今朝のフジテレビの番組を見ていると、トランプ大統領は初めて大統領らしいことをしたと米国内で賞賛されているなんて報じていた訳ですが…

 本当に最近のフジテレビっていうのは偏っているとしか思えません。

 もちろん、多くの議員たちは、今回の大統領の決断を支持しているとは言われているのですが…

 でも、同時に多くの疑問も湧いてくると言われているのです。

 保守的と言われるNPRでさえも、次のような疑問を提示しているのです。


President Trump made the biggest move of his presidency so far Thursday night — he struck Syrian military targets after an apparent chemical weapons attack allegedly ordered by Syria's Bashar Assad against his own people.

「トランプ大統領は、木曜日の夜、大統領就任以降最も注目すべき行動に打って出た。シリアのアサド大統領の命令で行われたシリア国民に対する化学兵器による攻撃がなされた後、シリアの軍事基地を攻撃したのだ」

Trump — who said it was in the "vital national security interest of the United States to prevent and deter the spread and use of deadly chemical weapons" — can use this politically to paint himself as a strong leader who will act decisively. The move also came at a low point in his presidency, which has been marred lately by infighting in his White House and a lack of action on his domestic agenda. Between this Syria action, which his team is painting as a leadership moment, and the Senate's confirmation of Neil Gorsuch, Trump's nominee for the Supreme Court, Trump hopes to get his presidency on track.

「化学兵器の拡散と使用を防ぐことが米国の安全保障を確保する上で極めて重要であると言ったトランプ大統領は、そのセリフによって行動する強いリーダーというイメージを自分に植え付けることができるのだ。また、この決断は、大統領の支持率が低い中で行われたとも言える。ホワイトハウス内での内紛と国内政策に関する実行力のなさによって支持率は下がっていた。このシリア問題に対する決断を大統領チームは、決断のときと位置付けたが、その決断と大統領が最高裁判事に指名したニール・ゴーサッチの上院で承認されるまでの間に、トランプ大統領は自分の政権が軌道に乗ることを祈った」

But the strike leaves more questions than answers, like how does it square with Trump's "America First" policy; does this mean a change in approach toward Syria and Russia; and, most importantly, what's next? Members of Congress on both sides of the aisle are supporting the decision, even if with reservations on the Democratic side. As it is, the legal justification for the bombing is murky — as are all unilateral military actions by an American president without congressional approval. And, any wider effort would seem to demand action from Congress.

「しかし、シリア攻撃には多くの疑問を残している。これは、トランプのアメリカ第一主義とどのように折り合いをつけるのか、と。シリアとロシアに対するアメリカの対応ぶりに変化が起きるのか、と。そして、最も重要なことは次に何が起きるのか、と。民主党は留保条件を付けてはいるが、議会では両党ともこの決断を支持している。但し、そうではあるが、爆撃の法的正当性はグレーでもある。議会の承認なしに大統領が決断した米国の一方的な行動でもある。議会の承認を得るための努力が必要であるように思われる」

We asked NPR reporters, from the political team to the international desk, to explore those and some other key questions below:

「我々は、政治部担当の記者から国際担当のデスクに至るまで、NPRのレポーターたちに次のような質問をした」

1. Is this a one-off or is there more to come and what would that mean?

「今回の攻撃は1回限りのものなのか、それとも続きがあるのか? そして、それは何を意味するのか?」

Tom Bowman, NPR Pentagon correspondent: There's no indication of further action. It was a narrowly focused mission. Sen. John McCain, R-Ariz., is advocating for taking out the entire Syrian air force, but there's no indication the Trump administration will do that. The White House is likely to forge ahead with trying to defeat ISIS as the focus in Syria — with the help of the Turkish arm of the Kurds. The political solution that has been talked about is turning Syria into a confederated state, split into various parts only partially governed by Assad.

「ペンタゴン担当のトムバウマン: さらなる攻撃があるとは示されていない。この任務の目的は限定されていた。マケイン上院議員は、シリアの空軍の壊滅を主張しているが、トランプ政権がそうするという兆しはない。ホワイトハウスは、トルコ軍の助けを得てシリアにいるISISを負かすことに力を注ぐとみられる。これまで語られてきた政治的な解決策は、シリアを連合政府に転換させることである。アサドにより部分的に統治されるものなどへ区分けするのだ」

This action is a feel-good kind of thing for Trump. Blow away aircraft; you don't kill any Russians, and that's it. It's good optics, like the Carrier deal. But there's a big question here. Trump saw those pictures of children suffering and killed from the attack, and everyone was obviously disgusted. But if you're someone in Syria, you might be asking, you got really upset over roughly 80 people being killed, but if they hit me with a conventional bomb, that's OK? Thousands have already been killed and millions displaced.

