経済ニュースゼミ

小笠原誠治の、経済ニュースを通して世の中の動きを考察するブログです。地球温暖化阻止のために石油・石炭産出権取引を提唱します。産出権取引は排出権取引とは違います。みんな勘違いするのです。

2010年11月

 アメリカでとんでもない情報漏えいが起きています。

 アメリカの外交官からみた世界のリーダーたちの評価が暴露されています。無能だとか、
怒りっぽいとか、リスクを負わないとか‥

 まあ、そうした人物評だけだったら‥、本人にとってはとんでもない話でしょうが、それほど
重大な影響を与えるとは思えないのですが‥

 でも、アメリカって国は‥自分が世界からどう思われているか、何て考えたことはないのでし
ょうか?

 しかし、改めて考えてみたら、例えば、ブッシュ大統領には、アメリカ人自身がどんなことで
も言っていましたよね。

 ホワイトハウスはどんなところか、と子供に聞かれた大統領は、「白いよ」だとか。


 いずれにしても、米国の国務省は、このままでは今後の外交に相当の影響があろうという
ことで弁解にこれ努めています。

 

Well, good afternoon. Do we have enough room in here? I want to take a moment
to discuss the recent news reports of classified documents that were illegally 
provided from United States Government computers. In my conversations with
counterparts from around the world over the past few days, and in my meeting 
earlier today with Foreign Minister Davutoglu of Turkey, I have had very productive
discussions on this issue.

「こんにちは。ここは広さは十分でしょうか。少し時間を頂き、米国政府のコンピュータから違法に得られ
た秘密文書に関するニュース報道について話をさせてもらいたい。過去数日、私は、世界中の私のカウ
ンターパートとの話し合い、また本日午前中、トルコのダウトオール外務大臣とも話し合ったが、私はこの
件で非常に生産性のある議論ができた」

The United States strongly condemns the illegal disclosure of classified
information. It puts people’s lives in danger, threatens our national security, and
undermines our efforts to work with other countries to solve shared problems. This 
Administration is advancing a robust foreign policy that is focused on advancing
America’s national interests and leading the world in solving the most complex
challenges of our time, from fixing the global economy, to thwarting international
terrorism, to stopping the spread of catastrophic weapons, to advancing human
rights and universal values. In every country and in every region of the world, we
are working with partners to pursue these aims.

「米国は、秘密情報の違法な開示に対し強く非難をする。それは我々の国民の生命を危うくし、国家の安
全を脅かす。また、我々が共通の問題を解決しようとして他の国々と協力し合うことにも悪影響を与え
る。現政権は、積極的な外交を展開している。それはアメリカの国家利益を促進することと現在の複雑な
問題を解決するために世界をリードすることが中心である。つまり、世界経済の立て直しから、国際的な
テロの阻止、或いは、大量破壊兵器蔓延の阻止、そしてまた、人権や普遍的価値の促進に至るまでの
外交である。全ての国、全ての地域において、我々はこうした目的を追求するために他国のパートナー
たちと一緒に努力しているのである」

So let’s be clear: this disclosure is not just an attack on America’s foreign policy
interests. It is an attack on the international community – the alliances and
partnerships, the conversations and negotiations, that safeguard global security
and advance economic prosperity.

「はっきりさせたい。こうした秘密情報の開示は、アメリカの外交利益に対する攻撃であるというだけでは
ない。これは国際社会に対する攻撃でもある。世界の安全を守り、経済的繁栄を促進するような同盟関
係、協力関係、そして対外交渉に対する攻撃なのだ」

I am confident that the partnerships that the Obama Administration has worked so
hard to build will withstand this challenge. The President and I have made these
partnerships a priority – and we are proud of the progress that they have helped
achieve – and they will remain at the center of our efforts.

「オバマ政権が築こうとしてきたパートナーシップは、この難題に耐え得ると確信している。大統領と私
は、こうしたパートナーシップを最優先してきた。そして、これまでに見た前進に対し誇りに思っているし、
また、そうしたことのために今後も努力するつもりでいる」

I will not comment on or confirm what are alleged to be stolen State Department
cables. But I can say that the United States deeply regrets the disclosure of any
information that was intended to be confidential, including private discussions
between counterparts or our diplomats’ personal assessments and observations.
I want to make clear that our official foreign policy is not set through these
messages, but here in Washington. Our policy is a matter of public record, as
reflected in our statements and our actions around the world.

「私は、盗まれたとされている国務省の外電に関しコメントすることもしないし、確認もしない。しかし、米
国は、秘密とされた如何なる情報が開示されたことに関して深く遺憾に思う。そうした情報がカウンターパ
ート同士の私的な会話であっても、また、外交官の個人的な評価や発言であってもである。我々の公式
な外交方針は、こうした発言によって決められるのではなく、ここワシントンで決められるということをはっ
きりさせておきたい。我々の方針は、公式な記録に残されるものであり、我々の声明文や世界における
我々の行動に反映されるとおりである」

I would also add that to the American people and to our friends and partners, I
want you to know that we are taking aggressive steps to hold responsible those
who stole this information. I have directed that specific actions be taken at the
State Department, in addition to new security safeguards at the Department of
Defense and elsewhere to protect State Department information so that this kind
of breach cannot and does not ever happen again.

「また、この他次のことも付け加えたい。アメリカの国民と我々の友人そして、パートナーたちに対し、
我々はこの情報を盗んだ者たちに対して責任を取らせるべく厳しい対応をするつもりであることを知って
もらいたい。こうした違法な事件が二度と起こり得ないように、また起こらないように、国防総省やそれ以
外の省においても国務省の情報を守るための新たな安全対策に加えて、国務省においても特別の対応
をすることを命じたところである」

Relations between governments aren’t the only concern created by the publication
of this material. U.S. diplomats meet with local human rights workers, journalists,
religious leaders, and others outside of governments who offer their own candid
insights. These conversations also depend on trust and confidence. For example,
if an anti-corruption activist shares information about official misconduct, or a
social worker passes along documentation of sexual violence, revealing that
person’s identity could have serious repercussions: imprisonment, torture, even
death.

「今回の情報の開示によって政府間の関係だけが懸念されるわけではない。米国の外交官は、世界各
地の人権団体の活動家やジャーナリスト、或いは宗教団体の指導者たちと会っている。また、率直な意
見を述べる政府部門以外の関係者にも会っている。こうした話し合いは、信頼に基づくものである。例え
ば、汚職防止の活動家が役人の不正行為について情報を共有している場合や、ソーシャルワーカーが
性的暴行についての文書を手渡し、そして、その人物の身元が特定されることになれば、重大な結果を
生む訳である。投獄されたり、拷問を受けたり、或いは死に至る場合もあるのだ」


So whatever are the motives in disseminating these documents, it is clear that
releasing them poses real risks to real people, and often to the very people who
have dedicated their own lives to protecting others.

