているとしか言えないこと。そして、籠池氏を簡単に切り捨てることができる人間であるということ。

 ・昭恵夫人は、天然であること。

 ・大阪府の松井知事は、当初は森友学園の小学校開設にあれほど積極的であったのに、今になって、籠池氏を切り捨てようとしていること。

 ・籠池真美氏が、暴行事件を犯すほど世間の常識から外れていること。

 ・メディアが、なかなか本件を報じようとしないこと、そして、報じたとしても、かなりバイアスがかかっていること。

 ・寿司友の田崎氏が、安倍総理を庇うことしかしないこと。

 ・鴻池氏は、役者であること。

 ・大手のメディアは、日本の将来よりも自分たちの生き残りしか考えていないこと。

 ・多くの国民は、この事件を見逃してはいけないと感じていること。

 

 真実がどうであれ、国民の多くは安倍総理がほぼクロであると思っているのです。

 従って、このまま安倍政権が続くようであれば、嘘を言った方が得だとなってしまうのです。つまり、おかしな世の中になってしまい、日本の基盤は腐ってしまう、と。

 それでは教育勅語が泣いてしまいまうではありませんか!?

 だったら、選ぶ道は一つ。

 その道しかないのです。

 安倍ちゃん、残念!

 ギター侍。

 

 自民党内でも、安倍離れが始まっているように思えると言う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 籠池氏の嘘八百にはもう慣れっこになってしまいましたが…

 TBSのひるおびを見ていたら、寿司友である田崎氏が、こんなことを言って安倍総理を弁護していました。

 佐川理財局長の説明が下手すぎる、と。

 だから、安倍総理も言っているように、ストンと腑に落ちる説明にならないのだ、と。

 佐川理財局長に対しては、多くの人が良い印象を持っているとは思いません。

 何が適正な処理なのだ、と。資料は廃棄したとか言っているが、信じられない、と。

 そうでしょう?

 しかし、その一方で、佐川氏も宮仕えだからあのように言う以外にないのだと思っている人がいるかもしれません。

 いずれにしても、では、何故佐川理財局長の答弁が腑に落ちないのかと言えば…

 それは本当のことを言うことができないからです。

 それが正解!

 説明が下手だからではないのです。

 それにも拘わらず、佐川理財局長に責任があるか如く印象操作をする田崎氏。

 田崎氏の言うことに賛同する人など殆どいないと思います。

 田崎氏は、何を言っているのだ、と。そこまでして安倍総理を庇うのか、と。

 いずれにしても、今や田崎氏が寿司友であることは余りにもよく知られており、そして、田崎氏が安倍総理の広告塔を果たしているのは周知の事実。

 というよりも、ひるおびの番組の構成内容からして、田崎氏のチェックは入っているものと思われるのです。

 まさにアンコンされた番組がひるおび。

 ということで、田崎氏の発言には呆れるというか、本当に腹立たしくなる訳ですが…その一方で、最近、急に共感できることをいっているのが大阪の松井知事。

 否、何も松井知事を支持すると言っている訳ではありません。

 胡散臭い思っていることには違いはないのです。

 ただ、その一方で、森友学園が小学校の校舎の建築費について二つの違った数字を提出したことに対して、それは補助金詐欺に当たるとはっきりと述べていることが、世間に受けるのです。

 まさにそのとおり!だと。

 しかし、冷静になって考えるとどうもおかしい。

 というのも、この疑惑の小学校の設置を認めることに熱心であったのは大阪府自身であったからなのです。

 私学審議会の委員からいろんな疑問が出されても、大阪府がこの森友学園に代わって弁解してあげていたのですから。

 財政基盤が脆弱ではないかと言われても、大丈夫、黒字になりますからと説得していたのは大阪府の事務方。

 それが、今や一転して、そもそも教育者としての資格がないとまで言い出す始末。

 まあ、いろんな悪事というか疑惑が明らかになるなかで、このまま森友側の肩を持つと、自分たちも共犯者になってしまうので、危ういと思っているのでしょう。

 だって、一番肝心の小学校設置の認可は今後、大阪府が行う訳ですから。

 それに、安倍総理だって今になったら籠池氏のことを悪くいう始末。

 考えようによっては、鴻池議員も、籠池氏のことがいろいろと報道されるようになったから、一芝居打った可能性もあるのです。

 いずれにしても、だとしたら、松井知事のことを褒める訳には決していきません。

 単に自己保身で動いているに過ぎない、と。

 結果として、小学校の設置認可が下りることはなく、仮に下りたとしても小学校を開校することは事実上大変難しく…そうなると、更地に戻させて国が買い戻すということになるのですが…

 そうなると、森友学園は破綻!

