米国のVOAがカールビンソンがまだ北朝鮮に到着していないことに関して報じていますので、ご紹介します。

WHITE HOUSE — The U.S. sought to assure allies Wednesday that the USS Carl Vinson naval strike group is indeed headed to the northern Pacific as a deterrent to North Korea's nuclear weapons program. But this came after days of misleading statements that the aircraft carrier and other ships had already been headed there.

「米国は水曜日、カールビンソンの攻撃部隊は北朝鮮の核開発計画を阻止するために実際に北太平洋に向かっていると発表して同盟国を安心させようとした。しかし、この発表は、カールビンソン等の戦艦が既に北太平洋に向かっているとの誤解を招く声明を出した後、何日も経ってからなされたものだ」

"We're sending an armada, very powerful," President Donald Trump declared April 11, three days after the strike group left Singapore.

「その攻撃部隊がシンガポールを発った3日後の4月11日、トランプ大統領は、我々は非常に強力な艦隊を送っていると発表した」

Admiral Harry Harris, commander of the U.S. Pacific Command, had announced April 9 he was ordering the strike group to sail north after leaving Singapore and that it would not be making previously planned port visits in Australia.

「海軍大将でアメリカ太平洋司令官のハリーハリスは、4月9日、攻撃部隊に対して、シンガポールを出発した後北へ航行し、当初予定されていたオーストラリアへの寄港を取りやめるように命令したと発表した」

However the strike group instead stayed in the western Pacific and conducted an abbreviated set of exercises with Australian forces. By last Saturday, the Vinson was sailing through the Sunda Strait, which separates the Indonesian islands of Java and Sumatra, thousands of kilometers from the Korean peninsula.

「しかし、この攻撃部隊は、西太平洋に留まり、オーストラリア軍との簡略化された訓練に従事した。先週の土曜日までに、インドネシアのジャワ島とスマトラ島の間のサンダ海峡を通過していた」

On Wednesday, U.S. officials attempted to clarify the conflicting statements about the strike group's whereabouts.

「水曜日、米国の政府関係者は、この攻撃部隊の所在地に関する矛盾する声明の解明に務めようとした」

White House spokesman Sean Spicer noted Trump's comment "that we have an armada going towards the peninsula. That's a fact, it's happened. It is happening rather."

「スパイサー報道官は、トランプ大統領の我々はその半島に向けて艦隊を送ったという発言を認めた」

“What part is misleading? I’m trying to figure that out…I’m not the one who commented on timing,” said Spicer.

「どの部分が誤解を生んだのか? 解明しようとしたが、私は、時期について述べた者ではない、とスパイサーは述べた」

Defense Secretary Jim Mattis, on a visit to Saudi Arabia, told reporters, "The Vinson, as I’ve said on the record, was operating up and down the western Pacific. And we’re doing exactly what we said. And that is, we’re shifting her, instead of continuing one direction as she pulled out of Singapore she’s going to continue part of our cruise down in that region but she was on her way up to Korea."

「サウジアラビアを訪問中のマティス国防長官は、記者団にこう述べた。私が述べたように、カールビンソンは西太平洋を北上したり南下したりしながら訓練をしている。我々は言ったことを必ず実行する。我々は、カールビンソンがシンガポールを発った後、真っ直ぐ向かわせずに、当該地域を暫く南下させたと言うことであり、しかし、韓国への航路を取っているということである」

Mattis then said, "She will be on her way. And I’ll determine when she gets there and where she actually operates. But the Vinson is going to be part of our ensuring that we stand by our allies in the northwest Pacific."

「そして、マティスは次のように言った。カールビンソンは向かっているのだ。そして、いつそこに到着し、どこで実際に活動するかは私が決める。しかし、カールビンソンは、北西太平洋地域における我々の同盟国とともに米国が存在することを保証するものとなる」

The mixed messaging is being viewed by some as undermining the United States' credible threat of military force against North Korea.

「この二つの意味に取れるメッセージは、見る人から見れば、北朝鮮に対する米国の軍事的な脅かしを弱めるものになってしまう」

‘Duped by Trump: U.S. Taunted Over Carl Vinson Aircraft Carrier Tale,’ was the headline in the conservative business daily Wall Street Journal, which noted “ridicule in some corners of Asia and wariness in others.”

「トランプに騙された:カールビンソンの話で米国が愚弄というのが、ウォールストリートジャーナルのタイトルであって、アジアではそれを嘲笑するところもあれば、警戒するところもある」

The headline in China’s Global Times read ‘Tricked Badly,’ while the Korea Times in Seoul bluntly declared ‘US lied about carrier strike group.’

