オバマ大統領の今回の一般教書演説、お聞きになりましたか?

 聞いていない? それはいけませんね。私が、私として気になった部分を選択の上、日本語に訳しましたので、どうぞご一読下さい。



No, we will not go back to an economy weakened by outsourcing, bad debt, and phony financial profits. Tonight, I want to speak about how we move forward, and lay out a blueprint for an economy that's built to last ? an economy built on American manufacturing, American energy, skills for American workers, and a renewal of American values.

「我々は、海外移転や巨額の債務、そして金融機関の偽りの利潤で弱められた経済に戻ることはない。今夜、私は、如何にして前進するか、そして長続きする経済の青写真を示したいと思う。アメリカの製造業、アメリカのエネルギー、アメリカの労働者の技能、そしてアメリカの価値観の上に拠って立つ経済である」

This blueprint begins with American manufacturing.

「青写真は、アメリカの製造業で始まる」

On the day I took office, our auto industry was on the verge of collapse. Some even said we should let it die. With a million jobs at stake, I refused to let that happen. In exchange for help, we demanded responsibility. We got workers and automakers to settle their differences. We got the industry to retool and restructure. Today, General Motors is back on top as the world's number one automaker. Chrysler has grown faster in the U.S. than any major car company. Ford is investing billions in U.S. plants and factories. And together, the entire industry added nearly 160,000 jobs.

「私が大統領に就任した日、自動車産業は崩壊に瀕していた。死なせた方がいいと言う者さえいた。百万人もの職がかかっていたので、私はそれを拒否した。政府の救済と引き換えに、私は責任を求めた。労働者と経営者側に和解させた。そして、自動車産業を再構築させた。本日、ジェネラルモータースは、世界ナンバーワンの企業に返り咲いた。クライスラーは、アメリカの他の如何なる主要企業よりも高い成長率を示している。フォードは、国内の工場に何十億ドルも投資している。そして、これら全てで、16万近くの職をもたらした」

We bet on American workers. We bet on American ingenuity. And tonight, the American auto industry is back.

「我々はアメリカ人の労働者に賭ける。アメリカ人の才能に賭ける。今夜、アメリカの自動車産業が戻ってきた」

What's happening in Detroit can happen in other industries. It can happen in Cleveland and Pittsburgh and Raleigh. We can't bring back every job that's left our shores. But right now, it's getting more expensive to do business in places like China. Meanwhile, America is more productive. A few weeks ago, the CEO of Master Lock told me that it now makes business sense for him to bring jobs back home. Today, for the first time in fifteen years, Master Lock's unionized plant in Milwaukee is running at full capacity.

「デトロイトで起きていることは、他の産業でも起こり得ることだ。クリーブランドでも、ピッツバーグでも、ローリーでも。我が国から去っていた仕事を全て戻すことはできない。しかし、今や、中国のようなところで会社経営をするのはもっと高くつくようになっている。その一方、アメリカの生産性はより高いのだ。数週間前、マスターロックのCEOが私に言った。国内に仕事を戻した方が合理的である、と。今日、この15年間で初めて、マスターロックの工場がミルウォーキーで操業を始めている」

So we have a huge opportunity, at this moment, to bring manufacturing back. But we have to seize it. Tonight, my message to business leaders is simple: Ask yourselves what you can do to bring jobs back to your country, and your country will do everything we can to help you succeed.

「従って、この瞬間、我々には製造業を蘇らせる大きなチャンスがあるのだ。しかし、我々はそのチャンスを掴む必要がある。今夜、私の経営者たちに対するメッセージは単純なことだ。貴方の国に仕事を引き戻すために、貴方が何をできるのかを問うて欲しい。そして、貴方の国は、貴方を助けるためにあらゆることをするであろう」

We should start with our tax code. Right now, companies get tax breaks for moving jobs and profits overseas. Meanwhile, companies that choose to stay in America get hit with one of the highest tax rates in the world. It makes no sense, and everyone knows it.

「税法の話から始めなければならない。今現在、会社は海外に仕事を移し、利益を挙げることに対して免税措置を受けている。一方、アメリカにとどまることを選んだ会社は世界で一番高い税率によって苦しんでいある。これはおかしい。誰もが知っている」

So let's change it. First, if you're a business that wants to outsource jobs, you shouldn't get a tax deduction for doing it. That money should be used to cover moving expenses for companies like Master Lock that decide to bring jobs home.

