経済ニュースゼミ

小笠原誠治の、経済ニュースを通して世の中の動きを考察するブログです。地球温暖化阻止のために石油・石炭産出権取引を提唱します。産出権取引は排出権取引とは違います。みんな勘違いするのです。

2011年04月

 バーナンキ議長の初の記者会見が行われた訳ですが、記者の方もお行儀が良いようですね。

 我が国においても、昨日の夕刊で記者会見の模様が報じられていましたが、アメリカの報道振りをみてみまし
ょうね。

■記者会見をする理由

I personally have always been a big believer in providing as much information as you can
to help the public understand what you're doing, to help the markets understand what you're
doing, and to be accountable to the public for what you're doing.

「私は、個人的にではあるが、今やっていることを人々によく理解してもらうためにできるだけ多くの情報を与え
るべきだという考えである。そうすれば、市場にも我々がやっていることを分かってもらうことができるし、説明責
任を果たすこともできる」


Now, of course, the Fed didn't do this for a long time, and I think the counterargument has
always been that if -- there was a risk that the chairman speaking might create unnecessary
volatility in financial markets or may not be necessary, given all the other sources of --
of information that come out of the Federal Reserve.

「もちろん、連銀は、長い間それを実行してこなかった。いつも反対意見があって‥、つまり議長が発言すること
で金融市場に不必要なボラタリティをもたらしたり、或いは連銀からの情報源が他に確保されているから必要は
ないと‥」

It was our judgment after thinking about this for some time that, at this point, the additional
benefits from more information, more transparency, meeting the press directly, outweighed
some of these -- some of these risks.

「そして、かなりの時間をかけて検討した結果、現時点では、情報量を増やし、そして、透明性を増すことによっ
て生まれるメリットが大きいと言う結果になって、直接記者会見をすることの利益の方がリスクより大きいと判断
した」


■金融政策について


In terms of trying to help this economy stabilize and then recover, the Federal Reserve has
undertaken extraordinary measures. Those include, obviously, all the steps we took to
stabilize the financial system during the crisis, again, many of which were extraordinary
measures taken under extreme circumstances.


「経済を安定化させ、回復させるためにやってきたことと言えば、連銀は異例の措置を取ってきたということだ。
危機の最中に金融システムを安定させるための取った全ての措置、その多くは異例な状況の中で行われた異
例の措置であった」


■量的緩和措置第2段、QE2

I do believe that the second round of securities purchases was effective. We saw that first
in the financial markets.

「第2段の長期国債買い取り策は、有効だったと思う。金融市場でその効果をすぐに確認した」

The way monetary policy always works is by easing financial conditions, and we saw
increases in stock prices. We saw reduced spreads in credit markets. We saw reduced
volatility.

「金融政策は、金融条件を緩和し効果を及ぼすものであるが、株価の上昇も確認された。信用市場のスプレッド
も縮小し、ボラタリティも小さくなった」

We saw all the changes in financial markets, and quite significant changes, that one would
expect if one was doing an ordinary easing of policy via a reduced federal funds rate.

「金融市場で起こった変化を全て確認した。なかでも重要なのは、フェデラルファンズレートを引き下げる通常の
金融政策である。それがどうなるのだろうか、と」

■インフレ予想

As I have noted, inflation -- headline inflation is at least temporarily higher, being driven
by gasoline prices and some other commodity prices. Our expectation is that -- that inflation
will come down towards a more normal level, but we'll be watching that carefully.

「インフレ率は、少なくとも一時的には高い状態である。ガソリン価格や他の一次産品の価格の影響が出てい
る。インフレ予想の方は、これから低下に向かい、通常の水準にまで下がるであろう。しかし、注意深く見ていく
つもりだ」

It's very hard to blame the American public for being impatient.

「国民が我慢できないでいるのを非難することはできない」

Conditions are far from where they -- where we would like them to be. The combination
of high unemployment, high gas prices and high foreclosure rates is a -- is a terrible
combination. A lot of people are having a very tough time.

「状況は、人々が望むような状態とは程遠い。高い失業率と高いガソリン価格、そして、高い差し押さえ率。酷い
組み合わせだ。多くの人が大変な状況にある」


So, I can certainly understand why people are impatient. And I do think that the pace will
pick up over time. And I am very confident that, in the long run, that the U.S. will return to
being the most productive, one of the fastest growing and dynamic economies in the world.

「だから、人々が怒っている理由もよく分かる。ただ、回復のペースは速まらないであろう。しかし、長期的には、
米国が最も生産的な国に復帰し、そして、世界で最も高成長の力強い経済に戻ると確信している。

And it hasn't lost any of the basic characteristics that made it the pre-eminent economy
in the world before the crisis. And I think we will return to that status as we recover.

「そして、金融危機の前に米国を最も跳び抜けた経済にした米国の基本的な特長は何ら失われていないのであ
る。これから回復するに従い、その地位を回復するであろう」

■■■引用、以上(訳は、私の訳です)



 さあ、如何でしょう? 鳴り物入りで始まったFRB議長の記者会見であったのですが、何か得ることがあったの
でしょうか?

 市場関係者のなかには、得るところがあったと言う者もいるようです。何故でしょう?

 Bernanke was asked to define what an extended period means.

 そして、彼の答えは‥

Extended period suggests that there would be a couple of meetings probably before
action, but unfortunately the reason we use this vaguer terminology is that we don't know
with certainty how quickly response will be required.