 で、そうなると籠池氏は何を言い出すか分かりません。

 まさに時限爆弾を抱えた状況になっているということなのです。





 田崎氏は、大変見苦しいと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ



 自民党が頑なに籠池氏の参考人招致を拒んでいます。

 どうしてかというと、違法性がないからだ、と。或いは、民間人を呼ぶのは慎重にすべきだからだ、と。

 でも、違法としか思えない行為をいっぱいしでかしているのです。

 ・こんにゃくではなく、3万円分の商品券を籠池議員に渡して、政治的圧力をかけてもらおうとしてこと。

 ・国土交通省に虚偽の建築費のデータを提出して、補助金を得たこと。

 ・私学審議会に虚偽の財務データを提出して、認可を得ようとしたこと。

 ・ある有名中学校に推薦枠を持っていると、私学審に嘘を言ったこと。

 ・幼稚園児の父兄に憲法改正の請願書を無理やり書かせたこと。


 こんなに酷いことをしていて…しかも、その学校法人が開校しようとしていた小学校を総理夫人の昭恵氏が推薦していたこともあるので、だから国民は真相を知りたがっているだけなのです。

 でも、そのことについていろいろ質問すると…それ自体が印象操作になるのですって。

 印象操作って言うけど、昭恵夫人は、現に名誉校長に就任していて、籠池氏の教育理念をべた褒めしていた訳ですから。

 何を仰るうさぎさん、と言いたい!

 自民党は、参考人招致を認めないなら認めないで、もっとまともな理由を考えたらどうなのか、と言いたい!

 だいたい、総理に遠慮して本件についてはなるだけ報じないようにしてきた日経でさえ、自民党は、籠池氏を参考人として呼ぶと何を言い出すか分からないと考えているから、と書いているのです。

 何を言い出すか分からない?

 何か言われて困ることがあるのか、と言いたい!

 参考人招致を拒めば拒むほど疑惑は深まるのです。

 疑惑を深めているのは、自民党自身なのです。

 でも、だからと言って参考人として国会で喋られても困るということですよね?

 



 どうにもならない政府になってしまったとお嘆きの方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 安倍内閣の支持率が急落しています。

 日経のクイックVote の調査ですが…

 2月18日時点では、安倍内閣を「支持する」が73.9%、「支持しない」が26.1%であったのが、3月4日時点では、「支持する」が36.4%、「支持しない」が63.6%とまるっきり反対の結果になっているのです。

 これまで安倍政権がいろんなことを強引に進めてくることができたのは支持率が高かったからですが、そして、支持率が高ければこそ党内では殆ど誰も安倍氏を批判することができなかった訳ですが…

 これだけ支持率が下がってしまうと…

 想像がつくでしょう?

 皮肉なものですよね、自民党総裁の任期が3期9年に伸びたとたんにこんなことになるのですから。

 ところで、昭恵夫人が名誉校長だったからといって、それが印籠効果をもたらすことなどあり得ないと言ってのけた安倍総理。

 でも、一般の多くの人はそうは思わないのです。

 印籠効果は十分にある、と。

 それに、当時、財務省の役人は、消費税や軽減税率のことなどで官邸から恫喝をされていたようなものなのですから。

 財務省は、出入り禁止! 誰のお蔭で今のポストについているのだ、と。

 そんな状況にあれば、なおのこと官邸との修復を目指そうと考えたとしても当然!

 そのときに、安倍総理夫人が名誉校長を務める小学校設置の話が耳に入り、その学校法人が国有地を購入したいという話がもたらされたのです。

 印籠効果がない筈がないと私は思うのですが…

 否、だからと言って、即、タダ同然とはいかなかったのです。

 財務局側も当初は、貸し付けはダメ、購入してもらわなければと通常の対応をしていた訳ですから。

 でも、そこで鴻池事務所の秘書がひっきりなしに財務局にアプローチをするようになったのです。

 本日、再び繰り返しますが、挙証責任は安倍総理の側にあると言っていい!

 いずれにしても、これだけ支持率が下がっているのですから、自民党の内部でなにか大きな変化が起こると思います。

 そして、そうなると新たな証拠が出てくると思われるのです。

 余談ですが、本日、羽鳥さんのモーニングショーで、玉川氏と青木氏がピント外れな発言をしていました。

 玉川氏は、国土交通省が森友学園に62百万円の補助金を付けた案件に対して、これだけは忖度とは関係ないかもしれないな、なんて言っていましたが…

 そんなバナナ!

 例の疑惑の3日間、つまり2015年9月3日から5日のことを指すのですが、その期間中の9月4日に補助金の交付決定がなされているのですから。



 
 これだけ支持率が落ちているのに、そのことを余り報じようとしない新聞社は信用できないと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

  

 北朝鮮がミサイルをぶっ放したので、森友学園事件に対する関心が弱まり、これは有難い、なんて喜んでいる者がいるかもしれません。

 しかし、どう考えても納得はいかないでしょう?