「今回の行動は、トランプ大統領にとって受けが良い。戦闘機を追いやったため、ロシア人を殺すこともない。それで終わり。見た目がいいのだ。しかし、大きな疑問が残る。トランプは、毒ガス攻撃にやられて苦しみ、死ぬ子供たちの写真を見た。誰でもが嫌悪をもよおす。しかし、あなたがシリアのいる誰かだとして、次のような質問をしないだろうか。約80人もの人が殺されたことに貴方が怒っている。しかし、彼らが自分を昔からある爆弾で攻撃したとして、それでも構わないのか、と。何千人もの人々が既に殺されていて、何百人もの人人が負傷しているのだ」

2. Does this limited bombing then change Assad's actions?

「この限定的な空爆はアサドの行動を改めさせるのか?」

Michelle Kelemen, State Department correspondent: That's a hard one to answer since he has crossed so many red lines without facing any consequences.

「国務省担当のケレメン:それは回答が難しい。というのも、彼は、何度も一線を越えるようなことをしてきたが、別に自分にとって不都合なことが起きていないからだ」

Remember, President Obama threatened action if Assad used chemical weapons. Chemical weapons were used, and Obama ultimately didn't act militarily. Trump said this attack was "beyond a red line." But, as Will Dobson, NPR's senior supervising editor for the International Desk points out, what if this was a provocation from Assad?

「アサドが化学兵器を使用したら、オバマ大統領は行動に出ると脅かしたことを思い出して欲しい。化学兵器は使用された。しかし、オバマ大統領は軍事的な行動には出なかった。トランプは、今回の攻撃は一線を越えたと述べた。しかし、国際担当デスクのドブソンが指摘するように、これがアサドの挑発だとしたら、どうなのか?」

Bassma Kodmani, a Syrian opposition negotiator and former spokesperson for the Syrian National Council, in fact, told Kelemen in a story that aired Wednesday that the apparent use of chemical weapons by Assad was exactly that — a "provocation and a test."

「シリア人の反対派の交渉者であり、シリア国会の前広報官であるコッドマニは、事実、ロシア側にあるストーリーを伝え、それが水曜日に放送されたのだ。アサドによる化学兵器の使用は、挑発でありテストである、と」

On whether this will change Assad's actions, Dobson says ask the Russians. Whether or not it changes Assad's action may be determined by Moscow, who will be asked to rein him in and are best positioned to do so.

「米国の行動がアサドの行動を改めさせるかどうかについて、ドブソンはロシア人に質問する。アサドの行動を変えるかどうかはロシアが決めるのか、と。誰がアサドにそうしろと言うのか、と」

3. Speaking of the Russians, they have been harshly critical of this move by the United States. What does their response mean and are there potential ramifications for the relationship with Moscow?

「ロシア人と言えば、彼らは、今回の米国の行動を厳しく批判している。彼らの反応は何を意味するのか?そして、モスクワとの関係における意味合いは?」

Lucian Kim, NPR Moscow correspondent: The Russians cutting off the "deconfliction" line is pretty serious. (The U.S. and Russia set up a line between the Pentagon and Moscow to make sure they get out of each other's way in Syria, to alert the other if they will be operating on turf where the other country is.) Moscow viewed it as an accomplishment when they got it. It put them on a level with the Pentagon, where they were talking. It was a big shift. At the beginning of Russia's getting involved there, even to have one-on-one-contact with the U.S. was a prize. But now they cut that off.

「モスクワ駐在のルシアン:ロシアの干渉回避政策の廃棄は深刻である。(米国とロシアは、ペンタゴンとモスクワ間で、シリアに関してはお互いに干渉しないという合意をしている。もし、行動するときには互いに通知するものとする、と)モスクワは、これを成果だと考えていた。ペンタゴンと対等になった、と。大きな変化だったのだ。ロシアがシリアに介入した始めの頃、米国と互いに連絡を取り合うことさえ、ロシアにとっては成果であった。それが変更されたのだ」

Their response was quite tough. What does it mean? The rhetorical cease-fire is officially over. Their response was really fast. They had a statement up at 9 a.m. in five different languages. They never act that fast. They're really, really, really upset. They had such high hopes when Trump was elected.

