いや、トランプ次期大統領の記者会見は、大変なことになってしまいましたね。

 トランプ氏らしいと言えば、そのとおりなのですが。

 先ず、経済政策について、トランプ氏が語ったことはと言えば…

 これまで言ってきたことの繰り返しで、全くと言っていいほど新しい情報はありません。


 ・最も多くの雇用を作り出す大統領になる

 ・米国外に工場を作る企業には高い国境税をかける

 ・米国の通商協定は完全な失敗だ

 ・中国や日本、メキシコなどと貿易不均衡に陥っている


・We’re going to create jobs. I said that I will be the greatest jobs producer that God ever created. And I mean that, I really — I’m going to work very hard on that. We need certain amounts of other things, including a little bit of luck, but I think we’re going to do a real job. And I’m very proud of what we’ve done.

「我々は仕事を創る。私は、神が創造した最大の職の製造者になると言った。本気だ。そのために一生懸命に働く。他にもやるべきことはある。運も必要かもしれない。しかし、本当の仕事をやるつもりだ。私は、これまでやってきたことに誇りを感じている」
 
・You’re going to pay a very large border tax. So if you want to move to another country and if you want to fire all of our great American workers that got you there in the first place…

「高い国境税を支払うことになる。もし、他の国に移転したいと思うのであれば、もし、雇用している偉大な米国民の労働者を解雇したいと思うのであれば…」

・I want to bring the greatest people into government, because we’re way behind. We don’t make good deals any more. I say it all the time in speeches. We don’t
make good deals anymore; we make bad deals. Our trade deals are a disaster.

「我々は他国に比べて遅れているので政府に有能な人材を送り込みたい。このままでは良い取引ができない。そのことを私はいつも言っている。拙い取引ばかりだ。悲惨なものだ」

・We have hundreds of billions of dollars of losses on a yearly basis — hundreds of billions with China on trade and trade imbalance, with Japan, with Mexico, with just about everybody. We don’t make good deals anymore.

「我々は、毎年何千億ドルもの損失を被っている。中国との貿易収支が何千億ドルもの赤字になっているのだ。日本やメキシコとの間でも不均衡が生じている。誰とでもだ。このままでは良くならない」

 Japan という文字も現れていますが…これで米国の製造業が復活するとはとても思えません。

 いずれにしても、一番注目を浴びたところはと言えば、CNNの記者と間の応酬であったと言っていいでしょう。

QUESTION: Since you’re attacking us, can you give us a question? Mr. President-elect —

「貴方は我々を攻撃しているが、質問させてもらえますか、次期大統領」

TRUMP: Go ahead.

「次、どうぞ」

QUESTION: Mr. President-elect, since you are attacking our news organization...

「次期大統領、貴方は我々のニュース会社を攻撃しているが…」

TRUMP: Not you.

「貴方ではない」

QUESTION: Can you give us a chance?

「話す機会をもらえますか」

TRUMP: Your organization is terrible.

「貴方の会社は酷い」

QUESTION: You are attacking our news organization, can you give us a chance to ask a question, sir? Sir, can you...

「貴方は我々のニュース会社を攻撃している。質問させてもらえませんか」

TRUMP: Quiet.

「黙れ」

QUESTION: Mr. President-elect, can you say...

「次期大統領、質問を…」

TRUMP: He’s asking a question, don’t be rude. Don’t be rude.

「彼が質問しようとしている。失礼だ」

QUESTION: Can you give us a question since you’re attacking us? Can you give us a question?

「我々を攻撃しているのだから、質問をさせて欲しい。質問を認めないのですか」

TRUMP: Don’t be rude. No, I’m not going to give you a question. I’m not going to give you a question.

「失礼だ。質問は認めない。質もは認めない」

QUESTION: Can you state...

「言うことはできないの…」

TRUMP: You are fake news. Go ahead.

「インチキニュースだ。次、どうぞ」

QUESTION: Sir, can you state categorically that nobody — no, Mr. President-elect, that’s not appropriate.

「誰も、どんな次期大統領も、それが適切でないときっぱり認めることはできないのでしょうか」


 こんなやり取り、本当に信じられません。

 先が思いやられますよね。

 ハネムーン期間中は新政権の批判は控えられるなんて見方がありましたが、メディアのなかには早速批判を始めるところがあるのではないでしょうか。


 以下、蛇足です。

 この会見の模様についてTBSのひるおび!が報じていました。

 恵さん曰く、「黙れっていうのは、英語で何と言うのですか?」

 元共同通信の春名さんは次のように答えます。

 「シャラプです」

 でも、この会見の場で言ったのは、そうではなかったですよね。

 さて、何と言ったのでしょう。

 Quiet! が正解です。



 こんな人が大統領になって、どうなるのだろうと思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ



にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村