「extended periodというのは、恐らく政策を変更する前に数回の会合が開かれるということになろう。しかし、こ
の曖昧な表現を我々が使う理由は、どれほど速やかに政策の変更が必要となるか、確たることが言えないから
である」

 但し、言葉は独り歩きするもの。数回の会合と言えば、少なくても12週間、つまり3カ月はかかる、と。それまで
は、ゼロ金利政策が続きますよ、と宣言したにも等しい訳です。



 まあ、今暫くはドル高になることはないのか、と思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 私も思うのですよ、菅さんじゃイカン!

 皆さんは、どう思いますか?

 「インを踏んでいるのがよい」

 はい?

 「だから、カンにイカンで、インを踏んでいる」

 有難うございます。それにしても思うですが‥、 鳩山さんが、菅さんに辞めろ
なんて言うのですか? それの方が呆れてしまいますよね。というか、以前森さ
んが総理を辞めてからも、何かと要所要所で口を出すことに対し、国民は、「えー
?」って思っていた訳ですが、それに比べ物にならない位ですよね、ポッポちゃん
の言動は‥

 確かに、今、衆議院を解散して選挙なんかやっている場合か、とも思う訳です。
でも、同時にこれで良いのか?と。それに、与党と野党でやり合うというのであれ
ば、少しは分からなくもないわけですが、与党内でもめている訳ですから。早く民
主党は解散して、そして自民党も解散して、政党なんかなしで頑張ってみたらど
うでしょう?

 まあ、それも非現実的でしょうか。

 それにしても一つだけ言いたい!

 民主党がよく言っていたことです。政権交代する前に。

 「皆さん、1回やらせてみて下さい。それでダメだったらまた替えればいいのです
から」


 お忘れになりました?

 で、国民は十分感じているのです。あちゃー、ダメだったね、と。

 だったら、後はどうすればいいかなんて、言われなくても‥

 その公約だけでも守って下さい!


 そう言えば、そんなこと言っていたよ、と思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週、バーナンキ議長は、公開市場委員会の会合後に、初めての記者会見に応ずることになっている、とか。

何が起こっているのでしょう?


Next, we're going to try to figure out where the economy is going. Here is some of what we know. The dollar
is down, but the stock market is up. Profits are up. Wages are not. Food and gasoline prices are up, but the
 Federal Reserve says it is not worried about inflation. David Wessel, economics editor of The Wall Street
Journal has been tracking all this.

「次は、経済がどうなっているか見ることにしましょう。先ず分かっていることといえば‥ドルは下がり、株価は上
がり、企業収益は上がり、賃金は上がっていない、と。食料とガソリンの価格は上がり、しかし、連銀はインフレ
を心配はしていないと言っている。ウォールストリートジャーナルのデービッド・ウェッセルが、それらのことを調べ
ています」

INSKEEP: So has is it that some parts of the economy are improving, while others are not?

「景気がよくなっている面もあれば、そうではない面もあるようですが、何故なのでしょう?」

Mr. WESSEL: Well, you're right. It's a very uneven recovery. So manufacturing is doing well, increasing
exports, increasing profits, increasing productivity without doing a whole lot of hiring. The stock market
reflects that. People who make their money off of the stock market - the big banks, the trading - they're doing
 well.

「そうですね。大変区々な回復状況になっています。製造業はよくて、輸出は伸び、企業収益も伸び、生産性も
上がっていますが、雇用はたいしたことはない。株式市場にはそれが反映されています。株式市場でお金を儲
ける人々、つまり大きな銀行などは、景気がいいですね」

And we get a glimpse of how the overall economy did in the first quarter on Friday when the government
releases its first estimate of first quarter growth. Economists are betting it'll be bad. But they say these good
 things are beginning to work their way through the whole economy. And by the second, third quarter of this
year, things will be getting better unless something else goes wrong.

「今週の金曜日に第1・四半期のGDPの数値が出ます。政府が第一次速報値を発表するのです。エコノミストた
ちは、良い数字は出ないとみています。しかし、こうした良い兆候が次第に経済全体に浸透していくであろうと言
っています。第2・四半期か第3・四半期までには、変なことが起こらない限り、ずっとよくなるでしょう」


INSKEEP: Although when you say manufacturers are doing more business, exporting more, making more
profits but not doing a lot of hiring, right there would suggest why it's been an uneven recovery.

「製造業が生産を伸ばし、輸出も増加し、収益も伸びてはいるが、雇用はそれほどでもないということで、区々の
状況だということでしょうか」

Mr. WESSEL: That's right. That's right. But they are now beginning to hire, and the unemployment rate is
coming down. It's just coming down so painfully slowly that there's widespread anxiety about that. And not
much increase in wages. And that is contributing to a lack of enthusiasm among consumers, which is
keeping the economy from growing faster.

「そのとおりです。しかし、労働者を雇う動きが出始めています。だから今失業率が下がり出しているのです。し
かし、そのペースは痛々しいほどゆっくりで、不安もあるのです。賃金もあまり上がっていません。ということで、
消費者の意欲には強さが欠け、だから、成長のスピードが速まらないということですね」


INSKEEP: Now, longtime listeners to this program or readers of your column will know that you closely track
 the Federal Reserve. They're meeting tomorrow and Wednesday. And this raises a question, I guess. Is the
 Fed going to do anything to address unemployment or do anything to address rising prices?