「だから、これを変えよう。先ず、貴方の会社が海外移転を望むのであれば、我々はそうすることに対して免税を認めない。そのお金は、マスターロックのように、仕事を国内に連れ戻した会社の移転費用に使われるべきである」

Second, no American company should be able to avoid paying its fair share of taxes by moving jobs and profits overseas. From now on, every multinational company should have to pay a basic minimum tax. And every penny should go towards lowering taxes for companies that choose to stay here and hire here.

「第二に、アメリカの会社であれば、海外に移転したり、海外に利益を移し替えることによって、公正な税負担を回避することができなくすべきである。今から先は、全ての多国籍企業が最小限度の基礎的税を支払うこととする。そして全てのお金を、国内にとどまり、国内で人を雇う会社の税を引き下げるために使う」

Third, if you're an American manufacturer, you should get a bigger tax cut. If you're a high-tech manufacturer, we should double the tax deduction you get for making products here. And if you want to relocate in a community that was hit hard when a factory left town, you should get help financing a new plant, equipment, or training for new workers.

「第三に、もし貴方が、アメリカの製造業者があれば、免税額を大きくする。もし、先端技術の製造業者であれば、国内で活動する場合には、対象となる免税額を2倍にする。そして、例えば、工場が立ち退いたために痛手を受けたような町に工場を新たに移転させる場合には、そうした工場や訓練施設の移転経費を融資する」

My message is simple. It's time to stop rewarding businesses that ship jobs overseas, and start rewarding companies that create jobs right here in America. Send me these tax reforms, and I'll sign them right away.

「私のメッセージは簡単である。海外に移転することに対して報いることを止める。代わりに、アメリカ国内で職を創造する企業に対して報いることにする。こうした法案を通して欲しい。直ぐにサインして法律を誕生させるから」

We're also making it easier for American businesses to sell products all over the world. Two years ago, I set a goal of doubling U.S. exports over five years. With the bipartisan trade agreements I signed into law, we are on track to meet that goal ? ahead of schedule. Soon, there will be millions of new customers for American goods in Panama, Colombia, and South Korea. Soon, there will be new cars on the streets of Seoul imported from Detroit, and Toledo, and Chicago.

「我々はまた、アメリカの企業が世界中に自分たちの製品を売りやすくもする。2年前、私は、アメリカの輸出を5年間で倍増する目標を立てた。超党派の合意によって立法化し、その目標に向かって走っている。目標を上回っているのだ。パナマ、コロンビア、韓国に何百万人というアメリカ製品の新しい顧客が直ぐに生まれるであろう。デトロイト、トレド、そしてシカゴから輸入された新しい車が、韓国の通りに直ぐ現れるであろう」

I will go anywhere in the world to open new markets for American products. And I will not stand by when our competitors don't play by the rules. We've brought trade cases against China at nearly twice the rate as the last administration ? and it's made a difference. Over a thousand Americans are working today because we stopped a surge in Chinese tires. But we need to do more. It's not right when another country lets our movies, music, and software be pirated. It's not fair when foreign manufacturers have a leg up on ours onlybecause they're heavily subsidized.

「アメリカ製品の新しい市場開拓のために、私はどこにでも出かけるつもりだ。そして、我々の競争者がルールに従って行動しない場合には、黙ってみていることはない。我々は、前政権に比べて2倍の割合で中国を提訴している。そこで違いも生まれるのだ。中国のタイヤの増加を食い止めたことで、今、千人を超すアメリカ人が働いている。しかし、まだやる必要がある。海外の製造業者が手厚い補助金を受けているというだけの理由で、競争力があるのであれば、公正ではない」

<中略>

During the Great Depression, America built the Hoover Dam and the Golden Gate Bridge. After World War II, we connected our States with a system of highways. Democratic and Republican administrations invested in great projects that benefited everybody, from the workers who built them to the businesses that still use them today.

