経済ニュースゼミ

小笠原誠治の、経済ニュースを通して世の中の動きを考察するブログです。地球温暖化阻止のために石油・石炭産出権取引を提唱します。産出権取引は排出権取引とは違います。みんな勘違いするのです。

2009年04月

 ミツバチの集団失踪、CCDのニュースが最近盛んに報じられるよう
になっています。

 といっても、日本ではなく世界的にですが‥

 Apr. 26 2009  バンクーバーからです。CTV.ca News Staff
 

 A group of Vancouver environmentalists is trying
to stop the strange disappearance of bee populations,
by creating new urban habitats for the insects.

「バンクーバーのある環境派のグループが、蜂の奇妙な失踪を食い止
めようと、都市に蜂の棲息地を作ろうとしている」


 Experts are still trying to determine the exact cause
behind Colony Collapse Disorder (CCD), which was first
given an official name in 2007. Every year, a third of
Canadian bee colonies are lost.

「専門家たちは、2007年にその名が付けられたCCDの原因をなお突
き止めようとしている。毎年、カナダの1/3の蜂の巣が失われている
のだ」


 The insects are crucial to our food supply -- bees are
needed to pollinate most of our vegetable and fruit crops.
The European honeybee provides up to $1 billion worth
of pollination services to agriculture in Canada every year.

「蜂は、食料供給のために欠かせないもので、野菜や果物の受粉作
業に必要なのだ。西洋ミツバチは、毎年、カナダの農業に対し10億ド
ル相当の受粉サービスを提供している」


 So why are bees disappearing? Theories point to
pesticides, some sort of contagious virus, bacteria,
or weakened immune systems. Other experts suggest
the problem has more to do with a loss of habitat.

「では、何故蜂が消えているのか。理論的には、殺虫剤、ウィルス、バ
クテリア、免疫機能の低下が考えられる。また、棲息地の喪失に関係
していると指摘する専門家もいる」


 Responding to the latter idea, the Environmental Youth
Alliance has set up 150 bee towers across Vancouver,
with hopes that bees will use the homes to lay eggs.
The project is also designed to raise awareness about
the issue.

「この棲息地の喪失に対応しようと、「環境青年同盟」は、バンクーバ
ー中に150の蜂の塔を作ってきた。蜂がそこを巣にし、そして卵を産む
ことを願って。このプロジェクトは、CCDに対する問題意識を喚起する
意味もある」


 "We can create habitat by putting these things out,"
said spokesperson Hartley Rosen.

「広報担当のローゼン氏は、『このようにして棲息地を作ることができ
る』と、述べた」


 So far, the project is getting a lot of notice south
of the border, where beekeepers have even gone to
Washington to publicize their plight.

「これまでのところは、このプロジェクトは、国境の南側で多くの注目を
集めている。そこの地域の養蜂家は、彼らの窮状を訴えにワシントン
まで行っているのだ」


 Some U.S. beekeepers are reporting losses of up to 95
per cent, and the U.S. Department of Agriculture has made
CCD a central concern.

「米国の養蜂家の中には、95%もの蜂を失ったと報告している者もい
る。米農務省は、CCDに大きな関心を寄せている」

 With a report by CTV's Rob Brown

 

 

 次は、イギリスからです。

 Thieves lift hives as UK bee numbers drop

 「英国のハチ減少で、泥棒が蜂の巣を盗む」

 By Lester Haines • Get more from this author

 27th April 2009 11:19 GMT


 The UK's beekeepers are facing a new threat to their
hives in the wake of a dramatic decline in honeybee
numbers - the wholesale theft of colonies for sale
on a burgeoning "apian black market", as the Times
describes it.

「英国の養蜂家は、蜂の数の劇的な減少の後で、新たな脅威に直面
している。最近誕生したブラックマーケットで蜂を売るために泥棒をす
るのだ」


 The value of honeybees has risen sharply as
populations succumb to a combination of threats
including Colony Collapse Disorder and wet summers.
Accordingly, thieves who apparently have experience
handling bees and the inside knowledge to sell
them on have begun to illegally exploit the crisis.

「大量の蜂が、CCDや蒸し暑い夏の気候に負けていなくなることから、
ミツバチの価格が急上昇している。このため、蜂の扱いに慣れていた
り、売却の内部情報を有している者が、この危機を非合法に利用し始
めている」


 Earlier this month the Great Little Honey Company
at Rowley Hill Farm in Stretton, Staffordshire,
was relieved of 18 hives whose occupants pollinated
the farm's strawberry plants. Beekeeper Richard
Lindsey explained: “It’s soul destroying. I went
to check on the hives and all that was left were
the stands. It had been cleaned out completely.”

「スタッホードシャー州のストレットンにあるラウリーヒル農場のグレイ
ト・リトル蜂蜜会社が、今月、18個の蜂の巣箱を盗まれた。これらの蜂
は、イチゴ農家の受粉に使われていた。養蜂家のリチャード・リンジー
は言う。全く落胆した。巣箱の確認に行ってみたら、スタンドだけにな
っていて、完全に持ち去られていた」


“It must have been someone who knew what they were
doing - someone in the trade. You would need equipment
to load them on to a truck and they’re not easy to
lift. And you would have to know what you were doing
- if you drop them or let them out you’d get badly
stung up without protection.”

「誰か内部時事情に詳しいものに違いない、トラックに積み込むにも道
具がいるし、運ぶのも容易ではない。もし、落としたりして蜂が外に出
てしまうと、刺されてしまう」


 He continued: “It will cost me £6,000 to replace them.
And that’s without taking into account the loss of
breeding stock I had, and I’ve lost the honey crop off
them this year, which was worth £50 per hive at least.”

「彼は続ける。『取り換えのために、6千ポンドほどかかるであろう。そ
れには、飼育中の蜂の損失を含めていない。今年の蜂蜜の収穫もなく
なり、最低でも一箱につき50ポンドにはなる」


 John Howat, secretary of the Bee Farmers’ Association,
told the Times: “I imagine that the increase in demand
for hives from the public following all the press coverage
about bees over the last year, together with the very high
prices now being demanded, due to shortages following
losses has prompted this spate of thefts.

「養蜂家協会のジョン・ホワット氏は、タイムズに対し次のように述べ
た。『昨年の蜂に関する新聞報道の後、蜂に対する需要が増大したこ
とが、価格が上昇したこともあいまって、蜂の窃盗の多発化につなが
っていると思う』」


“Worryingly, it is obvious that whoever is doing it
has experience in keeping and moving bees. I always
thought we beekeepers were a small but honest crowd
of people."

「困ったことに、窃盗を行っているものは、蜂の飼育や運搬の経験があ
るものであることは明らかだ。私は、養蜂家というものは、少数ではあ
るが、正直な人々の集まりであるといつも思ってきたのに」

 

 Lindsey suggested the thieves were out for financial
gain, rather then the bees themselves. He said:
“There could well be a black market. Bees aren’t
identifiable and the demand for bees from beginners
far outweighs supply. I know of someone who had 12 hives
stolen, another five hives and another four. It’s definitely
worth someone’s while to steal bees, divide the hives up
and sell them on.”