「この番組を永く聞いて下さっている方や、貴方のコラムの読者は、貴方が連銀の動きを注意深くウォッチいるこ
とを知ることになるとおもいますが‥連銀は明日と水曜日に委員会を開きます。それで質問が浮かぶのです
が‥、連銀は、失業問題に取り組むため、或いはインフレを抑えるために何か特別なことをやるつもりでしょう
か?」

Mr. WESSEL: Actually not. They're kind of in a wait-and-see mode now. They're signaling they're going to
keep interest rates near zero for several more months, at least. They think that they've done enough to get
the economy going. And it's not such a good party that they need to take away the punch bowl, as the cliche
goes there.

「それはないと思います。今彼らは、静観モードに入っています。これから先数カ月間、或いはもう少しは、ゼロ
に近い金利を維持すると示唆しています。古い言い方をすれば、パンチボウルを持ち去ることが必要なほどの
浮かれたパーティにはなっていないということです」

But actually, the big news this week isn't what they're going to do, but how they're going to explain it. Ben
Bernanke, the Fed chairman, for the first time ever is going to have a press conference after the meeting to
 explain to people why he didn't do what he didn't do.

「しかし、今週の大きなニュースは、彼らが何を決定するのかということでははくて、それをどうやって説明するの
かという方法についてなのです。議長のバーナンキ氏は、初めて、会合後に記者会見をすることになっているの
です。しなかったことについて、何故しなかったのかを人々に説明するわけです」

INSKEEP: Why is that a big deal?

「それが重大なことなのですか?」

Mr. WESSEL: Well, it's a big deal because Fed chairmen generally haven't done them. They usually take
questions in public only at congressional hearings, which usually means they don't end up talking very much
about the substance of monetary policy. Mr. Bernanke has advocated for a long time doing this stuff in
public. He believes in what he calls transparency.

「それはですね。連銀の議長は普通、そんなことをやってこなかったからなのです。普通は、議会の公聴会での
質問しか公式には受けません。と。それは、金融政策の中身について余り喋らないということなのです。バーナ
ンキ氏は、これまでずっと公開でやるべきだという考え方でした。その方が透明性を高めることができると信じて
いるのです」

But I think there are two other things going on. One is the Fed knows that people don't trust them. It's the
residue of the financial crisis. And he's looking to use this as an opportunity to build confidence in the Fed.

「しかし、あと2つ、理由があると思います。一つは、連銀は、人々は彼らを信じないと知っている、と。金融危機
の後遺症です。バーナンキ氏は、これによって連銀への信頼感を取り戻したいと考えているようです」

And secondly, there's a big committee at the Fed, and they tend to all talk at the same time and confuse
 people. By being the first one out to talk to people after the Fed holds its policy meeting, he will set the tone
 and he will send a clear message, he hopes, that won't be so polluted by every - all the disagreements
being aired in public.

「二番目の理由は、連銀で重要な委員会が開かれ、全員が同時に話をすれば、人々を混乱させかねないという
ことです。委員会の会合を開いた後、最初に彼が話すことによって、メッセージを統一し、しかも明確なメッセー
ジを送ることができるでしょう。彼は、意見の対立が人々に広まらないことを望んでいるのです」

INSKEEP: That said, is there a bit of a risk? A reporter asks the wrong question in the wrong way, Bernanke
 gives the wrong answer and somebody looks at the wrong word, and the stock market goes down 300
points.

「とはいっても、リスクはないのですか?レポーターが間違った質問をして、バーナンキ氏が間違った答えを出
し、そして、それを誰かが間違って解釈し、株価が300ポイントも低下するとか」

Mr. WESSEL: You bet. And they are spending a lot of time at Fed worrying about just that and prepping him.
 He's watched the tapes of other central bankers doing press conferences so he can avoid that. But that's
the downside risk, and they know it.

「確かにそうですね。随分長い時間、そのことで心配し、バーナンキ氏に準備をさせているようです。他国の中央
銀行の記者会見の録画ビデオを見て、そんなことのないように、と。しかし、それがリスクになるのでしょう」

And it'll be a big challenge when Bernanke leaves and they get a new Fed chairman, who - in the past, you
never had to select someone who was good on TV in real time. In the future, that will be part of the criteria
they need.

「それから、バーナンキ氏が議長を辞め、新しい議長を選出するときも大きな問題になるでしょう。過去には、TV
に出演して見栄えがいいような人を選ぶ必要はなかった訳ですが‥これからは、それも考慮する必要があるで
しょう。


INSKEEP: David, always a pleasure speaking with you.

Mr. WESSEL: You're welcome.

INSKEEP: That's David Wessel, economics editor of the Wall Street Journal this morning.


 米国民の多くは、FRBの議長が誰か知っているのだろうか、なんて思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

  まあ、政治家なんて、こんなレベルかなんて思った訳です。何故かといえば、野田
財務相が、本日午前の参院決算委員会で、東日本大震災の復興財源に外為特会
の財源を転用することを否定した、という記事を目にしたからです。

 誰がそんなことを質問したのかとみると、社民党の又一議員だとか。皆さん、誤解
しないで下さいよ。私が、失望したというのは、外為特会の財源転用を否定した方
にではなく、そんなことを質問した方に対してです。 

 ただ、私も誤解していました。というのも、質問者は、1兆ドル以上もある外貨準備
を取り崩してそれを復興資金につかったらどうか、と質問したと早とちりしたからです。

 でも、よく見るとそうではなく、外為特会の積立金を利用できないのかと聞いたという
ことなのです。まあ、そうした意見なら、従来からも言われていた訳です。それも一種
の埋蔵金で利用可能ではないのか、と。
 ただ、ご承知かどうかしれませんが、現時点では、外為特会では為替差損の関係
で、15兆円の評価損が発生しているのだ、とか。だから、全く不可能な話なのだ、と。

