経済ニュースゼミ

小笠原誠治の、経済ニュースを通して世の中の動きを考察するブログです。地球温暖化阻止のために石油・石炭産出権取引を提唱します。産出権取引は排出権取引とは違います。みんな勘違いするのです。

2014年04月

 和歌山県有田市の水道事務所の課長さん55歳が、カミキリムシの標本をネットオークションに出品してお金を稼いだために、地方公務員法違反で懲戒処分を受けたと報じられています。

 報道では「趣味のカミキリムシ標本を」とも言っています。

 趣味でネットオークションに出品して‥そして、落札されれば当然代金が入金される訳ですが‥少々厳しすぎるのではないのでしょうか?

 少なくても私は、最初このニュースに接したときにそう感じました。そして、ネット上では多くの人が私と同じように感じているようなのです。厳しすぎるのではないのか、と。

 だって、趣味でやっているだけではないか、と。ネットオークションに出品し、そして落札されれば、当然代金が入ってくるが、公務員は代金をもらうことが許されないのか、と。

 では、市役所の対応は厳しすぎたのか?

 しかし、よくよく考えていくとどうもそうではなさそうなのです。我々が騙されているのかもしれません。

 だって、普通、役所というものは、職場の不祥事に対しては甘い対応をしがちであるからです。厳しい対応をする場合は、世間の目が厳しくて、そうしないと収まりがつかないような場合に限られるのです。

 職員が何か不祥事をしたような場合、それを伏せたがる上司が多いのです。

 何故か? 

 それは、不祥事が判明すると、必ず上司にも責任が及び、自分の経歴に傷がつくからなのです。だから、役所は身内の不祥事には甘い対応を取りがちになるのです。

 ところで、今回の件は、確かにネットオークションに出品して、それによってある程度の収入があったのはそのとおり。でも、こうしてネット上の反応を見れば分かるとおり、多くの人は、市役所の対応は厳しすぎるのではないかと感じているのです。

 だとすれば、何故市役所は厳しい処分を下したのか?

 先ず、この公務員は幾ら収入を得ていたのでしょうか。

 平成24年10月から今年4月にかけて友人とともに出品し、2人で543件、140万円の収入を得て、そのうち当該公務員の収入は、約50件で、約10万円であったのだとか。

 どう思いますか?

 1年半もかけて10万円の収入。月に換算すると、5500円程度のものなのです。件数にすれば月に3件弱。

 その程度のことで、こんなに目くじらを立てる必要があるのか?

 そう思うでしょう? 

 では、何故この人の行為が発覚をしたのか?

 何でも市民からの苦情のメールが市長に届いたためなのだとか。

 有田市は言っています。

 「趣味の範囲を超えて、日常的に販売行為をしていたことが、違反にあたると判断した」

 月に3件ほど出品して、5500円程度のお金を稼ぐことが、趣味の範囲を超えていると言えるのでしょうか?

 その程度であれば、趣味の範囲であると判断できるのではないのでしょうか。

 そして、このニュースを知った多くの人々もそう感じるので、市の処分は厳しすぎるのではないかと映るのです。

 しか〜し‥

 私は、改めて当該職員の行為と、そして有田市役所の対応に疑問を感じざるを得ないのです。

 報じられるところによれば、当該職員は、1年半かけて10万円の収入しか得ていないと言いますが、この人は、友人に代ってカミキリムシの標本を出品していたのです。その友人から対価を得てはいないのでしょうか? 仮に現金を受け取ることはなかったとしても、飲食代をおごってもらったり、と。

 仮に全く対価をもらっていなかったとしても、その友人の分を含めると1年半で543件も出品していたことは事実なのです。月に換算すると30件ほどになるのです。となれば、土日も含めてほぼ毎日1件出品をしていた、と。

 そろそろ事の重大性に気が付いてきたのではないでしょうか?

 それだけのペースでカミキリムシの標本をネットオークションするためにはどれだけの作業が必要になるのか? 標本の写真を撮ったり、説明文を作成したり、そして、それらの品々が落札をされる度に入金を確認して、商品を落札者に郵送する必要があるのです。

 今から言うことは単なる推測に過ぎませんが‥しかし、そうした作業を全て仕事が済んだ後にやっていたのでしょうか。つまり、仕事時間中に落札状況や入金状況を確認し、そして郵送の手続きを取っていたこともあるのではないか、と。

 市役所自身も、私が考えたような事実関係を確認したからこそ「日常的に販売行為をしていた」と認定したのではないのでしょうか? そしてまた、そのように職務時間中に、仕事以外のことをしていたから、上司に監督責任を取らせたのでないのでしょうか。

 もし、私が当該職員の上司であって、そして、その職員が本当にプライベートな時間に限ってそのような行為をしていたのであれば、何故そこまで自分が責められる必要があるのかと不満を述べるでしょう。だって、部下が時間外にどのような行為をしようと、そこまでは責任は持てない、と。

 そうでしょう?

 何故、市民から苦情のメールが市長に届いたのか?

 それは、市民かそれとも職場の関係者か、誰かは分かりませんが、当該公務員の行動が目に余ったので、市長にメールで訴えたのではないのでしょうか?

 もし、そうであるとすれば、問題の本質は、公務員が副業禁止義務に違反したというだけではないのです。そうではなくて、本来職務に専念すべき時間に私的なことをやっていたということにあるのです。

 誤解のないように言っておきますが‥今回処分された公務員が職務専念義務に違反していたという事実を私が確認している訳ではありません。飽くまでも私が言っていることは推測に過ぎないのです。

 しかし、繰り返しますが、有田市が「日常的に販売行為をしていた」と言い、そして、同時に上司の監督責任まで追及している訳ですから、私の推測が間違いだという可能性は小さいとしか思えないのです。

 いずれにしても、有田市は、市民に分かり易く事実関係を説明する責任があるのです。

 それなのに、4月28日というゴールデンウィークの谷間に発表するなんて。マスコミや市民からの追及を回避しているとしか思えないのです。



 水道事務所は、仕事が暇すぎるのではなかろうか、と思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 
人気blogランキングへ




このエントリーをはてなブックマークに追加

 福岡市南区の100円ラーメンでおなじみの勝龍軒が4月27日でもって閉店になったのだとか。昭和43年に開業したということで、46年間営業を続けたことになるのです。

 この勝龍軒さんには、あの氷川きよしさんやCHAGE&ASKAの飛鳥涼さんがよく訪れていたのだとか。

 それにしても、今時100円でラーメンを提供できるなんて不思議だとは思いませんか?