「大恐慌のとき、アメリカはフーバーダムとゴールデンゲイトブリッジを建設した。第二次大戦の後、高速道路網を作って各州をつなげた。民主党の政権も共和党の政権も、大規模プロジェクトに投資をし、全ての人に利益をもたらした。それらの建設に従事した労働者から、今それらの施設を利用している企業に至るまで」

In the next few weeks, I will sign an Executive Order clearing away the red tape that slows down too many construction projects. But you need to fund these projects. Take the money we're no longer spending at war, use half of it to pay down our debt, and use the rest to do some nation-building right here at home.

「来週以降、多くの建設プロジェクトを遅らせる原因となっている行政の諸手続きを一掃する命令にサインをするつもりだ。しかし、これらのプロジェクトにはお金がかかる。そのお金は、不要になった戦費から調達する。半分は借金の返済に充て、残りをそうした施設の建設に使う」

There's never been a better time to build, especially since the construction industry was one of the hardest-hit when the housing bubble burst. Of course, construction workers weren't the only ones hurt. So were millions of innocent Americans who've seen their home values decline.

「建設時期としては今ほどいい時はない。特に、建設産業が、住宅バブル崩壊のために痛手を受けているときだからである。もちろん、建設関係の労働者だけが被害を被っているのではない。何百万人という非のないアメリカ人が住宅価値の低下によって被害を受けている」

<中略>

A return to the American values of fair play and shared responsibility will help us protect our people and our economy. But it should also guide us as we look to pay down our debt and invest in our future.

「フェアプレイと責任の分担というアメリカ人の価値観に戻ることが、我々と我々の経済を救うことになろう。しかし、借金を支払い、将来に投資する方向に我々を誘導するであろう」

Right now, our most immediate priority is stopping a tax hike on 160 million working Americans while the recovery is still fragile. People cannot afford losing $40 out of each paycheck this year. There are plenty of ways to get this done. So let's agree right here, right now: No side issues. No drama. Pass the payroll tax cut without delay.

「今、我々の最大の優先課題は、1億6千万人に圧し掛かる増税を止めさせることだ。景気回復がおぼつかないでいるのに。人々は、今年、各自の収入から40ドルを失う余裕はないのだ。このための方法はいろいろある。ここで合意しようではないか。今だ。小さな問題ではない。芝居でもない。所得税減税法案を遅滞なく通すべきだ」

When it comes to the deficit, we've already agreed to more than $2 trillion in cuts and savings. But we need to do more, and that means making choices. Right now, we're poised to spend nearly $1 trillion more on what was supposed to be a temporary tax break for the wealthiest 2 percent of Americans. Right now, because of loopholes and shelters in the tax code, a quarter of all millionaires pay lower tax rates than millions of middle-class households. Right now, Warren Buffett pays a lower tax rate
than his secretary.

「債務について言えば、我々は既に、2兆ドル以上もの削減と節約に合意している。しかし、まだやる必要がある。そして、それは選択の問題になる。今現在、我々はアメリカの2%の最富裕者層のための一時的減税のために、1兆ドル以上のもお金が使われることになっている。今現在、税法の抜け穴などのために、全ての億万長者の約四分の一が何百万人という中産階級の家庭の税率より低い率しか払っていない。今現在、ウォーレン・バフェット氏は、彼の秘書よりも低い税率しか支払っていない」

Do we want to keep these tax cuts for the wealthiest Americans? Or do we want to keep our investments in everything else ? like education and medical research; a strong military and care for our veterans? Because if we're serious about paying down our debt, we can't do both.

「我々は、最富裕者のアメリカ人のための減税をいつまでも続けたいのか? 或いは、教育や医学の研究などの他の分野に投資することを望まないのか? 強い軍事力や退役軍人のために使うべきでは? 何故ならば、もし借金を支払うことに真面目になるのであれば、両方のことを満足させるわけにはいかないからだ」

The American people know what the right choice is. So do I. As I told the Speaker this summer, I'm prepared to make more reforms that rein in the long term costs of Medicare and Medicaid, and strengthen Social Security, so long as those programs remain a guarantee of security for seniors.

