経済ニュースゼミ

小笠原誠治の、経済ニュースを通して世の中の動きを考察するブログです。地球温暖化阻止のために石油・石炭産出権取引を提唱します。産出権取引は排出権取引とは違います。みんな勘違いするのです。

2005年06月

44702a43.jpg サッカー北朝鮮戦、勝ってよかったです。 ゴールが
決まると、何ともいえないですね。  

 でも、前半戦は、いまいちチャンスが少なかったです
ね。だけど、それは、今日出場停止になった選手たち
の影響でしょうか。 いつも出場していると、何で点を
取れないのかと贅沢な注文を付けたくなりますが‥  
かなりの数の選手が今日はベンチというか観客席に引
っ込んでいました。  

 それはそうと、相手が北朝鮮なので、私が選手なら、試合の間でも、拉致した
人返せと文句を言うかもしれませんが、そういうふうに興奮すると、点をとれない
のでしょうね。  

 次回のイラン戦はどうなるのでしょうか。 予選突破が決まっても、びしっと決め
れるのでしょうか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルマガ「経済ニュースゼミ」を発行していますseijiです。

 メルマガを発行し、なおかつブログもということになると、いつも何か書
いているような状態になりますが、ホームページやメルマガの宣伝にな
るかなと、敢えて挑戦してみました。  ただ、メルマガと同じ事を書いて
も意味がないので、経済に限らず、毎日の出来事について、感じたまま
を書いてみたいと思います。  

 では、さっそくスタートします。  今日は、午前中、決算委員会をテレビ
中継していました。  質疑の内容とは別に感じたことは、 ノーネクタ
イ、ノー上着に少しずつ慣らされてきたな、ということです。  小泉首相
は、推進論者らしく、カジュアルな感じのファッションを楽しんでいるよう
です。自然な感じに見えます。ヘアスタイルにあっているのでしょうか。  

 一方、ネクタイは外しても上着は着ている人、逆に、ネクタイを締め上
着は脱いでいる人がいます。  それぞれ、自分に合った服装で結構だ
と思います。  ただ、ノーネクタイになると、真っ白のシャツよりカラーシ
ャツの割合が増えそうな気がしますね。  

 これまでは、夏に汗だくになっても上着を着る必要があるときは大変
でした。  さて、決算委員会の中身ですが、厚生労働省の天下りのこと
や橋梁談合事件のことなどが質問されていました。  

 談合というのは、なかなかなくならないというか、政府側のリアクション
を見る限り、本気でよくしようという気はあまり感じられませんね。  談
合した企業が一番よくないのでしょうけど、多分談合があっているだろう
なと気が付きつつ放置してしる発注者側の責任も大きいですよね。しか
も、そういう企業へ人を送っている訳ですから。  

 私、思うには、談合しなければ食っていけない部門に配置されたサラ
リーマンも哀れだと思うのですよ。被害者とまでは言えないでしょうが、
運が悪いと。奥さんもいれば子供もいる、よくないこととは知りつつ、や
めましょうということは、自分が会社を辞めるということに繋がっちゃい
ますから。  そうなると、そういった企業のトップとか、役所や公団のトッ
プの責任が大きいと思わざるを得ません。  ただ、そうしたトップにした
ところで、オーナー企業ではなく、サラリーマン社長であるわけですか
ら、なかなか長年の慣習を変えることができないのでしょうか。  

 こういう体質を直すことができないと、北朝鮮の独裁体制を批判できな
いななんて感じています。  明るくない話題で失礼。  ところで、先日、
小泉今日子様のCMを見ました。あたらしいやつです。 長い充電期間
だったようですが、また、元気に活動して欲しいと思います。  では、ま
たね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