日本時間の明日午前1時に、トランプ氏が大統領選後初めての記者会見に応じるとされています。

 どのような会見になるのか、世界的に大変注目されています。

 貴方も関心があるでしょう?

 ありませんか?

 トランプ氏の考えていることは、ツイッターで分かっているから?

 でも、だからこそトランプ氏の真意というか…いろんなことを質問してみたいという気になりませんか?

 ただ、トランプ氏としては、鋭い質問が浴びせられるだろうということを予期して、失言しないように慎重な受け答えをすると思うのですが…でも、そのうちに地が出てしまい、とんでもない展開になることも予想されるのです。

 いずれにしても、記者たちからはどんな質問がなされるのでしょうか?

 私だったら、次のようなことを聞きたいと思います。

(1)中国を為替操作国に認定することについて

 トランプ氏は、かねてより中国が人民元の価値を不当に操作し、自国の輸出に有利になるようにしていると主張しているが、この2年間ほどは、むしろ人民元の価値を維持するために介入を行っている。それでも中国を為替操作国に認定するつもりなのか?中国が米国の最大の債権者である事実をどう考えているのか?

(2)個別企業の経営に口を挟むことについて

 米国の自動車メーカーのみならず、トヨタのメキシコにおける工場建設について、トランプ氏はツイッタ―で批判しているが、大統領になってもそのようなことを続けるつもりなのか? 市場経済原理を信奉する米国のリーダーがそのようなことをすべきなのか?そのようなことが認められる法的根拠があるのか?

(3)大型減税について

 トランプ政権になったら大型減税が実施されると予想されているが、大型減税を実施しても恩恵を受けるのは主に富裕層と大企業であって、トランプ氏を支持したラストベルトの失業者たちが恩恵を受けることはないと思うが、如何か?

(4)インフラ投資について

 インフラ投資を行なうための財源をどうやって確保するのか? 連邦政府の借金が増えることになっても構わないと考えるのか? また、現在、雇用水準は相当に回復しており、そのような状況下で財政出動する理論的な根拠はあるのか?

(5)ドル高について

 トランプ氏は、米国の産業の復活を目指していると理解しているが、トランプ氏が次期大統領に決定して以降、むしろドル高が続いている。今後、ドル高を是正する気持ちはあるのか? それとも強いドルが好ましいと考えるのか?

(6)ロシアとの関係について

 トランプ氏はロシアと仲良くすると言っており、また、ロシアへの経済制裁を支持する人々をバカだと罵っているが、今後、対露経済政策をどうするつもりなのか?ロシアに接近することで、欧州勢の支持が失われてもいいと考えるのか?

(7)メキシコとの国境の壁建設について

 メキシコとの国境に建設する壁の費用について、トランプ氏は、メキシコ側に支払わせると言っているが、メキシコ側がそれを支払うとは思えない。どうやって支払わせるつもりなのか?

(8)保護主義政策について

 トランプ氏は、中国やメキシコからの輸入品に高い関税をかけることやNAFTAの見直しを主張しているが、そうなるとマイナスの影響を受ける産業がある他、米国民の生活が苦しくなることが危惧されるが、そのことをどう考えるのか?


 まだまだ、質問したいことが尽きませんが…

 いずれにしても、これらの質問に関して、一つひとつ納得のいく回答をするのは非常に困難でしょう。

 都合の悪い質問になると、私は、そんなことを言ってはいない。真意は違うなんて、はぐらかしてしまうのでしょうか?

 怖いもの見たさというか、興味が尽きません。



 トランプ氏の記者会見を是非見てみたいと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村