「アメリカの人々は、何が正しい選択肢か分かっている。私もである。昨年の夏に下院議長に私が言ったように、私はメディケアとメディケイドの経費問題に関し長期的に取り組み、そして、社会保障を強化する用意がある。年配の者に対する保証が確保される限りは」

But in return, we need to change our tax code so that people like me, and an awful lot of Members of Congress, pay our fair share of taxes. Tax reform should follow the Buffett rule: If you make more than $1 million a year, you should not pay less than 30 percent in taxes. And my Republican friend Tom Coburn is right: Washington should stop subsidizing millionaires. In fact, if you're earning a million dollars
a year, you shouldn't get special tax subsidies or deductions. On the other hand, if you make under $250,000 a year, like 98 percent of American families, your taxes shouldn't go up. You're the ones struggling with rising costs and stagnant wages. You're the ones who need relief.

「しかし、代わりに税法を変える必要がある。私のような者、及び議会の多くのメンバーのような者が、公正な分担金を払うためにだ。税改革は、バフェット・ルールに従うべきだ。もし、貴方が年間100万ドル以上を稼ぐのであれば、収入の30%以上を支払うべきだ。私の共和党の友人であるトム・コバンは正しい。ワシントンは、億万長者に補助金を与えることを止めるべきである。事実、もし貴方が年間100万ドル以上稼いでいるのであれば、貴方は特例措置や特別控除を受けるべきではない。一方、貴方が、年間25万ドル未満しか稼がないのであれば、つまり、全てのアメリカ人の家庭の98%のような稼ぎしかないのであれば、貴方の支払う税が上がることはない。貴方は、上がる経費と、上がらない賃金に苦しんでいるのであるから。貴方こそが支援を必要としているのだ」

<中略>

Finally, none of these reforms can happen unless we also lower the temperature in this town. We need to end the notion that the two parties must be locked in a perpetual campaign of mutual destruction; that politics is about clinging to rigid ideologies instead of building consensus around common sense ideas.


「最後に、こうした改革は、この街(ワシントン)の温度を下げなければ起こりえない。我々は、二つの党は互いに破壊しあうという永遠の宿命を打破しなければならない。政治は、常識的な考えを築き上げるのではなく、凝り固まったイデオロギーにしがみつくという概念を打破しなければならない」

I'm a Democrat. But I believe what Republican Abraham Lincoln believed: That Government should do for people only what they cannot do better by themselves, and no more. That's why my education reform offers more competition, and more control for schools and States. That's why we're getting rid of regulations that don't work. That's why our health care law relies on a reformed private market, not a Government program.

「私は、民主党員である。しかし、私は共和党のリンカーンが信じたことを信じる。政府は、国民が上手にすることができないことだけを、国民のためにするべきであって、それ以上のことをすべきではない。それが、私の教育改革がもっと競争と、学校や州に対するコントロールを強めようとする理由である。それが、健康保険法が政府の考えよりも市場の改善された原理に従うべきとする理由である」

<中略>

Anyone who tells you otherwise, anyone who tells you that America is in decline or that our influence has waned, doesn't know what they're talking about. That's not the message we get from leaders around the world, all of whom are eager to work with us. That's not how people feel from Tokyo to Berlin; from Cape Town to Rio; where opinions of America are higher than they've been in years. Yes, the world is changing; no, we can't control every event. But America remains the one indispensable nation in world affairs ? and as long as I'm President, I intend to keep it that way.

「そうではないという者がいる。アメリカは衰退している、或いは我々の影響力は弱まっているという者がいる。しかし、そう言う者は、自分が何を言っているのか分からないのだ。我々が世界のリーダーたちから得るメッセージはそんなものではない。彼らは皆、我々と一緒に働きたがっている。東京からベルリンに至るまで、人々はそのようには感じてはいない。ケープタウンからリオに至るまで。長年、アメリカの評価が彼らより高いところではそうなのだ。確かに世界は変化している。確かに我々は全てをコントロールすることはできない。しかし、世界の出来事において、アメリカは欠くことのできない存在でいるのだ。私が大統領でいる限り。そして、私はそれを維持するつもりだ」


 ああ、やっぱり人間って、どこの国にいっても、自分たちが一番だ、と思いたいのですよね。

 だからこそ、自分たちはナンバーワンだと言ってくれる大統領を求めるのでしょう。

 いずれにしても、オバマ大統領の言うことを聞いていると、もはや市場経済の国と呼ぶには相応しくないような気もしているのですが。でも、大統領はセールスマンになる覚悟がある、と。



 経済の話がやっぱり中心だったね、と思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