 昔だったらいざ知らず‥それに、ラーメンが安いことで有名な博多でも、最近はラーメンが値上がりしていますから。少し前なら300円程度で美味しいラーメンを食べることができましたが、今では500円前後は出さなければなりません。

 因みに、博多ではちょっと前までだったら、500円玉1個でラーメンとおにぎりと小餃子がセットになったラーメン定食を食べることができたのです。

 ところで、このお店が開業したときにはラーメンの価格は50円だったのだとか。

 昭和43年当時で、ラーメンが1杯50円。極めて穏当な価格と言えるでしょう。言ってみれば、今とは違って他のお店とほぼ同じ価格であったのです。

 では、いつから100円なのか?

 ラーメン1杯が100円になったのは、1974年のことだと言うのです。

 思い出しますね。オイルショックが起き、トイレットペーパーの買いだめが起き、インフレが起きたのです。本の価格も、印刷された価格の上に新しい価格を書いたシールが張られたりして‥。それほどインフレが激しかったのです。ラーメンが100円になっても不思議ではなかったのです。

 で、その当時、店主の青木英子さんは、ラーメン1杯売って、利益は10円から15円程度にしかならず、それほど儲からないのだと言っていたのだとか。

 いずれにしても、その頃まではこの店のラーメンが他と比べて極端に安いなんてことはなかったのです。

 しか〜し、凄いのは、その後40年間、ラーメン1杯100円を守り抜いたことなのです。

 何故、その後値上げをしなかったのか?

 店主は、値上げすると子供たちが食べれなくなってしまうから‥と言っていたのだとか。よっぽど近所の子どもたちのことが好きだったのでしょうか?

 そういえば、軒先のテントには先代の店主の似顔絵が描かれているのですが、これは店に通っていた子どもたちが描いたものなのだ、とか。

 いずれにしても40年間、先代の女将とその後を継いだ娘さんが、100円の価格を守り抜いてきたのです。

 でも、やっぱり思うでしょう?

 100円でどうやって利益を出すのか、と。100円に値上げをした当時でも、1杯当たり10円か15円の利益しかできないと言っていた程ですから。

 ここは、公正を期すために、この店のメニューと価格をよくみてみたいと思います。

 ラーメン 100円
 おおもりラーメン 200円
 みそラーメン 250円
 しょうゆラーメン 250円
 勝竜軒ラーメン 200円
 かえ玉 100円

 確かに、ラーメンは100円ですが、勝竜軒ラーメンは200円とあります。

 細かい話ですが、勝竜軒ラーメンの「りゅう」の字が竜となっていますが‥それは私の間違いではありません。メニューにそう書いてあるのです。

 本題に戻って、替え玉も100円とあるのは意外です。やっぱりラーメン100円では儲けが出るなんてことはないのでしょう。100円のラーメンは、子どもたちやお金のない人だけが頼んで欲しい、と。普通の人なら、200円の勝竜軒ラーメンの注文して欲しいと思っていたのではないのでしょうか。

 メニューには他にゆで卵もあり、それは50円となっているので、ゆで卵の価格は他の店とそれほど変わりません。

 いずれにしても、一番高いみそラーメンやしょうゆラーメンでも250円ですから、はっきり言って段違いに安いと言っていいでしょう。

 では、何故今回店を閉じることにしたのか?

 店主は、多くを語らなかったと報じるところもあります。その一方で、安価で卸してくれていた製麺業者が体調不良で廃業することとなり、家族と話し合いをした結果、母もなくなったことだし、これを機会に廃業しようということになったのだとか。

 実は、先代の女将は2年前に亡くなり、その後を次女が継いでいたのだとか。この次女は、「(増税後も)3、4カ月はやり繰りするつもりだったが、100円を維持するのは厳しい」と言ったのだとか。

 確かに100円の価格を維持するのが難しいことは誰にでも分かるのです。

 では、何故値上げを決断しなかったのか?

 100円が倍の200円になっても、それほど文句をいう人はいないでしょうから。 

 何故値上げに踏み切らないのか?

 それには、先ほど触れた先代の店主の似顔絵が関係しているのです。

 店の軒先のテントに描かれた店主の顔の横には100円玉も一緒に描かれているのです。

 そうなのです。この店は、100円ラーメンというのが売りだったのです。

 なのに、それをいまさら120円にできるか? 150円にできるか? 200円にできるか?

 100円ラーメンであってこその勝龍軒であり、それを変えるのであれば、もはや勝龍軒ではないのです。

 それに似顔絵の先代の店主も他界していることであるし‥

 勝龍軒は、先代の青木英子さんのものであったということなのです。


 
 博多ラーメンが食べたくなったという方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 安倍総理は27日午後に、慰安婦問題に関して次のように述べたと報じられています。

 「筆舌に尽くし難い思いをされた慰安婦の方々のことを思うと本当に胸が痛む思いだ」

 恐らく多くの国民が、この発言をどのように理解していいのか頭を悩ましているのではないかと思うのです。

 というのも‥安倍総理は、今でこそ河野談話は見直さないという考え方に変わっていますが、しかし、元々は河野談話はおかしいとの主張であったからなのです。そして、そのような安倍総理を支持する国民も多かったのです。

 安倍支持者は思っているのではないのでしょうか? 河野談話の見直しをしないというのは、米国に対する配慮からで仕方がないかもしれないが‥しかし、それにしても安倍総理が上にような発言をするなんて、と。

 確かに、慰安婦になった女性たちに同情すべき点が多々あるかもしれない。しかし、安倍氏にとってはそのことよりも日本の名誉を回復することの方が重要ではなかったのか、と。安倍総理は、考え方を変えたのであろうか、と。

 貴方もそんな疑問を感じるでしょう?

 ところで、オバマ大統領は日本を発った後、韓国に到着するや否なや、第二次大戦中の従軍慰安婦の制度はおぞましい人権侵害だと述べました。

 オバマ大統領は、terrible でegregious な人権侵害だと言ったのです。

 terrible という単語は割とお馴染みでしょうが‥egregious と聞いて、直ぐその意味が分かる人は相当の英語力のある人でしょう。米国人は、それが酷いなんて言う時にはterribleという単語をよく使います。では、egregious にはどんな語感があるのでしょう? これは、terrible よりもさらに酷い、別の言葉でいえば、えげつないとかおぞましいという意味があるのです。

 何故オバマ大統領は、そのような単語を敢えて用いたのか?

