経済ニュースゼミ

小笠原誠治の、経済ニュースを通して世の中の動きを考察するブログです。地球温暖化阻止のために石油・石炭産出権取引を提唱します。産出権取引は排出権取引とは違います。みんな勘違いするのです。

2010年01月

 オバマ大統領が、定例の週末の国民向けスピーチを行いました。先
日、一般教書演説を行ったばかりなのに‥

 この人、本当にスピーチが好きです。

 で、何を話したかといえば、雇用創出と財政赤字の削減の必要性につ
いてです。ということで、一般教書演説の中で触れられたものと内容的
には重複しているわけですが‥

 スピーチの表題は、Reining in Budget Deficits となっています。
日本語に訳せば、財政赤字をコントロールする、ということでしょうか。


<オバマ大統領の週末の国民向けスピーチ>

 昨年の今頃、銀行が破綻に瀕し、そして月に70万もの雇用が失われる
中、我々は我が国経済に関しさらなる困難のニュースを受け取った。経
済が驚くべきスピードで縮小していたのだ。過去50年で最も厳しい6カ月
に渡る景気の後退。工場も農場も生産量を減らした。商店は売上を減ら
した。そして、大量の失業が差し迫っていた。
 
 1年後、今週発表になった経済指標によれば、こうした動きは反転した
という。過去6ヶ月間、我が国経済は再び成長を続けている。10-12月期
は、過去6年間に見られなかったスピードで成長した。

 これは前進の兆しである。銀行を破綻のふちから救い出し、そして経済
を再び動かすために我々が下した困難な決定が良かったということだ。

 しかし、なお多くの人々がもがいている。10人に1人の国民が仕事を見
つけ出せないでいる。そして、何百万人もの人が、より一生懸命に働いて
いるのに収入は減少している。そうした中にあって、我々の任務は単に
経済を成長させるだけでは済まない。職を求めている人のために職を作
ること、そして職に就いている人たちには収入が増えるようにしてやること
こそが我々の任務なのだ。GDPの四半期統計が良くなるだけではだめな
のだ。人々が毎日の生活ぶりの改善を実感できること、つまり収入が増
えたと、安定することができたと、子供たちにそれなりのチャンスを与える
ことができるようになったと、そして、引退しても十分な貯えがあると、そ
のように実感できることが重要なのだ。

 だから、2010年の最優先課題は、雇用の創出ということなのだ。我々
は、国中のインフラを再構築しながら多くの国民を職場に復帰させる。ま
た、雇用創出の真のエンジンはアメリカの企業にあるわけだから、企業
が新規の従業員を雇い、賃金を引き上げ、そして新規の設備投資を行う
ことを支援するために減税を提案した。私はまた、中小企業のキャピタル
ゲイン課税を廃止したい。そして、中小企業が店舗などを拡張するに際し
必要となる融資を得やすくなるように支援したい。

 しかし、雇用創出のために努力するのであるが、余りにも長い間積み
重ねてきた財政赤字を引き締めることが決定的に重要だ。我々の子や
孫に借金のツケを回すだけではなく、市場に悪影響を与え、金利の上昇
を招き、そして今やっと回復してきたばかりの経済を危険にさらすことが
あり得るのだ。

 家計や企業には、彼らが自分たちの予算をしっかり管理しようとする
時、ある決まった原理が存在する。全てのものを手に入れることはできな
いという時、彼らは真に欲しいものはなにかに焦点を絞る。厳しい決断を
し、子供たちのために犠牲も厭わない。持っていないものを使うことはな
い。持っているものでどうにかやりくりするのだ。

 政府も同じようなことをする時なのだ。だから私は、上院が1990年代に
導入したペイゴー・ルールを復活させたことを歓迎する。1990年代が
2360億ドルの財政黒字を残して終ることになったのは偶然ではないの
だ。しかし、我々はその後、ペイゴールールを廃止してしまった。その結
果2000年代は1.3兆ドルの赤字で終ったのだ。このルールを再導入す
ることによって、支出をするときは常にその見返りとしてカットするものを
探すことになるので、改善の軌道に乗せることができるであろう。

 支出の凍結も私は提案した。それによって、雇用の創出や中間所得者
層の減税など必要とされるものへの投資を拡大させることになる。そし
て、必要としないものへの支出をカットするのだ。例えば、石油会社や投
資ファンドに対する減税、それに、重複したり、時代遅れになったり、非効
率な政策などだ。高齢者医療保険や低所得者医療扶助、そして社会保
障は対象外だ。国防も対象外である。しかし、それら以外の全ての裁量
的支出は対象となる。

 最後に、私は超党派の財政委員会を要求する。それは、民主党と共和
党の議員によるもので、タイムリミットを設けつつ、具体的な赤字削減策
を提案してもらう。我々は、政府の借金に関する多くの議論や声をテレビ
を通して聞いた。今や政府の借金を削減するために、我々として手をつ
ける必要のあることを、一致団結して決定するときなのだ。

 今週53人の民主党と共和党の議員が、上院にこの委員会を設置する
ことに賛成の票を投じた。しかし、最初一緒になってこの案を支持した7
人の共和党の議員が突然反対票を投じることに決定したことによって、こ
れは失敗に終わった。

 あることについて、正直な違う意見を述べることも一つの選択肢だ。私
は常に、自ら正しいと信じることに対し確固とした立場を取る人のことを
尊敬する。仮にその人の意見に反対であったとしてもだ。

 しかし、政治的な理由で立場を変えるというのは受け入れることができ
ない。反対のために反対をするのは受け入れることはできない。もし政治
家が、将来の世代のためにとって最善のことをするのではなく、次の選挙
に勝つために必要であることをするのであれば、雇用の創出や財政赤字
をコントロールするために意味があると思われるようなことを議論をする
ことも、また行動を起こすこともできない。

 私は、国民やこの国が直面している現実の問題を解決しようとする
人々と協力する用意はできている。我が国の経済を再び軌道に乗せ、そ
してこの国の約束を実行することを支援するため、誠実にテーブルに就
こうとするする人々を歓迎する。それが第一に、我々が選ばれた理由な
のだ。それが国民が期待することなのだ。そして、それが我々がしなけれ
ばならないことなのだ。

 

 オバマ大統領は、雇用が最優先課題だとは言うものの、同時に財政赤
字の削減に努力することが肝要だ(但し、支出の凍結は2011年会見年
度から)とも言っているわけです。

 日本では深刻な不況のなか、財政赤字の削減はどうしても先送りしよう
という雰囲気がありますが、米国は違うようです。

 こんなに政府が借金をしていて、もし、海外の投資家が米国の国債を
見向きもしなくなったらどうなるのだ、という恐怖感があるのではないでし
ょうか。

 例えば、中国が、或いはロシアが米国国債を手放したら‥、まあ、日本
は大丈夫だろうけど‥、なんて考えて。

 明日発売になるポールソン前財務長官が著した「オン・ザ・ブリンク」に
は、2008年にロシアが金融危機を助長しようとして、ファニーメイやフレ
ディマックの債券を売り浴びせしようとしたことが書かれている、と報じら
れています。


 怖いですね、怖いですね。


 ロシアは、そんなことを考えていたのか、と思った方、クリックをお願いし
ます。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 

<英語バージョン>
   At this time last year, amidst headlines about banks 
on the verge of collapse and job losses of 700,000 a
month, we received another troubling piece of news about
our economy.  Our economy was shrinking at an alarming
rate – the largest six-month decline in 50 years.  Our
factories and farms were producing less; our businesses
were selling less; and more job losses were on the
horizon.

 One year later, according to numbers released this past
week, this trend has reversed itself.  For the past six
months, our economy has been growing again.  And last
quarter, it grew more quickly than at any time in the past
six years.

 This is a sign of progress.  And it’s an affirmation of
the difficult decisions we made last year to pull our 
financial system back from the brink and get our economy 
moving again.


 But when so many people are still struggling – when one 
in ten Americans still can’t find work, and millions more 
are working harder and longer for less – our mission 
isn’t just to grow the economy.  It’s to grow jobs for folks 
who want them, and ensure wages are rising for those 
who have them.  It’s not just about improvements we see
in quarterly statistics, but ones people feel in their
daily lives – a bigger paycheck; more security; the ability 
to give your kids a decent shot in life and still have
enough to retire one day yourself.

 That’s why job creation will be our number one focus in 
2010.  We’ll put more Americans back to work rebuilding 
our infrastructure all across the country.  And since the 
true engines of job creation are America’s businesses, 
I’ve proposed tax credits to help them hire new workers, 
raise wages, and invest in new plants and equipment. 
I also want to eliminate all capital gains taxes on small 
business investment, and help small businesses get the 
loans they need to open their doors and expand their 
operations.   

 But as we work to create jobs, it is critical that we
rein in the budget deficits we’ve been accumulating for
far too long – deficits that won’t just burden our children 
and grandchildren, but could damage our markets, drive
up our interest rates, and jeopardize our recovery right
now.

 There are certain core principles our families and
businesses follow when they sit down to do their own
budgets.  They accept that they can’t get everything they
want and focus on what they really need.  They make
tough decisions and sacrifice for their kids.  They don’t
spend what they don’t have, and they make do with what
they’ve got.