「リンジー氏は、窃盗は、蜂が欲しくて行ったのではなく、お金目当て
だ、と示唆した。彼は言う。『ブラックマーケットがある可能性がある。
蜂は、見分けが付かず、素人の蜂の需要は、供給をはるかに上回っ
ている。12箱の巣箱を盗まれた者を知っているし、5箱盗まれた者や4
箱盗まれた者もいる。人によっては、盗んで売り飛ばせば、金になると
考えるものがいるということだ」

 

 次は、ブラッセルから。


By Pete Harrison

BRUSSELS, April 27 (Reuters) -


 Europe's beekeeping industry could be wiped out in less
than a decade as bees fall victim to disease, insecticides
and intensive farming, international beekeeping body
Apimondia said on Monday.

「ヨーロッパの養蜂産業は、蜂が病気や殺虫剤や集約農業の犠牲に
なっているので、今後10年以内に消滅することがあり得ると、国際養
蜂家団体が月曜日に述べた」


 "With this level of mortality, European beekeepers can
only survive another 8 to 10 years," Gilles Ratia, president
of Apimondia, told Reuters.

「この寿命の水準では、ヨーロッパの 養蜂家は、後8年から10年しか
生き延びることができないと、アピモンディアの総裁がロイターに述べ
た」


 "We have had big problems in southwest France for many
years, but also now in Italy and Germany."

「長い間、フランスの南部では大きな問題になっていたが、今では、イ
タリアやドイツで問題になっている」


 Last year, about 30 percent of Europe's 13.6 million hives
died, according to Apimondia figures. Losses reached 50
percent in Slovenia and as high as 80 percent in southwest
Germany.

「アピモンディアによれば、昨年、ヨーロッパの13.6百万の巣箱の
30%が死んだとされる。喪失数は、スロベニアでは、50%に、そして
南西ドイツでは、80%に達すると」


 With 35 percent of European food crops relying on bees to 
pollinate them, it poses a big threat for farmers, said Ratia.

「ヨーロッパの農作物の35%は、蜂に受粉作業をさせており、このた
め、農家にとっては大変な脅威になっていると、ラティアは言う」


 "It is a complete crisis," said Francesco Panella, who
tends about 1,000 hives in Piedmont, northern Italy. "Last
year, I lost about half my production. I can't survive more
than 2 or 3 more years like this. My son won't be able to
continue my trade."

「これは大変な危機だ、と北イタリアのピーデモンで100箱の世話をす
るパネラ氏はいう。昨年、私は、生産物の半分を喪失した。このような
ことでは、2〜3年ももたないだろう。息子は、この仕事を続けることは
ないだろう」


 Mystery has surrounded the recent decline of bee numbers,
but most keepers blame modern farming methods and the
powerful new pesticides used on crops like sunflower, maize
and rapeseed.

「これだけの蜂の数の減少には、謎がつきまとうが、大方の養蜂家
は、近代的な農業方法と、ひまわりやトウモロコシ、或いは、菜種に使
用される強力な新種の殺虫剤のせいだ、という」

 Two main factors were responsible for weakening bee
colonies: insecticides and the parasitic mite Varroa, says
Apimondia's scientific coordinator Gerard Arnold. Once
weakened, the hives are then decimated by viruses and other
diseases.

「蜂の集団を弱体化している二つの大きな原因がある。殺虫剤と、バ
ロアというダニだ、とアピモンディアの科学調整役のアーノルド氏が言
う。一旦弱体化すると、蜂の巣は、ウィルスや他の病気によって滅ぼさ
れる」


 Evidence of farming's impact comes from the fact French 
honey output has suffered in intensive sunflower farming
areas but has remained steady in mountains and chestnut
forests, said Henri Clement, president of the French
beekeeping union.

「農法が影響を与えるという証拠は、フランスにおいて、集約的なひま
わり栽培をする地域の蜂蜜の生産量が減少しているのに、山間部や
ぶな林においては、収穫に変化がないという事実があるということだ、
とフランス養蜂家組合総裁のクレメント氏がいう」

 Beekeepers are perplexed about why so little attention
is given to an industry that supplies 58 percent of Europe's
appetite of 340,000 tonnes of honey a year.

「養蜂家は、年間34万トンのヨーロッパの蜂蜜需要のうちの58%を供
給する産業なのに何故、殆ど関心が寄せられないのか、と困惑してい
る」


 "If cattle were producing 30 percent less milk each year,
it would not be acceptable. But that is what we have had
to put up with," said Josef Stich, who keeps 200 hives near
Vienna.

「もし、牛が生産するミルクが毎年30%も減少するなら、それは受け入
れることができない。しかし、それと同じことが今起きている、とウィー
ンで200箱を飼育しているスティッチ氏が言う」

 Earlier this year, the European Union voted to phase out
the most toxic pesticides after years of wrangling, but
many bee-keepers feel ignored by politicians.

「今年の初め、EUは、周知期間の後、強力な農薬を段階的に廃止す
ることを決めた。しかし、多くの養蜂家は、政治家に無視されている
と、感じている」


 The honey industry's concerns are drowned out by the 
interests of the giant corporations that produce the
pesticides, said Apimondia's Ratia.

「養蜂産業の懸念は、農薬を生産する巨大企業の利益によってかき
消されている、とアピモンディアのラティアは言う」


 "Politicians are more susceptible to the big lobbying
of the chemical industry," he said. "We beekeepers can
talk and talk, but we don't receive much consideration."

「政治家は、化学業界の買収工作に弱い、と彼は言った。我々、養蜂
家は、話を続けることだけだ。しかし、余り考慮されてはいない」

(Additional reporting by Jeremy Smith; Editing by Matthew Jones)

 

 

 

 遺伝子操作されたひまわりやコーン、或いは菜種などを栽培すること
は、強力な農薬の使用することを意味していますが‥


 そのことが、蜂に大きなストレスを与えているのではないのでしょう
か。

 銀行のストレステストだけではなく、

 生態系のストレステストを、米国政府は着手すべきではないのでしょ
うか。


 蜂は、相当なストレスを受けているのだろうな、と思う方、クリックをお
願いします。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 突然ですが‥

 そう、本当に突然ですが‥

 豚インフルエンザでお忙しいのは分かっているのですが、地球温暖
化のことを忘れてはいませんか?

 でもって、私が、石油・石炭産出権取引を提唱していることも‥

 私の意見は置いといて


 今、内閣官房は、地球温暖化対策の中期目標に対する意見を募集
しています。

 中期目標というのは、2020年までに、我が国は二酸化炭素の排出
量をどのくらい削減するか、という目標です。

 で、内閣官房は、次の6つの選択肢から選んでくれと言っているので
す。


【中期目標の6つの選択肢】

(1)2005 年比−4%、1990 年比+4%

(2)2005 年比−6〜−12%、1990 年比+1〜−5%

(3)2005 年比−14%、1990 年比−7%

(4)2005 年比−13〜−23%、1990 年比−8〜−17%

(5)2005 年比−21%、1990 年比−15%

(6)2005 年比−30%、1990 年比−25%



 さあ、あなたはどの案を選びますか?