「こうした書類をばら撒くことの動機が何であれ、それが現実の人々に現実のリスクを被らせることは明
らかであり、また他人を守るために自分の命を捧げている人々に影響を与えることもよくあることなのだ」

Now, I am aware that some may mistakenly applaud those responsible, so I want
to set the record straight: There is nothing laudable about endangering innocent
people, and there is nothing brave about sabotaging the peaceful relations
between nations on which our common security depends.

「こうした責任のある者たちを間違って褒め称える人がいるかもしれないが、私は誤解を正したい。無実
の人々を危険に晒すことは褒められたことではない。我々の共通の安全保障が拠って立つ国家間の平
和関係を損なうことは勇敢でも何でもないことなのだ」

There have been examples in history in which official conduct has been made
public in the name of exposing wrongdoings or misdeeds. This is not one of those
cases. In contrast, what is being put on display in this cache of documents is the
fact that American diplomats are doing the work we expect them to do. They are
helping identify and prevent conflicts before they start. They are working hard
every day to solve serious practical problems – to secure dangerous materials,
to fight international crime, to assist human rights defenders, to restore our
alliances, to ensure global economic stability. This is the role that America plays in
the world. This is the role our diplomats play in serving America. And it should
make every one of us proud.

「歴史上、不正を暴くという名の下に政府のやったことが公にされた例もある。これは、そうしたケースと
は違うのだ。むしろ逆に、今公開されているものは、米国の外交官が期待された仕事を実際に行ってい
ることを示すものである。彼らは仕事を始める前に衝突することを回避しようとする。彼らは、毎日一生
懸命に働いて重大な問題を解決しようと努めている。危険な物質を厳重に保管するために、或いは、国
際犯罪と闘うために、或いは、人権保護者を支援するために、或いは、同盟関係を回復するために、そ
して、世界経済の安定を確かなものにするためにである。こうしたことが世界で果たしているアメリカの役
割である。また、こうしたことが、アメリカに尽くすために外交官が果たしている役割である。そして、我々
の誰もが誇らしく思えるのである」

The work of our diplomats doesn’t just benefit Americans, but also billions of
others around the globe. In addition to endangering particular individuals,
disclosures like these tear at the fabric of the proper function of responsible
government.

「外交官の働きは、アメリカ人に利益をもたらすばかりではなく、世界中の何十億という人間のためにも
なっている。こうして情報を暴露することは、特定の人を危険に晒すだけではなく、責任ある政府が適切
に機能して作り上げる織物をずたずたに切り裂いてしまう」

People of good faith understand the need for sensitive diplomatic communications,
 both to protect the national interest and the global common interest. Every
country, including the United States, must be able to have candid conversations
about the people and nations with whom they deal. And every country, including
the United States, must be able to have honest, private dialogue with other
countries about issues of common concern. I know that diplomats around the world
share this view – but this is not unique to diplomacy. In almost every profession 
– whether it’s law or journalism, finance or medicine or academia or running a
small business – people rely on confidential communications to do their jobs. We 
count on the space of trust that confidentiality provides. When someone breaches
that trust, we are all worse off for it. And so despite some of the rhetoric we’ve
heard these past few days, confidential communications do not run counter to the
public interest. They are fundamental to our ability to serve the public interest.

「善意の人々は、国家の利益を守るためにも、そして世界の共通の利益を守るためにも繊細な外交上の
意思伝達が必要であることを理解する。米国を含め全ての国は、共通の問題に関して、他の国々ととも
に正直で個人的な会話をすることができなくてはならない。世界中の外交官がこうした意見であると思う。
しかし、これは何も外交に特有のことではない。殆ど全ての職業においてそうである。それが法律にかか
わるものであろうと、報道にかかわるものであろうと、金融であろうと、薬であろうと、学問であろうと、或
いは小さな店の経営であろうともである。人々は、仕事をする上で秘密の情報に依存している。我々は秘
密であるということを前提にしている。誰かがそうした信頼を裏切る時、我々はもう皆が厳しい状況に陥
る。だから、ここ数日言われていることに反して、秘密の話し合いをしたからといって公益に反するもので
はない。それらは、公益に仕えるための我々の能力にとっての基盤となるものだ」

In America, we welcome genuine debates about pressing questions of public
policy. We have elections about them. That is one of the greatest strengths of our
democracy. It is part of who we are and it is a priority for this Administration. But
stealing confidential documents and then releasing them without regard for the
consequences does not serve the public good, and it is not the way to engage in a
healthy debate.

「米国では、我々は、政府の方針に疑問をぶつけるための純粋な議論を歓迎をする。我々は、そのため
選挙を行う。それが我々の民主主義の強みの一つである。それが、我々自身であるということであり、こ
の政府にとって優先すべきことである。しかし、秘密文書を盗むこと、そして、それらを、そんなことをした
らどういう結果になるかを考えることもなくばら撒くことは、皆のためになることではない。そして、そうやっ
て健全な議論ができる訳でもない」

In the past few days, I have spoken with many of my counterparts around the 
world, and we have all agreed that we will continue to focus on the issues and
tasks at hand. In that spirit, President Obama and I remain committed to
productive cooperation with our partners as we seek to build a better, more
prosperous world for all.

「過去数日間、私は、世界中の多くのカウンターパートと話をしてきた。そして、皆、現下の問題に集中し
続けるということで意見が一致している。そうした気持ちで、オバマ大統領と私は、我々のパートナーたち
と生産的な協力を続けることを誓う。それは、我々が全てにとってより良くより豊かな世界を築くことを求
めるからである。

Thank you, and I’d be glad to take a few questions.

「有難う。質問があればどうぞ」

 

 


 
 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 まだまだきわどい情報が出てきそうだ、と思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 アイルランド支援のために欧州の関係者が週末に行った条件交渉が合意されたようです。

 融資総額は850億ユーロ、そのうち350億ユーロがアイルランドの銀行支援に向けられ、
残りの500億ユーロがアイルランド政府の財政支援に向けられる、と。

 では、懸案になっていた金利はどうなっなのでしょうか。

 金利は、5.8%。

 今年5月に決定されたギリシャ支援の金利が5.2%だったとかで、それよりは高いものの噂
の6.7%よりは低くなっています。

 で、この金利を巡る交渉ですが‥、何でもドイツは、7%程度の金利にすべきであると主張
したのだとか。7%を大きく下回れば市場の金利水準から乖離することになり、cheap
moneyに見えてしまうではないか、と。

 cheap money に見えてしまう?