「ロシア側の反応は厳しかった。それが何を意味するのか? 停戦は終わったのだ。彼らの反応は非常に早かった。彼らは、午前9時に5か国語で声明文を発表した。そのように素早く行動することはこれまでなかった。本当に怒っている。トランプが大統領になったとき、希望を抱いていたのに」

4. Secretary of State Tillerson is slated to go to Moscow next week. He's someone who got a medal of "friendship" from Russian President Putin, but is now talking tough about Russia's role in all this. How much pressure is he facing and can he prove his mettle on this upcoming trip?

「ティラーソン国務長官は来週モスクワを訪れることになっている。彼は、プーチン大統領から友情のメダルをもらった人だ。しかし、今はロシアの役割について厳しく批判している。彼は、ロシア訪問でどれだけの圧力を受けるのか、そして、それに対して根性を見せることができるのか?」

Kelemen: Already, U.S. officials said that the chemical weapons attack was going to "cloud" Tillerson's discussions. He was going to explore the possibility of cooperating with Russia in the fight against ISIS. Now, the Russians have cut off the "deconfliction" talks with the U.S. There was already something of a showdown at the United Nations Friday.

「ケレメン:米国の高官は、化学兵器による攻撃はティラーソンの議論を鈍らせると言った。彼は、ISISとの戦いでロシアと協力する可能性を探ろうとしていたのだ。今や、ロシアは米国との干渉回避の会話を止めてしまっている。金曜日の国連会議では、既に衝突が見られている」

U.N. Ambassador Nikki Haley called the bombing a "measured step" but warned that the U.S. is "prepared to do more, but we hope that will not be necessary." Syria's ambassador said it "strongly condemns the act of aggression," and Russia's ambassador called on the U.S. "to immediately cease its aggression" and instead to join efforts to find a political settlement in Syria and combat terrorism.

「ニッキー・ヘイリー国連大使は、今回の米国の空爆を慎重な措置とし、しかし、米国は、さらに行動を起こす準備ができているが、そうならないことを望むと述べた。シリアの国連大使は、米国の空爆を、侵略行為に当たるとして強く非難した。そして、ロシアの大使は、直ちに侵略行為を止め、そうではなく、シリアにおける政治的安定を求める方策を一緒に探り、テロと戦うことを要請した」

Russia, which as Kim notes, had high hopes for the U.S. relationship, is in a bind. Dobson points out that Russia was not only upset with the U.S., but with Assad for carrying out the apparent chemical weapons attack.

「キムによれば、ロシアは、米国と良好な関係にあること、そして、団結していることに希望を抱いていた。ロシアは、米国に対してだけではなく化学兵器による攻撃を加えたアサドにも不満を持っているとドブソンは指摘する」

5. Given the tensions, was it the right thing to tell the Russians beforehand?

「こうした緊張関係を前提にすれば、ロシアに事前に伝えたのは良かったのか?」

Kelemen: The U.S. had to let the Russians know because there were apparently some Russian service members there. One of the arguments in the past for not striking Syria was that it would draw the U.S. into direct conflict with Russia.

「米国は、ロシアに報せなければならなかった。何故ならロシアの兵隊がそこにいたことが明らかだったからだ。シリアを攻撃しないという過去の論拠の一つは、そうなれば、ロシアとの衝突が避けられなくなるというものだった」

Dobson: Yes, agree with Michele. Russian troops are intermingled with Syrian troops. It was essential to warn the Russians or risk escalating the strike into a wider conflict. Plus, if you want Moscow to assist in any way, you must give them this notice. Shortly before the strike, Putin's spokesman said that Russia's support for Assad wasn't "unconditional."