 It’s time their government did the same.  That’s why I’m 
pleased that the Senate has just restored the pay-as-you-
go law that was in place back in the 1990s.  It’s no 
coincidence that we ended that decade with a $236 billion
surplus.  But then we did away with PAYGO – and we
ended the next decade with a $1.3 trillion deficit. 
Reinstating this law will help get us back on track,
ensuring that every time we spend, we find somewhere
else to cut.

 I’ve also proposed a spending freeze, so that as we
increase investments in things we need, like job creation
and middle class tax cuts – we cut spending on those we
don’t, like tax cuts for oil companies and investment fund
managers, and programs that are redundant, obsolete, or
simply ineffective.  Spending related to Medicare,
Medicaid, and Social Security will not be affected – and
neither will national security – but all other discretionary
government programs will.

 Finally, I’ve called for a bi-partisan Fiscal Commission –
a panel of Democrats and Republicans who would sit down
and hammer out concrete deficit-reduction proposals by a
certain deadline.  Because we’ve heard plenty of talk and
a lot of yelling on TV about deficits, and it’s now time to
come together and make the painful choices we need to
eliminate those deficits.

 This past week, 53 Democrats and Republicans voted for
this commission in the Senate.  But it failed when seven
Republicans who had co-sponsored this idea in the first
place suddenly decided to vote against it.

 Now, it’s one thing to have an honest difference of
opinion about something.  I will always respect those who
take a principled stand for what they believe, even if I
disagree with them.

 But what I won’t accept is changing positions because
it’s good politics.  What I won’t accept is opposition for
opposition’s sake.  We cannot have a serious discussion
and take meaningful action to create jobs and control our 
deficits if politicians just do what’s necessary to win
the next election instead of what’s best for the next
generation.

 I’m ready and eager to work with anyone who’s
about solving the real problems facing our people and
our country.  I welcome anyone who comes to the table
in good faith to help get our economy moving again and
fulfill this country’s promise.  That’s why we were
elected in the first place.  That’s what the American
people expect and deserve.  And that’s what we must
deliver.


Thank you.

ロシアは、そんなことを考えていたのか、と思った方、クリックをお願いし
ます。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 米国の2009年10-12月期の実質GDPが発表になりました。

 何と5.7%も成長しているのですね。オバマ大統領の一般教書
演説のなかで何度も何度もjob とかemployment という言葉を
聞くと、そしてまた、アメリカの失業率が10%もあると聞くと、アメ
リカ経済の置かれた状況が如何に酷いものかと勝手に想像して
しまうのですが‥でも、10-12月期の実質成長率は5.7%もあ
る、と。

 一方で日本はといえば、失業率は5.1%とアメリカの半分程度
の水準にとどまっているのですが、どうもぱっとしない、と。
果たし
て、米国と日本を比べた場合、どちらがより深刻な状況にあると
考えるべきなのでしょうか?

 どう思います?
 
 私の感想から言えば、アメリカは失業率は高いが、不況の深刻
さはそれほどでもないか、というものです。つまり痛手は日本の
方が深い。しかし、アメリカの方は簡単に首を切りやすいので失
業率が高い、と。


 では、その根拠をお示ししましょう。

 先ずは日本の実質GDPの推移から。

              実質GDP         伸び率
     (季節調整済み、年換算) (前期比年率換算)
2006/01-03  543 兆円         0.8%   
2006/04-06  548 兆円                 3.3%
2006/07-09  550 兆円                 1.8%
2006/10-12    553 兆円                 2.2%
2007/01-03  562 兆円                 6.8%
2007/04-06  560 兆円                -1.6%
2007/07-09  560 兆円                 0.1%
2007/10-12  562 兆円                 1.5%
2008/01-03  570 兆円                 5.6%
2008/04-06  558 兆円                -8.1%
2008/07-09  552 兆円                -4.0%
2008/10-12  538 兆円               -10.2%
2009/01-03  521 兆円               -11.9%
2009/04-06  524 兆円                 2.7%
2009/07-09  526 兆円                 1.3%
2009/10-12                   

 


 次は、米国も実質GDPの推移です。

              実質GDP         伸び率
     (季節調整済み、年換算) (前期比年率換算)
2006/01-03  12.9 兆ドル        5.4%   
2006/04-06  13.0 兆ドル               1.4%
2006/07-09  13.0 兆ドル               0.1%
2006/10-12    13.1 兆ドル               3.0%
2007/01-03  13.1 兆ドル               1.2%
2007/04-06  13.2 兆ドル               3.2%
2007/07-09  13.3 兆ドル               3.6%
2007/10-12  13.4 兆ドル               2.1%
2008/01-03  13.4 兆ドル              -0.7%
2008/04-06  13.4 兆ドル               1.5%
2008/07-09  13.3 兆ドル              -2.7%
2008/10-12  13.1 兆ドル              -5.4%
2009/01-03  12.9 兆ドル              -6.4%
2009/04-06  12.9 兆ドル              -0.7%
2009/07-09  13.0 兆ドル               2.2%
2009/10-12  13.2 兆ドル               5.7%


  さあ、如何でしょうか。

 日本も米国も、今回の経済危機で実質GDPが前期比でマイナ
スに転じたのは、どちらも4四半期連続で同じなのですが、その
マイナス幅については、日本のの方が遥かに大きいということで
す。そして、実質GDPの直近の実額をピーク時と比べたときの落
ち込み幅も、日本の方が遥かに大きいのです。

<日本>
  570兆円 → 521兆円 → 526兆円 ということで、日本
は、ピーク時と比べ最大9%ほど下落した後、現在もなお8%ほ
どピーク時を下回っている訳です。

<米国>
  13.4兆ドル → 12.9兆ドル → 13.2兆ドル ということ
で、米国は、ピーク時と比べ最大4%ほど下落した後、現在は
2%ほどピーク時を下回っているにすぎないのです。

 つまり、生産水準に注目すれば、米国の場合には、もうピーク
時とそれほど違わないほどの水準まで回復している、と。一方、
日本の生産水準は、まだまだ相当に低いままである、と。

 そうすると別の疑問が浮かんできます。米国の経済は、それだ
け被害が小さく、そして回復も進んでいながら、何故失業率は、
日本に比べて格段に高いのか、と。

 この点、米国において失業者が著しく増加した業種としては、
建設業や製造業が挙げられています。住宅バブルがはじけたわ
けですから、建設業などが特に影響が大きかったことは容易に
理解できるところです。

 では、今後の米国の景気見通しはどうなのか?

 私は、意外に明るいのではないか、と予想します。

 何故か?

 それは、ここにきて企業の設備投資や住宅投資が回復してきて
いるからです。


               民間設備投資        住宅投資
2008/10-12 1兆4961億ドル-19.5%   4150億ドル -23.2%
2009/01-03 1兆3212億ドル-39.2%   3679億ドル -38.2%
2009/04-06 1兆2884億ドル -9.6%   3444億ドル -23.3%
2009/07-09 1兆2690億ドル -5.9%   3596億ドル  18.9%
2009/10-12 1兆2781億ドル   2.9%   3646億ドル    5.7%

 
 設備投資と住宅投資が底を打ったことが窺えるでしょう?

 こうしたことに加え、近い将来人民元の切り上げが再開され、
そして、輸出重視の政府の方針に従って、ドル安誘導のための
超低金利政策が継続されるのであれば、インフレの兆候が現れ
ない限り、そして急激なドル安が起こらない限り、米国経済は
着実に回復を続けるのではないでしょうか。

 そうなれば、我が国経済へも好影響をもたらすことでしょう。


 経済は少し明るさが見られるかも、と思う方、クリックをお願いし
ます。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 皆さん、菅・林の乗数論争というのをご存知ですか?

 私は、うっかりしていて昨夜まで知りませんでした。どうして、も
っと早く教えてくれなかったのか、と言いたい。

 菅というのは、当然菅財務相のことであり、そして、林というの
は、自民党の林議員のことです。


<国会の質疑の再現 但し、簡略化しています>
 
 菅:1兆円出して1兆円しか効果がないようやり方をしてきて、経
   済の低迷を招いた。

 林:乗数効果のことを言っていると思うが、公共事業は乗数効
   果は、最低1ある。では、子ども手当の乗数効果はどれだけ
   あるのか?

 菅:1兆円出して、1兆円の効果しかないのは事実上効果はゼ
   ロだ。

 林:私の質問は、子ども手当の乗数効果をどのくらいとみてい
   るか、ということだ。

 長妻:民間最終消費支出を1兆円程度押し上げる。実質GDPを
     0.2%ほど引き上げる。

 林:消費の効果を言ったので、使う額でその額を割ったら乗数
   が算出できる。

 仙谷:子ども手当の乗数効果は、計算していない。ただ、1以上
     であることは間違いない。幼保一体化などをすれば、
     1.3、1.5以上にもなる。

 菅:概ね0.7程度の消費性向。給付金は0.3。

 林:消費性向と乗数効果の違いについて述べて欲しい。

 菅:乗数効果の詳細な計算はしていない。

 林:消費性向は説明してもらった。消費性向と乗数効果の関係
   を説明してほしい。1兆円の財政支出して1.3兆円の効果が
   あれば、消費性向は1.3ということか。

 菅:例えば、1兆円支給されて半分が消費されれば、消費性向
   は0.5。

 林:給付をする政策については、消費性向が半分ということは、
   残りが貯蓄される訳だから、限りなく乗数効果と同じ概念に
   なると私は理解する。それなら、0.7と言うことは1を切って
   いるので、消費性向は1より低いことを認めているので、1を
   下回るものをドーンと増やして、1以上あるものを切れば、経
   済効果は、同じ財源をつかうのであれば、マイナスになる、
   これは中学校位の数学で分かることだ。

 菅:給付については、100%使われた時に100%だから、1以
   上になり得ない。給付については、1を超えることはない。1
   より低いことは確か。ただ、別の効果がある。日本の活力を
   失っていることに対する改革の道筋になっている。
   
 林:これ以上続けると市場が暗くなるとよくない。


 さあ、この二人の質疑はどうしてかみ合わかなったのでしょう
か? 
菅さんの基礎知識が不足していたから?

