FRBが利上げに踏み切りました。

 事前に十分予想されていたのでサプライズはありませんでしたが、何故今また、利上げを行ったのでしょうか?

 イエレン議長の記者会見の一部をご紹介します。

 長文ですので、ポイントだけでいいという人は、最後の方の金融政策の部分だけでも読んで下さい。

Today, the Federal Open Market Committee decided to raise the target range for the federal funds rate by 1/4 percentage point, bringing it to 3/4 to 1 percent.

「本日、FOMC(公開市場委員会)は、政策金利の誘導目標を0.25%引き上げ、0.75%〜1.00%にすることに決定した」


Our decision to make another gradual reduction in the amount of policy accommodation reflects the economy’s continued progress toward the employment and price stability objectives assigned to us by law.  

「我々は、緩和内容をさらに弱めるという決定をしたが、それは、法律によって我々に託された2つの目標である雇用の最大化と物価の安定に関して改善が見られることを反映している」


For some time the Committee has judged that,if economic conditions evolved as anticipated, gradual increases in the federal funds rate would likely be appropriate to achieve and maintain our objectives.  

「経済が予想通りに進展するのであれば、政策金利を緩やかに引き上げることが、我々の目標を達成し維持する上で適当なものとなりそうだと委員会は判断してきた」


Today’s decision is in line with that view and does not represent a reassessment of the economic outlook or of the appropriate course for monetary policy.  

「本日の決定はそうした見解に沿ったものであり、経済の見通しを変えたものではなく、また金融政策の方向性を変えたものでもない」


I’ll have more to say about monetary policy shortly, but first I’ll review recent economic developments and the outlook.

「金融政策に関してはもう少し言うことがあるが、先ず、最近の経済の動向と今後の見通しについて述べることにする」


■経済の動向と見通し

The economy continues to expand at a  moderate pace.

「経済は緩やかなペースで拡大している」

Solid income gains and relatively high levels of consumer sentiment and wealth have supported household spending growth.

「所得の伸びが堅調であり、また、消費者マインドが旺盛になっていることや資産効果が家計の消費の伸びを支えている」


Business investment, which was soft for much of last year, has firmed somewhat, and business sentiment is at favorable levels.

「昨年軟調であった企業の投資活動も幾分持ち直し、起業家マインドが好ましい水準に達している」


Overall, we continue to expect that the economy will expand at a moderate pace over the next few years.

「総じてみれば、経済は今後数年間、穏やかなペースで拡大すると引き続き予想される」


■雇用

Job gains averaged about 200,000 per month over the past three months, maintaining the solid pace we have seen over the past year.

「就業者数の伸びは、過去3か月間において平均20万人となっており、過去の堅調なペースを維持している」


The unemployment rate was 4.7 percent in February, near its recent low.

「2月の失業率は4.7%となり、直近のボトム水準に近づいている」


Broader measures of labor market underutilization also remain low.

「雇用市場における広義の失業者の数値も引き続き低い」


Participation in the labor force has been little changed, on net, for about three years.

「労働参加率は、過去3年間、ネットベースでみて殆ど変化はない」


Given the underlying downward trend in participation stemming largely from the aging of the U.S.population, a relatively steady participation rate is a  further sign of improving conditions in the labor market.

「米国社会の高齢化によって労働参加率に下押し圧力がかかっていることからすれば、比較的安定した労働参加率が維持されているということは、雇用市場に改善が見られる証拠である」


Looking ahead, we expect that job conditions will strengthen somewhat further.

「将来的には、雇用状況はさらに改善するとみている」


■物価

Turning to inflation, the 12-month change in the price index for personal consumption expenditures rose to nearly 2 percent in January, up from less than 1 percent last summer.

「物価に目を転じると、消費者物価の前年比は、1月に2%近くまで上昇した。昨年の夏には1%未満にとどまっていたのにである」


That rise was largely driven by energy prices, which have been increasing recently after earlier declines.

「その主な理由はエネルギー価格によるものであり、エネルギー価格は下落後上昇を続けている」


Core inflation--which excludes volatile energy and food prices and tends to be a  better indicator of future inflation--has been little changed in recent months at about 1-3/4percent.

「変動の激しいエネルギーと食料を除いたコアインフレ指数は、将来の物価動向を示す良い指標になり得るが、そのコアインフレ指数は最近殆ど変っておらず、1.75%程度の水準にある」


We expect core inflation to move up and overall inflation to stabilize around 2 percent over the next couple of years, in line with our longer-run objective.

「我々は、今後数年間において、コアインフレ率が上昇し、全体のインフレ率は我々の長期目標に沿った2%程度で落ち着くとみている」


■景気見通し

Let me now turn to the economic projections that were submitted for this meeting by Committee participants.

「当委員会の参加者から提出された景気見通しについてみてみよう」

   
As always, participants conditioned their projections on their own individual views of appropriate monetary policy, which, in turn, depend on each participant’s assessment of the many factors that shape the outlook.  

「いつものことながら、参加者たちは、自分たちが適当であると認める金融政策が行われることを前提に見通しを考える。そしてまた、その金融政策は、景気見通しに影響を与える多くの要因に対する参加者たちの見方に依存している」


The median projection for growth of inflation-adjusted gross domestic product is 2.1 percent this year and next and edges down to 1.9 percent in 2019, slightly above its estimated longer-run rate.