 それは、米国の政治家は、慰安婦はsex slaveであると思い込んでいるからなのです。奴隷=人権侵害のシンボルなのです。だから、slaveと聞いて、それに反応しないような者は人間ではない、と。

 いずれにしても、安倍総理が「本当に胸が痛む思いだ」と発言したのは、まさにオバマ大統領の発言に歩調を合わせたものであるのです。私は、そう思いました。そして、国民の多くもそう思っているに違いありません。

 日本であれだけのもてなしを受けながら、韓国に到着するや否や、日本の悪口を言うオバマ大統領は一体どんな人間なのか、と。私は率直にそう感じましたし、また、私と同じように感じた人も少ないない筈です。しかし、問題はそれだけでは済みませんでした。今度は、安倍総理が、そのオバマ大統領の発言を支持するようなことを言ったのです。「本当に胸が痛む思いだ」と。

  誤解のないように言っておきますが、安倍総理が慰安婦に同情してはいかんと言っているのではないのです。でも、何故オバマ大統領が日本の悪口めいたことを言った後にオバマ大統領の言い分が正しいかのような発言をするのか、と。

 貴方もそう感じているでしょう?

 いずれにしても、安倍総理は本心からそう言っているのでしょうか? もし、そうであるというのであれば、韓国が米国やオーストラリアに慰安婦像を建てるのを認めるということなのでしょうか。これから先、韓国が世界中に慰安婦像を建立しても、日本は黙って見逃すのか、と。

 しかし、では何故安倍総理は、NHKの会長や経営委員に籾井氏や長谷川氏や百田氏を起用したのか、と。

 全然一貫性がないではないか、と。

 全くもって不可解の一語に尽きるのです。

 しかし、私を含め、多くの人が少し勘違いしているのです。

 というのは、安倍総理が慰安婦のことを考えると本当に胸が痛む思いだなんてことを言うのは今回が初めてではないからです。実は安倍総理は、3月14日の予算委員会で次のように述べているのです。

 「歴史認識に関する歴代内閣の立場を全体として引き継いでいる。慰安婦問題については、筆舌に尽くし難い、つらい思いをされた方々のことを思い、非常に心が痛む」

 ご存知でしたか?

 1か月ほど前にもそのように言っているのに、そのときにはそれほど注目を浴びなかった。しかし、今回は世間の注目を浴びた。何故?

 それは、やはりオバマ大統領の慰安婦問題発言が余りにも日本に対する悪口のように聞こえ、そして、その悪口の後に、安倍総理がオバマ大統領に同調するようなことを言ったからなのです。つまり、我々国民のなかには、その安倍総理の発言に大いに失望した人がいるということなのです。慰安婦の女性たちに同情しても、何も日本を悪く言うオバマ大統領に同調する必要はないのではないか、と。

 しかし、繰り返しますが‥今回安倍総理が言ったことは何も初めて言ったことではないのです。

 恐らく、日韓の関係正常化の1つの手段としてそのような作戦を取ることを安倍総理は、オバマ大統領の訪日前に練っていたということなのでしょう。

 河野談話の見直しなど二度と口にしない、と。そして、慰安婦の問題に関しては、非常に心が痛むとだけ言い、今更事実関係を争うようなことはしない、と。そうすることを米国が望んでいるようであるし、また、そうなれば韓国としても矛を収めざるを得ないであろう、と。

 つまり、韓国に行ってオバマ大統領が日本の悪口を言ったのも、そして、そうやって悪口を言われたのにオバマ大統領に同調するような発言をしたのも、全て事前に調整済みのことだったのです。

 そんなことも知らずに、安倍総理は何と嘘つきなのかと憤慨する安倍氏の支持者たち!
 
 まあ、いいでしょう。

 でも、これで本当に韓国は慰安婦問題を今後蒸し返さなくなるのでしょうか?

 私には、とてもそのようには思えません。

 でも、そうなったら、オバマ大統領が韓国側に同情したのも、そして、そのオバマ大統領の意向に沿って行動した安倍政権も、作戦が失敗したことを認めざるを得ないでしょう。

 
 

 結局、安倍総理は、選挙の前には威勢のいいことを言っていたが、今は米国の言うなりにしかなっていないと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 
人気blogランキングへ
 

 オバマ大統領は昨日、韓国に発ちました。

 今、韓国は大変な状況になっていて、韓国では十分な対応もできないだろう‥なんて思っていたら、米韓首脳の記者会見が行われたのだとか。

 では、オバマ大統領が何と言ったかと言えば‥

 第二次大戦中の慰安婦問題は、甚だしい人権侵害で日本政府に対応を求める、と。

 皆さんも、そのような記事に気が付いたでしょう?

 国賓として招いた米大統領に対して、失礼ではあるものの、私は正直思いました。

 なんだこいつは、と。

 だって、日本で暖かいもてなしを受け、そして、日本を発ってまだ一夜も明けていないのに、ついた韓国でそんなことを言うなんて。

 どういう神経をしていたら、そんなことが言えるのか、と。

 百歩譲って、もしオバマ大統領が、本当に慰安婦問題に心を痛めているのであれば、何故安倍総理との話のなかでそれを持ち出さなかったのか、と。そうやって、日本でも話をしたが、なかなか安倍総理から思ったとおりの答えを引き出せなかったので、そんなことを言ったというのであれば、まだ理解できないでもありません。

 或いは、韓国に対して理解しているというところを見せる必要があったとしても、共同会見で日本が悪いなんて言うのではなく、いつまでも過去に拘っていては進歩がないと言ってアドバイスするのが大国の務めではないのか、と。

 何かにつけ米国は日本に対し、韓国と仲良くすべきだと言いながらも、そのように米国が余りにも韓国の肩を持つので、韓国はいつまでも慰安婦の問題を蒸し返すのです。

 中国との関係も含めて、極東を不安定にしている最大の原因は、むしろ米国のそうした八方美人的な態度ではないのでしょうか。

 米国は、尖閣は日本の施政下にあるものの、領有権の問題に関しては判断しないと言います。米国は中立の立場だ、と。そうやって中国に望みを与えるようなことを言うから、中国も吹っ切ることができないのです。

 そう思いませんか?

 そして、今回の日米共同記者会見でオバマ大統領は言いました。安保条約が締結されたのは、自分の生まれる前のことだから‥と。だったら、慰安婦の問題だって、同じではないのでしょうか? 貴方は実際に目撃したのか、と言いたい。

 このような大統領を何故日本は国賓として呼んだのか?

 そう考えると段々虚しくなってしまうのです。

 しか〜し‥

 ひょっとしたら、オバマ大統領にも考えがあるのかもしれない。何故ならば、オバマ大統領は今回の訪日で、尖閣の名前をはっきりと口にしながらも、他方では、中国への配慮を忘れなかったからなのです。

 だとすれば、韓国に対して、取り敢えず日本は怪しからんと同情しつつも、その一方で、何かを言ったかもしれない、と。

 そこで、米韓の共同会見について、海外のメディアがどのように報じているのかを見てみました。

 AFPが報じていたので紹介します。

 Obama says Japan's wartime sex slavery was 'terrible' violation

 「日本の戦時中の性的奴隷は、恐ろしい侵害であったとオバマ大統領が述べる」
 
 The Japanese wartime system of sex slavery was a "terrible" violation of human rights and its victims need to be heard, US President Barack Obama said Friday in Seoul.