 それもあるでしょう。しかし、林議員も誤解をしているのです。た
だ、菅さんは、林議員のことを買いかぶり過ぎていて、林議員が
誤解をしていることが分かっていない。だから、より一層、議論を
混乱させているのです。

 いずれにしても、この2人が議論しているときの、回りの反応が
気になりました。というのは、二人が勘違いをした発言をしている
ときに、誰も驚きの反応を示す人がいないということです。という
ことは、よく分かっていない人が大半ではないか、と。

 
 本当は、こんなやり取りをして欲しかった。

<望ましいやりとり>

 菅:1兆円出して1兆円しか効果がないようやり方をしてきて、経
   済の低迷を招いた。

 林:乗数効果のことを言っていると思うが、公共事業は乗数効
   果は、最低1ある。では、子ども手当の乗数効果はどれだけ
   あるのか?

 菅:1兆円出して、1兆円の効果しかないのは事実上効果はゼ
   ロだ。


 先ず、菅さんが子ども手当の乗数効果について答えられないの
が問題ですね。で、知らないなら知らないで率直にそう言えばよ
かった。或いは、今時ケインズの乗数効果などを論じることこそ
時代遅れだ、とか。


 林:私の質問は、子ども手当の乗数効果をどのくらいとみてい
   るか、ということだ。

 長妻:民間最終消費支出を1兆円程度押し上げる。実質GDPを
     0.2%ほど引き上げる。


 この長妻さんの発言も、乗数効果の意味を分かっていての発言
とは思えません。つまり、誰かが用意した答弁のままです。


 林:消費の効果を言ったので、使う額でその額を割ったら乗数
   が算出できる。

 仙谷:子ども手当の乗数効果は、計算していない。ただ、1以上
     であることは間違いない。幼保一体化などをすれば、
     1.3、1.5以上にもなる。


 仙谷さんも逃げていますね。逃げている以上に誤解をしてい
る。1以上であるというのは間違い。というのは、1兆円支給され
ても、全てが貯蓄に回れば効果はゼロだから、乗数効果はゼロ
となるのです。


 菅:概ね0.7程度の消費性向。給付金は、0.3だった。

 この菅さんの答弁は、問題なし。


 林:消費性向と乗数効果の違いについて述べて欲しい。

 菅:乗数効果の詳細な計算はしていない。


 この菅さんの答弁は逃げている。消費性向と乗数の関係につ
いて正確に説明することはできない、と言うべき。


 林:消費性向は説明してもらった。消費性向と乗数効果の関係
   を説明してほしい。1兆円の財政支出して1.3兆円の効果が
   あれば、消費性向は1.3ということか。

 この辺から、林さんも誤解していることが推測される。


 菅:例えば、1兆円支給されて半分が消費されれば、消費性向
   は0.5。

 この菅さんの答弁は、問題なし。


 林:給付をする政策については、消費性向が半分ということは、
   残りが貯蓄される訳だから、限りなく乗数効果と同じ概念に
   なると私は理解する。それなら、0.7と言うことは1を切って
   いるので、0消費性向は1より低いことを認めているので、1
   を下回るものをドーンと増やして、1以上あるものを切れば、
   経済効果は、同じ財源をつかうのであれば、マイナスにな
   る、これは中学校位の数学で分かることだ。

 ここで林さんの誤解が判明。消費性向と乗数効果が限りなく同
じ概念になるというのは意味不明。林さんは、消費性向が0.7で
あれば、普通の計算をすれば乗数は、1÷(1-0.7)=3.33
になることを説明すべきであった。そして、そのうえで、子ども手
当などの給付の場合には公共事業などと異なり、最初の財政支
出分が単なる所得の移転にすぎないから、その場合、3.33の効
果ではなく、そこから1を引いた2.33の効果しかないと言うべきで
あった。

 要するに林さんも誤解していて、消費性向が0.7であることを乗
数が0.7であることと混同している。

 菅:給付については、100%使われた時に100%だから、1以
   上になり得ない。給付については、1を超えることはない。1
   より低いことは確か。ただ、別の効果がある。日本の活力を
   失っていることに対する改革の道筋になっている。

 ここでも菅さんの認識不足が判明。消費性向は通常1未満にな
る。しかしだからといって、乗数が1より低いなどということはな
い。例えば、消費性向が0.9の場合には、乗数は10となるわけ
であるから。

 菅さんは、そこまでの説明をしたうえで、でも、そうした乗数効
果というのは机上の議論であり、ケインズ自身も、乗数はせいぜ
い2〜3程度にしかならないことを認めていたと主張するべきであ
った。

   
 林:これ以上続けると市場が暗くなるとよくない。


 テレビがこの議論を余り取り上げないのは、このやり取りを分か
りやすく説明できる自信がなかったからでしょう。また、そんなこと
を説明しても、きっと分かってもらえない、つまり視聴率も稼げな
い、と。


 林議員も誤解していたのか、と思った方、クリックをお願いしま
す。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 オバマ大統領が、一般教書演説を行いました。

 最初の感想は、長かった、と。何と1時間を遥かに超していまし
たから。

 で、内容は、予想した通り雇用など経済の話が目玉でした。輸
出重視という政策がはっきり盛り込まれてもいました。何でも、5
年間で輸出額を2倍にするのだとか。

 

 Madame Speaker, Vice President Biden, Members of
Congress, distinguished guests, and fellow Americans:

<中略>

 Again, we are tested.  And again, we must answer
history’s call.

 「我々は試されている。我々は歴史の問いに答えなければならない」

 One year ago, I took office amid two wars, an economy
rocked by severe recession, a financial system on the
verge of collapse, and a government deeply in debt.
Experts from across the political spectrum warned that if
we did not act, we might face a second depression.  So
we acted – immediately and aggressively.  And one year
later, the worst of the storm has passed.

「1年前、二つの戦争の渦中にあって、経済は深刻な景気後退に陥って
いた。金融システムは崩壊寸前で、政府は酷い負債を抱えていた。その
時に私は政権に就いた。専門家たちは、もし行動に出ないのであれば、
第二の大恐慌になるかもしれないと警告した。そこで、直ちに、そして積
極果敢に行動したのだ。1年後最悪の嵐は過ぎ去っていた」

 But the devastation remains.  One in ten Americans still
cannot find work.  Many businesses have shuttered.
Home values have declined.  Small towns and rural
communities have been hit especially hard.  For those
who had already known poverty, life has become that
much harder.

「しかし、廃墟は残っている。10人に1人の国民はなお、職が見つからな
い。多くの商店は、閉店したままだ。住宅価格は下落した。小さな町や田
舎は特に被害が大きい。既に貧乏であった人々にとっては、生活はより
厳しいものとなっている」

 This recession has also compounded the burdens that
America’s families have been dealing with for decades –
the burden of working harder and longer for less; of being
unable to save enough to retire or help kids with college.

「この景気後退により、国民世帯が長年追ってきた負担はより重くなって
いる。より多く働いても、却って収入は減っている。退職のために蓄えるこ
ともできず、また子供たちの進学のために蓄えることもできないでいる」

 So I know the anxieties that are out there right now.
They’re not new.  These struggles are the reason I ran for
President.  These struggles are what I’ve witnessed for
years in places like Elkhart, Indiana and Galesburg,
Illinois.  I hear about them in the letters that I read each
night.  The toughest to read are those written by children
– asking why they have to move from theirhome, or when
their mom or dad will be able to go back to work.

「私は、今そこにある不安を承知している。そうした不安は目新しいもの
ではない。そうした困難が、私が大統領選に立候補した理由だ。そうした
困難を、エルクハートやインディアナやゲイルスバーグやイリノイで長年に
渡り目撃してきたのだ。そうした困難ついて、私は毎晩手紙で読んだ。一
番つらかったのは、それらの手紙が子どもが書いたものであったというこ
とだ。何故引っ越さなければならないのか、いつ良心が職場に戻れるの
か、と」

 For these Americans and so many others, change has not
come fast enough.  Some are frustrated; some are angry.
They don’t understand why it seems like bad behavior on
Wall Street is rewarded but hard work on Main Street
isn’t; or why Washington has been unable or unwilling to
solve any of our problems.  They are tired of the
partisanship and the shouting and the pettiness.  They
know we can’t afford it.  Not now.