「ドブソン:そのとおりだ。ロシアの軍隊は、シリアの軍隊と混在している。ロシア側に伝えることが必要不可欠であったのだ。もし、そうしなければ、さらに大きな衝突になっていたであろう。それに、もし、モスクワに何らかの方法で支援を求めるのであれば、通知をしなければならないということだ。空爆の少し前に、プーチンの広報官は、ロシアのアサド体制への支援は無条件のものではないと述べていた」

6. How does this change Trump's calculus going forward?

「このことは、トランプの目論見をどのように変化させるのか?」

This is a key question, because being interventionist runs counter to much of how Trump campaigned. Not only did he say in 2013 that Obama should not attack Syria, but he said of Hillary Clinton in a statement on his website during the 2016 campaign:

「これは重要な質問だ。何故ならば、介入主義者であることは、トランプが大統領選で主張してきたことに反するからだ。2013年にオバマはシリアを攻撃すべきではないと言っただけではなく、ヒラリークリントンのことを2016年の選挙キャンペーン中に自らのサイトで次のように述べているのだ」

"We're spending $6 trillion dollars on wars in the Middle East, while our own country falls into total disrepair. Now Hillary wants to start a shooting war in Syria, in conflict with a nuclear-armed Russia, which could lead to World War 3. As her own team has said in WikiLeaks emails, she has 'terrible' instincts."

「我々は、中東での戦争に6兆ドルものお金を費やしている。我々の国は、絶望状態になっているのに、だ。ヒラリーは核武装したロシアと衝突しても、シリアへの空爆を始めたがっている。しかし、そうなれば第三次世界大戦につながる恐れがある。彼女の陣営が、ウィキリークスのメールで言ったように、彼女の感覚はおかしい」

On Thursday night, Clinton called for bombing the airfields from where the chemical attacks were allegedly launched. And that's exactly what Trump authorized.

「木曜の夜、ヒラリークリントンは、化学兵器を発射したとされる空軍基地を爆破することを求めた。そして、トランプは、まさにそれを認めたのだ」

Tamara Keith, NPR White House correspondent: It's unclear how this will affect Trump's calculus. His ideology was not only more isolationist on the campaign trail, but as recently as Tuesday of this week, he told the Building Trades Unions National Legislative Conference: "We enriched foreign countries at the expense of our own country, the great United States of America. But those days are over. I'm not — and I don't want to be — the president of the world. I'm the president of the United States. And from now on, it's going to be America First."

「政治部のタマラ・キース:これがトランプの目論見にどれほど影響するかは不明だ。彼は、選挙期間中に孤立主義者を演じただけでなく、火曜日の会合でも次のように述べている。我々は、我々のお金で海外の国を豊かにしている。最も偉大なアメリカのお金でだ。しかし、そのような時代は終わりだ。私は、世界の大統領ではないし、また、そうなりたいとも思わない。私は、アメリカ合衆国の大統領だ。今からは、アメリカ第一で行く」

Mary Louise Kelly, NPR national security correspondent, makes a similar point: How do you square Thursday night's action with Trump's unilateralist, "America First" doctrine? This was a line from his big address to Congress on Feb. 28: "America must put its own citizens first, because only then can we truly make America great again."

「安全保障担当のマリールイースも同じことを指摘する: 木曜日のアメリカの行動とトランプのアメリカ第一主義はどうやって折り合いをつけるのか? 2月28日の彼の議会での演説の一節である。「アメリカは先ず国民を第一に考えなければならない。何故ならば、そうしてこそ再び偉大なアメリカにすることができるからだ」

Clearly, Trump, though, was affected by the pictures that were sprawled across cable news.

「トランプは明らかにケーブルテレビで流された写真の影響を受けたのだ」

Kelemen: Tillerson's argument was that if the U.S. didn't act, it would normalize the use of chemical weapons.

「ケレメン:ティラーソンの主張は、もしアメリカが行動しなかったならば、化学兵器を使うことが普通になってしまうということだった」

One big, open question that NPR's national security correspondent David Welna asks is why the U.S. did not enlist any other allies in this strike. Trump spoke to European allies who backed the action, but Britain, for example, "said it would not participate if asked," the Washington Post reported.

「安全保障担当のデイビッド・ウエルナが質問した大きな問題は、何故米国は他の同盟国に参加を求めなかったのかということだ。トランプは、今回の決定に賛同した欧州の同盟国に話をしたと言っている。しかし、例えば英国は、要請されたとしても参加しなかっただろうと述べたと、ワシントンポストは報じている」

What about Trump's refugee ban? Does this change anything with that? No. As NPR White House correspondent Scott Horsley points out, White House press secretary Sean Spicer told reporters before the strike that the president supports the creation of "safe zones" inside Syria.