 ドイツは、低利の融資に見られては困ると言っているわけです。これは国内世論に配慮し
たものなのでしょう。

 一方で、アイルランド側は、どんな希望を持っていたかと言えば‥

 5%程度で何とかならないか、と。

 ということで、7%と5%の間を取って5.8%、正確には5.83%になったということのようで
す。


 なお、2014年までに対GDPの財政赤字比率を3%の低下させるという目標は、1年間延長
し2105年までになったようです。また、12.5%の法人税率については、そのまま維持するこ
ととされたようです。

 まあ、それにしても、日本のテレビは、このアイルランドの財政危機について殆ど報じませ
んね。

・アイルランドも日本と同じように高度成長を達成した。日本のかつての経済成長ぶりは奇跡
と呼ばれ、アイルランドは、ケルトの虎と呼ばれた。

・アイルランドも日本と同じように不動産バブルが発生した。

・アイルランドも日本と同じように不動産バブルが崩壊した。

・日本とアイルランドの銀行は、不動産向け融資が不良債権化し、金融危機を経験した。

・日本政府もアイルランド政府も、銀行の救済に乗り出した。


 しかし、

・アイルランドはIMFなど外部の支援を仰がざるを得なかったが、日本は外部の支援を仰ぐ
必要はなかった。

・アイルランドはIMFなどの支援を仰ぐ代わりに、緊縮財政が余儀なくされ、今後付加価値税
の増税や、公務員の給与や年金の削減が予定されている。


 失われた10年とか20年とか言われる日本経済ですが、それでも緊縮財政どころか、子ど
も手当に減税や補助金までもらえる日本! 

 まだ大いにマシだと思います。

 これも海外から借金をしていなかったからなのです。

 

 海外の投資家に日本国債を大量に保有してもらう必要がないように、政府は努力すべき
だと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 本日、アイルランドに対する金融支援の条件が関係者の間で話し合われるということです
が、アイルランド救済と言う割には‥

 アイルランドへの支援額は850億ユーロになると言われていますが、そのお金は将来アイ
ルランドがちゃんと返済することになります。

 「返す必要があるの?」

 そうなのです。救済といっても、お金が融資されるだけのことなのです。

 償還期間は9年と言われています。そして、利子も‥

 「金利は低利なのでしょ?」

 と言いますと?

 「だから、ユーロの政策金利が1.0%だから、まあ、1-2%とかの水準では?」

 それだと、アイルランドの人々は涙を流して喜ぶかもしれません。

 「違うの?」

 今噂されているところでは、6.7%位になるのではないか、と。

 「それは大変!」

 そうなのです。そんなに高い金利を一体支払うことができるか、とアイルランドの人々は心
配しているというのです。

 ユーロ圏の国々の国債の利回り(10年物)を見てみると、ドイツが2%台、スペインが5%程
度、ポルトガルが7%程度、そして、アイルランドが9%程度となっている訳ですが‥

 アイルランドの銀行が、6%台もの金利の資金を注入してもらって、それで利益を出すこと
ができるかといえば、相当に難しいのではないのでしょうか。

 それにIMFの資金は、世界の人々の税金によって賄われていると言えるわけですから、そ
んなに高い金利にしなくても‥と思ってしまいます。

 さあ、どんな結論になるのでしょうか?


 海外からお金を借りていると、いざという時に大変なことになる、と思う方、クリックをお願い
致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月24日、アイルランドは4カ年の財政再建計画を発表しました。

 何と4年間で財政赤字を150億ユーロ削減する内容になっているとか。

 どう思います、そこの貴方!

 「と言われても‥」

 150億ユーロと言うのは、日本円に直せば約1兆6500億円。

 「それを4年間で削減すると、1年間で約4000億円程度だから‥、そう難しくないよね」

 でも、日本とアイルランドでは人口も違えばGDPの大きさも違います。

 「それはそうだけど‥」

 アイルランドの人口は約450万人、そしてGDPは2300億ドル程度と言われていますから、
円に直せば、大雑把ですが20兆円としておきましょう。ということで、アイルランドの経済規模
は、日本の25分の1程度であると言うことになる訳です。

 「ということになれば、1兆6500億円×25=約41兆円で、1年間では約10兆円の削減?」


 日本にとっての年間10兆円の赤字の削減、これ、どう評価すべきなのでしょうか?

 実現不可能? それとも、どうしてもと言われれば‥できないこともない?


 いずれにしても、アイルランドはそうした厳しい赤字削減策が求められているわけですが‥

 もう少し言えば、150億ユーロの削減額のうち、100億ユーロ分は公務員の削減や公務員
の給与や年金の削減などで捻出すると言い、残りの50億ユーロは付加価値税の増税などに
よって賄うと言います。

 ということで、多くの人は、そこら辺りまでのことを考えたところで、アイルランドの財政再建
計画について分かった気がしてくるわけですが‥

 でも、何か変ではありませんか?

 というのも、アイルランドの財政赤字は確かGDPの32%ほどまで急上昇していると言って
いましたよね。そして、GDPは約20兆円である、と。

 20兆円×0.32=6兆4千億円

 要するに今、アイルランドの財政赤字は6兆4千億円ほどあるのに、どうして150億ユーロ、
つまり、1兆6500億円ほどの赤字削減をしただけで、2014年には財政赤字のGDP比率を
3%にまで低下させることができるのか?

 20兆×0.03=6千億円

 つまり、6兆4千億円マイナス6千億円イコール5兆8千億円ほどの赤字削減が必要である
のではないのか?

 なのに、1兆6500億円ほどの削減でいいと言うのは、どういうこと?


 さあ、如何でしょう?

 これ、実は、アイルランド政府が銀行を救済するために投入する資金を財政赤字のなかか
ら除外していいということになっているからのようなのです。

 つまり、銀行支援のための財政支出を含めれば、財政赤字はGDPの32%ほどにまで達す
るが、それを除けば、財政赤字はGDPの12%程度にとどまる、と。

 で、その12%を3%に下げるためには、9%分の削減が必要になるということで、1兆6500
億円程度の削減で済むということのようなのです。

 ということで、計算は合う訳ですが、そうやって銀行救済の財政支出は例外扱いすることが
果たしていいことかどうか?