「こうした国民にとって、変化は起こっていない。欲求不満になっている者
もいるし、怒っている者もいる。彼らには、ウォールストリートでは、悪い行
いをしても報酬がもらえるのに、実際の社会では一生懸命働いても収入
が得られないのが分からない。 彼らは、党派心や言い争いに嫌気がさし
ている。彼らは我々には余裕がないことを知っている。今はできないの
だ」

 So we face big and difficult challenges.  And what the
American people hope – what they deserve – is for all of
us, Democrats and Republicans, to work through our
differences; to overcome the numbing weight of our
politics.  For while the people who sent us here have
different backgrounds, different stories and different
beliefs, the anxieties they face are the same. The
aspirations they hold are shared.  A job that pays the
bills.  A chance to get ahead.  Most ofall, the ability to
give their children a better life.

「そこで、我々は、難問に直面しているということだ。国民が望むものは、
我々全てが、つまり民主党も共和党も、違いを超えて協力をするというこ
とだ。そして、政策の重荷に打ち勝つことだ。何故ならば、我々をここに
送り出した国民のバックグラウンドや信念はそれぞれ異なるものの、彼ら
が直面している不安は、全く同じものであるからだ。彼らの望みは共通
だ。借金を支払うことができる仕事。前進の機会。中でも、子供たちによ
りよい生活を送らせることのできる能力」
 
 You know what else they share?  They share a stubborn
resilience in the face of adversity.  After one of the most
difficult years in our history, they remain busy building
cars and teaching kids; starting businesses and going
back to school.  They’re coaching little league and helping
their neighbors.  As one woman wrote me, “We are
strained but hopeful, struggling but encouraged.”

「他にどんなことが共通しているか? 彼らは、逆境にあっても強靭な精
神を有しているのだ。最も困難な一年を経過して、彼らは自動車を作り続
け、子供を教えている。また、商売を始め、復学している。子供野球のコ
ーチをしたり、近所の人たちの手助けをしている。1人の女性が私に手紙
をくれた。我々は、疲れてしまったが希望を持っている、もがいているが
勇気づけられている、と」

 It is because of this spirit – this great decency and great
strength – that I have never been more hopeful about
America’s future than I am tonight.  Despite our
hardships, our union is strong.  We do not give up.  We
do not quit.  We do not allow fear or division to break our
spirit.  In this new decade, it’s time the American people
get a government that matches their decency; that
embodies their strength. 

「この精神である。この素晴らしさと力強さによって、私は、今夜ほど希望
を持てた日はないのである。どんなに困難であっても、我々の国は強い
のだ。我々は諦めない。我々は止めない。我々は恐怖が我々の気持ち
を挫くことを許さない。今こそ、国民がそうした国民に相応しい政府を持つ
ときなのだ」

 And tonight, I’d like to talk about how together, we can
deliver on that promise.  

 It begins with our economy.

「今夜は、我々が如何にして協力して約束を果たすのかという話をした
い。経済の話から始めよう」

 Our most urgent task upon taking office was to shore up
the same banks that helped cause this crisis.  It was not
easy to do.  And if there’s one thing that has unified
Democrats and Republicans, it’s that we all hated the
bank bailout.  I hated it.  You hated it.  It was about as
popular as a root canal.

「我々が政権に就いた時の一番緊急の仕事は、この危機を引き起こす一
因となった銀行を支援することであった。それは容易いことではなかっ
た。もし、民主党員と共和党員を一つにするものがあるとすれば、それ
は、我々は全ては銀行救済が大嫌いだ、ということだ。本当に大嫌いだ。
歯根管と同じほど人気のあることだ」

 But when I ran for President, I promised I wouldn’t just
do what was popular – I would do what was necessary. 
And if we had allowed the meltdown of the financial
system, unemployment might be double what it is today.
More businesses would certainly have closed.  More
homes would have surely been lost.

「しかし、私は大統領に立候補したときに約束した。人気があることはや
らない、と。必要なことをやるのだ。もし、金融システムの崩壊を見逃して
しまっていたら、失業率は現在の2倍にもなっていたかもしれない。もっと
多くの店が閉店しているだろうし、もっと多くの住宅を手放すことになって
いただろう」

 So I supported the last administration’s efforts to create
the financial rescue program.  And when we took the
program over, we made it more transparent and
accountable.  As a result, the markets are now stabilized,
and we have recovered most of the money we spent on
the banks.

「そこで、前政権が金融救済策を作ろうとしたときに、私は支持をしたの
だ。そして、その救済策を我々が引き継いだとき、我々はそれをより透明
で、説明責任のあるものにした。その結果、市場は安定し、そして、銀行
に費やしたお金の多くを取り戻したのだ」

 To recover the rest, I have proposed a fee on the
biggest banks.  I know Wall Street isn’t keen on this idea,
but if these firms can afford to hand out big bonuses
again, they can afford a modest fee to pay back the
taxpayers who rescued them in their time of need.

「残りを取り戻すために私は、メガバンクに課金することを提案している。
ウォールストリートがこの案に熱心でないのは知っているが、これらの
銀行が巨額のボーナスを支給する余裕があるのであれば、必要な時に
彼らを救済した納税者に、僅かばかりのお金を返す余裕はあるはずだ」

 As we stabilized the financial system, we also took
steps to get our economy growing again, save as many
jobs as possible, and help Americans who had become
unemployed.

「我々は、金融システムを安定化させ、そして、経済を再び成長させ、可
能な限り多くの職を創造し、失業している国民を助けるための措置を取っ
ている」

 That’s why we extended or increased unemployment
benefits for more than 18 million Americans; made health
insurance 65% cheaper for families who get their coverage
through COBRA; and passed 25 different tax cuts.

「だから、我々は、1800万人以上の国民に対する失業保険を拡充した
のだ。そして、COBRAを通した保険の適用を受ける家族の医療保険を
65%安くしたのだ。そして、25本もの減税法案を通したのだ」

 Let me repeat:  we cut taxes.  We cut taxes for 95% of
working families.  We cut taxes for small businesses.  We
cut taxes for first-time homebuyers.  We cut taxes for
parents trying to care for their children.  We cut taxes for
8 million Americans paying for college.  As a result,
millions of Americans had more to spend on gas, and
food, and other necessities, all of which helped
businesses keep more workers.  And we haven’t raised
income taxes by a single dime on a single person.  Not a
single dime.

「もう一度繰り返すと、我々は減税をしたのだ。全労働者家族の95%に
対し、税金を引き下げたのだ。初めて住宅を購入した者に対し減税を行
った。子供の育児のために減税をした。大学の学費を支払っている800
万人の国民に減税をした。その結果、何百万人もの国民がガソリンや食
糧やその他の生活必需品に多く使うことができ、それによって商店主は、
より多くの人を雇うことができるのだ。我々は、所得税は誰に対しても、た
だの一銭も上げていない。

 Because of the steps we took, there are about two
million Americans working right now who would otherwise
be unemployed. 200,000 work in construction and clean
energy.  300,000 are teachers and other education
workers.  Tens of thousands are cops, firefighters,
correctional officers, and first responders.  And we are on
track to add another one and a half million jobs to this
total by the end of the year.

「こうした措置の結果、約200万人の国民が、さもなければ失業していた
のに、今働いているのだ。建設とクリーンエネルギー関係に20万人。先
生など教育関係に30万人。警官、消防士、看守、救急隊員に何万人か
の規模で。そして。今年の末までに150万人ほどを追加する予定である」

 The plan that has made all of this possible, from the tax
cuts to the jobs, is the Recovery Act.  That’s right – the
Recovery Act, also known as the Stimulus Bill. Economists
on the left and the right say that this bill has helped
saved jobs and avert disaster.  But you don’t have to take
their word for it.

「減税から雇用の創出まで、こうしたことを可能にしたのは、回復法(リカ
バリー・アクト)である。景気刺激法としても知られている。経済学者は、ど
んな立場の者も、この法律は、雇用に大いに役立ったと言っている。しか
し、信じる必要はない」

 Talk to the small business in Phoenix that will triple its 
workforce because of the Recovery Act. 

「フェニックスの小さな商店に話をしてくれ。その商店は、その法律のお陰
で従業員を3倍にした」

 Talk to the window manufacturer in Philadelphia who
said he used to be skeptical about the Recovery Act, until
he had to add two more work shifts just because of the
business it created.

「フィラデルフィアの窓枠業者に話をしてくれ。彼は、その法律に懐疑的で
あったが、仕事が増えたお陰、仕事の体制を2つ増やしたのだ」

 Talk to the single teacher raising two kids who was told
by her principal in the last week of school that because of
the Recovery Act, she wouldn’t be laid off after all.

「二人の子供を育てている独身女性に話をしてくれ。彼女は、校長先生か
ら先週、その法律のお陰で解雇されることはなくなったと聞かされたの
だ」

 There are stories like this all across America.  And after
two years of recession, the economy is growing again. 
Retirement funds have started to gain back some of their
value.  Businesses are beginning to invest again, and
slowly some are starting to hire again. 