 で、本日、私が言いたいのは、外為特会の積立金の利用についてなのかといえば、
そうではなく、大本の方の1兆ドルを上回る準備金を利用できないのかというアイデア
についてなのです。

 いるのですよね、そんなことを考えている人々が‥

 でも、まあ、一般の国民が、そうしたことを考えるのであれば、分からないではありま
せん。だって、外貨準備といえば、まさかのときの貯えであるから、こんなときに利用し
ないで何時利用するのだろう? なんていう疑問が湧くかもしれないからです。

 で、そうした質問に対して、専門家ぶってこう答える人がいるわけです。そんなことを
アメリカが承知する訳がない、と。

 でも、この問題にとっては、アメリカが承知するかどうかということは、本質的なことで
はないのです。もちろん、そんなことをすれば、アメリカが嫌がるのはそのとおりです。
それを私が否定しようというのではありません。そうではなく、日本政府自身が、そんな
ことをすることができないということなのです。

 何故、外貨準備は利用できないのか?

 その前に、そうしたアイデアを専門家と思われる人でも言っているので、ご紹介しまし
ょう。

 お一人は、北浜流一郎氏。こんなこと言っています。

 「外貨準備という特に用途のない資金を積み立てても意味はありません。復興資金に
使うべきです。 90兆円の半分を使えば釣りが来るでしょう。 それを考えもせず、まず
増税なんてどうかしています。私は復興国債の発行に賛成です。しかし外貨準備を崩
せばそれすら必要ないのです」

 この人、外為特会の仕組みが分かっているのだろうか?
 
 でも、もっと驚いたのは、ミラーマンこと、植草一秀氏。あの秀才の植草氏がですよ、
「1兆ドルもある外貨準備を日本円に換金して、大規模な経済復旧・復興経済対策を
策定するべきである」

 お二人に言いたい!

 外為特会を大大大債務超過にしても問題はないというのか?

 外為特会で、1兆ドル強の資産を保有しているのは、そのとおりです。そして、それ
を売り払って現金化すれば、復興財源に利用することができるのもそのとおりです。

 「だったら、そうしたら?」

 しかし、その1兆ドルに見合う債務が存在しているのです。つまり、他方で、1兆ドル
に相当する円建ての借金がある、と。具体的に言えば、政府短期証券の残高が存在
しているのです。

 つまり、仮に資産の方を全部使ったとしたら、残るのは借金だけ。しかも、その借金、
つまり、政府短期証券の方は、短期というだけあって3カ月したら償還する必要のある
証券なのです。

 その償還財源をどうするというのでしょう?

 それが支払えなければ、政府はデフォルトを起こさなくてはなりません。要するに、国
庫は破綻する、と。


 だから、外為準備を利用することはできないのです。



 植草氏は何故そんなことを言うのだろう、と思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

1.節約と経済学

 

 昔は、節約が美徳とされたものです。でも、今は、そんなことを聞くのは

大変珍しくなったのではないでしょうか。もし、聞くことがあるとすれば、

社会人になった人が、親などから「貯金をしなさいよ」と。その程度だと思

います。まあ、一般的には、日本人がお金を使わないようになったから、消

費が伸びず、デフレから脱却できないのだ、と。お金を使わないことが大変

悪いことのように言われる訳です。

 

 確かに、商売をやっている人からみれば、お客さんがお金を使えば使うほ

ど有難い、と。その気持ちはよく分かります。では、肝心の商売をやってい

る人はどうなのでしょうか? 湯水の如くお金を使う人が多いのでしょうか。

 

 そんなことはありません。商売をやるような人こそが1円を大切にする訳

です。その反対に、公務員やサラリーマンの家庭は、割とお金の使い方に無

頓着であることが多いように思います。

 

 では、何故、そんな傾向が起きるのか?

 

 簡単なことです。商売人は、お金の有難さを身にしみて感じているからで

す。もし、手形が落とせなくなったら倒産してしまう‥、と。いつも資金繰

りのことを気にしていなければなりません。それに対し、公務員や大企業の

サラリーマンについては、就職するまでは大変かもしれませんが、あとは仕

事の中身は別として、少なくてもお金に苦労することは殆どないでしょう。

まあ、公務員のなかには、薄給だと嘆く人がいるとは言っても、です。

 

 いずれにしても、消費者にもっとお金を使って欲しいと思っている張本人

の商売人がお金を使いたがらない訳ですから、まあ、我が国の消費がイマイ

チ盛り上がらないと言っても、誰に文句を言うこともできないのです。それ

に考えてみたら、これだけ少子高齢化が進んでいる訳ですから。私の住んで

いる近所の小学校も、今まで3つあった小学校が1つになってしまいました。

つまり、生徒の数が減って学校の中がガラガラになっているので、3つの小学

校にしておくのは非効率だ、と。だから1校にまとめてしまったという訳で

す。まあ、そのうちの一つの小学校は、ノリピーも通った小学校だと言われ

ていますが‥

 

 話が脱線してしまいましたが、要するに、消費が盛り上がりに欠ける、と。

そこで、経済学者が知恵をつける訳です。節約は美徳だといっても、合成の

誤謬ということがある、と。

 

 合成の誤謬なんて言うと、なんかインテリっぽいですね。だからこそ、こ

の言葉を覚えると、どうしても使ってみたくなる訳です。

 

 「社会人になって、貯蓄に励むことは大変重要なことだが、ただ、皆が一

斉にそうした行動を取ると、モノの売行きが落ち、不況になってしまう。そ

して、不況になればリストラが始まり、また、そうならなくても、給料は上

がらずボーナスは当然カットされる。つまり、貯金を増やそうとした行為が、

却って社会全体としたら、貯金を減らしてしまう結果を招くことがある。こ

れが、合成の誤謬というものだ」

 

 まあ、大の大人だったら、そんな理屈は耳タコものでしょうが、案外若い

人のなかには、知らない人が多いかもしれません。

 

 「合成の誤謬ですか? そんなことどうして知っているのですか?」なん

て。

 

 でまあ、「経済ニュースゼミ」などというネーミングの有料メルマガを出

すからには、当然そんなこと言うことが予想される訳なのです。テレビに

登場する経済評論家も、圧倒的多数の方はそういった話をするでしょ?