 「日本の戦時中の性的奴隷のシステムは、人権に対する恐ろしい侵害であって、犠牲者たちの話を聞く必要がある、とオバマ大統領はソウルで述べた」

 Stepping into one of the most contentious issues in Northeast Asia, Obama said there needed to be an accounting of the wrongs perpetrated by Japanese Imperial troops before and during World War II when thousands of women were forced into prostitution.

 「オバマ大統領は、北東アジアにおける最も異論の多い問題の1つに首を突っ込み、第二次大戦前および大戦中、多数の女性が売春を強要されたとき、日本軍によって行われた悪事について説明があるべきだと述べた」

 This was a terrible, egregious violation of human rights. Those women were violated in ways that even in the midst of war were shocking.

 「これは実に恐ろしい、言語道断の人権侵害であった。そうした女性たちは、戦争のさなかであっても驚いてしまうようなやり方で犯されたのだ」

 如何でしょうか?

 オバマ大統領は、韓国への配慮から一言二言、慰安婦の問題に触れたというのではないのです。彼の言葉には、よく言えばシンパシーがこもっています。つまり、はっきりとクネさんの味方をしているのです。

 繰り返しになりますが‥そんなにして米国が韓国の肩を持つから、韓国は執拗に日本批判を繰り返すのです。

 どうして、それで日韓が仲良くなれるというのか?

 しかし、オバマ大統領は、そうやって韓国に対して深い同情の念を示すと同時に、ほんの少しだけ日本に対する配慮もしていたのです。

 彼の話は続きます。

 And they deserve to be heard, they deserve to be respected. And there should be an accurate and clear account of what happened.

 「彼女たちの話を聞くべきだ。彼女たちは敬われるに値する。何が起こったのか、正確で明確な説明があるべきだ」

 I think (Japanese) Prime Minister (Shinzo) Abe recognises this and certainly the Japanese people recognise that the past is something that has to be recognised honestly and fairly.

 「私は、安倍総理はこのことを理解しており、そして、日本人たちが過去の出来事は真摯にそして公正に理解すべきであると考えているのは確かだ」

 It is in the interests of both Japan and the Korean people to look forwards as well as backwards and to find ways in which the heartache and the pain of the past can be resolved.

 「日本人にとっても、そして韓国人にとっても、過去を振り返ると同時に未来に目を向け、そして、過去の傷が癒される方法を探ることが重要である」

 You are both democracies; you both have thriving free markets; you both are cornerstones of a booming economic region. You both are strong allies and friends of the United States.

 「韓国と日本は、ともに民主国家であり、市場経済の国でもある。また、経済発展を遂げる地域における土台でもある国ぐにである。両国は、米国にとっての同盟国であり友人なのだ」

 My hope would be that we can honestly resolve some of these past tensions, but also keep an eye on the future.

 「私の望みは、こうした過去の問題を真摯に解決し、そして未来に目を向けることである」

 まあ、こうして最後までオバマ大統領の話を聞くと‥日本側としても、反発はできないようになっているのですが‥しかし、オバマ大統領がそこまで言うのであれば、米国が過去の出来事を客観的に調査をして事実関係を確定すべく努力をしてみたら如何なものなのでしょうか?

 いずれにしても、こうしてオバマ大統領が日本を批判したのは、安倍総理が昨年12月に靖国参拝したことについてまた言い訳じみたことを言ったことが関係しているのでしょうか。そして、また、麻生副総理が、どうせTPPは議会の関係でまとまらないだろうと言ったことも関係しているのでしょうか。

 韓国に行くや否や日本の悪口を言うとはどういうことだ、と思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキング

 あまちゃんで母親の春子役を演じた小泉今日子様。そして、今、続・最後から二番目の恋で再び中年ファンを楽しませている小泉今日子様。

 彼女の魅力の1つは、あの伸びやかで透明感のある声。その声で彼女が歌うのです。

 「うさぎおいしかのやま〜」

 「うさぎはおいしいの?」

 「おいしいって、つまり、頼もしいってこと」

 えっ、ウサギを追いかけていたというのではないのか? 

 私は、またしても、長年歌詞の意味を取り違えていたのか?

 中島みゆきの「まわる〜まわる〜よ」って歌がありますよね。

 
 今はこんなに悲しくて
 涙もかれ果てて
 もう二度と笑顔には なれそうもないけど

 そんな時代もあったねと
 いつか話せる日がくるわ
 あんな時代もあったねと
 きっと笑って話せるわ
 だから 今日はくよくよしないで
 今日の風に吹かれましょう


 憶えているでしょう?

 では、この後、どんな風に続くのか?

 「まわるまわるよじだいはまわる」

 私、この歌を初めて聞いたのが深夜のラジオ番組であったからか、「まわるまわるよじだいはまわる」を「回る、回る、4時台は回る」と勝手に思っていたのでした。

 おかしいでしょう?

 冷静に考えれば、「回る、回るよ、時代は回る」に決まっているのに!

 どんぐりころころの歌も、ずっと「どんぐりころころどんぐりこ」と信じて疑わなかった。でも、「どんぐりこ」ではなく「どんぶりこ」なのだとか。

 それ位勝手な間違いをしていた私なので、ウサギおいしが、ウサギが頼もしいと言われると、そうだったのかと信じてしまう!

 それに私は、小泉今日子様のファンクラブに所属していたので、今日子様のいうことなら何でも信じてしまうのです。

 しか〜し‥

 辞書を調べても、「おいし」は「頼もしい」だなんて書いてないのです。

 どういうこと?

 ということで、ネットで調べてみると、明治安田生命のサイトに説明になっているようななっていないようなことが書いてあったのです。

 「CMの舞台は公園。小泉今日子さんが、「うさぎおいし〜」「もしもしかめよ〜」と歌を口ずさんでいます。ただ、その歌はどこか変。実はその歌には、「入院治療保障特約※1」のキャラクター「うさりん」と「生活サポート終身年金特約※2」のキャラクター「かめろん」が、人生を支える頼もしい存在であるという意味が込められていたのです。「あなたの人生にうさりんとかめろんを」というメッセージを打ち出し、明治安田生命の2つの保障の特徴を紹介するCMになっています。」


 でも、この明治安田生命の説明によれば、「うさりん」と「かめろん」と名付けられた2つの保険商品が頼もしいということであり、「おいし」が「頼もしい」ということにはならない筈なのです。そうでしょう?