「このような話がアメリカ全土にあるのだ。景気後退に陥ってから2年が
経ち、経済はまた成長を始めている。退職金ファンドもその価値を回復し
始めている。商売人は、投資を再開し、徐々に雇用を再開している」

 But I realize that for every success story, there are other
stories, of men and women who wake up with the
anguish of not knowing where their next paycheck will
come from; who send out resumes week after week and
hear nothing in response.  That is why jobs must be our
number one focus in 2010, and that is why I am calling for
a new jobs bill tonight.

「しかし、そうした巧く行った話がある一方で、巧くかない話もあることを承
知している。毎朝、彼らがどこに雇われることになるのかを知ることもなく
目を覚ます男と女がいることを。毎週毎週、履歴書を送り続けているが返
事はなし。だから、雇用が、2010年の大優先課題にならなければならな
いのである。また、だから、新しい雇用法を今夜求めているのである」


<注>この記事を書いた後に、日経新聞の夕刊を読みましたところ、私
は誤訳をしてしまったかと思いました。よくやっていることですが。

 日経の訳は次のような訳になっていました。「次の請求書が来るかわか
らないという苦痛で目を覚まし」

 paycheckというのは、請求書ではなく小切手ということで、次の給与の
支払いがどこから行われるか分からないで‥という意味ではないでしょう
か。

<中略>

 Third, we need to export more of our goods.  Because
the more products we make and sell to other countries,
the more jobs we support right here in America.  So
tonight, we set a new goal:  We will double our exports
over the next five years, an increase that will support two
million jobs in America.  To help meet this goal, we’re
launching a National Export Initiative that will help
farmers and small businesses increase their exports, and
reform export controls consistent with national security.

「第3に、我々は、もっと我が国の製品を輸出する必要がある。もっと多く
の製品を作りそして、他国に売るようになればなるほど、我々は益々多く
の雇用を支援することになる。だから今夜、我々は新しい目標を設ける。
我々は、今後5年間で輸出を2倍にする、と。それは、2百万人の雇用を
創出するであろう。この目標の達成を支援するため、我々は、国家輸出
計画を開始する。それは、農家や零細企業が輸出をするのを支援し、国
家の安全保障に沿った輸出管理を行うものである」

 We have to seek new markets aggressively, just as our
competitors are. If America sits on the sidelines while
other nations sign trade deals, we will lose the chance to
create jobs on our shores. But realizing those benefits
also means enforcing those agreements so our trading
partners play by the rules. And that’s why we will continue
to shape a Doha trade agreement that opens global
markets, and why we will strengthen our trade relations in
Asia and with key partners like South Korea, Panama, and
Colombia.

「我々は、新しい市場を積極果敢に求めなければいけない、我々の競争
相手がやっているように。もし米国がじっとしていれば、我々は雇用創出
の機会を失ってしまう。しかし、こうしたことを実現するためには、我々の
競争相手がルールに従って行動するように合意することが必要である。
だから、我々は、ドーハラウンドの合意形成努力を続けるのであり、そ
の合意によって市場の門戸が開放されるのである。また、だから我々
は、アジアにおいて貿易関係を強化しようとしているのであり、韓国やパ
ナマやコロンビアのようなパートナーとの関係を強化しようとしているので
ある」


<以下、省略>


 以上です。

 輸出重視というだけでなく、今後5年間で輸出を2倍にすると言
うのは、極めて具体的な目標と言えるでしょう。

 何か中国に対する人民元の切り上げ圧力が強まりそうな‥、そ
して、ドル安が加速しそうな‥。


 輸出重視の話が出るとは、予想していなかったという方、クリッ
クをお願いします。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 昨日、日銀の白川総裁の記者会見がありました。本日は、その
会見の内容をチェックしてみることにします。

 白川総裁は言います。「二番底は回避できる!」と。

 新興国の経済が成長し、それが先進国側の輸出や設備投資
にいい影響を与えるからだ、と。

 確かに‥

 中国の2009年10-12月期の実質GDPは、前年同期比で
10.7%も伸び、そして2009年通年でも8.7%も伸びていました。

 で、日本への影響はといえば‥

 本日発表になった我が国の12月の輸出は、前年同月比
12.1%増加の5兆4128億円だったのですが、前年同月比でプ
ラスになるのは、なんと15ヶ月ぶりのことなのですって。

 輸出の伸び率(前年同月比)の推移をみてみます。

2008年12月  4兆8305億円 -35.0%
2009年01月  3兆4804億円 -45.7% 
2009年02月  3兆5264億円 -49.4%
2009年03月  4兆1838億円 -45.5%
2009年04月  4兆1958億円 -39.1%
2009年05月  4兆0204億円 -40.9%
2009年06月  4兆5995億円 -35.7%
2009年07月  4兆8440億円 -36.5%
2009年08月  4兆5104億円 -36.0%
2009年09月  5兆1102億円 -30.6%
2009年10月  5兆3085億円 -23.2%
2009年11月  4兆9906億円  -6.3%  
2009年12月  5兆4128億円  12.1%

 
 さあ、如何でしょうか。我が国の輸出は、前年同月比でみて最
大50%近くも落ち込んだときがあったのですが、11月には落ち
込み幅が一桁にまで戻り、そして、12月にはプラスに転じている
のです。

 では、どんな品目が伸びているのかといえば、寄与度順に並べ
ると‥、
半導体等電子部品、自動車の部分品、そしてプラスチッ
クです。

 では、地域別では‥

 米国への輸出は、まだプラスには転じていません。しかし、EU
向けは、17か月振りにプラスになり、そして何よりも中国への輸
出が伸びています。12月の中国向けの輸出は42.6%も伸び、2
か月連続のプラスであるとか。


 ということで、日銀総裁の言ったことが当たっているという訳で
す。なんか、将来が少し明るくなったような気がします。

 物価の見通しは、どうなのでしょうか。

 09年度:-1.5%
 10年度:-0.5%
 11年度:-0.2%

 つまり、しばらくはデフレ基調が続くということで、景気が急速に
回復することはなさそうですね。

 白川総裁は、米国の新金融規制改革についても聞かれていま
す。

 「他国の個別政策にコメントするのは差し控えたい」と言いつ
つ、次のようなことを言っています。

 「より強固な金融システムの構築に有効な枠組みであること」

 ということは、今回のボルカールールをある程度評価するという
ことでしょうか。

 「マクロ経済や金融活動の回復を阻害しないように配慮するこ
と」、「規制監督の見直しやタイミングに関して柔軟性を確保する
こと‥」とも言っています。

 金融規制改革については、その副次的な効果にも十分配慮し
て、注意深く実施することが必要だと言っているようにも聞こえま
す。

 

 本日の貿易統計のニュースは、久々の明るいニュースだと思う
方、クリックをお願いします。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 オバマ政権の支持率がじわりじわりと低下しています。

 何故か? 景気が一向に回復しないからか? 雇用情勢が改
善しないからか?

 本当は、いろんな理由があると思うのですが、いずれしても支
持率は低下の一途を辿っている、と。

 なんとかしないといけない。そのために、オバマ大統領はどこま
で本気か知りませんが、ウォールストリートに厳しく当たるように
なっています。国民から集めた預金で投機をするようなことは止
めろ、そして、銀行がこれ以上大きくなりすぎることも認めない、
と。

 しかし、それだけではありません。やはり、国民にもっと直接ア
ッピールするようなことをしないといけない、と。日本の民主党の
真似をするわけでもないのでしょうが、こちらも、国民の生活が
第一と言っているようなものです。

 ということで、オバマ政権は、中流世帯の支援策を打ち出しまし
た。

・年収が8万5千ドル以下の世帯について、子育て費用の税控除
 額を拡大する。

・学生ローンの返済額に上限を設け、生計費を除いた年収の
 1/10以下とする。

・退職金制度を有していない雇用者に対し、退職積立制度への
 自動加入を義務付ける。

・退職貯蓄の税控除額を拡大する。

・高齢者等の在宅介護等を行っている世帯への支援を拡大す
 る。

 
 なんか、米国もばら撒きの様相が強まるということでしょうか。

 オバマ大統領は、これだけで中流世帯の生活が直面している
問題が解決するとは思わない、と正直に言っていますが‥

 So we're going to keep fighting to rebuild our
economy so that hard work is once again rewarded,
wages and incomes are once again rising, and the
middle class is once again growing. And above all,
we're going to keep fighting to renew the American
Dream and keep it alive -- not just in our time, but
for all time.

「だから、我々は経済を立て直すために戦い続けるのだ。そうす
れば、一生懸命働けばまた報酬が得られ、そして、中流世帯は
また成長する。なかでも、アメリカンドリームを蘇らせるために、
そしてアメリカンドリームが我々の時代だけではなく永遠に存在
し続けるために、我々は戦い続けるのである」

 こうしたオバマ大統領に対し、鳩山総理は何と言うのでしょう。

 「どうぞ戦って下さい」でしょうか?


