経済ニュースゼミ

小笠原誠治の、経済ニュースを通して世の中の動きを考察するブログです。地球温暖化阻止のために石油・石炭産出権取引を提唱します。産出権取引は排出権取引とは違います。みんな勘違いするのです。

2018年05月

 枝野代表が言うように、本当に卑怯な安倍総理。

 安倍総理が、「私や妻が関係していたとなれば首相も国会議員も辞める」と断言したのは余りにも有名。

 安倍総理を擁護する人々でさえ、あんなことを言わなければよかったのに、と言っていましたよね。

 それが、5月28日の参議院予算委員会では、「贈収賄は全くないという文脈で申し上げた」言い出す始末。

 枝野代表は言いました。

 「急に限定を付したとすればひきょうな行為」

 それに対して安倍総理は…

 「急に新しい定義を定めたわけではない。これは非常に明らかだ」


 どこが非常に明らかなのでしょうか?

 安倍総理は嘘をつくときに、非常にだとか、一切だとかという言葉を使うことで有名ですが…

 やっぱりね、というところです。

 嘘つきである故に、辞めると言っても辞めないのは当然かもしれません。

 もう総理に質問をするのは止めたらどうでしょうか?

 つまり、国会で野党の議員が総理に質問をしない、と。そうすると、総理は答弁の機会がなくなってしまうのです。

 総理に質問をするのではなく、担当の大臣に質問をする、と。

 そういう思い切った作戦に出ることが必要だと感じています。




 安倍総理は、もう相手にするなと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

 イタリア売りが起きているようです。

 ロイターの記事です。


 ユーロ圏金融・債券市場では、イタリア政局の混乱が深まったことを受け、同国債券・株式やユーロの売りが加速。2010─12年のユーロ圏債務危機を想起させる動きとなっている。
    イタリアの2年債利回りは150ベーシスポイント(bp)超上げ、2.73%に上昇。1日では1992年以来の大幅上昇となった。また、10年債利回りも一時50ベーシスポイント(bp)上げ、4年超ぶり水準の3.38%となった。
    この日実施された伊国債入札では、6カ月物の利回りが過去5年以上で最も高い水準を付けた。
    イタリアでは大衆迎合主義(ポピュリズム)政党「五つ星運動」と極右「同盟」が連立政権の樹立に失敗。マッタレッラ大統領は前日、カルロ・コッタレッリ元国際通貨基金(IMF)高官を暫定首相に指名し、2019年予算案の通過と来年初旬までに再選挙を実施する計画を進めるよう命じた。
    関係筋によると、再選挙は早ければ7月29日に実施される可能性があるという。同国のユーロ圏離脱の是非を問う事実上の国民投票になり得るとの懸念から、イタリア資産は総じて売りを浴びている。

   英国に次いでイタリアもユーロ離脱となれば…
 
 でも、今のところ、ユーロ離脱の可能性は小さいと見られているようです。

 ところで、こうしてユーロ危機が再燃するとリスクオフの様相が強まり…となれば、円高になるのですよね?

 本日、日経平均は米国市場の流れを受け、大きく値を下げています。ドル円も108円台となっています。

 リーマンショックから10年が経過しようとしており、そろそろまた一荒れしてもおかしくないかもしれません。

 円高になり、株価がどーんと落ちれば、流石に安倍政権は終了するでしょう。

 いずれにしても、リスクオフの様相が強まれば円高になるというのは、円キャリートレードの巻き戻しが起きるせいですが、では何故円キャリートレードが行われているかと言えば、日銀の異常なゼロ金利、或いはマイナス金利政策のせいなのです。

 日本では金利収入が得られないので、そしてまた、低コストの円資金が容易に手に入るので、それを原資にして海外で運用する、と。

 だとしたら、こうした馬鹿げた金融政策を採用していることがリスクオフ時に円高を引き起こす大きな原因になっている訳で…だったら、超緩和策はさっさと止めた方がいい訳です。

 その辺のことを安倍総理は分かっているのでしょうか?