「トランプの移民禁止については、どうか? これは、そのことに影響するのか? いいえ。政治部のスコットホースリーが指摘するように、スパイサー報道官は、この空爆の前に記者に対して、大統領はシリアの国内に安全地帯を作る案を支持すると述べている」

"Every country's No. 1 priority is to its own people and the protection of them," Spicer said. "We've got to do what we can to make sure that as we seek to root out ISIS and terrorism throughout the country — throughout the world, rather, that we don't, at the same time, do things that would bring those same threats to our country."

「全ての国のナンバーワン政策は、その国の人々のためであり、国民を守るためのものだとスパイサーは言った。我々はISISをその国から根絶すること、世界から根絶することを確かなものにし、同時に、我々の脅威になるようなことを我々がしないことを確かなものにするために努力しなければならない、と」

Spicer didn't respond to an email following up after the strike if Trump's view has changed at all.

「スパイサーは、空爆後、トランプの考え方が変わったかについての質問には答えていない」

7. Stepping back, was this lawful? Even if it was a one-off, what is the justification for it?

「この空爆は合法なのか? 1回限りのものだったとして、合法である根拠は何か?」

On the whole, Democrats and Republicans supported Trump's move. But almost everyone in Congress said Trump would have to go to Congress for approval of wider action. And, as NPR congressional correspondent Susan Davis said on the NPR podcast Up First, Trump would almost certainly want to get that approval from Congress since it has to appropriate funds.

「全体として、民主党も共和党もトランプ氏の決断を支持している。しかし、殆ど全員の議員が、トランプは議会に対し証人を求める必要があると言っている。そして、議会担当のスーザン・デイビスが言うように、トランプが議会の承認を求めるのはほぼ確実だとみられる。というのも、費用が必要であるからだ」

"Assad's use of chemical weapons to slaughter civilians was a heinous crime as well as a violation of international norms and Syria's commitments to give up chemical weapons," Sen. Mark Warner, D-Va., said in a statement Friday. "It could not go unpunished."

「マーク・ワーナー上院議員は、次のように言っている。アサドが化学兵器を使用して市民を殺害したことは、国際法に違反する他、自らが化学兵器を使用しないという約束違反になると共に、残虐な犯罪である。罰を受けずに済ませることはできない」

Davis: Sen. Marco Rubio, R-Fla., said on Good Morning America Friday morning that the president had the legal authority within the 2014 deal struck with Russia to rid Syria of chemical weapons.

「デイビス:マーコ・ルビオ上院議員は金曜の朝の「おはようアメリカ」で、大統領は、ロシアと合意した、シリアから化学兵器を除去するための2014年の取り決めの範囲で大統領は法的権限を有していると述べた」

"He was dealing with exigent circumstances, and as the commander in chief, not only does he have the right, he has an obligation to act," Rubio said.

「彼は緊迫する情勢に対応していた。そし、軍の最高指揮官として、そうする権能を有するだけではなく、そうする義務があったとルビオは述べた」

He also said on CNN and Fox that American personnel in the region could have been at risk. But Bowman points out that U.S. troops are not anywhere near that area; they're many miles away, just north of Raqqa, where there are Marines, Green Berets and Army Rangers.

「彼はまた、CNNとFOXでも、その地域にいるアメリカ人が危険に巻き込まれるリスクがあったと述べた。しかし、バウマンは指摘する。米軍はその近辺にいる訳ではない。遠く離れたところにいる。ラッカの北あたりだ、と。

Bowman: The legal rationale is the responsibility-to-protect concept used in Libya and the Balkans. Essentially, that says, if a country sees genocide or slaughter, it should do what's necessary to protect innocent civilians. But an international body is supposed to approve. The U.N. Security Council signed off in Libya and NATO signed off in the Balkans.

「バウマン:法的な合理性は、リビアとバルカンで使用される「守る責任」概念にある。要するに、もしある国が大量殺戮をしそうなことが分かっていれば、罪のない市民を守るために必要なこおをしなければならないということだ。


 もう少し続きますが、この辺で。



 トランプ氏は、本当に言ったことを平気で変更すると思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