 それに、またまたまたまた…新たな材料が噴出しているのです。

 学校の建設費について、森友提出した数字が二つある、と。

 推薦入学の枠を確保していると嘘を言っていた、と。

 おまけに校歌に採用した舟木一夫さんの歌の使用については、許可を得たのかどうか不明だ、と。

 さらに、本日の国会の追及で明らかになったことは、森友学園は借地代の支払いに関して遅延していた、と。

 借地代の支払いも滞るということは財政的に安定していないということで、国有財産地方審議会や私学審議会の委員たちに報告する必要があるのに、それがなされていなかったのだ、と。

 なんだ、これは、と言いたい!

 皆で、ウルトラ右翼の小学校建設にまっしぐらに突っ走っていただけなのです。

 でも、幾らウルトラ右翼の小学校でも、正々堂々と正規の手続きに従って設立しようとしていたのなら、私は何も言いません。

 しかし、余りにも不自然なことばかり!

 バ、カ、ヤ、ロ、ウ、と言いたい!

 しかし、その一方で、安倍総理は、相変わらず印象操作をして怪しからん、なんて言っているのです。

 つまり、おかしいのは、政府側ではなく野党の方だ、と。

 しかし、今、野党の考えと大多数の国民の考え方はほぼ一致していると言っていいでしょう。

 つまり、安倍総理は、国民を敵に回しているのです。

 私、思うのですが、これだけ不自然なことが重なり…しかも、全て森友学園側に有利なように事が進み、そしてまた、昭恵夫人が名誉校長になっていたという事実があるのですから、挙証責任は安倍総理の側にあるとしか思えません。

 法的にそうだと言っているのではないのです。一般人の感覚として、このケースでは、安倍総理に挙証責任がある、と。

 自分たちが全く関与していないということを証明しろとまでは言わなくても、少なくても関係者の参考人招致に賛成するようなこと位したらどうなのでしょうか?

 しかし、その参考人招致にも断固反対しているのです。

 となれば、一般の国民は、総理はクロであろうと思うのが当たりまえ!

 そんなことも分からないのですか、と言いたい!



 安倍総理の言い分は、全く納得がいかないと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 
人気blogランキングへ

 ひるおびでも、長々と森友学園事件を扱わざるを得なくなっていますが…というよりも、森友学園事件を扱ないと視聴率が下がってしまうということなのでしょうが、いずれにしても疑惑は深まるばかりなのです。

 もし、全く疑問を感じないと言う人がいたとしたら、相当に鈍感なのでしょうね。

 それにしても、瑞穂の国小学院の学校の校歌が、どうして舟木一夫の「あゝ青春の胸の血は」なのでしょうね?

 やっぱり普通の人の感覚ではないのですよ、籠池夫妻は。

 いずれにしても、寿司友の田崎氏は沈黙を守っているなと思って見ていたら…安倍さんを弁護する発言を始めました。

 この土地は、そもそも財務局が売りたがっていたのだ、と。

 何故かと言えば、この土地にはゴミが含まれていて、本当の値打ちはもっと低いということが分かっていたので、買う人がいれば、早く売ってしまおうと思っていたのだ、と。

 何を仰るうさぎさん、と言いたい!

 もし、それが本当なら、豊中市へこの土地も公園用地として格安で売っていたでしょうし、或いは、大阪音楽大学へ売ることもできた訳ですから。

 よくもまあ、いけしゃあしゃあ、と。

 さらに、豊中市は、国から補助金をもらっているので、実際に国に入ってきたお金は極めて少ないなんて屁理屈を持ち出しています。

 2チャンネルの工作員たちの言い分と同じですね。

 しかし、幾ら補助金が国から出るからといっても、国有地の売却収入とは一応別であるのですから、国土交通省や財務省が、そうした考え方をする訳はないのです。

 いけしゃあしゃあと言えば…安倍総理自身が今、国会でああだこうだと言っています。

 仮に安倍夫妻がこの国有地売却に直接関与していないとしても、昭恵夫人が名誉校長になっていたことで圧力がかかったのは事実だと思います。


 国民は、もっと怒るべきです。

 こんな茶番を許してはいけません。



  この国有地の売却に政治圧力がかかっていると考えるのは当然だと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 森友学園へ国が実質タダ同然の価格で国有地を売却した件については、今さら述べるまでもないと思うのですが…皆さんが忘れている大事なことがあるのです。

 ただ、その前にどうしても言っておかなければいけないことが二、三ありますので、それを先に述べたいと思います。

 先ず、野党の議員は、今回の国有地の格安での売却が余りにも不自然だということで、資料の提出を度々財務省に求めているのですが、ご承知のとおり、財務省側は、国有地の売却契約を締結した時点で案件は終了したから、契約書や決裁文書以外の交渉記録などは全て廃棄したとうそぶいています。

 貴方、これ、信じます?
 