 分かっている筈はないですよね。



 長期金利までコントロールするような禁じ手の政策は止めるべきだし、黒田総裁もさっさと辞任すべきだと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
  


このエントリーをはてなブックマークに追加

 もう、たいていのことには驚かなくなりましたが…そして、どこまでもどこまでも国民を騙し続ける安倍政権ですが…

 本日の国会中継を見ていて、本当に呆れました。

 決裁文書の改ざんについて財務省が謝罪をした後に、共産党の宮本議員に対して手渡した応接記録が改ざんされたものであることが明らかになりました。

 

 何と言っていいのやら?

 膿を出し尽くすなんて言っていますが、未だに膿が生産されているのです。従って、膿が出尽くすなんてことにはならないでしょう。

 それにしても酷い!

 麻生財務大臣は、大臣を続ける資格はありません。そして、安倍総理も、行政のトップとして責任を取る必要があります。

 森友、加計を巡る事件に安倍夫妻が全く関わっていなかったとしてもです。


 霞が関全体がこれだけ国会を愚弄するような行動を取り続けている訳ですから、その長である安倍総理は辞めて当然。


 でも、なんとも感じていないのでしょうね。

 やっぱり病気ですよ。

 それ以外に考えられない。




 安倍総理と麻生副総理はさっさと辞任すべきと思う方、怒りを込めてクリックをお願い致します。
 ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 NHKのニュースですが…


 
来年10月に消費税率の10%への引き上げが予定されていることについて、安倍総理大臣は、消費の落ち込みで経済が腰折れすることがないよう思い切った財政出動を行う考えを示しました。

 政府が来月、いわゆる「骨太の方針」をまとめるのを前に、公明党は、来年10月に消費税率の10%への引き上げが予定されているのを踏まえ、住宅や自動車などを購入する人に対し、家計負担の軽減を図るための措置を検討するよう求める提言を安倍総理大臣に提出しました。

 これに対し、安倍総理大臣は「増税時の駆け込み需要と反動減の対策として、2019年、2020年と相当思い切った財政出動をする。ここで失敗すると、10年くらい立ち直れず、デフレからの脱却ができないことになるので、ここはしっかりとやっていきたい」と応じました。

 一方、自民党が、財政健全化をめぐり、2025年度までの間に歳出・歳入両面で聖域なき改革を行い、基礎的財政収支の黒字化を達成すべきだなどと提言したのに対し、安倍総理大臣は「重く受け止める。骨太の方針に盛り込むべく努力する」と述べました。


 これを報じるアナウンサーは、何にも感じないのでしょうか?

 そしてまた、提言した公明党の政治家は本当に何を考えているのか、と。

 選挙に勝つためにはばら撒きを続けるのか?

 それにしても、総理の考えが一番分かりません。

 安倍総理の考えを抜き出すと…

 「増税時の駆け込み需要と反動減の対策として、2019年、2020年と相当思い切った財政出動をする。ここで失敗すると、10年くらい立ち直れず、デフレからの脱却ができないことになるので、ここはしっかりとやっていきたい」

 ここで失敗すると、と言っていますが…てめえが提唱した物価目標値政策が全く効果を有せず、どれだけマネーを市場に放出してもマイルドはなインフレは起きていないではないか!

 増税時の駆け込み需要と反動減が怖いというのであれば、緩やかに増税を実行すればいいだけ。

 例えば、税率を1%刻みで上げるとか、増税の対象を少しずつ広げるとか…

 或いは、消費に影響を及ぼさないように消費税を上げずに法人税や相続税を上げればいい、と。

 いろいろやり方はあるのです。

 安倍総理の言い分を聞いていると、とにかくばら撒きがしたいだけ!

 そうすれば支持率が上がると考えているのでしょうね。



 消費税を増税するために財政出動するのは愚の骨頂だと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

 私、思うのですが…安倍総理はある種の病気なのではないでしょうか?