 でも、何か変でしょ。

 選択肢の(1)は、1990年比プラス4%と増えています。

 確か、京都議定書で決められた日本の目標は、1990年比マイナス
6%だったはずですから、4%も逆に増やしたら、対策にならないでは
ないか、と‥

 (2)の選択肢でも、プラス1%からマイナス5%です。

 

 実は、京都議定書で定められた目標値のマイナス6%というのは、
日本が森林吸収源と国際取引で削減するとしている分(吸収源
3.8%、国際取引1.6%で計5.4%)を除くと、純排出量の目標は
1990 年比−0.6%となるのだとか。


 実際には、マイナス0.6%としか削減努力をしなくていいということの
ようです。

 海外に向かっては6%削減すると言いながら、国内産業向けには、
ほぼゼロだからといって説得したということでしょうか。

 ただ、いずれにしても最大の削減値は、マイナス25%です。

 で、今回の意見募集については、ホームページに膨大な資料がつい
ています。

 しかし、どうも様子がおかしいのです。

 地球温暖化の影響がこんなに深刻なのだから皆で努力しましょうと
いう雰囲気は一切なし。

 その代り、こんなに削減すると、お金もかかるし、実現は多分不可能
でしょう‥なんてことばかり。

 で、私、思いました。

 では、例えば、1990年比でマイナス10%とか、マイナス15%とかの
削減に止めておいても、温暖化の影響を回避することが可能か、と。

 しかし、一緒についていた国立環境研究所の資料には、「IPCC は
気温上昇を2 度以内に抑えるためには先進国は2020 年までに
1990 年比で25〜40%の削減が必要としている(IPCC 2007)」とあ
るではないですか。

 つまり、IPCCの判断では、マイナス25%というのは最低の削減目
標でしかない、ということです。


 にも拘らず、何で意見を聴く必要があるのでしょうか。

 もっとも、私の場合には、個別国ごとに削減目標を設けることには反
対です。

 ご存知ですよね。

 何故ならば、個別国ごとに削減目標を決めようとしても、合理的な基
準などあり得ないからです。

 アメリカは、中国やインドも削減の努力をすべきだと言い、中国など
開発途上国側は、今の状況をもたらしたのは、先進国のせいだから、
先ず先進国側が努力すべきだとして譲らないからです。

 それに、ある年を基準にして、というのも合理性がありません。

 それは、日本のようにエネルギー効率が高い国と逆に途上国側のよ
うにエネルギー効率が低い国があって、同一の年を基準とすれば、む
しろ不公平になりかねないからです。

 ということで、消費国サイドに義務を課すやり方は実現不可能。

 では、どうするか?

 石油や石炭の産出国側に協力してもらい、毎年の世界における石
油や石炭の量に限度を設ける手法が適当だと考えられるのです。

 「産出国側が反対しないのか?」

 石油の産出量を制限するのは、むしろ彼らの利益につながりますか
ら、悪い話ではないでしょう。

 「しかし、生産量が削減されると、石油の収入が減るのでは?」

 石油の収入は、生産し過ぎるから減るのです。

 確かに、石油の生産量に制約を加えられることを嫌う国もあるかもし
れませんが、もし、石油の産出権を入札によって配分する方法をとれ
ば、意外に産油国側は、こうした提案を受け入れる可能性が出てきま
す。

 そして、もし、産油国側が、毎年の世界における石油生産量に限度
を設けることに合意すれば、二酸化炭素の排出量を完全にコントロー
ルすることが可能になります。

 そして、消費国サイドは、石油の消費量に個別の制限が課せられる
ことがありませんから、先進国側がどうだとか、中国がどうだ、という
必要はありません。

 ただ、石油の価格が多少上昇することは避けられません。

 しかし、その反面、石油の価格が上がるために、クリーンエネルギー
の開発が加速されることが考えられます。


 皆さんも、お忙しいでしょうが、意見を提出して下さい。

 ↓↓↓
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tikyuu/kaisai/dai07kankyo/tyuuki_iken_syousai.pdf



 seijiのお願いです。

 


 地球温暖化は、これ以上進展させてはいけない、と思った方、クリッ
クをお願いします。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 
 

 

 金融危機で世界が大変だと思っていたら、もっと怖いことが起きてい
ます。

 金融危機は、金で解決ができるでしょうが、インフルエンザは、お金
で解決ができません。

 もちろん、ワクチンを作るにはお金が必要でしょうが‥

 

 ただ、どうもピンときません。

 豚インフルエンザなどという言葉を、これまで聞いたことがなかった
ので‥。


 当然、豚肉を食べると危ないのか、と思ってしまいます。

 でも、その心配はないようです。

 一体、豚インフルエンザって?

 などと思っていると、WHOが警戒レベルをフェーズ4に引き上げた、
と。

 瞬間的に、どうして「フェーズ」なんていう言葉を日本で使うのかな?
と思ってしまいました。

 恐らく、お年寄りの多くは、分からないでしょうし‥。

 日本語では、警戒水準と訳されているようですが、それならそれで、
最初から、危険度4とか言ってもらいたい気がしますが、phase のそ
もそもの意味は、段階とかステージというようなことです。

 WHOの定義を確認すると、次のようなことになっています。
 

 In Phase 1 no viruses circulating among animals
have been reported to cause infections in humans.

 フェーズ1では、人間に感染するウィルスは、動物にも検出されてい
ない。


 In Phase 2 an animal influenza virus circulating
among domesticated or wild animals is known to
have caused infection in humans, and is therefore
considered a potential pandemic threat.

 フェーズ2では、家畜や野生の動物から、人間に感染する動物インフ
ルエンザのウィルスが検出され、そして、人間に感染したと判定され、
そのため集団的な感染になる潜在性を示す、と。


 In Phase 3, an animal or human-animal
influenza reassortant virus has caused sporadic
cases or small clusters of disease in people, but
has not resulted in human-to-human transmission
sufficient to sustain community-level outbreaks.
Limited human-to-human transmission may occur
under some circumstances, for example, when
there is close contact between an infected person
and an unprotected caregiver. However, limited
transmission under such restricted circumstances
does not indicate that the virus has gained the
level of transmissibility among humans necessary
to cause a pandemic.

 フェーズ3では、動物インフルエンザ等のウィルスが人に感染した
が、まだ、人と人との間で感染するほどまでには達していない。但し、
人との接触度が高い環境の下では、感染する可能性もあると。ただ、
集団感染を引き起こすほどではない、と。

 
 Phase 4 is characterized by verified
human-to-human transmission of an animal or
human-animal influenza reassortant virus able to
cause “community-level outbreaks.” The ability
to cause sustained disease outbreaks in a
community marks a significant upwards shift
in the risk for a pandemic. Any country that
suspects or has verified such an event should
urgently consult with WHO so that the situation
can be jointly assessed and a decision made by
the affected country if implementation of a rapid
pandemic containment operation is warranted.
Phase 4 indicates a significant increase in risk
of a pandemic but does not necessarily mean
that a pandemic is a forgone conclusion.

 フェーズ4は、集団感染を引き起こすとみられる、人と人との間での
動物インフルエンザ等の感染が確認された状態。この状態になれば、
該当国はすぐWHOに報告することが必要。フェーズ4は、集団感染の
リスクが高いことを示すが、絶対にそうなるという訳ではない。

 

 Phase 5 is characterized by human-to-human
spread of the virus into at least two countries
in one WHO region. While most countries will
not be affected at this stage, the declaration
of Phase 5 is a strong signal that a pandemic 
is imminent and that the time to finalize the
organization, communication, and implementation
of the planned mitigation measures is short.

 フェーズ5は、WHOの1地域において、2カ国以上で人と人との間で
感染が確認された状態。集団感染が差し迫っている。


 Phase 6, the pandemic phase, is characterized
by community level outbreaks in at least one other
country in a different WHO region in addition to 
the criteria defined in Phase 5. Designation of this
phase will indicate that a global pandemic is under
way.