「中国のグローバルタイムズのヘッドラインは、担がれた、であり、韓国タイムズは、米国が艦隊に関して嘘を付いたと宣言している」

Carrier to spend extra month off Korean Peninsula

「朝鮮半島の沖でさらに時間を費やすことになる航空母艦」

After the initial U.S. Pacific Command announcement on April 9 stated that the Carl Vinson Strike Group was headed north toward the Western Pacific Ocean, a spokesman for the command told VOA and other news organizations this was motivated by North Korea’s “reckless, irresponsible and destabilizing program of missile tests and pursuit of a nuclear weapons capability.”

「4月9日に、カールビンソンの攻撃部隊が西太平洋を北に向かっていると米国太平洋司令部が発表した後、同司令部の広報官はVOAを含むメディアに対して、これ、北朝鮮の向こう見ずで無責任で、そして、当該地域を不安定化させる北朝鮮のミサイル発射テストと核開発に対抗するものであると述べた」

This raised concerns that Trump might launch a unilateral military strike to prevent or retaliate against a possible North Korean nuclear test on April 15, the birth anniversary of the nation’s founder Kim Il Sung, often marked by a provocative weapons test.

「このことは、金日成の生誕祭である4月15日に北朝鮮が核開発の実験を行うことの阻止手段として、或いは仮にそれが行われた場合の対抗手段としてトランプが北朝鮮に対し軍事行動に打って出るのではないかとの懸念を生み出した」

North Korea did not conduct a nuclear test that weekend but held a massive military parade and attempted a missile test at or near its key submarine base at Sinpo.

「実際には、その週末に北朝鮮が核実験を行うことはなく、大規模な軍事パレードとミサイルの発射実験を潜水艦の寄港地であるシンポで行っただけである」

The Vinson and its strike force is believed to still be in the Indian Ocean, engaged in training exercises with Australia and is now expected to arrive in waters off the Korean peninsula around April 25, when North Korea marks an important holiday: Military Foundation Day.

「カールビンソンは未だにインド洋にいると信じられている。そこでオーストラリア軍と軍事訓練をしており、朝鮮半島の沖近くには4月25日頃に到着するとみられている。4月25日は、北朝鮮軍創建日に当たるのだ」

(中略)

Ambiguous messaging damages credibility

「曖昧なメッセージが信ぴょう性を低下させる」

The perceived communications mix-up discredits some of the tough rhetoric coming from the Trump administration.

「トランプ政権から発せられる厳しい発言も、メッセージの意味が混乱すると信ぴょう性に疑問がつくこととなる」

"If you threaten them and your threat is not credible, it's only going to undermine whatever your policy toward them is," said North Korea expert Joel Wit at the 38 North monitoring group, run by Johns Hopkins University's School of Advanced International Studies.

「彼らを脅かそうとしても、その脅かしが信じられなければ、彼らに対して米国がどんな政策に打って出ようとも効果が弱くなってしまうと、北朝鮮の専門家のJoe Wit は言う」

Analyst Daniel Pinkston with Troy University in Seoul, said this policy of increased military pressure is not only weakened by mixed messages over deploying a naval strike force, but also by widespread opposition among important allies such as Japan and South Korea.

「ソウルにあるトロイ大学のアナリストのDanierl Pinkstonは、攻撃部隊を派遣したことに関するメッセージが違ったように理解されるのであれば、北朝鮮に対し圧力をかけるという作戦の効果が弱まるだけではなく、日本や韓国などの同盟国からの反発を招くことにもなると言う」

(中略)

U.S. Vice President Mike Pence did not mention the delay in sending the Vinson group Wednesday when he addressed American military forces aboard the USS Ronald Reagan, a Nimitz class aircraft carrier undergoing maintenance in Yokosuka, Japan.

「ペンス副大統領は、水曜日、横須賀に停泊中のロナルドレーガンの隊員に向けてスピーチをするなかで、カールビンソンが遅れている理由について何も述べなかった」

Pence instead repeated stern warnings to Pyongyang that he made earlier in Seoul and Tokyo, not to test America’s resolve. He again referenced Trump’s decisions to launch missile strikes in Syria and Afghanistan, and said the United States is fully prepared to use military force if needed.

「その代り、ペンス副大統領は、北朝鮮に対して、ソウルと東京で言ったことを繰り返した。アメリカの決意を試すようなことをするな、と。彼は、シリアとアフガニスタンに対し空爆すると大統領が決定したことに言及するとともに、必要があれば米国は軍事行動に出る用意が十分出来ていると述べた」


 なんか、アメリカの言うことをどこまでアメリカを信じていいのやら、と思ってしまいます。。

 いずれにしても、トランプ大統領が思いつきで何でも発言してしまうので、役所の方がそれに合わせるのに四苦八苦しているということではないのでしょうか?

 森友学園事件に関する総理の発言と、それを庇うための関係省庁の言動を思い出してしまいました。



 トランプ大統領の言うことを信じる方がどうかしていると思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