 人気回復には、ばら撒きは欠かせないのだろうか、と思った
方、クリックをお願いします。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 FRBのバーナンキ議長の任期が今月末で切れるわけですが、
今アメリカではバーナンキ議長の再任問題を巡って激しく揺れて
いるようです。

 でも、確かバーナンキ議長の再任については、昨年の8月、オ
バマ大統領が支持表明をし、既に決まったことだと思っていたの
ですが‥

 どうも先日のマサチューセッツでの上院の補欠選に民主党が敗
北したことが、この問題を蒸し返すきっかけになったとか。

 オバマ大統領の努力もあり、週末をはさんでバーナンキ議長の
再任が確実になりそうな気配ですが、先週は、民主党議員の中
からもバーナンキ議長再任に反対する声が上がっていたので
す。

 では、バーナンキ議長の再任に反対する議員は、如何なる理
由で反対をするのか、その考え方をチェックしてみましょう。


<バーバラ・ボクサー上院議員の声明>

“I have a lot of respect for Federal Reserve
Chairman Ben Bernanke. When the financial crisis hit
in late 2008, he took some important steps to
prevent what many economists believe could have
been an even greater economic catastrophe.

「連銀のバーナンキ議長については、大変尊敬している。2008
年秋に金融危機が勃発したとき、彼は経済の大崩壊を招きかね
ないと多くのエコノミストが信じるところの事態を回避するために
重要な対策を取った」
 
“However, it is time for a change – it is time for Main
Street to have a champion at the Fed. Dr. Bernanke
played a lead role in crafting the Bush
administration’s economic policies, which led 
to the current economic crisis. Our next Federal
Reserve Chairman must represent a clean
break from the failed policies of the past.”

「しかし、チェンジの時である。ブッシュ政権下において経済政策
を策定する上でバーナンキ博士が先導的役割を果たし、そして、
その政策が今回の経済危機を招いたのである。実業界は、連銀
にチャンピオンを置くときなのだ。我々の次の連銀議長は過去の
失敗した政策とは全く無縁の人でなければならない」


 さあ、如何でしょうか。

 バーナンキ議長の優秀さと行動力は認める、しかし、ブッシュ
政権下の経済政策が経済危機を招き、その経済政策を作ったの
がバーナンキ議長だから‥、というもののようです。

 言われてみたら、その通りかもしれません。バーナンキ議長
は、ブッシュ政権の時代にFRBの議長に指名されたのでした。そ
して、バブル経済を発生させた政策にバーナンキ氏も関与してい
たことは間違いのない事実でしょう。

 しかし、2007年8月にパリバ・ショックが発生してからの彼の働
きぶりは、大いに評価してしかるべきでしょう。
それに、もし、彼の
再任を拒否するとして、どんな人が適任だというのでしょうか。

 
 バーナンキ議長の再任について、もっと辛辣に批判している議
員もいます。

<ラス・ファインゴールド上院議員の声明>

“A chief responsibility of the Chairman of the Federal
Reserve is to ensure a sound financial system. Under
the watch of Ben Bernanke, the Federal Reserve
permitted grossly irresponsible financial activities
that led to the worst financial crisis since the Great 
Depression. Under Chairman Bernanke’s watch
predatory mortgage lending flourished, and ‘too big
to fail’ financial giants were permitted to engage in
activities that put our nation’s economy at risk. And
as it responds to the crisis it helped to usher in, the
Federal Reserve under Chairman Bernanke’s
leadership continues to resist appropriate efforts to
review that response, how taxpayers’ money was 
being used, and whether it acted appropriately.
When the full Senate considers his nomination,
I will vote against another term for Chairman
Bernanke.”

「連銀議長の主な責務は、健全な金融システムを確実なものに
することだ。ベン・バーナンキ氏の監督の下で、連銀は大変無責
任な金融機関の活動を許し、それによって大恐慌以来の最悪の
金融危機に至らしめた。バーナンキ議長の監督の下で、弱いも
のを食い物にするような住宅融資が横行し、そして、「大き過ぎて
潰せない」メガバンクが、国の経済を危機に晒すような行為に出
ることを許した。そして、連銀が一役買ったその危機に対処する
とき、バーナンキ議長のリーダーシップの下にあった連銀は、対
処策を見直すため、或いは、納税者のお金が如何に使われてい
るか見直すため、或いは、連銀が適切に活動しているかどうかを
見直すために適当と思われる努力を行うことに抵抗し続けてき
た。上院が彼の任期を検討するとき、私は、バーナンキ議長の再
任に反対票を投じる」


 大変に厳しい意見ですが、これもある意味当たっていないわけ
ではありません。

 でも、仮にこの意見が正当であるとすれば、グリーンスパン前
議長は、マエストロと称えられるどころか、議長失格の烙印を押
されなければなりませんし、そして、また次の相応しい議長は、ボ
ルカー氏か、ボルカー氏と同じような考えの人であるということに
なるでしょう。

 ただ、いずれにしても経済問題の処理に関して重要なことは、
急激な政策変更は決して好ましい結果をもたらさないということ
です。

 我が国で20年ほど前にバブルが発生した時も、当時のすさま
じい地上げブームを糾弾するマスコミ等の声に行政が余りにも単
純に反応したことが問題だったのです。金融機関の不動産融資
を抑制するのは間違った方向ではなかったと思うのですが、余り
にも急ブレーキをかけ過ぎたことが結果として最悪の事態を招い
た、と。


 いずれにしても、今週は、バーナンキ議長の再任問題に関心
が向けられるでしょう。バーナンキ氏は、スケープゴートにされて
いるとも言えるかもしれません。

 
 もめるかもしれないが、結果的にはバーナンキ氏が再任される
であろう、と思う方、クリックをお願いします。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年12月12日にSpiegel Onlineに掲載されたインタビュー
記事です。


 SPIEGEL: You have been clear about your ideas. Do
you really believe we have to break up the big banks
in order to create a more sustainable financial
system?

「明確なお考えがあるようだが。貴方は、もっと持続可能な金融
システムにするために我々はメガバンクを分割すべきである、と
本当に思うのか?」


 Volcker: Well, breaking them up is difficult. I would
prefer to say, let's just slice them up. I don't want
them to get heavily involved in capital market
activities so my view is: Hedge funds, no. Equity
funds, no. Proprietary trading, no. Trading in
commodities, no. And that in itself would reduce the
size of the big banks. So you get some reduction 
in size. Equally important, you make them more
manageable and easier to deal with if they do get
in trouble.

「メガバンクを分割するのは難しい。むしろ、銀行業を薄切りにす
ると言った方が好きだ。私は、彼らが市場活動に関わり過ぎにな
ることを好まない。私の考えとしては、ヘッジファンドはノー、未公
開株ファンドはノー、自己勘定のディーリングはノー、一次産品の
売買もノーだ。そうなると、メガバンクの規模は小さくなるであろ
う。幾らか規模が小さくなるであろう。同様に重要なことは、そう
することによって、もしメガバンクの経営が悪化した時に、対処し
やすくなるということだ」

SPIEGEL: Banking should become boring again?

「銀行業がまた、退屈なものになるのか?」

Volcker: Banking will never be boring. Banking is a
risky business. They are going to have plenty of
activity. They can do underwriting. They can do
securitization. They can do a lot of lending. They can
do merger and acquisition advice. They can do
investment management. These are all client
activities. What I don't want them doing is piling on 
top of that risky capital market business. That also
leads to conflicts of interest.

「銀行業は決して退屈にはならない。銀行業はリスクが伴うビジ
ネスだ。これからも様々な活動分野を持つであろう。引き受け業
務を行うことができるし、証券化も行える。融資活動も行えるし、
M&Aも、投資管理も。これらは全て顧客のための活動だ。私が
彼らにして欲しくないことは、リスクの高い市場ビジネスを拡大さ
せることだ。そうすることは、利益相反にもつながる」


 ボルカー氏のご意見はよく分かります。

 1929年に起こった株式市場の大暴落を発端にした大恐慌を経
験して、米国は1933年にグラス・スティーガル法を成立させま
す。つまり、商業銀行と投資銀行が分離させられることになった、
と。我が国も、これに倣い銀証分離が行われたわけです。

 しかし、このグラス・スティーガル法は、1999年に成立したグラ
ム・リーチ・ブライムリー法によって廃止されてしまうのでした。そ
して、ご存知のように金融機関の投機的活動が益々活発化して
いった、と。

 そして、今回のボルカー・ルールの提案。まさに歴史は繰り返
す。グラス・スティーガル法の復活ということなのです。


 メガバンクは、結局法の抜け道を探しだすのだろうな、と思う
方、クリックをお願いします。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 それにしてもオバマショックは、マーケットに大変な衝撃を与え
ているようで‥、でも、それも考えてみたら、もっともなことです。

 オバマ大統領は言いました。破綻しそうになったら納税者のお
金によって救済されるメガバンクが、投機的な行為に走るのはお
かしい、と。

 銀行(の持ち株会社)が、ヘッジファンドや未公開株ファンドを所
有したり、或いは自己勘定で投機的取引をするのは禁ずる、と。
これをボルカー・ルールと呼びたい、と言いました。

 ボルカー氏は、1927年9月生まれの82歳。身長は2メートルも
あろうかという大男であり、1979年から1987年にかけてFRBの
議長を務めました。ボルカー氏がFRBの議長に就任した当時、
米国はインフレに悩まされていましたが、ボルカー議長は短期金
利を最高20%にまで引き上げて、インフレを鎮めることに成功し
たことで有名です。まあ、これが世に言うボルカー・ショック。

 そのボルカー氏の意見を採用したのが、今回のオバマ大統領
の金融規制改革案なのです。

 で、話は戻りますが、何故マーケットに衝撃を与えたか?