 フェーズ6は、集団感染の段階で、フェーズ5で定義した状態に加え、
さらに、WHOの違う地域でさらに1カ国以上で、人と人との間で感染
が確認された場合。世界的に集団感染が進行中の状態。

 

 なんか、こんな文章を読んでいると、不気味ですよね。

 でも、なんとなく現在の状況を専門家たちがどう認識しているのかが
理解できたような気がします。


 それにしても、日本の新聞は、豚インフルエンザのことを「豚インフ
ル」なんて略してしまうのでしょうね。

 英語では、スワイン・インフルエンザ

 swine influenza


  インフレ、インフラ、インフル‥

 紛らわしいです。

 長くて困るようなら、フルでいいのではないでしょうか。

 米国では、インフルエンザのことは、フルと言っていますし、豚インフ
ルエンザも、 swine flu と呼んでいますので‥


 でも、そんなことどっちでもいいですね。

 問題は、インフルエンザにかからないように気をつけることです。

 いつもは、日本のことをバカにしがちなアメリカも、今回は少し態度が
違います。

 それは、日本は、空港のゲートににサーモグラフィを設置して、熱の
ありそうな人をチェックしているのに、アメリカはやらないのか、と批判
しているのです。

 折角のゴールデンウィークですが、自重した方がよさそうな雰囲気
です。

 いつもはマスクなどしない米国人の間でも、マスクが売れていると
か。






 注意しようと思った方、クリックをお願いします。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 Good morning. Over the last three months, my
Administration has taken aggressive action to
confront an historic economic crisis. As we do
everything that we can to create jobs and
get our economy moving, we’re also building
a new foundation for lasting prosperity – a
foundation that invests in quality education,
lowers health care costs, and develops new sources
of energy powered by new jobs and industries.

「おはよう。過去3ヶ月間、私の政権は、歴史的な経済危機に臨むべく
積極的な行動を取ってきた。雇用を創出し、経済を動かすため、できる
限りのことを行い、持続的な繁栄のための基礎を築いているのであ
る。その基礎とは、質の高い教育に対する投資であり、医療コストを低
下させることであり、そして、新しい雇用や産業によって動力を与えら
れる、新しいエネルギー源を開発することである」

 

 One of the pillars of that foundation must be
fiscal discipline. We came into office facing
a budget deficit of $1.3 trillion for this year
alone, and the cost of confronting our economic
crisis is high. But we cannot settle for a future
of rising deficits and debts that our children
cannot pay.

「この基礎となる柱の一つは、財政規律でなければならない。我々が
政権を取ったとき、今年だけでも1.3兆ドルの財政赤字があった。経済
危機に対応するためのコストは高い。しかし、我々は、赤字が拡大し、
我々の子供たちが払うことのできない借金を負うことになるという将来
を甘受することはできない」

 

 All across America, families are tightening
their belts and making hard choices. Now,
Washington must show that same sense of
responsibility. That is why we have identified
two trillion dollars in deficit-reductions over
the next decade, while taking on the special
interest spending that doesn’t advance the
peoples'interests.

「アメリカ中の家庭が、財布のひもを締めて、難しい選択をしている。
今や、ワシントンは、同じような責任感を示す必要がある。だから、
我々は、今後10年間において2兆ドルの削減をすることを確認した。
また、一方では、国民の利益の増進には結びつかない特定の人々の
ための支出削減に取り組む」

 


 But we must also recognize that we cannot
meet the challenges of today with old habits and
stale thinking. So much of our government was built
to deal with different challenges from a different era.
Too often, the result is wasteful spending, bloated
programs, and inefficient results.

「しかし、我々は、古い慣習と旧態依然とした思考方法では、現代の
難題に立ち向かうことができないことも理解しなければならない。我々
の政府の大半は、異なった時代の異なった問題に対処するために設
けられた。そして、その結果、無駄遣い、政策の肥大化、非効率という
ことが何度も起きた」


 It’s time to fundamentally change the way
that we do business in Washington. To help
build a new foundation for the 21st century,
we need to reform our government so that
it is more efficient, more transparent, and
more creative. That will demand new thinking
and a new sense of responsibility for every
dollar that is spent.

「今こそ、ワシントンでの仕事のやり方を根本的に変えるときだ。21世
紀の基礎を築くために、我々は、もっと効率的で、もっと透明性があ
り、もっと創造性があるようにするために、政府を改革する必要があ
る。そのためには、支出される1ドル1ドルに対して、新しい思考方法、
新しい責任感が求められる。


 Earlier this week, I held my first Cabinet
meeting and sent a clear message: cut what
doesn’t work. Already, we’ve identified
substantial savings. And in the days and weeks
ahead, we will continue going through the budget
line by line, and we’ll identify more than 100
programs that will be cut or eliminated.

「今週初め、私は、最初の閣議を開き、明確なメッセージを送った。機
能しないものは削れ、と。我々は、既に、相当の節約を確認している。
これから先、我々は、予算を一つずつチェックする作業を続け、縮小す
るか廃止となる100以上の政策を決定することになろう」


 But we can’t stop there. We need to go
further, and we need an all-hands-on-deck
approach to reforming government. That’s
why I’m announcing several steps that my
Administration will take in the weeks ahead
to restore fiscal discipline while making our
government work better.


「しかし、そこで終わることはできない。さらに前進する必要がある。政
府の改革のために全員の総力を挙げる手法が必要である。我々の政
府がより良く機能するようにする一方で、財政規律を回復するために
私の政権が今後行うことになる幾つかのステップを私が発表している
のは、そのためである」



 First, we need to adhere to the basic principle
that new tax or entitlement policies should be
paid for. This principle – known as PAYGO –
helped transform large deficits into surpluses
in the 1990s. Now, we must restore that sense
of fiscal discipline. That’s why I’m calling on
Congress to pass PAYGO legislation like a bill
that will be introduced by Congressman Baron
Hill, so that government acts the same way
any responsible family does in setting its budget.

「第一に、我々は、基本原則を忠実に守る必要がある。その原則と
は、そのために新しい税や保険料が支払われるものである。この原則
は、賦課方式(現金払い)として知られており、1990年代に大きな赤
字から財政を黒字化させる一助となった。今や、我々は、財政規律を
回復させなければいけない。バロン・ヒル議員によって導入される法
案に似た賦課方式法を通過させるよう、私が議会に要請しているの
は、そのためである。この法律によって、政府は、責任感のある家庭
が予算を決めるときに行動するように、行動することになるであろう」

 

 Second, we’ll create new incentives to reduce
wasteful spending and to invest in what works.
We don’t want agencies to protect bloated
budgets – we want them to promote effective
programs. So the idea is simple: agencies that
identify savings will get to keep a portion of
those savings to invest in programs that work.
The result will be a smaller budget, and a more
effective government.

「第二に、我々は、無駄な支出を減らし、そして機能するものにお金を
使うようにするための新しいインセンティブを設ける。我々は、政府機
関には、膨張した予算を守らせたくない。政府機関には、有効な政策
を促進するようにしてもらいたい。簡単なことだ。節約をした政府機関
には、その節約の一部を機能する政策に使うことを認める。その結
果、予算は小さくなり、より効果的な政府ができるであろう」

 

 Third, we’ll look for ideas from the bottom up.
After all, Americans across the country know
that the best ideas often come from workers –
not just management. That’s why we’ll establish
a process through which every government
worker can submit their ideas for how their
agency can save money and perform better.
We’ll put the suggestions that work into practice.
And later this year, I will meet with those who
come up with the best ideas to hear firsthand
about how they would make your government
more efficient and effective.