 

 一人ひとりが財布のひもを縛っているから悪い‥なんて。政府や日銀は、

国民がお金を使うように仕向けなければいけない、なんて。

 

 

2.消費に走るべきか?

 

 だったら、我々一人ひとりがもっともっと消費に走ればいいのか?

 

 でも、全員が消費を活発化させ、それによって景気がよくなったとして、

その後、永久に経済発展を続けることができるかと言えば、これははなは

だ疑問である訳です。

 

 まあ、言えることは、確かに、国民の殆どの方がお金をどんどん使えば、

景気はよくなるでしょう。そこまでは言える。しかし、その後もずっと経

済成長が続くなんてことは決して保証できないのです。

 

 何故か?

 

 それは簡単。早い話、国民の多くが、今は景気を盛り上げることが大事

だとばかり、貯金を使い果たすまで、休暇でもとって旅行をしたり、遊び

まわったりするとしましょう。どうなります?

 

 もちろん、景気はよくなります。でも、そうやって、皆遊びまわってい

ると、誰が働くのでしょう? まあ、そこまで極端なことを言わなくても、

誰かが働いてくれないと、我々が生活していく上で必要なモノが確保され

なくなってしまうでしょう。つまり、徐々にモノ不足が起きるようになる、

と。これまでのデフレの日本とは様変わりです。しかし、喜んでばかりは

いられません、モノが不足気味になるということは、今度はデフレではな

く、インフレになるということです。で、インフレが酷くなると、当然、

日本銀行は引き締めに走る、と。或いは、そうしなくても、モノが不足す

ると、困るのは国民自身である訳です。

 

 で、そうなると、政府は言う訳です。

 

 買いだめは止めましょう。今買おうとしているのは、本当に必要なもの

ですか? エーシー‥、だなんて。

 

 で、モノ不足になると、当然、企業は生産力を高めて、それに応じよう

とする、と。これ、大変結構な話のように聞こえる訳ですが‥、しかし、

生産力を上げるために設備投資をしようにも、肝心のお金がない、と。お

金がないなら、銀行から借りるしかない、と。しかし、国民が貯金を使い

果たしているから、銀行の方にもお金の余裕がなくなっている、と。だっ

たら、市中銀行は日本銀行からお金を借りるしかなくなるのですが、そう

やって、市中銀行が日銀からお金を調達し、そして、希望する企業に融資

することが可能になっても、そもそもモノ不足のために機械や建物の建設

コストが上がってしまい、設備の増強もままならない状態になる訳です。

 

 つまり、皆がどんどんお金を使ってくれれば短期的に景気が良くなるの

は確かなのですが、長期的には経済の成長性に歯止めをかけてしまうこと

も事実であるのです。

 

 だ、か、ら‥ほどほどのところが望まれるということなのです。

 

 決して、消費が美徳という訳ではないのです。でも、そのことを十分認

識している人がどれだけいるか? 今回の災害の影響を受け、品不足の状

態が起きても、消費を活発化させることが必要だ、と。皆そればかり言っ

ている訳なのです。

 

 もちろん、消費は大いに結構。しかし、国民が、昔と違いお金を余りに

も簡単に借りることのできる世の中になったからこそ、サラ金地獄が起き

た訳です。

 

 お自動さん‥なんてネーミングで、顔を見せなくてもお金を借りるよう

なシステムまで作ってしまって社会問題を引き起こした訳です。で、そう

やって、一方では、問題を作っておいて、他方では、金利の払い過ぎだか

ら、金利を返してもらいなさい‥だなんて。

 

 いずれにしても、幾ら社会の風潮が、お金を借りて当たり前だ、なんて

いうことになっても、個人としては、よくよく考えた上でないと借金はし

ないようにした方がいい訳です。

 

 

 

3.今回の事態

 

 日本は、消費性向が低過ぎだ! 貯金をすることしか知らないのか!

 

 まあ、そんなことをアメリカからさんざん聞かされてきた訳です。他人

のことをとやかく言うな! そう言いたい。

 

 では、何故、そんなことをアメリカが言うのか?

 

 それは、アメリカの貿易収支が赤字で、日本が反対に黒字の状態が長く

続いているから言う訳です。もっとも、最近では、それを言う相手は中国

に移ってきてはいる訳ですが‥

 

 アメリカの言いたいのは、要するに、もう少しアメリカの製品を買って

くれ、と。アメリカの貿易赤字が小さくなるように、もう少しアメリカの

製品を買ってくれと言いたいだけなのです。

 

 で、知らず知らずに日本人の多くが洗脳されてしまって、と。それに先

ほどの「合成の誤謬」という格好いい言葉の存在もある訳です。

 

 「やっぱ、消費を盛り上げないとね」と。

 

 で、私は、今回の災害の影響を考える訳です。もし、日本人の多くが節

約よりも消費を美徳とするような国民であったら、どうなっていただろう、

と。

 

 恐らく買占めが今以上に起こったのではないか、と思うのです。つまり、

オイルショック後のトイレットペーパーがなくなったときのような騒ぎが。

 

 はっきり言って、私の近所のスーパーでも、ところどころに何も乗って

いない棚が出現している訳です。そんな光景など今まで一度も見たことは

ありません。まあ、ミネラルウォーターが東京で品不足になるのは分から

ないでもありませんが、それ以外の商品でも、在庫切れになっているもの

が多く出現している訳です。ただ、それでもまだ、我々の生活にはそれほ

どの影響を与えている訳ではないのです。

 

 これが、消費を美徳とする国民であったら? そして、手当たり次第に

買うことを何とも思わなかったら?

