トランプ大統領が急遽記者会見を行ない、またメディアを批判しているようです。

 Unfortunately, much of the media in Washington, D.C., along with New York, Los Angeles in particular, speaks not for the people, but for the special interests and for those profiting off a very, very obviously broken system. The press has become so dishonest that if we don’t talk about, we are doing a tremendous disservice to the American people. Tremendous disservice. We have to talk to find out what’s going on, because the press honestly is out of control. The level of dishonesty is out of control.

 「不幸なことにワシントンのメディアの多く、特にニューヨークタイムズやロサンジェルスタイムズは、国民のために意見を言うのではなく、特別な利益のため、破綻したシステムから利益を吸い上げる者のために意見を言う。報道機関がそれほど不誠実なものになっているので、もし、我々がそのことについて語らなければ、我々はアメリカ国民に対して大変な害を与えることになる。大変な害だ。何が起きているかを知ってもらうために我々は語らなければならない。報道機関の正直さが保てなくなっているからだ。統制できないほど不正直になっている」

 如何でしょうか?

 この発言を聞いて、米国の報道関係者はどのように感じているのでしょうか?

 そしてまた、日本の報道関係者はどのように感じているのでしょうか?

 トランプ大統領は、メディアがout of control であると嘆く訳ですが…

 その点、日本はどうなのか?

 答えは、アンコン。

 アンコンなんて言われても、ネットとは無縁の生活を送っている人にとっては、なんのこっちゃいな、と。under control と言えば、お分かりになるでしょうか?

 つまり、統制下にある、と。

 トランプ大統領と一緒になってメディアの悪口を言っていた安倍総理。

 トランプ大統領は、日本が羨ましいと思っているかもしれません。

 そして、安倍総理は、トランプ大統領がもっと報道関係者と会食すればよいのにと思っているかもしれません。

 でも、どうなのでしょうね。特定の報道関係者とのみ会食するというのも。

 最近テレビに登場するのは、そうやって総理と特別の関係を築いているような人間ばかりではないですか?!

 そして、自分たちだけが情報を独占して、得意げな顔でそれをテレビで披露する、と。

 日本は、アンコン。

 アンコンされた日本のメディア。

 愛国小学校設立認可の問題ほど、疑問点の多い事例もないのです。

 つまり、豊洲移転などよりも、もっと面白く、視聴率が稼げる問題なのです。

 そんなに視聴者の関心を集めることが分かっている問題を何故、テレビや新聞は取り上げないのか?

 しかし、週刊誌は少しずつ報道し始めています。

 そして、その週刊誌の見出しが新聞に掲載されると、人々の関心が少しずつ高まっていくのです。

 本日予算委員会で…まあ、午後の部からでしょうが、質問があるのではないかと思っています。



 国会は、愛国小学校の設立認可及びそれに伴う国有地の売却について鋭く追及すべきだと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