「第三に、我々は、現場から上がってくるアイデアを探す。結局、国中
の国民は、一番良いアイデアは、政府からではなく現場から上がってく
ることが多いことを知っている。自らが属する政府機関が、如何に節
約をし、効率を上げることができるかということについて、全ての公務
員がアイデアを提出するシステムを我々が作ろうとしているのは、そ
のためである。成功すると思われるアイデアは、実施することになろ
う。年末に、私は、良いアイデアを出してくれた人々に会い、どうすれ
ば政府をもっと能率よく、そして効果的にすることができるかを直接聞
きたいと思う」

 And finally, we will reach beyond the halls of
government. Many businesses have innovative 
ways of using technology to save money, and
many experts have new ideas to make
government work more efficiently. Government
can – and must – learn from them. So later this
year, we will host a forum on reforming 
government for the 21st century, so that we’re
also guided by voices that come from outside of
Washington.

「最後に、我々は、政府の壁を超えるであろう。多くの企業は、お金を
節約するために革新的な手法を有している。多くの専門家は、政府を
もっと能率を良くする方法を知っている。政府は、彼らから学ぶことが
できるし、学ばなければならない。今年中に我々は、21世紀のための
政府改革フォーラムを招集する。そうることで、ワシントンの外からの
声にも耳を傾けることになる」


 We cannot sustain deficits that mortgage our
children’s future, nor tolerate wasteful inefficiency.
Government has a responsibility to spend the
peoples’ money wisely, and to serve the people
effectively. I will work every single day that I am
President to live up to that responsibility, and to
transform our government so that is held to a
higher standard of performance on behalf of
the American people.

「我々は、子供たちの将来を抵当に入れるような赤字を維持し続ける
ことはできない。のみならず、無駄と非効率にも耐えられない。政府
は、国民のお金を賢く使い、そして国民に能率よく尽くす責任がある。
私は、一日一日を大統領として、そうした責任を果たすために働くこと
になろう。そして、アメリカ国民のために、政府をより効率のよいものに
転換するために働くことになろう」

 

Thank you.


 ということで、アバマ大統領は、財政赤字を削減するために、4つの
提案を行いました。


 さあ、何だったでしょうか?

 先ず第一は、

 PAYGO原則でした。

 pay as you go とも言われます。

 簡単に言えば、現金払いのことらしいのですが‥

 歳出の増大に結びつく新たな政策を行う場合、増税もしくは他の歳
出項目の減少など、財源を確保した上で行わなければならないとする
財政ルールのことなのだとかと。

 要するに、単なるおねだりはダメ!

 お金を払ってね、という厳しい原則のことなのです。

 借金は減るはずです。


 で、第二は、何だったでしょうか。

 政府部門が節約をすれば、その一部は、自由に使わせるという、イ
ンセンティブを与えることでしたね。

 そして、第三は、ボトムアップで、現場から意見を募集すると。

 そして、第四は、外部の専門家の意見を聴く、と。


 こうしてみると、特に目新しいものはないようですが、それにも拘らず
こうしたことを大統領が敢えて言わなければならないといことは、それ
だけ財政赤字が深刻化しているということでしょう。

 先日は、ティーパーティーと称するデモがありましたし‥


 そして、アメリカの国債を一番多く保有している中国は、アメリカの財
政赤字に関心を寄せていますから‥


 
 アメリカの赤字は、当面増え続けるだろう、と思う方、クリックをお願いします。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 本日も、負債評価益について考えます。

 「日曜日なのに、よく考えるね」

 質問もあったことですし‥

 昨日2人の方から、ご質問がありました。


 負債については時価評価する一方、資産については簿価で計上す
れば、債務超過どころか大幅な資産超過になってしまうのでは?


 私、そうした質問に即座に答えるほどの知識はありません。

 しかし、本日の日経の記事「負債の時価評価 なぜ利益?」には、次
のような説明があります。

 「企業側に裁量の余地が大きいことも不透明感を強める要因だ。シ
ティグループは負債を時価評価して27億ドルの利益を出す一方、値
下がりした保有資産の一部は逆に時価評価を見送り、約6億ドル分の
評価損計上を回避した。利益押し上げに都合の良いように利用してい
るとの見方もある」

 

 ということで、ご指摘のようなことが起こり得るわけです。


 この負債評価益について、さらに調べてみました。

 これ、英語で何と呼ばれているか?

 こうした手法は、the fair value option と呼ばれているのだと
か‥

 フェアーですよ、フェアー

 

 さらに、アメリカの会計ルール(FAS157)によれば、

 資産は、3つの基準で開示される。と。

 レベル1:市場価格をもとに時価評価する資産

 レベル2:類似資産の市場価格を参考に評価する資産

 レベル3:市場価格が入手困難なため、自社のモデルで評価を割り
       出している資産


 ということになれば、

 自社が発行した社債は、市場価格がついているので時価評価し、そ
の一方で、市場での取り引きが停止してしまっている資産担保証券な
どについては、自社算出価格で計上することができてしまうということ
です。


 私は、「時価会計の停止」などケシカラン!と最近まで憤慨していた
のですが‥、
 

 現実はどうかといえば、

 「時価会計の停止」ではなく、資産については時価会計を停止する一
方、負債については時価会計を適用するという、とんでもない詐欺み
たいなことをしているわけです。

 こうしたことに対して、どうして公認会計士さんたちは、怒らないので
しょうか。

 日米双方の会計士さんについて言えることですが‥

 そして、こうした会計手法を黙認する金融監督当局は、本当に、監督
する資格があると言えるのでしょうか。

 或いは、100年に一度の危機だから、許されるということでしょうか。


 テレビなどは、こうしたことについて何も報じません。

 恐らく、視聴者が反応を示さないと思うからでしょうし、また、テレビ局
自身、こうしたことについての基礎的知識がなく、どう判断していいの
か分からないからかもしれません。


 しかし、少しずつ「烏賊様」だということが、徐々に理解されていくこと
でしょう。


 そして、一気にドルの信認が失墜してしまう事態が‥


 私があまり好きではないクルーグマン教授は、この会計処理につい
て、
「不思議の国のアリス」ではなく、「金融界のアリス」と題し、ブログ
でコメントしています。(4月22日)


 So the accounting rules say that a decline
in the market value of a bank’s debt thanks
to increased credit default swap spreads —
that is, because investors think you’re
more likely to fail — counts as a a profit.

「従って、その会計ルールによれば、クレジット・デフォルト・スワップの
スプレッドが増大したことによって ― 即ち、投資家が、貴方の銀行
が破綻する可能性が高くなると判断するためであるが ― 銀行の社
債の市場価格が低下すると、その分利益を計上することになる」


 On the other hand, if your bank looks stronger,
the spreads fall, and you book a loss.

「一方、業況が改善すれば、スプレッドは低下し、損失を計上すること
になる」

<中略>
  
 So Citigroup is profitable because investors
think it’s failing, while Morgan Stanley is losing
money because investors think it will survive.
I am not making this up.

「従って、シティグループは、投資家が業況が悪くなっていると思うか
ら、利益を計上し、一方、モルガンスタンレーは、投資家が改善してい
ると思うから、損失を計上している」

 


 銀行が、負債を時価評価するなんておかしい、と思った方は、クリッ
クをお願いします。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 負債評価益、貴方は、理解できました?