 それでないと、ここまで嘘をつき通すことはできないと思うのです。

 つまり、嘘をなんとも思っていない、と。

 政治家はよく嘘をつくと思われていますが…そうした平均的な政治家と比べても遥かに嘘に対する感覚がずれているように感じます。

 安倍総理は、膿を出し切ると言います。

 でも、多くの人は、あんたがそれを言うのか、と思っているのではないでしょうか?

 本日、参議院と衆議院の予算委員会で総理への追及が行われていますが…

 安倍総理にとっては、カエルの面にションベン。

 山本太郎氏が、熱弁を奮っていますが…

 暖簾に腕押しですね。

 でも、最後に言いました。

 膿はあなた自身です、と。

 もうすぐ夏が到来します。

 膿の記念日でも新設すべきなのでしょうか?



 安倍総理の感覚は信じられないと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 また、安倍総理が国民を舐め腐ったことをしています。

 加計学園が報道各社にファックスを送りつけたのをご存知でしょうか?

 中身は、愛媛県が発表した文書の内容についてです。

 要するに、安倍総理と加計理事長が実際に会って話をしたかどうか。

 したに決まっているではないですか。

 それに、そもそもしょっちゅう会って、ゴルフをしたり酒を飲む間柄だから、嘘を言う必要もない、と。

 でも…

 ファックスにはこんなことが書いてあるのです。


 「一連の愛媛県文書にある打ち合わせの内容について、当時の関係者に記憶の範囲で確認できた
ことを下記のとおりコメントします。」


 「当時は、獣医学部設置の動きが一時停滞していた時期であり、何らかの打開策を探しておりました。
そのような状況の中で、構造改革特区から国家戦略特区を用いた申請にきりかえれば、活路が見いだせるのではないかとの考えから、当時の担当者が実際にはなかった総理と理事長の面会を引き合いに出し、県と市に誤った情報を与えてしまったように思うとの事でした」

 どこまで国民をバカにしたら気が済むのでしょうか?

 それに、この加計学園の主張も、伝聞ではないか、と。

 しかも、当時の担当者の記憶の範囲での話。

 どんなに嘘を言っても、記憶違いでしたと言えば、それで済んでしまう訳なのです。

 どうして、こんなに醜い姿を晒すのでしょうね。

 加計学園として言いたいことがあるのであれば、加計氏本人が堂々と記者会見すればいいだけの話です。

 しかし、皆の前には姿を現さない。


 ああ汚い!



 加計氏は、隠れていないで会見を開けと思う方、怒りを込めてクリックをお願い致します。
 ↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

 米朝首脳会談がまた開かれそうな雰囲気になっていますが…

 その前に、会談中止のニュースが入ってきたとき、安倍総理は次のように述べたのだとか。


 「北朝鮮の問題は米朝首脳会談に向けて、トランプ大統領と緊密に連携をとっており、その方針は完全に一致してきている。
今回、米朝首脳会談が実施されなくなったことは残念だが、トランプ大統領の判断を尊重し、支持する」

 「大切なことは核・ミサイル問題、そして何よりも重要な拉致問題が実質的に前進する機会となるような首脳会談にしなければならないということだ」
 
 その一方で、トランプ大統領の態度はと言えば…

 米朝首脳会談開催の可能性に含みを残しながらも、その一方で、北朝鮮への軍事的行動の可能性も示唆する、と。

 まあ、以前からも言ってきたことではあるのですが…

 しかし、今回は、そうした軍事行動に出た場合、韓国と日本が財政的な負担を負うとまで言っています。


 Likewise, I have spoken to South Korea and Japan and they are not only ready should foolish or reckless acts 
be taken by North Korea, but they are willing to shoulder much of the cost of any financial burden — any of the costs associated by the United States in operations, if such an unfortunate situation is forced upon us.