 だとしたら、このCMによってどれだけの子どもたちが、否、おとなたち、とりわけ小泉今日子ファンが勘違いをしていることか?

 或いは、ひょっとして小泉今日子様も、「おいし」が「頼もしい」と勘違いしてしまったということなのでしょうか?
 
 
 明治安田生命は、当社のCMに関する意見を聞かせて下さいとも言っています。
 ↓↓↓
 cm-kouhou@meijiyasuda.co.jp


 皆で意見を伝えましょう。

 「おいし」は「追いかけた」という意味でしょう、と。頼もしいのは、明治安田生命のウサリンが頼もしいということなのでしょう、と。

 でも、率直にいってウサリンと言われて、頼もしさを感じる人はいないのです。

 「おいしいって、つまり、頼もしいってこと」と言い切る小泉今日子様。

 今日子様も私たちと同じように、明治安田生命の言うことを素直に信じちゃった口なのですか?それとも、そういうふうに台詞が決まっていたので、おかしいとは思いつつもそう言っただけなのでしょうか?

 「私も、騙された!」って行ってくれると、ファンは納得し、そして、これまでのCMの効果が10倍にも20倍にもなると思います。







 自分もおかしいと思っていた、という方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 突然ですが、今回のオバマ大統領の訪日を貴方はどう評価しましたか?

 オバマ大統領が日本を訪問してくれたことは、安倍政権にとって、否、日本にとって大いにプラスになったのでしょうか?

 初日のすきやばし次郎での談笑の風景をみただけなら、そんな感想を抱いても不思議ではありません。

 そして、日米共同記者会見で安倍総理が何度もバラクと呼び、また、オバマ大統領も安倍総理をシンゾウと呼んだことを知っているのであれば、プラスの評価を下すかもしれません。

 しかし、ご承知のとおりTPPは合意されなかったのです。

 甘利大臣は、言いました。

 「もう一度この担当大臣をやりたいかと言われたら、やりたくないです」

 まだ、オバマ大統領が日本を離れる前だというのに、そこまで甘利大臣は言うのです。恐らく疲労の極致に達し、アメリカの態度に呆れているということなのでしょう。

 バカバカしくてやっていられないよ、と。また、米国の要求が余りにもバカバカしいから、安倍総理としても甘利大臣の判断を尊重した、と。

 それに、TPP交渉の話は別としても、安倍総理とオバマ大統領の考えは微妙に食い違っていたのです。お気づきになりませんでしたか?

 何が食い違っていたのか? 重要なことを2つ挙げたいと思います。

 先ず、安倍総理は、日米同盟が力強く復活したと言い切りました。

 そのことについては、オバマ大統領自ら、尖閣は日米安保条約の対象に含まれると言ったのだからそのとおりだと考える人も多いでしょう。なにしろ米国としては、閣僚でベルでは尖閣が安保条約の対象になると言ってはいたものの、大統領自身がこのように明言したのは初めてのことだから、と。

 恐らく安倍総理としては、オバマ大統領が尖閣を口にしてくれたので、最初は大変感謝したと思うのです。これで中国も少しはおとなしくなるかもしれない、と。

 しか〜し‥

 オバマ大統領は、次の瞬間、安倍総理を失望させるようなことを言ったのです。

 「我々の立場は何も新しいものではない」、「日本と中国が協力の道を探っていくことだと思います」、「我々は中国と強い関係を持っている。中国は、地域にとってだけではなく世界にとって重要な国である。我々は中国の平和的な台頭を支持したい」

 いいでしょうか? 安倍総理だって中国との良好な関係を望まないのではないのです。しかし、一方的に領土を脅かすような行為を中国が続けるから、米国の支援を期待し、だから、日米同盟の強化を打ち出しているのです。

 米国は中国と仲良くしろというものの、どうやったら中国と仲良くできるのか? 中国と仲良くするために尖閣を中国にくれてやれとでも言うのか、と。

 安倍総理は何度も言いました。力による現状の変更は許されない、と。そして、その考えはオバマ大統領も共有していると言うものの‥両者の想定していることは違うのです。一方は、尖閣を念頭において中国を批判し、そして、もう一方は、クリミアに手を出したロシアを批判しているのです。

 さらには、オバマ大統領は、尖閣を岩とまで言うのですから。

 では、次にオバマ大統領が失望した安倍総理の発言についてです。

 記者会見の質疑の最後に、安倍総理が昨年12月の靖国参拝について述べました。はっきりと言って、中国への配慮を怠ることのできないオバマ大統領としては、安倍総理に、靖国に触れないでいて欲しいという気持ちがある訳ですが、この共同会見でまた、米国からすれば弁解としか思えないことを安倍総理は繰り返したのです。

 安倍総理は言いました。
 
 「私は、昨年12月靖国神社に参拝したが、そのようなことは世界の多くのリーダーに共通することだ」、「私は、靖国参拝の際に、鎮霊社にもお参りした。そこには世界中の戦没者の霊が祭られていて、そこで不戦の誓いをした」

 これ、昨年12月の靖国神社参拝の後に安倍総理が言ったことと同じです。

 確かに、不戦の誓いをしたと言えば、それ自体が悪いことではない筈。

 しかし、世界中の戦没者の霊が祭られているなんて言っても、そんなことを知っている関係者が世界中にどれだけいることか?それに、海外の戦争犠牲者がそこに祀られることを、海外の人はどれだけ望むのか?

 そもそも日本人だって、そのような社があることを知らない訳ですし、さらに言えば、A級戦犯は靖国神社に合祀がなされる前には、その鎮霊社に祭られていたというのですから。

 ということで、いずれにしても、こうしてオバマ大統領を日本に招いたものの、日米の絆が強くなったとはとても思えないのです。中国が大量の米国債を保有し続ける限り、日米の関係が一方的に強くなることはあり得ないでしょう。最初から、そう考えた上で外交戦略を練る必要があるのです。



 
 日米共同記者会見で、バラク、シンゾウと呼び合っていたが、どうもしっくりこなかったと思う方、クリックをお願い致します。質疑の場面では、完全にオバマ大統領という言い方に戻っていましたし‥
 ↓↓↓
 人気blogランキング

 オバマ大統領と安倍総理が談笑しています。場所は、銀座のすきやばし次郎。

 大体の場所は分かるのですが、念のためにすきやばし次郎のサイトにアクセスしてみました。

 なんと、ホームページは、黒のバックに白い字ですきやばし次郎と書かれています。なんとシックなこと。さらに詳しく見ようとすると、JAPANESEとENGLISH のどちらかを選択しろと迫る。さぞかし外国人のお客さんが多いということなのでしょうか。

 で、日本語の方を押すと‥

 「すしは、世界に類を見ないほど極めてシンプルに構成された料理です。

  だからこそ、ごまかしが効かず、本物の技のみが光るのです。
 
  そして本物の技にだけ、職人の心が宿る‥

  築地で仕入れた四季折々の旬の物を、すきやばし次郎でご堪能ください。」

 ひゃー、格好いい!