 「負債評価益って?」

 そのお陰で、シティグループは赤字にならずに済んだ、とあったでは
ないですか。

 「時価会計の適用を停止したこと?」

 そうではなく、負債も時価評価するということです。

 「どういうこと?」

 では、分かりやすくお話しましょう。

 貴方の会社が、社債を発行し、それでビジネスを始めるとします。

 100億円の社債を発行したとしましょう。

 そして、その100億円で、住宅ローン担保証券を購入したとしましょ
う。

 社債の方の金利は、4%で、住宅ローン担保証券の利回りは、8%
だったとしましょう。

 貴方の会社は、8%から4%を差し引いた、4%の利ザヤを稼ぐこと
が可能です。

 もちろん、そこから諸経費を差し引くことが必要ですが、とりあえず
4%の利ザヤを稼ぐことができます。

 100億円の4%ですから、4億円が粗利益として計上されるというわ
けです。

 「ぼろい商売ね」


 そうですね、右から左にお金を回すだけで、貴方の会社は、大儲け
できるわけです。


 ところがです。

 好事魔多し

 「どうしたの?」

 住宅バブルがはじけて、住宅ローン担保証券が値下がりし、価格が
半値になったしまったとしましょう。

  「100億円分の住宅ローン担保証券が、50億円の価値しかなくな
ってしまうの?」

 そういうこと。

 仮に、貴方の会社が、1億円の資本金を有していて、それを預金して
いたとすれば、貴方の会社のバランスシートは次のようになっていた
はずです。


 <資産>                      <負債・資本>

 預金                   1億円     社債     100億円
 住宅ローン担保証券   100億円     資本金       1億円

                       
 資産計              101億円    負債・資本計 101億円




 ここまではいいでしょうか?

 「いいよ」

 で、先ほど言ったように、住宅ローン担保証券が、50億円の価値し
かなくなったとします。

 そうすると、資産の合計は、51億円しかなくなり、それに対して、負
債が100億円ですから、明らかに債務超過!

 倒産は、必死になるでしょう。

 「すぐ、倒産しちゃうの?」

 でも、その社債が償還期を迎えるまでは、貴方の会社は、お金を返
す必要がないわけですから、すぐに倒産するとは限りません。また、そ
うしているうちに住宅ローン担保証券の価値が回復するかもしれませ
ん。

 「そうか、住宅ローン担保証券の価値は、また、上昇するかもしれな
いのね」

 そうですね。

 「だったら、住宅ローン担保証券の価値を、当初の100億円のままと
しとけば、債務超過にはならないんだ」

 それが、時価会計を停止するということですね。

 住宅ローン担保証券の価値を、あくまでも簿価に据え置くということ
です。

 そうするば、貴方の会社は、表面的には債務超過に陥ることはあり
ません。

 「よかった、よかった」

 しかし、幾ら表面的に債務超過を回避できても、社債権者は事態を
認識しています。

 貴方の会社が実質的に債務超過に陥っていることを。

 「ちきしょう!」

 
 ということで、早く貴方の会社の社債を売り払った方が安全だという
投資家が増えるはずです。

 貴方の会社の資産価値が半減したわけですから、社債の価格が半
値以下になるのは当然でしょう。

 「社債の価格が半値以下になると、会社が損するの?」

 直接損をすることはありません。損をするのは、社債を保有していた
投資家です。

 しかし、社債の価格が暴落する結果、もはや、会社が社債を発行し
ようとしても、誰も買わないでしょう。

 ということになると、会社の資金繰りが行き詰まり、会社はいずれ倒
産することになるかもしれません。

 「でも、とりあえずは、債務超過ではないのよね。だから、社債は発
行できなくても銀行からお金を借りてなんとか‥」


 でも、銀行も、貴方の会社が実質的に債務超過になっていることを気
が付くでしょう。

 「どうして?」

 だって、住宅ローン担保証券を時価評価していないことが、すぐ分か
るからです。

 「でも、住宅ローン担保証券を時価評価すると、債務超過になってし
まうのよね」

 そうですね。

 ということで、この会社は、どうみても債務超過の状態にあるのです
が、ここで究極のテクニックが誕生しました。

 資産価格を時価評価するのであれば、負債も時価評価してしまえ、
と。

 「負債の時価評価?」

 そうです。例えば、貴方の会社の社債の価格が額面の5割にまで落
ち込んだとすれば、負債の部の社債を100億円から50億円に引き下
げるわけです。

 そうすると、会社が保有する資産の価値が半減したと同じように、負
債の価値も半減して、結局、債務超過は回避できるという訳です。

 「でも、本当は、社債権者に100億円償還しないといけないのでしょ
う?」

 それは、そのとおり。

 でも、貴方の会社が、市場で会社の社債を購入して、負債を消却す
ることが可能なのです。

 「じゃあ、社債を買うの?」

 別に買う必要はありません。

 それに、実際に貴方の会社が自社の社債を買いに出ると、価格は
上がってしまいますよね。

 あくまでも評価益を計上するということです。

 「じゃあ、会社は、債務超過になることはないのね?」

 ただ、社債の価格がマーケットでどれだけ下がろうと、会社の返済義
務が削減される訳ではないのです。

 いずれ社債の償還期が来て、社債権者は、会社に対して全額の
100億円の支払いを求めます。

 そして、貴方の会社は、価値が半減した住宅ローン担保証券しか保
有していなければ、50億円分しか償還できないということになります。

 やっぱり、貴方の会社は、50億円の債務超過になっているというべ
きなのです。

 しかし、アメリカが1年ほど前に採用した究極のテクニックによれば、
貴方の会社は、債務超過を回避できるのです。

 


 会計は、account と言います。

 会計士は、accountant

  説明責任は、accountability


  アメリカでは、accountabilty という言葉はどこへ行ったのでしょう
か。


 日本が、アメリカの真似を決してしないことを強く望みます。

 




 これは酷過ぎる、と思った方、クリックをお願いします。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 もう、草なぎ君のことばっかし、ですね。

 でも、この事件も解せません。


 昨日、とくダネ!を見ていたら、ニュース速報が流れました。

 で、最初に聞いたのは、

 「公然わいせつ罪」


 酔っ払って、公然わいせつ?


 私は、当然、何人かでお酒を飲んで騒いでいた様子とか、草なぎ君
が、女の子の前で裸になっている姿を想像してしまいました。


 しかし、報道されるところによると‥

 そうでは決してない。

 草なぎ君は、裸になって大声を出していただけなのです。

 「裸で何が悪い?」

 その主張に、少しばかし共感します。

 少なくても、「公然」ではないような気がします。

 確かに、皆が集まる公園での出来事です。

 しかし、夜中の3時です。

 しかも、その時間帯は、公園内に人は入ってはいけないとか。

 だとしたら、少なくても、草なぎ君には、その裸を他人に見せる意図
はなかったはずです。

 草なぎ君は、衣服をちゃんとたたんで置いていたといいます。

 ということはですよ、彼、酔っ払って、自分の部屋に戻って来たと、勘
違いしたのではないのでしょうか。


 
 少なくても、彼に裸を見せつけられて迷惑を被った人はいないはず
です。

 ひょっとして、お巡りさんが、裸を見せつけられたから、という理由な
のでしょうか。

 せいぜい、大声に迷惑を受けたという程度です。

 ならば、公然わいせつ罪ではなく、軽犯罪法違反といった程度では
ないのでしょうか。


 それを、どうして「公然わいせつ罪」と断定してしまうのでしょうか。

 解せません。

 これ、ただの酔っ払いのおじさんだったら、警察につれていかれて、
説教された上で、帰されるのがおちではないでしょうか。


 それなのに、何故、家宅捜査までするのでしょうか。

 もし、草なぎ君が、何か他の事件に絡んでいるという情報でも入って
いたのなら理解できないではありません。

 でも、何も出てこなかったとか。

 裁判所は、ちゃんと考えて令状を与えたのでしょうか。


 解せない。


 


 公然わいせつ罪は、おかしいぞ、と感じた方、クリックをお願いしま
す。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 米国の大手金融機関6社の1−3月期の決算が出そろいました。


 じゃーん!