 それは、もしボルカー・ルールが採用されることになれば、メガ
バンクは、株や債券や為替の取り引きが制限される可能性があ
るからです。つまり、ビッグプレイヤーが突如市場から姿を消すこ
とになる、と。そしてまた、そうしたメガバンクが、そうしたディーリ
ングを行うことが禁止されれば、大きな収益源も同時に喪失する
ということで、当然、そうした銀行(持ち株会社)の株価は下が
る、と。


 では、このオバマ大統領の金融規制改革案は実現されるので
しょうか。

 オバマ大統領は、既にウォールストリートがロビング活動をしか
けていると言い、向こうがその気なら自分は戦う用意があるとま
で言っています。

 でも、ウォールストリート側も、自分たちに巨額の利潤をもたら
す収益源をそう簡単に手放す筈がありません。恐らく徹底抗戦に
なるでしょう。

 一方、オバマ大統領やボルカー氏が言うことも正論です。賭け
に勝てば、銀行の株主(及び経営陣やディーラー)の利益になる
一方で、賭けに負けて破綻しそうになったときには、納税者の負
担になるのはおかしい、と。

 確かにそうでしょう。オバマ大統領やボルカー氏は、何が何でも
投機的取引を禁止するとは言っていないのです。やるのなら自分
たちの責任でフェアにやれ、と。損をしたときにそのツケを納税者
に払わせるのはフェアではないではないか、と。

 まあ、そう言われればウォールストリート側もなかなか反論はで
きないのではないでしょか。でも、彼らは収益源を手放したくはな
い。では、どうするか? 恐らく、ボルカー・ルールによって禁止さ
れるヘッジファンドや未公開株ファンド等を全く切り離して独立の
会社を創設することになるのではないでしょうか。少なくても形式
的には銀行との関係を断ち切り、資金的な関係もなくする、と。

 ということで、これまでどおり米国はカジノ経済から変身すること
はないでしょう。つまり、これから先もバブルが起き、そして破裂
するサイクルを繰り返す、と。しかし、その一方で、銀行の投機的
取引は大きく制限されることになり、伝統的な業務のみを行うよう
な地味な存在になっていくのではないでしょうか。

 いずれにしても今後オバマ大統領とウォールストリートのバトル
が展開されることになるでしょう。

 そして、G7の場でもこのオバマ大統領の金融規制改革案が議
論されるでしょう。日本からは、菅財務相が参加するのですが、
財政と金融の分離をあれだけ主張していた菅さんは、どんな気
持ちで金融規制を論じることになるのでしょうか。

 

 それにしても、今後益々波紋が広がると思う方、クリックをお願
いします。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 121日、米国ではオバマ大統領が金融改革法案の中身を発
表しまし
た。本日の朝刊には新規制案として、その予想される中
身が紹介され
いましたが、ホワイトハウスのサイトにアクセスする
と、実際新聞が予
想した内容が盛り込まれていました。

 ちょっと長くなり、そして英文を交えて大変恐縮ですが、オバマ
大統
領がどんなことを喋ったのか、じっくり見てみましょう。英語
の嫌いな
方は、日本語の訳のみ読み進んで下さい。

Good morning, everybody.  I just had a very productive meeting
 
with two members of my Economic Recovery Advisory Board:
 
Paul Volcker, who's the former chair of the Federal Reserve
 
Board; and Bill Donaldson, previously the head of the SEC.
 
And I deeply appreciate the counsel of these two leaders and
 
the board that they've offered as we have dealt with a broad
 
array of very difficult economic challenges. 

「私は、経済回復諮問会議の2人のメンバーと大変に生産的な会議を持っ
たところだ。元FRB議長のポールボルカー氏とSECの元委員長のビルドナ
ルドソン氏だ。この二人の協力に深く感謝するとともに、大変に困難な
経済問題の処理に力を注いでいる諮問会議に対して感謝する」


Over the past two years, more than seven million Americans have
 
lost their jobs in the deepest recession our country has known
 
in generations.  Rarely does a day go by that I don't hear from
 
folks who are hurting.  And every day, we are working to put our
 
economy back on track and put America back to work.  But even
 
as we dig our way out of this deep hole, it's important that we
 
not lose sight of what led us into this mess in the first place.

「過去2年間の間に、7百万人を超す国民が最も深刻な景気後退のなかで
職を失った。人々が困っているという話を聞かない日など1日もない。
そして、我々は毎日、経済を回復させ人々が職場に戻れるように努力し
ている。しかし、この混乱から立ち直る努力をするとしても、先ず、誰
がこんな混乱に陥れたのかを見失わないようにすることが重要だ」


This economic crisis began as a financial crisis, when banks
 
and financial institutions took huge, reckless risks in pursuit
 
of quick profits and massive bonuses.  When the dust settled,
 
and this binge of irresponsibility was over, several of the
 
world's oldest and largest financial institutions had collapsed,
 
or were on the verge of doing so.  Markets plummeted, credit
 
dried up, and jobs were vanishing by the hundreds of thousands
 
each month. We were on the precipice of a second Great
 
Depression.

「この経済危機は金融危機として始まった。銀行や金融機関が短期的な
利益を追い求め、そして巨額のボーナスを獲得するために、大きなそし
て無謀なリスクを取ったことから始まった。バブルの騒ぎが終わり、無
責任という騒ぎが終わったときに、世界の最も歴史のある、そして最も
大きな金融機関の幾つかが破綻し、或いは破綻しかけた。市場は墜落し、
信用は枯渇し、そして職は毎月何十万単位で消えていった。我々は、第
二の大恐慌のがけっぷちにいた」


To avoid this calamity, the American people -- who were already
 
struggling in their own right -- were forced to rescue financial
 
firms facing crises largely of their own creation.  And that
 
rescue, undertaken by the previous administration, was deeply
 
offensive but it was a necessary thing to do, and it succeeded
 
in stabilizing the financial system and helping to avert that
 
depression.

「この大惨事を回避するために、自分の力で既にもがき始めていた国民
は、自分たちが招いた危機に直面していた金融機関を救済せざるを得な
かった。前政権によって始められた金融機関の救済は、不快なものであ
ったが、やらなければならないものであった。そして、金融システムの
安定化に成功し、恐慌を回避することができた」


Since that time, over the past year, my administration has
 
recovered most of what the federal government provided to banks.
 
And last week, I proposed a fee to be paid by the largest
 
financial firms in order to recover every last dime.  But
 
that's not all we have to do.  We have to enact common-sense
 
reforms that will protect American taxpayers ‥ and the
 
American economy‥  from future crises as well.

「その時以来、そして昨年において、わが政権は政府が銀行に供与した
お金の多くを回収してきた。しかし、それだけで十分な訳ではない。我
々は、アメリカの納税者を、そしてアメリカの経済を同様の将来の危機
から守るための常識的な改革を立法化しなければならない」


For while the financial system is far stronger today than it
 
was one year ago, it's still operating under the same rules
 
that led to its near collapse.  These are rules that allowed
 
firms to act contrary to the interests of customers; to conceal
 
their exposure to debt through complex financial dealings;
 
to benefit from taxpayer-insured deposits while making
 
speculative investments; and to take on risks so vast that
 
they posed threats to the entire system.

「金融システムは、一年前と比べればはるかに強固になってきている
が、殆ど崩壊させかけた同じルールによって今でも運営されている。
こうしたルールこそ、顧客の利益に相反するように行動させたもので
あり、そして、複雑な金融操作によって彼らの潜在リスクを明らかに
しないで済ませ、そして、投機を行いつつ納税者が保証した預金から
利益を得さしめ、そして、金融システム全体を危機に晒すほど大きい
リスクを取らせたのである」


That's why we are seeking reforms to protect consumers; we
 
intend to close loopholes that allowed big financial firms to
 
trade risky financial products like credit defaults swaps and
 
other derivatives without oversight; to identify system-wide
 
risks that could cause a meltdown; to strengthen capital and
 
liquidity requirements to make the system more stable; and
 
to ensure that the failure of any large firm does not take
 
the entire economy down with it.  Never again will the American
 
taxpayer be held hostage by a bank that is "too big to fail."

「だからこそ、我々は消費者を守るための改革を求めているのだ。ク
レジットデフォルトスワップやそれ以外のデリバティブのようなリス
キーな金融商品の取引を大きな金融機関が当局の監督なしに行うこと
を可能ならしめた、そうした抜け穴を防ぐものだ。大崩壊を招くよう
なシステム全体のリスクとは何かを明らかにするものだ。金融システ
ムをより安定したものにするために資本要件や流動性要件を強化する
ものだ。そして、如何なる巨大な金融機関の破綻といえども経済全体
をそれに巻き込まないようにさせるものだ。アメリカの納税者は、
「大きすぎて潰せない」という銀行によって二度と将来人質に取られ
ることはないであろう」


Now, limits on the risks major financial firms can take are
 
central to the reforms that I've proposed.  They are central
 
to the legislation that has passed the House under the
 
leadership of Chairman Barney Frank, and that we're working
 
to pass in the Senate under the leadership of Chairman Chris
 
Dodd.  As part of these efforts, today I'm proposing two
 
additional reforms that I believe will strengthen the financial
 
system while preventing future crises.