 で、肝心の値段はというと‥

 「おまかせコース ¥30,000〜」 とあります。

 つまり3万円以上。しかし、これにはサービス料も税金は含まれていないし、それに飲み物を注文すれば、その分が加算されるので‥となると最低でも5万円程度はかかるのでしょうか?

 しかし、大統領を招待して5万円だったら、むしろ安いと思った方がいいかもしれません。というのも、動員されている警察官の数などを考えたら、どれだけ経費がかかっているか分からないからです。

 いずれにしても、今回、オバマ大統領の愛想のいいこと。そして、安倍総理も笑顔を浮かべているのです。先ず、お店の前で二人が笑顔で握手をし、そして、店のカウンターで安倍総理が冷酒をお酌する、と。

 安倍総理の関係者は思っているのではないでしょうか。「おい、池上、安倍総理とオバマ大統領はこんなに親しいんだぞ」と。

 何故ここであの池上さんの名前が出てくるかと言えば‥分かる人には分かりますよね。

 いずれにしても、このような和やかな光景を見せつけることができたので、安倍総理の作戦はひとまず成功と言っていいでしょう。

 しかし、だからこそ気になることがあるのです。こうして両首脳が歓談する一方で、甘利大臣とフロマン通商代表はずっと交渉を行っていたからなのです。なんでも、交渉が終わったのは午前3時ごろだったと。

 昨年末頃から甘利大臣の表情が冴えないのはお気づきのことだと思うのですが‥その表情がさらに深刻になっているのです。

 暗い、ただそれだけです。展望が開けないのでしょうか?

 私、もしこれが甘利大臣の演技であったならば、大変な才能だと思うのです。大したものだと。

 でも、彼が演技をしている可能性は小さいのではないでしょうか。否、全然演技をしていないとはいいません。何しろ、仮に牛肉や豚肉の関税を日本が引き下げることになれば、国内の農業関係者から何と言って非難されるか分からないからなのです。

 だって、甘利大臣は、1センチも譲歩しないと断言していたからなのです。もし、少しでも譲歩するならば、1センチも譲歩しないと言っていたことは嘘だったのかと迫られるでしょう。だから、総理自らの判断で譲歩するのならともかく、甘利氏自身が譲歩するのは難しいのです。だから、そのためにも甘利大臣は、国内の畜産業者の利益を守るために必死で頑張っている姿勢を示す必要がある、と。だから、深刻な顔でいなければいけない、と。

 しかし、それにしても余りにも深刻な表情!

 では、そうやって日米間の交渉が難航しているのに、どうして両首脳は笑顔でいることができるのか?

 問題はそこなのです。

 先ず、安倍総理が笑顔でいる理由は、そうやって日米両首脳が和やかに談笑している姿を海外に見せつけることが自分たちの勝利につながると信じているからでしょう。具体的に言えば、中国や韓国に対し、日米の固い絆をみせつけたい、と。

 では、オバマ大統領の笑顔は何故なのか?

 私は、オバマ大統領は、笑顔を見せることが安倍総理に恩を売ることになると知っていて、そのような振る舞っているのだと思うのです。

 何故ならば、こうしてオバマ大統領が安倍総理と親しくしてくれれば、安倍総理にとってはこれ以上のプレゼントはない訳で‥だったら、安倍総理もオバマ大統領にお返しをする必要があり‥そうなれば、牛肉や豚肉の関税をもう少し引き下げようという気にもなるだろう、と。

 つまり、オバマ大統領は、笑顔を見せることによって安倍総理の譲歩を引き出す作戦であったのです。

 最後に、どうでもいいことですが‥大阪の串カツ屋で串カツを食べたときには、ピカピカの背広にネクタイをしたままだったのが、こんな高級寿司屋で酒を酌み交わすとにきは、最初からノーネクタイなのですね。

 

 
 
 それにしても甘利大臣は深刻な表情をしているな、と思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 皆さんは、囲碁を打たれるでしょうか?

 囲碁がお好きでない方には、碁打ちの話をしてもしょうがないかもしれませんが‥でも、日曜日の午後にNHKのEテレで囲碁番組があっているのをご存じの人は多いと思うのです。

 自分は見なくてもおじいちゃんが見ているとか、旦那がみているとか‥

 で、碁打ちのなかに三村9段という人がいるのです。その方は、NHK杯でも優勝したことがあるなかなかの実力の持ち主なのです。

 それにブログで囲碁のことについて書いているので、親しみが持てるのです。

 本日、私は何を言いたいのか?

 実は、この三村9段、子どもたちに囲碁を教えることもしており、そのためか詰碁にも大変興味をお持ちのようで、自らも死活の本を電子書籍で2冊出版されているのです。そして、本日、偶々彼のブログを覗いてみたら、今度は攻め合いの部と題して電子書籍の第3冊目を発行するのだとか。

 電子書籍‥

 その言葉を聞くと、私は複雑な気がしてくるのです。

 何故か?

 それは、私が1年ほど前にYahoo!Japanから電子書籍を出版したことと関係があるのです。

 「それでもアベノミクスがダメな理由」

 それが電子書籍のタイトルです。

 Yahoo! Japanというメジャーな組織が売り出す訳ですから、黙っていてもそこそこの売上げがあるだろうと、私は思っていたのです。

 これこそ、取らぬ狸の皮算用

 しか〜し‥

 販売数は、本当に僅かでしかなかったのです。

 どれくらいだと思います?

 1000部? 2000部? それとも500部くらい?

 なんと120部を少し上回った程度なのです。

 ガーン!

 私は、今まで電子書籍を出した人のなかでこんなに売れていないのは、私位ではないかと思っていました。

 だって、そうでしょう? やっと100部を超えた程度ですから。

 でも‥

 三村さんは、ブログでこんなことを書いています。

 「電子書籍の3冊目が発売になりました」

 「詰碁を50題ずつ2巻に分けて出した訳ですが、今度は手筋の問題集を何冊か作ります」

 (中略)

 「棋士仲間にも何度か聞かれた 「電子書籍ってどれくらい売れるの?」 今までの売り上げ状況を書いておきます。

 死活の1(2013/7)      206冊   死活の2 (2013/9)    64冊

 とまあ、今のところ完全に趣味の作業となってますが、楽しんで作っています。在庫保管のコストが無い電子書籍は、1度作ってしまえば廃版になる心配は無いので、気長に待っていればいつかブレイクする可能性も、無いとは言えないのです(笑)。

 出版するリスクが無いので、売り上げが見込めない難関な詰碁集でもマイナビさん乗ってくれます。誰か出してみませんか?」

 NHK杯で優勝経験のある三村棋士の書いた電子書籍でもそんなものだったのです。

 普通、こんなことを世間に公表する人などいないですよね。

 私は、急に三村さんが好きになってしまいました。

 今までも好きだったのがさらに‥

 人生いろんなことがあるのです。

 皆さんも、少々の失敗にくじけてはいけません。

 いや、くじけてもまた、立ち上がればいいのです。


 三村さんの健闘を祈っています。



 電子書籍って、そんなに売れないのか、と思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 本日、私は先ず、安倍政権が閣議の議事録を公表することにしたことを歓迎したいと思います。

 よくやった!