 

 もう、パニックに近い状態が日本中で起きているのではないか、と思う

のです。

 

 だから、節約の心が失われていなかったことが幸いしていると言えるの

です。関東圏の電力不足にしても、関係住民の皆さんが、電力を節約しよ

うという気持ちがあるから、停電を起こすことも少なくて済んでいる訳な

のです。

 

 消費も、節約も、ほどほどに。それが、経済学の教えではないでしょう

か。


以上


(本日、配信した有料メルマガから抜粋したものです)


スーちゃん、好きだったよ、という方、クリックをお願いいたします。
ゆっくりお休みください。
↓↓↓
人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日銀の白川方明総裁は本日午前、参院財政金融委員会に出席し、次のように述べたとか。
「できるだけ早くデフレから脱却し、経済を安定的な成長に復すことが大事だ」「金融市場へ
の潤沢な資金の供給や成長基盤の強化・支援などを通じてデフレからの脱却に全力を挙げ
ている。これからも努力していく」


 震災後の不透明さというかリスクの高まりに対応するために、潤沢に資金を供給することに
ついては、私も異存がありません。しかし、今回の震災を経て、我が国経済の状況は大きく様
変わりしているのではないのでしょうか?

 もし、白川総裁の意味する「デフレ」がリフレ派の主張するデフレ、即ち、物価の下落というこ
とであるならば、白川総裁の言っていることは、少しばかりピント外れではないのでしょうか。

 というのも、関東圏では深刻な電力不足が発生している訳ですから、従来のようなモノ余りで
はなく、モノ不足が心配されるからです。現に今でも、スーパーの棚には、空いたスペースが目
立ちます。つまり、モノの価格が非常に上がり易い状態になってきている、と。なのに、まだデ
フレ脱却が最重要課題だ、なんて言うのでしょうか?

 まあ、でも白川総裁の言う「デフレ」は、そのような教義のデフレを意味するのではなく、広い
意味でのデフレを意味するのです。つまり、単に物価が下がるというだけではなく、経済の成
長率が低すぎる状態を指している訳です。簡単に言えば、デフレ脱却なんて言っていても、白
川総裁は、不景気から脱出する必要があると言っているだけなのです。

 では、何故、わざわざ「デフレから脱却」などという言葉を使うのか?

 そ、れ、は‥経済のことが分かっていない政治家に対しておもねっているということでしょう。
あまり理屈を言ってもしようがないから、ここは政治家の顔を立てることも必要だ、と。

 しかし、経済の状況は大きく変わりつつあるのです。そして、世界経済に目を転じれば、中
国やロシアなどでインフレの懸念が益々高まりつつあるのです。

 それはそうです。特に中国。これだけ数次に亘る利上げを行っても、その利上げによって
却って海外の資本を引きこんでいる訳ですから。つまり、中国の高い金利を目指して、法の
目をくぐり抜け資金が中国に流入する、と。で、そうなると中国当局が、人民元のレートが急
に上がることのないようにと、為替介入を実施する。そうなれば、大量の資金がばらまかれ
る。そして、それがインフレに拍車をかける。そして、インフレが酷くなるので、また利上げを
行い‥、そしてまた、海外から資金が流入してくる、と。

 それだけではありません。幾ら経済が急成長を続けているからといって、あのような急激な
賃上げを行えば、物価が上がって当然ではないでしょうか。

 それに、一次産品の価格が値を上げてみます。国内では、原油が上がっていることを理由
に電気料金が上がるらしいと言われています。そんななかですから、我が国も、物価に対す
る見方を少しばかり変える必要があるのではないでしょうか。

 今でもデフレ脱却が先決だ、なんて言っている人々は、時代の潮流に乗り遅れているので
はないでしょうか?

 大事なのは、がれきの撤去であり、電力不足の解消であり、モノ不足の回避だと思います。

 日銀は、インフレを起こすべきだ、などという考え方は改めるべきだと思います。今、日本
でインフレが起こっても、それによって消費が刺激され、景気がよくなるなんてことはないでし
ょう。


 それにしても、白川総裁と言いたいことの意味が分からない、と思う方、クリックをお願い
致します。
 ↓↓↓
 
人気blogランキングへ
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月の貿易統計が発表になりました。3月の貿易黒字は、なんと約8割も減少したとか。

 どう思いますか? やっぱり今回の地震の津波とそれから‥の影響は、甚大なものがある
のだな、と思いますか?

 3月の貿易収支ですが、正確にいえば、前年同月と比べて貿易黒字額が78.9%の減少に
なった、と。

 私、このニュースを聞いて、これは凄いと思ったのですが、次の瞬間なんだと思ったので
す。どうしてでしょう?