 まあ、余り厳しいことをいっても実現可能性がないので‥、この際大目にみるということなの
でしょう。


 
 財政再建って大変だな、と思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 池上彰氏とか池上彰さんと言わずに、池上彰と敬称を抜いて呼んでしまいました。

 でも、それも仕方がないことでしょう。

 皆さん、ご覧になりましたか?

 池上彰そうだったのか学べるニュース、 「通貨価値安い国が価値!? 通貨戦争の意味」

 池上さんは、いつも分かりやすくニュースを解説してくれます。かつては私自身も、沖縄の
米軍基地の移転についての彼の説明ぶりに感心した次第です。

 でも、そうはいっても、人には得意の分野とそうでない分野があるのです。どんなことでも解
説ができるなんて、あり得ないことなのです。

 しかし、彼は何でも分かりやすく説明してくれる。また、だからこそ視聴率が稼げる。そし
て、視聴率が稼げるからどこのテレビ局からも声がかかる。

 しかし、少しずつ皆が気が付き始めているのです。あのう‥、その説明は‥


 本日のお題は、通貨戦争です。

 何故、日本の円の価値は上がっているのか? 恐らくスタッフが準備したと思われる材料
で、もっともらしく池上氏が説明してくれるのですが、ミスリーディングなことばかり。

 何故円の価値が上がるのか?

 そもそもリーマンショックが起こりドルの価値が下がったが、今年に入ったらギリシャ危機が
起こり、ユーロも安くなって、雨宿りするように投資資金が円に流れてきて、円高になったの
だ、と。


 リーマンショックが起きて、本当にドル安になったのでしょうか? 

 確かに、リーマンショックが起きた後、つまり2008年9月以降、ドルは円に対して価値を下
げているのですが、ユーロに対しては一時価値を上げたことはよく知られていることで、必ず
しもその説明では‥、という感じがします。

 池上氏が次に挙げたドル安の理由は、米国がドルをどんどん刷っているからだ、と。これ
は、米国のマネタリーベースが急増していること、言い換えれば連銀の資産が急増したことを
指していると思われるのですが、幾らマネタリーベースが急増したところで、マネーサプライ
が増加しないことにはそれほどの効果はないわけです。

 まあ、この点については、多くの経済評論家も同じような勘違いを世間に吹聴しているとこ
ろですが、もし、マネタリーベースの増加がドル安を招くというのであれば、今年の6月以降に
急激なドル安円高になるのではなく、例えば、2008年の終わりごろからそうなっていなけれ
ば理屈が合わない訳です。

 グラフの使い方も欺瞞的です。グラフというのは、新興国の通貨の価値の変動を表したグ
ラフですが、例えば、円に置き換えて言えば、グラフの底の水準は1ドル85円とし、グラフの
上の方が1ドル80円という風にしているために、円の価値が実態以上に急上昇しているか
の印象を与える訳です。そうしたグラフを複数の通貨について作成して見せている訳です。

 池上氏は、何故人民元について言及しないのかと思っていたら、やっと人民元に触れてく
れました。

 人民元は、管理変動相場制を採用しているために、中国政府が相場を管理しているのだ、
と。

 そこまでの説明は、了としましょう。

 しかし、グラフをみると、円などの変動相場制を採用している国の通貨は、相場が上がった
り下がったり大きく変動するが、その一方、中国の人民元の価値は殆ど変わらないのだ、と。
人民元は、殆ど12円のままだ、というグラフです。

 オブジェクション!

 ここでスタッフというか、池上氏は完全に誤解しています。

 人民元の相場がドルに対して殆ど変化していないのはそのとおりです。しかし、ドルと円の
関係は大きく変化している訳ですから、人民元と円の関係も大きく変化している訳です。つま
り、人民元は円に対しては大きく変化し、人民元安円高になっているわけです。だから、人民
元は円に対して12円程度で殆ど変化していないというグラフは間違っているのです。


 しっかりしろ!


 で、出演者のゴリさんだったかが、質問します。何故、中国は、そうやって通貨の価値をコン
トロールできるのか、と。


 それに対して納得ができる説明はありませんでした。単に、開発途上国は、そうやって通貨
価値をコントロールしているケースが多いのだ、と。しかし、中国はもはや開発途上国ではな
いので、そんなことをするのは如何なものなのか、と。

 それでは、誰も心底納得はできない訳です。

 では、何故開発途上国の通貨は、市場のメカニズムで価値が決定されないのか?

 それは簡単なことなのです。

 市場メカニズムが働くためには、通貨が市場で自由に売り買いされることが前提になるわ
けですが、開発途上国は、かつて日本もそうであったように、資本取引を制限しているために
自由な通貨の売り買いができないからで、通貨の価値をコントロールしやすくなるということ
なのです。但し、その価値というのは、飽くまでも限られた市場での価値であるに過ぎず、本
当の市場価値については、自国通貨の価値を下げることは容易だが、価値を高くすることは
困難だということなのです。

 最後に、そうやって各国が通貨戦争に走ると最後にはどうなるかということに触れていまし
たが、結局、ものごとの本質が分かっていないような解説に終わっていました。

 つまり、どこの国にとっても為替価値を引き下げ続けることが本当にプラスになるのではな
く、インフレという副作用がともなうので無制限に為替戦争が起こることなどあり得ないという
ことが分かってないのです。

 

 池上彰さんの番組は、最近、粗製乱造気味になってきたかも、と思う方、クリックをお願い致
します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 
 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 北朝鮮が境界に近い島を砲撃したので、世界中が注目しています。今朝の新聞をみると、
戦争中の時代に戻ったかのような紙面です。

 何故、北朝鮮は砲撃したのか? そんなことを内外のメディアが報じているわけですが、多
くの人が言うように、もうこんな悪さはしないからと言って、その代わりに代償を求めていると
いうことではないでしょうか。

 それにしても、我が国政府の対応は頂けません。

 そもそも情報が総理に上がるのが遅すぎる。そして、対応も遅い上に、総理の言うことが頼
りない。

 北朝鮮の砲撃をテレビを見て知っただなんて、何故そんなことまで言うのでしょうか。いつも
は正直に言わないくせに、何故、今回だけ正直にいうのでしょうか。そんなことを言ってもらっ
ても、国民は不安になるだけなのです。

 制裁を強化するべきだという声が出ていますが‥、そもそも、北朝鮮は、制裁が課されてい
ながらも、アジア大会などには北朝鮮チームを堂々と出しているわけです。釈然としません。

 民主党は、今になって朝鮮学校の授業料無償化を見直すと言っているようですが、在日の
人々が、北朝鮮の親分に対して拉致された人々を日本に返すように強く言ってくれているの
であればともかく、彼らも親分を奉っている訳ですから朝鮮学校にお金を支給することはそも
そもおかしい話であるのです。

 まあ、それにしても、何故北朝鮮は砲撃したのか? 北朝鮮は何を考えているのか?