「主要金融機関がとることのできるリスクの制限が、改革案の中心に
なる。それらは、バーニーフランク議長のリーダーシップの下で下院
を通過した法案の中心となるものであり、クリスドッド議長の下で、
我々が一緒になって上院を通過させようとしているものである。こう
した努力の一環として、私は本日、二つの改革案を提案する。それは、
将来の危機を防ぐとともに金融システムを強化させるものであると信
じる」


First, we should no longer allow banks to stray too far from
 
their central mission of serving their customers.  In recent
 
years, too many financial firms have put taxpayer money at
 
risk by operating hedge funds and private equity funds and
 
making riskier investments to reap a quick reward.  And these
 
firms have taken these risks while benefiting from special
 
financial privileges that are reserved only for banks.

「第一に、我々は、銀行に対し、その顧客に尽くすというその中心的
な任務から乖離することを許すべきではない。最近、余りにも多くの
金融機関が、ヘッジファンドや民間のエクイティファンドを運営した
り、或いは直ぐに利潤に結びつくようなリスクの高い投資を行うこと
によって納税者の金をリスクに晒している。こうした機関は、銀行に
しか認められていない金融上の特権から利益を得ながら、こうしたリ
スクを取っているのである」


Our government provides deposit insurance and other safeguards
 
and guarantees to firms that operate banks.  We do so because
 
a stable and reliable banking system promotes sustained growth,
 
and because we learned how dangerous the failure of that system
 
can be during the Great Depression.

「我が政府は、銀行経営を営む会社に対して、預金保険制度や他のセー
フガードを提供している。何故ならば、安定して信頼性のある銀行シス
テムが成長を持続させるものであるからであり、また、我々は大恐慌の
時代に、銀行システムの破綻が如何に危険なものであるかを学んだから
だ」


But these privileges were not created to bestow banks operating
 
hedge funds or private equity funds with an unfair advantage.
 
When banks benefit from the safety net that taxpayers provide

‥which includes lower-cost capital ‥ it is not appropriate

for them to turn around and use that cheap money to trade for
 
profit.  And that is especially true when this kind of trading
 
often puts banks in direct conflict with their customers'

interests.

「しかし、こうした特権は、銀行がヘッジファンドや民間のエクィティ
ファンドをアンフェアな有利性を持って営むために認めたのではない。
銀行が、納税者が提供するセーフティネットによって利益を受ける時に
‥それには、低コストの資本も含まれるが‥銀行が、そうした低コスト
の資金を使って利潤を稼ぐのは適当なことではない。殊に、銀行が行う
取引が、その顧客の利益と相反する場合には特にそのとおりである」


The fact is, these kinds of trading operations can create
 
enormous and costly risks, endangering the entire bank if
 
things go wrong.  We simply cannot accept a system in which
 
hedge funds or private equity firms inside banks can place
 
huge, risky bets that are subsidized by taxpayers and that
 
could pose a conflict of interest.  And we cannot accept
 
a system in which shareholders make money on these operations
 
if the bank wins but taxpayers foot the bill if the bank loses.

「こうした取引は極めて大きな損失につながるリスクを生みだすのであ
り、もし事態が巧く行かなければ、銀行自体を危機に陥れることになる
のである。銀行の子会社であるヘッジファンドや民間のエクィティファ
ンドが巨額の投機取引に走り、そしてそうした投機には納税者から補助
金が支給され、そして利益相反を発生させるような仕組みは決して受け
入れることができないのである。また、もし銀行が賭けに勝てば株主の
儲けになり、そして、もし銀行が賭けに負ければ納税者がそのツケを払
うようなシステムは受け入れることができないのである」


It's for these reasons that I'm proposing a simple and
 
common-sense reform, which we're calling the "Volcker Rule"
 
‥ after this tall guy behind me.  Banks will no longer be
 
allowed to own, invest, or sponsor hedge funds, private equity
 
funds, or proprietary trading operations for their own profit,
 
unrelated to serving their customers.  If financial firms want
 
to trade for profit, that's something they're free to do.
 
Indeed, doing so ‥ responsibly ‥ is a good thing for the
 
markets and the economy.  But these firms should not be allowed
 
to run these hedge funds and private equities funds while
 
running a bank backed by the American people.

「こうしたことから私は、簡単で常識的な改革を提案する。ボルカー・
ルールと私たちが呼んでいるものである。私の後ろにいる背の高い男か
らとった名前だ。銀行は、もはやヘッジファンド、民間エクィティファ
ンド、或いは、自己の利益目的で行うトレード業務を所有、投資或いは
それに資金援助をすることはできない。もし、金融機関が利益目的のた
めに取引をすることを望むのであれば、そうすることは自由である。事
実、責任をもってそうすることはマーケットや経済にとってもいいこと
である。しかし、こうした機関は、一方では、アメリカ国民から支援を
受けている銀行を運営しながら、他方で、こうしたヘッジファンドや民
間エクイティファンドを運営することは許されない」


In addition, as part of our efforts to protect against future
 
crises, I'm also proposing that we prevent the further
 
consolidation of our financial system.  There has long been
 
a deposit cap in place to guard against too much risk being
 
concentrated in a single bank.  The same principle should apply
 
to wider forms of funding employed by large financial
 
institutions in today's economy.  The American people will
 
not be served by a financial system that comprises just a few
 
massive firms.  That's not good for consumers; it's not good
 
for the economy.  And through this policy, that is an outcome
 
we will avoid.

「加えて、将来の危機に備える我々の努力の一環として、さらに提案し
たい。我々は、我が国の金融機関のこれ以上の合併を阻止する。長い間、
単一の銀行に多くのリスクが集中することを避けるために、預金上限と
いうのが設けられている。この同じ原理を幅広い面で適用すべきだ。ア
メリカの国民は、2〜3の巨大な金融機関から構成される金融システムに
よって利益を受けることはない。それは消費者にとっていいことではな
い。そして、経済にとってもいいことではない。こうした政策を通して
そうしたことが回避される」


My message to members of Congress of both parties is that we
 
have to get this done.  And my message to leaders of the
 
financial industry is to work with us, and not against us,
 
on needed reforms.  I welcome constructive input from folks
 
in the financial sector.  But what we've seen so far, in recent
 
weeks, is an army of industry lobbyists from Wall Street
 
descending on Capitol Hill to try and block basic and
 
common-sense rules of the road that would protect our economy
 
and the American people.

「議会のメンバーに対する私のメッセージは、我々はこれを成し遂げな
ければならないということだ。金融界のリーダーたちに対する私のメッ
セージは、この必要とされる改革に関し我々に協力し、我々に反対して
欲しくないということだ。我々は、金融界内部の建設的な意見を歓迎す
る。しかし、これまで見てきたことは、ウォールストリートから議会に
降りてきたロビイストたちが、我々の経済や国民を守ろうとする基本的
で常識的なルールを設けようとすることに対する反対の動きだ」


So if these folks want a fight, it's a fight I'm ready to have.
 
And my resolve is only strengthened when I see a return to old
 
practices at some of the very firms fighting reform; and when
 
I see soaring profits and obscene bonuses at some of the very
 
firms claiming that they can't lend more to small business,
 
they can't keep credit card rates low, they can't pay a fee
 
to refund taxpayers for the bailout without passing on the cost
 
to shareholders or customers -- that's the claims they're making.
 
It's exactly this kind of irresponsibility that makes clear
 
reform is necessary.

「もしこうした人々が戦うというのであれば、喜んで応じよう。改革に
反対する会社が、昔のやり方に戻ろうとするのを私が見たとき、私の決
意はいよいよ強まるばかりだ。そして、零細企業にはお金を貸すことが
できないと言いながら、或いは、クレジットカードの利子を低く維持す
ることはできないと言いながら、或いは、株主や顧客にそのコストを転
嫁させることなしには救済資金から発生する課金を納税者に支払うこと
ができないと言いながら、その一方で、利益を増大させ、そして常識を
外れたボーナスが支給されるのを見たときには、私の決意は強まるだけ
だ。そんな言いわけを彼らはしているのだ。つまり、こうした無責任さ
のために明瞭な改革が必要になるのだ」


We've come through a terrible crisis.  The American people have
 
paid a very high price.  We simply cannot return to business
 
as usual.  That's why we're going to ensure that Wall Street pays
 
back the American people for the bailout.  That's why we're going
 
to rein in the excess and abuse that nearly brought down our
 
financial system.  That's why we're going to pass these reforms
 
into law.

「我々は恐ろしい危機を経験してきた。国民は非常に高い代価を払った。
我々は今までのやり方には戻れないというだけだ。だから、我々は、ウ
ォールストリートに対して、国民にその救済資金を返済させようとして
いるのだ。それが、金融システムを殆ど崩壊させかけた行き過ぎと濫用
を管理しようという理由なのだ。だから、この改革法案を通そうとして
いるのだ」

Thank you very much, everybody.
 

 

 

 如何でしょうか。長文になって大変恐縮です。でも、オバマ大統
領の
言いたいことは、よく国民に伝わったのではないでしょうか。
そして、
ウォールストリート以外の人々の多くは、その通りだと共
感したのでは
ないでしょうか。


 よくウォールストリートが嫌がることを言えたな、と思
った方、クリックをお願いします。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