「実質経済成長率に関する中央値は今年は2.1%であり、2019年には1.9%と少し下落するが、長期見通しの水準を若干上回っている」


The median projection for the unemployment rate stands at 4.5 percent in the fourth quarter of this year and remains at  that level over the next two years, modestly below the median estimate of its longer-run normal rate.

「失業率の中央値については、今年の第4四半期において4.5%となり、今後数年間はそのレベルにとどまる。長期見通しの水準を若干下回るレベルである」


Finally, the median inflation projection is 1.9 percent this year and rises to 2 percent in 2018 and 2019.  

「最後に、予想インフレ率の中央値については、今年が1.9%であり、2018年と2019年は2%に上昇する。


These economic projections are very little changed from those made in December.

「こうした経済見通しは、昨年12月時点のものと殆ど変っていない」


■金融政策

Returning to monetary policy, the Committee judged that a modest increase in the federal funds rate is appropriate in light of the economy’s solid progress toward our goals of maximum employment and price stability.

「金融政策に戻ると、当委員会は、雇用の最大化と物価の安定という2つの目標に向かって経済が進歩している現状に鑑みるとき、政策金利を緩やかに引き上げることは適切であると判断した」


Even after this increase, monetary policy remains accommodative, thus supporting some further strengthening in the job market and a  sustained return to 2 percent inflation.

「今回の金利引き上げ後も、金融政策は依然として緩和的であり、従って、雇用市場の強化とインフレ率を2%に向かわせることを下支えするものである」


Today’s decision also reflects our view that waiting too long to scale back some accommodation could potentially require us to raise rates rapidly sometime down the road, which, in turn, could risk disrupting financial markets and pushing the economy into recession.

「本日の決定は、緩和策の変更に時間を要し過ぎると、将来のある時点で金利を急激に引き上げざるを得ないよう状況を作り出す恐れがあり、そうなると却って金融市場を混乱させるとともに、景気を悪化させる恐れがあるという我々の判断を反映している 」


We continue to expect that the ongoing strength of the economy will warrant gradual increases in the federal funds rate to achieve and maintain our objectives.

「我々は、現在のペースで経済が拡大すれば、緩やかな金利引き上げは、我々の目標を達成、維持するために適切なものとなると引き続き予想する」


That’s based on our view that the neutral nominal federal funds rate--that is, the interest rate that is neither expansionary nor contractionary and keeps the economy operating on an even keel--is currently quite low by historical standards.

「そのことは、拡張的でもなければ収縮的でもなく、経済を安定的に運営していく政策金利、その名目の中立的金利が、現在、歴史的な水準に比べると相当低くなっているという我々の見解に基づいている」


That means that the federal funds rate does not have to rise all that much to get to a neutral policy stance.

「このため、政策金利は、中立的政策に至るほど上げる必要はないということを意味する」


We also expect the neutral level of the federal funds rate to rise somewhat over time, meaning that additional gradual rate hikes are likely to be appropriate over the next few years to sustain the economic expansion.  

「我々はまた、政策金利の中立的な水準が時間をかけて上がっていくことを予想している。そのことは景気の拡大を維持するために今後数年間かけて徐々に金利を引き上げることが適当であろうと思われることを意味する」


Even so, the Committee continues to anticipate that the longer-run neutral level of the federal funds rate is still likely to remain below levels that prevailed in previous decades.

「但し、そうではあっても、当委員会は、長期的な政策金利の中立的水準はかつての水準に比べると依然として低い水準にとどまると引き続き予想する」


This view is consistent with participants’ projections of appropriate monetary policy.

「この見解は、参加者たちの金融政策の見通しと一致するものである」


The median projection for the federal funds rate is 1.4 percent at the end of this year, 2.1 percent at the end of next year, and 3 percent at the end of 2019, in line with its estimated longer-run value.

「政策金利の予想の中央値は、今年末の時点で1.4%、来年末の時点で2.1%、そして、2019年末の時点で3%である。これは長期見通しに一致するものである」


Compared with the projections made in December, the median path for the federal funds rate is essentially unchanged.

「昨年の12月になされた見通しと比べて政策金利の中央値に本質的な変化は生じていない」



 これまでもイエレン議長の発言をフォローしてきた人にとっては、今回の説明に格別目新しいことはないのです。

 利上げを必要以上に先送りすれば、景気が過熱して金融の引き締めを強化せざるを得なくなったとき、そうでない場合以上に急ピッチで利上げをする必要に迫られるが、そうなると副作用が生じ、経済を混乱させてしまうことが懸念される、と。だから、今、まだ実際にインフレが酷くなっている訳ではないが、少しずつ利上げをしておく方が賢明だ、と。


 翻って日本の場合はどうなのでしょうね?

 日本がまたインフレで苦しむなんてことはないのでしょうか?

 ないならないで結構なことですが、仮にまたインフレが発生した場合は、今の超緩和策の反動でとんでもない事態になることが懸念されるのです。




 黒田総裁は、安倍総理と一緒に辞めて欲しいと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