 「米大手金融6社、純利益1.2兆円」

 「ウェルズ・ファーゴ最高益」


 個別にみてみましょう。

 09年1−3月期      最終損益

 シティグループ     15億93百万ドル
 JPモルガン・チェース  21億41百万ドル
 バンク・オブ・アメリカ 42億47百万ドル
 ウェルズファ−ゴ    30億45百万ドル
 ゴールドマン・サックス 18億14百万ドル
 モルガン・スタンレー ▲ 1億77百万ドル


 最終損益が赤字なのは、モルガン・スタンレーだけのようです。

 6社の最終損益の合計は、126億ドルの黒字。

 08年10−12月期は、255億ドルの赤字ですから、今年に入り一
転、回復している格好です。

 でも、何か変ですよね。

 アメリカの実体経済自体が、急に回復しているわけでもなし‥

 むしろ、不良債権比率は上昇しているとも言いますし‥


 では、何故黒字になったのでしょうか?

 それは、これらの金融機関の経営環境が厳しくなっているからです。

 「意味不明!」

 皆さん、負債評価益というのをご存知ですか?

 私は、恥ずかしながら知りませんでした。

 本日の日経新聞には、こんな説明があります。


 「負債評価益とは、社債など企業の負債の市場価値(時価)が下落
した場合に、企業から債権者への支払い義務も同時に減少したとみ
なしてその分を利益に計上するもの」


 今回、これら6社のうち、特に多額の負債性評価益を計上したのは、

 シティグループが、27億ドル、

 そして バンク・オブ・アメリカが22億ドルであるとか。

 つまり、シティグループは、この負債性評価益を計上しなければ、赤
字であったわけです。

 

 理解できましたか?

 「全然!」


 例えば、ある銀行が社債を発行したとします。

 発行時には、特に問題もなく、多くの投資家がその社債を買ったと。

 しかし、その後、金融危機が勃発し‥

 「リーマンブラザーズの破綻のような?」

 そうです。

 そして、その銀行が発行している社債の価格が暴落したとしたら‥

 例えば、社債の価格(時価)が額面の7割になったとしましょう。

 「だから、投資家は、3割分を評価損として計上するのでしょう?」

 では、発行者の銀行は、どうなるのでしょうか。

 米会計基準FAS159は、社債の価格が低下した分を、利益に計上
することを認めているのだとか。

  これ、もし、その発行者が、自らの社債を低下した価格で市場から
買い上げると、その元々の元本に相当する債務が償却できるという
考えから来ているのでしょうか。

  しかし、

 「企業から債権者への支払い義務も同時に減少したとみなして」

という考え方には、賛同することはできません。

 

 こんな考え方が認められるのであれば‥

 破綻が大いに懸念されている会社に対する債権は、殆どゼロに近
い価値しか認められないので、

 そうすると、債務超過の会社など存在しなくなってしまうではないで
すか。


 こんな会計基準、バカバカしいという以外にありません。


 それでも、米国当局は、アメリカの金融機関は大丈夫だ、と言い張る
のでしょうか。

 

 負債評価益など、おかしい!と思う方、クリックをお願いします。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「4島返還を実現させるために、ロシアと交渉していた男がいたんで
すよ」

 「な〜に! やっちまったな」

 やっちまったのは、やち政府代表。

 
 皆さん、この発言どう思います?

 「この発言って?」

 だから、4島ではなく、3.5島でもいいから、という発言です。

 「本当にそんなこと言ったの?」

 それは、直接聞いた訳ではないので、何とも言えませんが、いろいろ
な情報を総合すると、言ったと考えた方がいいような‥


 で、いずれにしても、この「やっちまった」代表の発言の火消しに今
やっきとなっているように見えるのですが、何か変ですよね。

 確かに、「3.5島とは何事だ! 4島、全て返還させるべきだ!」とい
う正論はよく存じています。

 3.5島というと、日本だけが不当な譲歩をさせられたかのような雰囲
気が漂います。

 これが、3.5どころか2になれば、とんでもないということになるので
しょう。

 あの疑惑のデパートと言われた鈴木議員が、2島でもいいからとロシ
ア側に伝えていたたといわれたときには、大変な批判がなされたもの
でした。

 いってみれば、売国奴呼ばわりです。

 
 でも、3.5島返還論は、それなりの合理性を有しているように私には
思えます。

 というのは、ただ単に4島を全部一括して日本に返還しろ!といくら
大声で叫んだところで、実現性が感じられないからです。

 いくら4島が日本の固有の領土だと叫んだところで、他の国は別段
関心を示しませんし‥。

 それに、日本側が、武力の行使によって取り戻すこともできません
し‥。


 ということなので、これは選択の問題になるというわけです。

 A  :実現性が極めて乏しいことは分かりつつも最後まで4島返還を
    主張する。

 B  :実現性を考慮し、もし3.5島返還をロシア側が呑むようであれ
    ば、日本側も、3.5島返還を受け入れる。


 ということで、結局、どっちの選択肢を主権者たる国民が選ぶかと
いう問題なのだと思います。

 Aのメリットは、自らのプライドを傷つけることがないことです。しか
し、実際には、島は帰ってこない。

 Bは、日本人のプライドを傷をつけます。でも、島は、面積でいって半
分は帰ってきます。


 4島とも日本のものだと言いたいのは当然のことですが、実現しなけ
れば意味がないし‥、
そう考えれば、3.5島の返還を受け入れるべき
かもしれません。

 「残りの0.5島分は、諦めるの?」

 取り敢えず、諦めたふりをしていればいいではないですか。

 そして、3.5島をしっかり取り戻した上で、そして、暫く時間が経過し
た上で、また、残りの0.5島について考えたらいいではないですか。


 いずれにしても、ロシア(旧ソ連)が占領して以来長い時間が経って
しまっており、完全に昔の状態に戻して日本に返還させるということ
は、現実的でなくなっています。

 そこに住んでいるロシア人の権利をある程度尊重するようなことも必
要でしょう。

 ということで、4島ないし3.5島が日本のものであることを認めさせる
と同時に、日本側も、ロシア側が作った既成事実をある程度承認する
ことが必要になるでしょう。

 ということで、3.5島を日本とソ連が共同管理するようなことを考えた
らどうでしょうか。

 そして、そのように日露の関係を改善することによって、日本の外交
カードが増えるような気がするのですが‥


 いずれにしても、「やっちまった」代表にアドバルーンを上げさせてお
いて、今は、火消しにやっきになっているのは解せません。

 だって、麻生総理のこれまでの考え方とぴたっと歩調を合わせてい
るからです。

 

・麻生総理の発言(2月の日露首脳会談)

 「独創的で型にはまらないアプローチ」 

 「役人に任せていてはだめだ。政治家が解決する以外に方法はな
い」

 「向こうが2島、こっちが4島では全く進展しない」


・3年ほど前の外相当時の発言

 「択捉島の約25%を(国後、歯舞、色丹の)3島にくっつけると(面積
は)50−50の比率になる」


 
 3.5島というのは悔しいけど、全然返ってこないよりはよっぽどいい、
と思った方、クリックをお願いします。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 非伝統的金融政策と聞いて、どう思いますか?