 そんなバナナ! ですよね?

 否、仮にそれが本当であり、実際に役所のキャビネットやパソコンのハードディスクに何の手がかりが残っていないとしてもですよ…それは財務省が自らの判断でそうしたまでのことであり、法律で文書を廃棄しろなんて言っている訳ではないのです。

 だから、本来廃棄すべきでない資料を廃棄した財務省に大きな責任がある、と。

 そもそもですね、紙で行政文書を保管する場合には、保管のスペースの問題があり、ある程度の期間が経過したら内容の重要度に応じて廃棄することが合理的とも考えられるのですが…今やハードディスクにどれだけでも文書を保存できる訳ですから、敢えて直ぐに廃棄する理由はないのです。

 それにも拘らず、何故財務省は文書を廃棄したがるのか?

 それは、自分たちにとって都合の悪い事実が明らかにならないようにするためです。

 それ以外の理由は何もありません。

 私、役所にご奉公していたので分かるのです。

 そうやって文書をなるだけ残さないようにした最大の理由は…金融不祥事の後、財務省がバッシングを受けたことがあるでしょう? あの出来事が背景にあるのです。

 つまり、資料が残っていて、役所側が問題になるような発言をしたことが後で外部にばれると都合が悪い、と考えたのではないでしょうか?

 次に、安倍総理が、自分や妻は一切責任がないと言っているのもおかしいと言わざるを得ません。

 誤解のないように先ず言っておきますが、安倍総理が国有地売却に直接関与している筈だというのではありません。

 確かに何も言っていないかもしれないのです。

 ところで、安倍さんは余り学生時代勉強をしていないようなので、名板貸し責任とか表見代理の法理というのをご存知ないのかもしれません。

 名板貸し責任とは、自分の名前や商号を使用して営業をなすことを他人に許諾した者は、自分(名板貸人)を営業主であると誤認してその名板借人と取引した者に対し、その取引から生ずる債務につき、名板借人と連帯して弁済の責を負わなければならない、というものです。(商法14条)

 それから、表見代理の法理とは、代理権がないにもかかわらずあたかも代理権があるかのような外観を呈する場合、その外観を信頼して取引した相手方を保護するために、代理権があったのと同じ責任を本人に負わせる制度を言います。(民法109条、110条、112条)

 まあ、安倍夫妻の行った行為が、これら二つの規定にぴったりと当てはまるものではないかもしれませんが、しかし、これらの規定の趣旨を考えると、安倍夫妻に全く責任がないのかと言えば、そうとは言えないと思うのです。

 というのも、安倍昭恵さんは、総理大臣夫人として名誉校長に就任するだけではなく、父兄の前で何度も講演をし、そして、パンフレットに顔写真入付きで推薦文書まで掲載しているからなのです。

 安倍晋三記念小学校への寄付金の振込用紙配布についても、それを安倍総理が許諾していないとしても、大きな過失があったというべきではないのでしょうか?

 だったら、辞任するかどうかは別として、相当の責任があると言わざるを得ません。


 最後に、肝心の、皆さんが忘れている重要なことを指摘したいと思います。

 そもそも安倍総理は第二次政権発足以降、経済産業省を重視する一方で、財務省を遠ざけていたことを忘れてはいけません。というよりも、財務省の幹部の出入りを禁じたほどなのですから。

 そして、安倍総理が大阪に出張した2015年の9月頃は、どんな状況下にあったかと言えば…消費税の軽減税率の適用について議論が盛んになっていた頃であり…軽減税率の対象を絞ろうとする財務省が菅官房長官に恫喝されるようなことが起きた時期でもあるのです。

 「俺に知らせないで総理と会うとはどういうことだ!」と。

 そして、寿司友の田崎氏は、同時期に、党税調の宮沢氏まで批判する始末。

 「誰のお蔭で税調会長になれたのだ」と。

 要するに、経産省から出向した今井秘書官の意見ばかりを尊重し、財務省の意見を全く聴こうとしない安倍政権に対して、財務省側が相当の焦りというか危機感を抱いていたと思われるのです。

 何とかして、この状態を打破しなければ、と。

 そんなときに、安倍政権との関係を修復できるかもしれないという案件が発生した、と。

 それが森友学園に対する国有地の売却。

 安倍総理からは、何も言われていないのかもしれません。

 森友学園に国有地を売るの?

 ただ、そう言われただけかもしれません。

 しかし、それだけでも十分なのです。

 そして、財務省は組織として対応した、と。



 やっぱり安倍総理には相当の責任があると思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

↑このページのトップヘ