 そんなことが菅さんは何も分かっていないから、不安そうな顔をして、情報を集めるように指
示をしたなどと言っているのではないのでしょうか。

 北朝鮮はそういう国なのだ、そして、そういうことを前提として、常日頃、日本としてはどん
な風に対応すべきかが、自分に考えがないから不安になっているのでしょう。


 政府は、非常事態だから野党の協力をこの際求め、そして、補正予算を通そうとしている
などと報じられていますが、本当に非常事態であると考えるのであれば、野党の議員であっ
ても大臣に起用する位の気持ちにならないと、この難局は乗り切れないのではないのでしょう
か。

 それに、官僚とも腹を割って話をし、官僚との中を再構築しないことには、とてもではないけ
れども危機対応は不可能であると言わざるを得ないのです。


 今回の事件をマスコミが大きく報じない訳にはいかないわけですが、政治家があたふたし
ていること自体が、既に北朝鮮の作戦に乗せられているということに気がつかなければいけ
ません。



 それにしても北朝鮮は‥、と思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 アイルランドの財政危機が世界の関心を集めています。

 でも、アイルランドといってもイマイチぴんとこないわけ人も多い訳です。

 アイルランドって?

 アイスランドとは違ったよな‥、確か英国の左側の方の‥、あれっ、アイルランドって英国
の一部だったっけ?

 まあ、アイルランドといえば、アダムスミスの国富論には、ジャガイモを主食にしている国で
あり、もし、英国人がジャガイモを主食にすれば‥、などという話が出てくるわけです。

 或いは、アイルランド紛争を思い出す人もいるかもしれませんが‥


 ということで、アイルランドの財政危機について、イロハから初めてみたいと思います。とは
いっても、BBCの受け売りです。

 http://www.bbc.co.uk/news/business-11766346



何故、アイルランドは財政危機に陥ったのか


・アイルランドの財政危機の原因は、不動産バブルが崩壊したこと。

・住宅価格は、ピーク時に比べ50〜60%下落。

・結果、銀行のディベロッパー向け融資が不良債権に。

・このため、政府による銀行救済資金は450億ユーロに拡大。

・政府の財政赤字がGDPの32%に(2010年)。

・政府は当初、外部の支援を拒絶。

・その理由は、外部に支援を仰げば、12.5%という低率の法人税を引き上げろと言われるの
 が必至だから。(この低い法人税率によって海外企業を誘致した)

・では、何故急に外部の支援を仰ぐことにしたのか?

・アイルランドの銀行の経営内容が思いの外悪化していたことが判明したから。

・そうした銀行の多くは国営化されており、銀行の債務は国の債務となる。

・アイルランドの銀行にお金を貸しているのは海外の銀行である。

・アイルランドがデフォルトを起こせば、海外の銀行が困る。

・また、デフォルトを起こせば格付けが下がり、アイルランド国債の金利も高くなる。

・もはや、選択の問題ではなく時間の問題になった。

・必要とされる救済資金の規模は1000億ユーロ。

・資金の出し手は、欧州金融安定制度(EFSM)、IMF、英国政府など。

・フランスとドイツが、法人税率の引き下げを要望。(アイルランドの法人税率は低過ぎ、アン 
 フェアだと主張)

 

<参考> 
 
Ireland, which is often called the Irish Republic to distinguish it from British
Northern Ireland, emerged from the conflict that marked its birth as an
independent state to become one of Europe's economic success stories.

「アイルランド、それは英国の北アイルランドと区別するためにアイルランド共和国としばし
ば呼ばれるが、そのアイルランドは衝突のなかから独立国家として登場し、そして、ヨーロッ
パの経済サクセスストーリーの一つとなった」

Long under English or British rule, Ireland lost half its population
in the decades following the Great Potato Famine of the 1840s, becoming
a nation of emigrants. After World War I, independence from the United
Kingdom was only achieved at the price of civil war and partition.

「長い間英国の統治下にあった中、アイルランドは1840年代の馬鈴薯大飢饉の後の数十年
間で人口の半分を失った。そして移民の国になるのである。第一次大戦の後、内戦と分割に
よって英国から独立した」

Since the country joined the European Community in 1973, it has been
transformed from a largely agricultural society into a modern,
high-technology economy.

「アイルランドは、1973年に欧州共同体に加盟後、農業国家から近代的なハイテク経済に
変身を遂げた」


Overview

For centuries British dominion in Ireland gave rise to unrest which finally
erupted into violence with the Easter Rising of 1916, when independence
was proclaimed. The rising was crushed and many of its leaders executed,
but the campaign for independence carried on through a bloody Anglo-Irish
War of 1919-1921.

「何世紀にも亘ってアイルランドに対する英国の支配が続いていたが、そのために世情が不
安定で、最終的には1916年のイースター蜂起が起こり、独立が宣言されたのである。しか
し、この武力蜂起は抑えられ、多くの先導者たちが処刑された。ただ、独立運動は続き、
1919年〜1921年のアングロ−アイリッシュ戦争まで続くのであった」


It was in 1922 that 26 counties of Ireland gained independence from London
following negotiations which led to the other six counties, part of the
province of Ulster, remaining in the United Kingdom of Great Britain and
Northern Ireland. Partition was followed by a year of civil war.

「アイルランドの26州がロンドンから独立を勝ち取ったのは1922年のことであり、アルスター
地方の6つの州は大英帝国に残ることになった。分割は内乱の後に行われた」

Relations between Dublin and London remained strained for many years
afterwards. Northern Ireland saw decades of violent conflict between those
campaigning for a united Ireland and those wishing to stay in the United
Kingdom.

ダブリンとロンドンの関係は、その後も長い間緊張状態にある。北アイルランドは、アイルラ
ンド統一派と英国に留まりたい者の間で何十年にも亘って暴力的衝突を繰り返している」

In an unprecedented and concerted effort to resolve the situation, the Irish
and UK governments worked closely together in negotiations which led to
the Good Friday Agreement on the future of Northern Ireland in 1998.

「そうした状況を解決するために、それまでにない共同作業を続けるなかで、アイルランド政
府と英国政府は交渉を行い、1998年に北アイルランドの将来に関するグッド・フライデー合
意に至ることになった」

 
Boom to bust

Ireland's economy began to grow rapidly in the 1990s, fuelled by foreign
investment. This attracted a wave of incomers to a country where,
traditionally, mass emigration had been the norm.