 「非伝統的金融政策」とは、nontraditional policy と呼ばれます。

 今までにやってきたやり方とは違うやり方、ということです。

 でも、どうして今までにやってきたやり方では駄目なのでしょうか。

 それは、効かないから。

 その典型が金利の引き下げ。

 アメリカは、昨年12月にゼロ金利政策を採用するに至りました。政
策金利の誘導目標が0%〜0.25%の範囲とされています。

 わが国は、今は、ゼロ金利を採用していませんが、それでも政策金
利の誘導目標は0.1%ですから、アメリカとたいして変わりはありませ
ん。

 ということで、金利がほぼゼロ%になると、それ以上の引き下げはで
きなくなってしまいます。

 しかし、景気は回復するどころか、まだ不況が深刻化する恐れすら
あります。

 そのようなときに、中央銀行は何をすべきか?

 バーナンキ議長は言います。

 異常時には異常な政策が必要とされる。

 Extraordinary times call for extraordinary measures.


 かつて、日本は、量的緩和策というのを採用したことがあります。

 金利をそれ以上下げることができなくても、日銀には他にもやるべき
ことがあるではないか、という批判に応えたものでした。


 今、世界中の中央銀行が、当時の日本と同じような状況に置かれて
いるのです。

 ECBまでもが、非伝統的政策の採用を行うと言っています。


 さて、日経新聞に経済教室というコーナーがあるのですが、ご存じで
すか?

 そのコーナーで、翁教授が、非伝統的金融政策について分かりやす
く解説されています。

 ポイントは3つ。(表現は、修正しています)

(1)ゼロ金利の状況にあっては、マネーをどれだけ拡大しても
    総需要の増加にはつながらない。

 

 あれっ、少し変ですね。

 マネーをどれだけでも供給すれば、景気が刺激され、総需要が増加
するというのが、非伝統的政策の考えではなかったのでしょうか。

 まあ、そのことは後で考えるとして、次は‥

(2)インフレ期待を膨らませ、その結果消費を刺激しようとしても、
   現実には難しい。

 これも、へーっ、という感じです。

 私は、インフレターゲットの考え方に反対なのですが、インフレにして
も景気が刺激されないというのであれば、何のための非伝統的政策
か、となるからです。

 (3)非伝統的政策を採用する場合には、止める時のことを考えてや
   るべきだ。

 止める時のことを考えるというのは、出口政策と呼ばれるものです。


 これだけでは、翁教授が何を言いたいのかよく分からないので、もう
少し中身をみてましょう。

 

 先ず、翁教授は、2007年1月に行ったFRBのミシュキン理事の発言
を紹介します。

 ミシュキン理事というのは、先日、日本のことを大バカ野郎と批判し
た変なおじさんです。

 「資産価格バブルの崩壊が金融システムの不安定性をもたらすこと
はほどんどない。住宅価格バブルの崩壊が金融システムの不安定性
をもたらすことはもっと考えにくい」


 結果は、正反対のことが起きました。

 「多くの人は、日本の経験を読み違えている。問題はバブルの崩壊
ではなく、その後の政策対応である」


 そんなことを言っていたのでした。

 いつもの、too little, too late の議論です。


 竹中教授なども同じようなことを言いますけど‥


 ということで、かつて、日本は、サマーズ氏やクルーグマン教授から
対応がぬるいとさんざん非難されたものです。

 そして、その非難の矛先は、速水総裁率いる日本銀行に向けられた
ものです。

 では、そうした批判をした米国自身は、今、どう行動しているのか?

 翁教授は言います。

 どうも様子が少し変化してきていると。

 1998年当時、クルーグマン教授は、次のように日本に対しアドバイ
スをした、と。

 「例えば、4%のインフレ率を15年間続けるインフレ目標を宣言し、
人々に無責任であることを確信させることが必要だ」

 しかし、そのクルーグマン教授が、考え方を改めたことをブログで表
明しているというのです。

「流動性の罠という議論はナンセンスで、金利がゼロになっても、通貨
供給を増やせば総需要を喚起できると思っていた。しかし‥(中略)確
かに、中央銀行は長期債やリスク資産を買うなどの手を打つことはで
きる。だが、それは民間部門のリスクを引き受けることの効果で、通貨
供給が増加することで効果が生じるわけではない‥」

 そればかりではなく、クルーグマン教授は、インフレ期待を梃にした
景気回復についても、日本やアメリカは、中央銀行が物価安定のため
に行動すると人々が考えるであろうから効果がないであろう、と言って
いるというのです。

 ということで、クルーグマン教授は、その関心の対象を、財政政策や
銀行健全化の方に向けているというのです。


 でも、クルーグマン教授は、日本やアメリカがジンバブエのように行
動すればインフレが起き、消費が刺激される、という考え方についてま
で、持論を修正したわけではないのです。

 

 私が、言いたいことは、これからです。

 では、仮にインフレを起こすことができたら、そして、日本銀行がそれ
を放置したら、消費が刺激され、景気が回復するのか?


 皆さんも、少し考えてみて下さい。

 インフレになったら、消費は刺激されるか?

 

 確かに、ハイパーインフレの国では、お金の価値が、刻一刻と減少し
てくわけですから、給料をもらったら少しでも早く、必要なものを購入し
ておきたいという気持ちになるのは、よくわかることです。

 では、そんな事態を起こすべきだ、というのでしょうか。

 流石にそこまで主張する専門家はいません。

 その代り、マイルドなインフレを起こすべきだという学者は大勢いま
す。


 では、1年で5%とか10%物価が上がるような状態になったとして、
貴方は、消費を拡大するでしょうか。

 一応、理屈の上では、お金の価値が、5%とか10%とか1年に減少
するということなので、現金を保有することが危険だということが理解
できます。

 では、どんどん消費をするのか?

 しかし、インフレ率が5%や10%に上昇すると、恐らく金利が上昇す
るはずです。

 となれば、現金でもっておかないで、預金や債券などのかたちで自
分の資産を保有していれば、インフレによる損失を被ることをある程度
回避することは可能になります。

 また、中には、金を買ったりする人も出てくるでしょうから、インフレに
なったから消費が刺激されるとは限らないのです。


 でも、こんなことをいうと、次のような批判が予想されます。

 「だから、インフレになっても、金利を引き上げることはしないと、日銀
が予め意思を表明しておけばいいのだ」と。

 これが、クルーグマン教授の10年ほど前の日本に対するアドバイス
です。

 そして、翁教授によれば、そうしたことが難しいであろうと、クルーグ
マン教授自らが認めたということになります。

 ただ、私は、思います。

 仮に、日本銀行が、それでもインフレを放置したら?

  即ち、インフレが発生しても、超低金利政策を維持したら?

 でも、そうであっても、民間銀行は、インフレに対応して企業への貸
出金利を引き上げようとするでしょう。

 そうでないと、資金運用者としての民間銀行は、大損してしまいます
から。

 それにもう1つ。

 仮に、ハイパーインフレが日本で起きたとしても、消費が活発化する
かは、疑問です。

 確かに、通貨の価値が急激に失われる訳ですから、それに対抗する
ために消費を急ぐことも考えるわけですが‥

 恐らく、そうなれば、皆円を受け取るようなことをせず、ドルやユーロ
が日本でも通用するだけのことではないのでしょうか。


 インフレを起こして消費を刺激するという考え方は、「さもしい」考え
ではないでしょうか。

 

 経済教室を読んでみようかと思った方、クリックをお願いします。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

↑このページのトップヘ