 「同様に、私は韓国と日本にも話をしているところである。彼らは、仮に北朝鮮が無謀な行動に出た場合、それに対して準備ができているだけではなく、その際の如何なる財政的負担をも喜んで引き受けると言っている。仮にそうした不幸な事態が我々に降りかかった際、米国の軍事行動に伴って発生する如何なる費用についても負担すると言っているのである」


 安倍総理は、北朝鮮の問題に関しては、米国とその方針が完全に一致していると言っていますが…ということは、安倍総理は、トランプ大統領が言うように、米国の軍事行動に伴って発生する費用を日本が負担するとはっきり約束しているのでしょうか?

 なんということでしょう!?

 でも、逆に言えば、日本が財政的な負担を拒絶しさえすれば、米国は軍事行動に踏み切りにくい、と。

 いずれにしても、米国は、北朝鮮が米国本土まで届く核兵器を開発したからこんなに神経質になっているのです。

 つまり、自国を守るために米朝首脳会談が必要だと感じているのに、仮に戦争になった場合には日本に対して金を出せ、と。

 理屈もへったくれもあったものではありません。

 なんのための総理大臣なのでしょうね。




  安倍総理こそ反日ではないかと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 布団のなかで未明にnprを聞いていたのですが、ずっと米朝首脳会談が中止になったことをやっていました。

 北朝鮮が揺さぶりをかけるものだから、それに対抗する意味で米国が揺さぶりをかけてもおかしくはないと思いますが…

 でも、如何なものなのでしょうか?

 人質を返してもらい…そして、核実験場を爆破までさせておいて、首脳会談は中止だなんて。

 トランプ大統領は、金正恩に書簡を送ったようですが…

 首脳会談を中止しなければならない決定的な理由は見出しがたいと思われます。

 米朝首脳会談


 それに呆れてしまう文言も含まれています。 


 You talk about your nuclear capabilities, but ours are so massive and  powerful that I pray to God they will never have to be used.


 「貴方は、北朝鮮の核兵器の能力について話をする。しかし、我々のものは大変でかく、そして大変強力だ。だから、それを決して使わなくてもいいように神に祈っている」

 核兵器が拡散しないようにする努力は大切ですが…

 でも、北朝鮮に対して、核を保有するなという米国が、核の脅威でもって自分たちの主張を押し通そうとしているのです。


 何かおかしくありませんか?

 だからこそ、北朝鮮も核開発をしてきたのではないでしょうか?


 
 早く、大統領の座から退いて欲しいと思います。


 トランプは早く大統領を辞めて欲しいと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 以前、安倍総理が、小学校の設置趣意書に関する朝日新聞の報道は「真っ赤な嘘だった」と批判したことを覚えておいででしょうか? 

 つまり、安倍晋三記念小学校という名など出てこないぞ、と。

 でも、昨日公表された交渉記録によれば、近畿財務局と大阪府の間では、安倍記念小学校という名の小学校ができることを前提として話が進んでいたのだとか。

 安倍晋三記念小学校


 ちゃんと安倍記念小学校という文字が出ていますね。

 真っ赤な嘘をついたのはどこのどいつだと言いたい!

 安倍総理は、相変わらず日大の内田前監督と同じように、指示はしていないと言い張っている訳ですが、正式に決まっていた訳ではないにしても、関係者の間で安倍晋三記念小学校と認識され、そしてなおかつ、総理夫人付きから財務省に対して優遇できないのかとの問い合わせがあり、さらに、昭恵夫人がその学校の名誉校長に就任していた訳ですから指示もへったくれもあるかと言いたい!


 指示以上の効果があったと言っていいでしょう。

 だから、8億円もの値引きをして国有地を売り払った、と。


 これ以上の証拠が必要な訳がない、と。



 安倍総理の態度と内田監督の態度はよく似ていると思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

 内田と井上が記者会見していますが…

 怪我させてこいとは言っていないと言っています。

 宮川選手は井上コーチが言ったことの意味を誤解しているのだ、と。

 バカか!

 それにしても、どうしてこんなアホな記者会見になるのか?

 ナンバーワンが指図しているのでしょうね。

 
 本当にアホな記者会見です。


 これで明日のテレビのワイドショーもまた炎上するでしょう。


 日大は絶対許してはいけないとおもう方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