「アイルランドの経済は、1990年代に海外投資に押され、急速に成長をし始めた。これが、
それまでは海外に移住するのが通常であったのに、逆に移住者を呼び寄せることになった」

The boom that earned Ireland the nickname of "Celtic Tiger" faltered when
the country fell into recession in the wake of the global financial crisis of
2008.

「ケルトの虎というニックネームまで得たアイルランドのブームは、2008年の世界金融危機
の後にアイルランドが景気後退に落ち込むことによって終焉を迎えた」

The property boom had been fuelled by massive lending from the banks,
and when this collapsed - and lenders were unable to repay - the Irish
banking system was plunged into crisis.

「不動産ブームは、銀行からの大量の融資によって煽られた。そしてそのブームが崩壊した
時に、アイルランドの銀行システムは危機に陥ったのである」

The Irish economy underwent one of the deepest recessions in the
eurozone, with its economy shrinking by 10% in 2009.

「アイルランドの経済は、ユーロ圏の中で最も深刻な経済後退を経験した。2009年には、経
済が10%も縮小したのである」

In November 2010, Ireland and the EU agreed a financial rescue package
for the republic worth tens of billions of euros, ending weeks of speculation
about a bail-out.

「2010年11月、アイルランドとEUは、数百億ユーロという規模の金融救済パッケージに合
意し、そして、救済に関する思惑と投機を終わらせた」


 

 アイルランドを助けると言いながら、自分の国の銀行を助ける。また、アイルランドを助ける
と言いながら、法人税率が低過ぎるといちゃもんを付ける。それが政治というものなのでしょ
うか。いつもクリックありがとうございます。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 柳田法相が記者会見を行いました。

 「私の不用意な発言が影響し、補正予算の障害になっていることを考え、補正を速やかに
通すべく、私から身を引かせていただくと菅直人首相に伝えた」

 私としては、辞めても辞めなくてもどうでもいいのですが‥、そんなことを言ったら私まで怒
られてしまうかもしれませんね。

 ただ、辞めるのはいいとしても、何故官房長官が法務大臣を兼務するのですか?

 それが分からん!

 単に2つのフレーズだけを覚えていれば済むようなポストではないというのであれば‥、ち
ゃんと誰かを法務大臣に任命すべきではないのでしょうか?

 それが、官房長官が兼務だなんて‥

 それに、官房長官も失言みたいなことを繰り返しており、柳田法相に負けるとも劣らないほ
ど‥


 いずれにしても、柳田法相が何故お寿司屋さんで修行をしたのか、その理由を知りたかっ
た。

 そんなことを思っていたのですが、今朝テレビを見ていたら、柳田議員の後援会長みたいな
人が言っていたのですが、何でも学生時代に、家が貧乏で仕送りができなくなったのだ、と言
っていました。

 そうなのですか? そんなに苦労していたのですか?

 でも、そんなに苦労したというのであれば、何故、今のようなヤルキダ君が出来上がったの
か?

 で、暫くすると、次のような情報に接しました。

 「柳田氏は最初バイトのつもりで寿司店の丁稚を始めたら,勉強そっちのけでいたら留年し
てしまい,仕送りを絶たれて,ますます寿司の道へのめり込んでいったそうな」


 こっちの話の方が、断然説得力があります。 これならありそうな話です。

 さらに、次のような情報も‥

 「柳田稔法務大臣に直接聞いた話。 畠山『どうして大学の途中で寿司職人に弟子入り
を?』。 柳田『寿司を腹いっぱい食べたかった』。 畠山『握る側じゃないですか』。 柳田『ネ
タを切り損ねるだろ。味見するんだ。味見しなきゃお客さんに出せない』。 素直な人だ。」

 
 なーんだ、ヤルキダ君はお寿司が好きなだけだった、というのです。

 じゃあ、何故政治家になろうなんて考えたのでしょう?

 大臣になりたかったから?

 民主党は、野党時代、シャドウキャビネットとかいって影の法務大臣もいたわけです。
一体、何だったのでしょう。何故、その時の影の法務大臣は登場しないのでしょうか。


 大臣にさえなれたらそれでいい、という政治家が多過ぎる、と思う方、クリックをお願い致し
ます。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 柳田法務大臣の失言が問題になっています。

 辞任は時間の問題のような‥

 まあ、あのようなことを言えば、野党が辞任を求めるのは当然と言えば当然。貴方も呆れて
いるでしょ?

 あの人、内々の飲み会で発言をするのであればともかく、大勢が集まったペーティーであん
なことを発言して、それがどんな反響を呼ぶか予想できなかったのでしょうか。

 まあ、そんなことが理解できないというのも、苦労知らずだからなのでしょうか。

 でも、本当に苦労知らずと判断していいものか?

 この人、東京大学理科?類に入学後、自主退学をしてお寿司屋さん修行をしているのです
よね。

 柳田氏のサイトからの転載です。


 生年月日   1954年11月6日(A型 さそり座) 
 本 籍 地   広島県福山市 
 出 身 地   鹿児島県鹿児島市 

 経   歴   1973年4月 ・東京大学理科?類入学
         東京大学自主退学 寿司屋で人生修行
               1981年9月 ・東京大学工学部船舶工学科再入学 
               1983年3月 ・東京大学工学部船舶工学科卒業 
         1983年4月 ・株式会社神戸製鋼所呉工場入社

 
 ねえ、そうでしょ? 普通の人よりも相当遅れて社会人になっているわけです、寿司屋さん
での修行を除けば‥

 私、この人が大臣を辞めるかどうかよりも、どうして寿司屋さんで修行したのかを俄然知り
たい。普通いませんよね、東大に入学してわざわざ寿司屋さんで修行したいなんて考える
人。

 どうして? 何故? 