 貿易黒字額が約8割も落ちたいうのですが、では、輸出額はどれほど落ちたというのでしょ
う? 貿易収支というのは、輸出から輸入を引いたもので、その貿易収支が悪化したといえ
ば、輸出が減ったり、輸入が増えたりするから起きる訳ですが‥

 一体、輸出は、どれほど減っているのでしょうか?

 実は、3月の輸出額は5兆8660億円で、前年同月と比べれば、たったの2.2%しか減少し
ていないのだ、とか。

 ということは、地震や津波などの被害は、貿易面にはそれほど影響を与えていないというこ
となのでしょうか? でも、海外から伝わってくるところによれば、日本からの部品の調達がで
きずに、海外での生産に支障が出ているなど‥と。

 これ、多分4月以降に大きな影響が出るのでしょうね。つまり、生産と輸出の間には、時間
差があるわけですから。例えば、3月に輸出されたモノの多くは、震災の前に生産されていた
ものが多かった、と。だから、幾ら3月の輸出の落ち込みが小さなものに留まったとしても、4
月以降のことは分からないのです。

 因みに、輸出が大きく減少した品目としては、自動車(前年比27.8%減)、半導体等電子
部品(同6.9%減)、電算機類の部分品(同15.8%減)、自動車の部分品(同4.9%減)、船
舶(同10.0%減)が挙げられています。

 いずれにしても、では、何故貿易黒字は大きく減少したのか?

 それは、輸入が急増したからだ、と。3月の輸入は、5兆6995億円で、前年同月と比べれ
ば11.9%伸びた、と。で、そうした伸びた主な理由はといえば、原油や鉄鉱石など、資源価
格の伸びが影響している、と。

 どう思います? 意外に輸入の伸び率が小さいでしょ?

 でも、貿易収支の数字は、そうしたものなのです。

 一つ例を示しましょう。

 ある年1年間の輸出が10兆円、輸入が9.9兆円だったとしましょう。そうすると貿易黒字は
1千億になるのですが、その翌年、輸出が10%伸びて11兆円になったのに、輸入は伸びが
ゼロで9.9兆円のままだとしたら、貿易黒字は1兆1千億円の黒字となり、黒字額の伸びは、
1000%の伸びになるのです。

 或いは、ある年1年間の輸出が10兆円、輸入が9兆円だったのが、次の年に、輸出が9%
落ちて9兆1千億円になり、その一方で、輸入が変わらずに9兆のままであった場合には、貿
易黒字額は、1兆円から1千億円に減り、その減少率は90%になるのです。

 ということで、貿易収支、つまり黒字額や赤字額の変動率に気を取られ過ぎるとミスリーディ
ングになることを忘れないで下さい。これ、会社の決算についても同じようなことが言える訳
です。つまり、黒字額が何パーセント伸びたとか減ったとかに気を取られ過ぎてはいけない、
と。

 では、何に注意すべきか? ずばり、絶対額に注目すべきでしょう。

 いずれにしても、4月以降の貿易動向にも注意が必要ですね。

 

 災害に遭った人は、経済の話どころではないのだろうな、と思う方、クリックをお願い致しま
す。先ずはがれきの撤去からですよね。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 私、テレビで「ふっこうさいせいさい」と言っているのを聞いて、何? と思いました。皆さんも
そう思うでしょう? ふっこうさいせいさい?

 で、よく聞くと、「復興再生債」なのだとか。つまり、震災国債の名前を変えたもの。

 私が、「震災○○」なんて、ネーミングだけでもまっぴらごめんです、と言ったからでもないでし
ょうが、名前を替えてまた言っている訳です。
中身は同じ。

 ・東日本大震災の復興の財源として「復興再生債」を発行!
 
 ・従来の国債とは区別して管理!

 ・使途を復興目的に限定!

 ・償還までの資金の流れを透明化!

 
 でも、償還までの資金の流れを透明化する、と言ってもですね‥償還の財源をどこからもっ
てくるのか、ということが決っていないのですよね。

 要するに、この復興再生債構想というのは、お金の返済の当てはないけど、また、借金をさ
せていただけませんか?と言っているみたいなものなのです。

「あのう、また、ローンをお願いしたいのですが‥」

「使い道は?」

「実は、地震と津波で家が壊れたので、修繕というか、建て替えというか‥」

「それはお困りですね」

「貸して頂けますか?」

「検討はさせて頂きますが、貴方には、まだ返済して頂いていないローンがありましたよね」

「あれとは別でお考え頂けませんか?」

「はあ‥」

「ちゃんと返済財源を検討しているところですから」

「担保はありますか?」

「担保はありませんが、今回のローンに関しては、確実に、しかも早期に返済したいと思いま
すので‥」

 仮に、このまま、復興再生債でつっ走るとしても、その返済財源を明確にした上でないと、
全く相手にされない可能性すらあります。つまり、増税で対応するのであれば、その具体的
内容を明確にする必要があるということです。

 しかし、現実の対応ぶりをみていると、借金の返済財源については、お金を借りた後でゆっ
くりと考えます、と言われているようなものなのです。

 返済のために、消費税を3%、3年間ほど引き上げるという案も聞こえてきますが、そもそも
の借金の方の返済は、どうするの? と言われそうな気がします。

「では、従来のローンの返済の方は如何になるのでしょうか?」

「そっちの方は、もう少し待って頂けますか?」


 従来の借金と今回の借金をはっきりと区別し、今回の借金については、必ず早く返すからと
言われても、従来の借金の方もちゃんと返済の目処が立っていないと、なかなか協力しづら
い訳でもあるのです。

 それにしても、そもそもの特例公債法の成立は、まだなのでしょうか?