 第二次安倍政権がやったことで、私が褒めるのは初めてのことなのです。

 但し、国民のなかには、どうせそのような議事録を公表しても、大事なことは秘密のままにされるのではないかと懐疑的な目を向ける人もいると思います。恐らくそれはそうでしょう。活発な議論が行われたとしても、果たしてどこまで率直にそうした議論が公開されるかは疑問なのです。

 しか〜し、それでも、議事録が公開されるからこそ、記者などが政治家に質問するとっかかりができるのです。

 いずれにしても、パブリックセクターの人間が何か話し合いを持ったら、それを簡潔でいいから議事録として残すのは鉄則です。こうして閣議の議事録が作成されるならば、そうしたことが政府部門全体に定着する一助となるでしょう。

 褒めるのはそれ位にして‥

 なんと、最近、また癒着が復活していることか!?

 そう思いませんか?

 一時期、金融庁の幹部が金融機関などに天下りするのは如何なものかという認識が高まり、実際、金融庁が発足して以降、金融庁の幹部のなかには、金融機関にだけは天下りしないという人もいたのです。

 では、最近はどうなのか?

 昔と同じではないですか!

 また、かつて監督官庁にいた人間が、許認可の対象である金融機関に天下る、と。

 世間では天下りと言えば、昔の言い方の特殊法人みたいなところを渡り歩き、そして何度も退職金をもらうことが一番批判されるようなのですが‥でも、そんなことは、国家的にみたらそれほど大したことではないのです。それよりも問題は、監督官庁にいた人間が許認可の対象に天下ることによる弊害の方が何倍も何十倍も大きいのです。

 誤解のないように言っておきますが‥私は、そうして天下った人たちの個人攻撃をしようというのでありません。個人的にはいい人も多いし、また、天下りを拒否したとしても、どうやって家族を養えばいいかという問題もあるので、同情すべき点も多いのです。

 しか〜し‥それでも言いたい。天下りをするにしても、かつての仕事とは関係のない企業などを紹介してもらうことはできないのか、と。それなら弊害も少なくて済むのです。

 でも、私の言うことは通らないのです。というのも、天下りを受け入れる側は、その人がかつて監督官庁で働いていた人でないと意味がないからなのです。つまり、天下りを受け入れることで許認可や仕事の発注、或いは、それ以外のいろいろな面で配慮をしてもらいたいということなのです。

 天下り先の企業は、受け入れる人間が実際に優秀かどうかなんてあんまり気にしないのです。むしろ、優秀かどうかよりおとなしくしてくれていた方がいい、と。彼らにとって大事なことは、問題が起きたときに、親元の役所に顔を利かせてくれるだけでいいのです。

 私、こうした古い体質が、日本の経済成長の大きな足かせになっていると思うのです。何故ならば、こうした天下りの制度に依存するような日本経済の体質こそが、良い意味での競争や創意工夫を阻害してしまうからなのです。

 厚生労働省のOBが製薬会社に天下る。これでどうして公正な指導監督が期待できるというのか? だって、製薬会社には自分たちの先輩がいて、そして、何年か後にはその場所に自分がいるかもしれないのですから。決して先輩を顔を潰す訳にはいかない、と。

 そんな風にして、国民の健康と安全がないがしろにされてしまうのです。

 財務省や金融庁のOBの金融機関への天下りにしても、そのようなOBがいれば、幾ら検査に入って杜撰な経営内容が分かったとしても、厳しいことは言い難いのです。

 そして、厳しいことを言わないから、益々経営内容が悪化し、そして、いずれ破たんして国民の税金が投入される、と。そして、税金が投入され、何年かして再建を果たすと、また官僚のOBが天下りするのです。

 防衛省の関係では、仕事の発注をうける重厚長大産業に極めて秩序正しくOBが送り込まれています。まるで、そうしないと仕事が確保できないと言わんばかりに。

 経済産業省と電力会社の癒着ぶりは、もう説明するまでもないでしょう。

 いずれにしても、そのような膠着した社会であってはいけない、それでは社会が進歩しないということで、何年か前に自民党政権との決別を選択した日本であった筈。

 しかし‥その後が拙かった。民主党の余りにも未熟な対応ぶりだけが目立ってしまいました。国民の期待が裏切られたのです。天下りの問題にしても、確かに何かをしようとしたことは認めますが、実際に行ったことはと言えば、退職後に天下りすることから、現役の身分のまま天下りをするようにさせただけだったのです。

 現役の身分を維持したままで企業に就職するのは、出向ではあって天下りではないというへ理屈。

 そうして民主党が国民の期待を裏切ったから、自民党が復活しただけなのです。

 では、自民党に期待できるのか?

 また、昔の自民党が復活しただけではないですか?

 もちろん、JTの役員人事のように現政権の怒りを買って、人事が覆された例もあるにはありますが‥でも、現政権のご機嫌さえ伺えば天下り自体を否定される訳ではないのです。

 というよりも、現政権は、そうした古いしがらみを捨てようとしないどころか、益々利用しようとしているのです。

 甘利大臣が言ったではないですか。

 安倍政権の賃上げ要請に協力しない企業は、後で経済産業省からお沙汰があるから待っていろ、と。

 その甘利大臣は、電力会社から政治献金を受け取っていることが判明したのはご承知のとおり。でも、電力会社から政治献金を受け取っているのは、甘利大臣だけではないのです。麻生副総理も、電力会社9社からパーティー券を買う形で政治献金を受けていたというのです。

 およよ!

 癒着は、何も企業との間だけのものではないのです。そうではなく、マスコミも大きくかかわっているのです。

 何故マスコミが政治家や官僚と癒着する必要があるのか?

 確かに、総務省を除いてそれほど関係が深いとは思えないのですが‥でも、役所や警察や政治家を大切にしておかないと貴重な情報が取れずに記事が書けないからなのです。自社が清く正しい姿勢を貫いて、役所や政治家との間に一定の距離を保とうとなどしては、大事な記事を書き損じてしまうのです。

 夜討ち朝駆け! 