 この人、お寿司屋さん時代の写真をサイトに掲載しています。頭にハチマキを巻き、カウン
ターの内側からマグロの握りを指し出しています。まあ、そんな写真を掲載する訳ですから、
寿司屋さんになったこともよかったと考えているのでしょう。

 きっとお金に困って大学を一時退学したということではないのでしょう。もし、お金に困って
退学したというのであれば、今回のようなことをしでかすなんて思えませんから‥

 ネットで流れている情報では、この人、労組丸抱えで議員になり、そして、あの輿石氏に可
愛がられていたとか。

 皆さんも、柳田氏が少しずつ分かってきたかと思うのですが‥

 この人、こういうことも言っていましたね。

 「新幹線の中に電話があって、『おい、やれ』と。何をやるんですかといったら、法相といっ
て、『えーっ』ていったんですが、何で俺がと。皆さんも、『何で柳田さんが法相』と理解に苦し
んでいるんじゃないかと思うが、一番理解できなかったのは私です。私は、この20年近い
間、実は法務関係は1回も触れたことはない」



 やっぱり、こんな発言をするのは苦労を余りしていないということでしょう。

 別に苦労をしたからいいというものでもないのですが‥、別の疑問が湧いてきました。

 自分は法務大臣としては適任ではない、と。何故ならば、法務大臣として必要な知識や経
験がないからだ、と。

 では、どうしてそんな人を法務大臣にしたのか?

 まあ、これが、官僚に依存していた自民党時代であれば分からなくもないわけです。別に専
門知識がなくても、専門知識の方は官僚に任せておいて、大臣は常識と良識で判断すれば
いいのだ、と。

 しかし、官僚支配を打破したいというのが菅総理の主張です。何が何でも官僚支配を打破
したい、と。各省庁には、大臣だけでなく多くの政治家を送り込んで、政治家が行政をリード
するのだ、と。

 だったら、どうしてこんな人を大臣に選んだのか?

 その点、菅総理は国民にどう説明するのでしょうか?

 菅総理は、「法律に詳しくないが、国民的判断ができるから任命した」と言っていますが、そ
んな人を法務大臣に任命したばかりに、例の尖閣の問題が起きた際には、本来中心的な役
割を果たすべき法務大臣が仙谷官房長官の思うままに操られ‥、但し、官房長官の指示が
的確であればよかった訳ですが、実際にはおかしな結果を招いて、国民の支持を失っている
訳なのです。

 つまり、あの時に、柳田法務大臣がヤルキダ大臣になって指揮権を発動していれば、国民
も納得したものを‥、と。

 しかし、同じく素人の菅総理は、ただ、仙谷官房長官に任せるしかなかったということなの
です。


 柳田氏が辞めるとか辞めないとかの問題ではないのです。


 末期症状だ、と思った方、クリックをお願い致します。何故、お寿司屋さんで修行したかその
理由を知りたい方も‥ 
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 バーナンキ議長が、中国の為替政策を間接的ながら批判したと伝えれらています。現在の国際通貨制
度には欠陥があって、新しい制度を考案しなければいけないとも。

 どんなことを言ったのでしょうか?


Improving the International System

The current international monetary system is not working as well as it should.
Currency undervaluation by surplus countries is inhibiting needed international 
adjustment and creating spillover effects that would not exist if exchange rates
better reflected market fundamentals.

「現在の国際通貨制度は、期待されているほどには上手く機能していない。経常黒字国の側における通
貨の過小評価は、国際的な調整が必要であることを示しているし、また、もし、為替レートがマーケットの
ファンダメンタルズを十分反映するものであるとしたら起こり得ないような副作用の発生を示している」

In addition, differences in the degree of currency flexibility impose unequal
burdens of adjustment, penalizing countries with relatively flexible exchange rates.
What should be done?

「加えて、通貨価値の柔軟性の程度の差が、比較的に柔軟である通貨にとっては損になるような重荷を
与えている」

The answers differ depending on whether one is talking about the long term or the
short term. In the longer term, significantly greater flexibility in exchange rates to
reflect market forces would be desirable and achievable. That flexibility would help
facilitate global rebalancing and reduce the problems of policy spillovers that
emerging market economies are confronting today.

「答えは、長期的な話であるのか或いは短期的な話であるかによって異なる。長期的には、為替レートが
より市場の力を反映するように柔軟になることが望まれることでもあり、またそれは実現可能なことでも
ある。そうして柔軟性が増すようになれば、世界的な不均衡の是正に一役買うであろうし、また、新興市
場国が今日直面している副作用を緩和することにもなろう」

The further liberalization of exchange rate and capital account regimes would be
most effective if it were accompanied by complementary financial and structural
policies to help achieve better global balance in trade and capital flows. For
example, surplus countries could speed adjustment with policies that boost
domestic spending, such as strengthening the social safety net, improving retail
credit markets to encourage domestic consumption, or other structural reforms.

「もし、貿易や資本の流れの不均衡是正のために補完的な金融政策と構造調整政策が伴うのであれ
ば、為替レートや資本取引の自由化は、最も効果的なものとなろう。例えば、経常黒字国は、社会的セ
ーフティネットの強化や国内消費を促進するための個人ローン市場の改善、或いはそれ以外の構造改
革など内需拡大策を用いて調整をスピードアップできるであろう」


For their part, deficit countries need to do more over time to narrow the gap
between investment and national saving. In the United States, putting fiscal policy
on a sustainable path is a critical step toward increasing national saving in the
longer term. Higher private saving would also help.

「経常赤字国としては、時間をかけて投資と貯蓄の差を埋めるような努力をもっとする必要がある。米国
においては、持続可能な財政政策を実現することが、長期的に国の貯蓄を増大させるために必要不可
欠である。個人レベルで貯蓄率を高めることも役に立つ」

And resources will need to shift into the production of export- and import-
competing goods. Some of these shifts in spending and production are already
occurring; for example, China is taking steps to boost domestic demand and the
U.S. personal saving rate has risen sharply since 2007.

「そして、輸出(輸入)競合商品の生産に資源をシフトされることが必要になろう。支出や生産におけるこ
うしたシフトは既に起きている。例えば、中国は、国内需要を増大させる努力をしている一方、米国は
2007年以降、個人の貯蓄率が急増している」

In the near term, a shift of the international regime toward one in which exchange
rates respond flexibly to market forces is, unfortunately, probably not practical for
all economies. Some emerging market economies do not have the infrastructure to
support a fully convertible, internationally traded currency and to allow unrestricted
capital flows.

「短期的には、市場の力に対して為替レートが柔軟に反応するような国際的な通貨制度にシフトすること
は、不幸なことながら全ての国にとっては現実的なことではないであろう。新興経済国のなかには、完全
な交換可能性や自由な資本取引を認めるほどの土壌が整っていない国があるからである」

Moreover, the internal rebalancing associated with exchange rate appreciation--
that is, the shifting of resources and productive capacity from production for
external markets to production for the domestic market--takes time.

「さらに、為替の切り上げで不均衡を是正することは、海外向けの生産から国内向けの生産に資源をシ
フトされることになるので、時間がかかるのである」

That said, in the short term, rebalancing economic growth between the advanced
and emerging market economies should remain a common objective, as a two-
speed global recovery may not be sustainable.