 何をやっているのか、と思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 いきなりですが、震災国債って、どう思いますか? 

 本当に、政治家って愚かですよね。何で、こうも格好ばかり付けたがるのか?

 私は、何も復興財源を確保するために国債の増発をするべきではない、と言うのではない
のです。何故、わざわざ「震災国債」などという特別なものを作る必要があるのか、と思う訳
です。それに、そもそもまだ、本年度の特例公債法案も成立していないのに‥

 「それは、地震と津波が起きて大変な被害を受け、復興事業のために莫大な資金が必要に
なるからでしょ?」

 そうだとしても、何故通常の国債の発行ではいけないのか、ということです。

 「よく分からないけど、今までの建設国債や赤字国債と違い、特別の勘定で管理し、特別の
用途にだけ使用し、そして、数年後に増税をして、なるだけ早くその借金を返済するようにす
るとか‥」

 なるだけ早くとは?

 「普通の国債は、60年で償還するのが原則であるところ、それより早く‥」

 では、お聞きしましょう。通常の国債が60年で償還されるということは、借金を60年かけて
返済するということで、そのためには借金の残高が毎年減っていなければおかしい訳です
が、現実は、借金残高は減るどころか、どんどん増えている訳です。


 なのに、この震災国債だけ、何故、60年以内に返済できると言えるのでしょうか。仮に、そ
れが実現できたとしても、そのときには、震災国債に見合う分だけ、通常の国債の残高が増
えているだけの話ではないのでしょうか。

 本日の長期金利、つまり、10年物国債の流通利回りは1.26%程度のようですが、こうした
長期金利の推移から言えることは、マーケットには、まだ国債の消化能力があると言うことな
のです。何も、震災国債など発行しなくてもいいのです。

 で、もし、今後、国債の消化が難しくなることが懸念されているとすれば、そのときには、例
えば、個人向け国債の商品性をもう少し魅力的なものにするとか‥、そういう工夫をすれば
いいだけの話なのです。復興財源を確保するために発行した国債を早く償還したいというの
であれば、それでも、単に増税をすればいいだけの話です。

 今回の震災国債のアイデアは、早期に償還することを目指すためと格好の良いことを言っ
ているようですが‥、そんなことが簡単に実現できるのであれば、苦労はない訳です。

 関東大震災後に、震災手形というのが発行されましたが、それが後々尾を引いて、昭和恐
慌に突入して行ったのを政治家は知らないのでしょうか?

 「震災○○」なんて、ネーミングだけでも、まっぴらごめんです。

 

 何故、こうも政治家は格好ばかりつけたがるのか、と思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国の外貨準備高が3月末時点で3兆ドルを突破しました。正確には、3兆447億ドルにな
ったとか。そして、前年同期と比べれば、24.4%増加しているのだ、と。

 いやー、凄いものですね。我が国の外貨準備高が1兆1160億ドルですから、もう3倍近い
水準になっている訳です。

 よく日本と中国の経済規模を比較する際、GDPが尺度として用いられる訳ですが‥、その
GDPは、この間、日本は中国に抜かれましたよね。でも、中国の人口は日本の10倍もいる
訳だから1人当たりGDPにすればまだ日本は中国の10倍もあるのだ、と自らに言い聞かせ
る訳ですが‥

 しかし、貨幣購買力などを加味すると‥、日本の生活水準が中国の10倍というのは少し大
袈裟すぎる気がします。こうして、外貨準備高を比べると、中国は日本の3倍近くも保有して
いる訳ですから、1人当たりのGDPというか、実際の生活水準は、日本は中国の3倍ほどの
レベルだと考えた方がいいかもしれません。

 で、中国が今後も年率10%近くの伸び率で成長を続け、日本の成長率が今と同じ程度
であったとすれば、後10年もすれば、中国は真の意味で大国になっているかもしれません。

 まあ、いずれにしても、一つだけ気になることがあります。

 中国の外貨準備が昨年同期に比べ24%も伸びたと言いましたが、この半年間程度をみて
も、毎月どんどん増えている様子が窺える訳ですが‥、変だと思いませんか?

 何を言いたいのかと言えば‥、中国は、先日、この1-3月期の貿易収支が7年ぶりで赤字
になったと発表しました。貿易収支が赤字であるということは、貿易の結果、外貨が増えるこ
とは基本的に考えにくい訳です。でも、こんなに外貨準備高は増えている、と。

 一体全体何が原因なのか?

 もちろん、外貨準備高が増えるのは、中国が為替介入を行い、その結果、ドルの保有高が
増えている訳ですが‥、では、そのドルはどこから来ているのか?

 貿易収支が赤字であることを考えると、それ以外の要因で外貨が流入しているのか? そ
れとも、貿易収支が赤字であるというのが、少し操作された数字であるということか?

 まあ、どんなことが原因にせよ、今後の人民元高を見越して、海外からいろんな形で外貨が
中国に流入していることが窺われるということです。だって、海外の投資家などにすれば、そ
うやって人民元で運用することによって、将来大きく人民元が上昇したときには、大儲けをす
ることができるからです。

 後は、中国がインフレを回避するために利上げをやっているために、そのため世界中の資
金が中国に集まっているということでしょうか。しかし、そうやって、資金が中国に流入するか
ら、中国はなお為替介入を行い、そうすると益々市場に資金が放出され、そしてインフレを加
速する、と。そして、インフレが加速するから、利上げを行うと‥、また資金が流入してくると、
と。いつまで続くのでしょう。


 それにしても、不思議な現象だと思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