 そうしないと特ダネはものにできないのです。

 しかし、余りにもそうした思いが激しくなると、つい政府のゴマすり記事を書いてしまう、と。

 本日の日経の記事をご覧になったでしょうか?

 「法人税10%下げなら GDP7兆円増」

 どう思いますか?

 そんなことを言われたら、今500兆円ほどあるGDPが507兆円になる訳だから、それだけで経済成長率が1.4%分ほど嵩上げされる、と考えてしまうのではないでしょうか。

 でも、本文を読んでみると、次のように書いてあるのです。

 「ここから経済への波及効果を計算すると、3〜5年程度でGDPは7兆円増え‥」

 何と紛らわしい記事であることか! 

 7兆円増えると言ったのは、3年から5年の合計でということなのです。だったら、1年間で1.4〜2.3兆円ということになり、だとしたら経済成長率の下支え効果は0.28%〜0.46%しかないのです。

 さらに税収についてはこんなことも書かれていました。

 「税収は13年度より1兆6千億円増えるという」

 これもそんな言い方をされると、単年度の税収が1兆6千億円増えるかのような気がするのですが、これも3年から5年の合計でということでしょうか?

 いずれにしても、何故税収が増えるのでしょうか? その根拠が示されていないのです。

 多分、GDPが増えるからだと言いたのでしょうが‥それにしても、例えば年間のGDPが多めに見積もって仮に2兆円増えたところで、どうしたら1兆6千億円も税収が増えるのでしょうか?

 そう考えると、これも3年から5年の合計でということになりそうですが、それでも疑問は残るのです。

 というのも、幾らGDPを2兆円ほど引き上げる効果があるとしても、そもそも法人税率を10%ポイント引き下げるのであれば、それで即、5兆円ほどの税収減になるので、とてもプラマイで計算してプラスになるとは思えないからなのです。

 この1兆6千億円税収が増えるというのは、3年から5年の合計でGDPを7兆円ほど引き上げる効果があり、そして、その7兆円分に引き下げられた後の25%程度の税率を掛けると1.75兆円になるので、それに近い考え方をしただけなのでしょうか?

 いずれにしても、法人税を10%ポイント引き下げるとGDPが7兆円増えると書くのは、詐欺の類だと言われても仕方がないでしょう。



 どうしても法人税を引き下げるムードを高めたいということか、と思った方、クリックをお願い致し
ます。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 つい先日、日米のTPP交渉において、牛肉の関税については実質的に話がついたかのような報道がなされていました。憶えているでしょうか?

 4月20日の読売の記事なのですが、引用させて頂きます。

 「牛肉関税「9%以上」…TPPで日米歩み寄り」

 「日米両政府が、環太平洋経済連携協定(TPP※)交渉を巡る2国間協議で、焦点となっていた農業分野の取り扱いについて、「大きく前進した」との認識で一致する見通しとなった。安倍首相と来日するオバマ米大統領が24日、首脳会談に合わせてまとめる共同声明に明記する。日本が関税を守りたい農産品の「重要5項目」のうち、牛肉については、現在の38・5%から、少なくとも9%以上とすることで折り合った」

 私はとっさに思いました。これはだいぶ譲歩したものだ、と。つい先日オーストラリアとの間では、冷凍牛肉の場合、18年かけて19.5%まで下げることに合意したことからすれば、余りにもバランスが取れないのではないか、と。オーストラリア産の牛肉と米国産の牛肉との間でこのような大きな違いを設けて、それが問題にならずに済むのか、と。

 まあ、ただ、それ以上のことは考えずにぼーっとしていたところ、予想もしなかった展開になっているのです。

 というのは、その記事を書いた読売の記者がなんと甘利大臣から出入り禁止の処分を受けたのだ、と。というのも、本日の参院外交防衛委員会で、小泉新次郎議員がその事実を明らかにしたからなのです。
 
 出入り禁止にするとは、そのような合意がなされたということは事実ではないのでしょうか?

 或いは、合意されそうな可能性がなきにしもあらずであるが、そのようなことをすっぱ抜かれたのでは、日本側が手の内を明かしたことになり、交渉が不利になってしまうということなのでしょうか?

 実は、昨日、担当の内閣審議官が緊急の記者会見を開いて、メディア各社に異例の要請をしていることも分かりました。

 具体的に何と言ったかと言えば、

 ・日米の協議実態が少なくとも日本の報道と違う

 ・こうした報道によって、米国が不信感を抱き協議に支障をきたしている

 ・積み重ねたガラス細工が報道で壊れた

 ・日米とも何一つ合意していない


 如何でしょうか? こうやって緊急の記者会見をするからには、交渉に支障が来しているのしょうか?

 私は、どうも疑問に思うのです。確かに日米は、何一つ合意していないと言えば、それはそのとおりかもしれません。しかし、では何故読売は、そのようなフライング気味の記事を書いたのか?

 功を焦ったのか? 或いは、甘利大臣が、疲労の余り喋ってはいけないことまで喋ってしまい、それが記事になってしまったのか?

 どうもおかしい!

 だって、そのような極秘事項を簡単に甘利大臣が口にする訳がないではないですか。

 そうでしょう? それに、そのようなことを記事にしたことによって、今後の交渉が巧く行かなくなる恐れがあることなど、担当の記者なら十分に分かることなのです。それに、政府の意向を尊重することで有名な読売がそのような記事を書いたのですから。

 いずれにしても、記者は記事にしてしまった。そして、出入り禁止にしたことによってその担当の記者に責任を被せ、そして、合意はないことになっているのです。

 私は、これこそやらせの可能性が高いと思うのです。

 というのも、米国産牛肉の関税引き下げ要請が頑強である一方、国内では、何としても関税を守り抜けという声が強い。

 甘利大臣としては、幾ら国内の声に応えたいと思っても、全く譲歩しないでは話にならない、と。交渉を成立させるためには、多少は譲歩しなければいけないのは当然のことなのです。

 では、どの程度までなら国内の関係者はギリギリ耐えることができるのか?

 それを知るために、読売の記者に観測記事を書かせて、国内の農業関係者の反応を見ることが狙いであったのではないでしょうか?

 但し、その記者は、甘利大臣の作戦にまんまと嵌っただけで、記者と甘利大臣が示し合わせて行ったとまでは言えないのですが‥

 いずれにしても、以上は私の推測にしか過ぎません。

 でも、甘利大臣が農業関係者の反応を見て、落としどころを探りたいと思ったとしても、それは当然だと思うのです。


 読売の記者が出入り禁止になったことがむしろ怪しいと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