「とはいうものの、異なった2つのスピードでの世界的な経済回復は持続可能ではないかもしれないの
で、短期的には先進国側と新興国側の成長率の均衡を取ることが共通の目標でなければならない」

Appropriately accommodative policies in the advanced economies help rather
hinder this process. But the rebalancing of growth would also be facilitated if fast-
growing countries, especially those with large current account surpluses, would
take action to reduce their surpluses, while slow-growing countries, especially
those with large current account deficits, take parallel actions to reduce those
deficits.

「先進国経済における適度な緩和政策は、こうしたプロセスを阻害するのではなく助けるものである。し
かし、成長率の不均衡是正は、もし、成長率の高い国々、特に巨額の経常黒字国が黒字削減の努力を
するのであれば、一層促進されるであろう。一方、成長率の低い国々、特に巨額の経常赤字国は、赤字
を減らす努力を並行して採ることになる」
 
Some shift of demand from surplus to deficit countries, which could be
compensated for if necessary by actions to strengthen domestic demand in the
surplus countries, would accomplish two objectives.

「経常黒字国から経常赤字国へ需要をシフトさせることは、それは、必要であれば黒字国の内需を強化
することによって補完されることができるが、二つの目的を達成するであろう」

First, it would be a down payment toward global rebalancing of trade and current
accounts, an essential outcome for long-run economic and financial stability.
Second, improving the trade balances of slow-growing countries would help them
grow more quickly, perhaps reducing the need for accommodative policies in those
countries while enhancing the sustainability of the global recovery.

「第一に、それは長期的な経済・金融の安定性確保にとって必要不可欠なものである、貿易収支及び経
常収支の不均是正に向けての頭金となるであろう。第二に、低成長国の貿易収支を改善することは、そ
れらの国の経済成長率を高めることの一助となり、そうした国において緩和的な政策を実施する必要性
が減少することになり、その一方で、世界経済の回復の持続可能性を高めることになる」

Unfortunately, so long as exchange rate adjustment is incomplete and global
growth prospects are markedly uneven, the problem of excessively strong capital
inflows to emerging markets may persist.

「不幸なことに、為替レートの調整は不完全であり、そして世界経済の成長見通しが区々であるために、
新興国市場への資本の流入という問題が今後も続く可能性がある」


Conclusion

As currently constituted, the international monetary system has a structural flaw: 
It lacks a mechanism, market based or otherwise, to induce needed adjustments
by surplus countries, which can result in persistent imbalances. This problem is not
new. For example, in the somewhat different context of the gold standard in the
period prior to the Great Depression, the United States and France ran large
current account surpluses, accompanied by large inflows of gold.

「現在の国際金融システムというのは、構造的欠陥を有している。黒字国による必要な調整が促されると
いう機能がない。その機能が市場の原理に基づくものであろうとも、或いはそうでなかろうともである。そ
して、その結果、不均衡が発生している。この問題は新しい問題ではない。例えば、大恐慌以前において
も、金本位制度という違った意味合いにおいてであるが起った問題である。米国とフランスは、巨額の経
常黒字を計上して、そして、金の巨額の流入が起っていた」

However, in defiance of the so-called rules of the game of the international gold
standard, neither country allowed the higher gold reserves to feed through to their
domestic money supplies and price levels, with the result that the real exchange
rate in each country remained persistently undervalued.

「しかし、如何なる国も所謂国際金本位というゲームに逆らって、その保有する多額の金(ゴールド)を国
内の通貨供給に充て、そして物価に反映させることは許さなかったのである。その結果、実際の為替レ
ートは一貫して過小評価されたままであったのである」

These policies created deflationary pressures in deficit countries that were losing
gold, which helped bring on the Great Depression.The gold standard was meant to
ensure economic and financial stability, but failures of international coordination
undermined these very goals.

「こうした政策は、金が流失した赤字国に対しデフレ圧力をかけ、それが大恐慌をもたらすことにもなっ
た。金本位制度というのは、経済・金融の安定を確保するものであったが、国際的な協調体制の失敗に
よってその目標を傷つけてしまった」

Although the parallels are certainly far from perfect, and I am certainly not
predicting a new Depression, some of the lessons from that grim period are
applicable today. In particular, for large, systemically important countries with
persistent current account surpluses, the pursuit of export-led growth cannot
ultimately succeed if the implications of that strategy for global growth and
stability are not taken into account.

「類似の制度も全く完全ではないのであるが、そして、私が新しい恐慌というのを予言しているのでもない
が、その時の苦い経験から学んだ教訓は今日にも役に立つのだ。特に、一貫して巨額の経常黒字であ
る大国にとっては、輸出志向の成長の追及は、最終的には成功することがあり得ないのである。もし、そ
の戦略が世界経済の成長と安定にとってどんなことを意味するのかということを考慮に入れないとすれ
ば、である」 

Thus, it would be desirable for the global community, over time, to devise an
international monetary system that more consistently aligns the interests of
individual countries with the interests of the global economy as a whole. In
particular, such a system would provide more effective checks on the tendency for
countries to run large and persistent external imbalances, whether surpluses
or deficits.

「かくして、世界にとっては、時間をかけて、個々の国の利益と世界経済全体の利益をもっと調和させる
ような国際通貨制度を考案することが望まれるであろう。特に、そうした制度は、黒字であろうと赤字であ
ろうと、巨額の対外不均衡を計上する国々に対する有効な歯止めを提供することになろう」

Changes to accomplish these goals will take considerable time, effort, and
coordination to implement. In the meantime, without such a system in place, the
countries of the world must recognize their collective responsibility for bringing
about the rebalancing required to preserve global economic stability and
prosperity. I hope that policymakers in all countries can work together
cooperatively to achieve a stronger, more sustainable, and more balanced global
economy.

「こうした目標を遂行するための変革には相当の時間や努力が必要となろう。一方、そのような制度がな
いのであれば、世界の国々は、世界経済の安定と繁栄にとって必要とされる不均衡是正実現にむけて
の集団としての責任を感じることが必要である。私は、全ての国の政治家が、より強固で、もっと持続可
能でもっと均衡のとれた世界経済を実現するために一致して努力することを望む」

 


 新しい通貨制度といっても難しいよな、と思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 独り言:

 Some shift of demand from surplus to deficit countries, which could
be compensated for if necessary by actions to strengthen domestic 
demand in the surplus countries, would accomplish two objectives.

 上の文章は、Some shift of demand from deficit to surplus countries では
ないのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