本日の記者会見で菅官房長官が次のように言っています。
 
 (安倍晋三首相の知人が理事長を務める学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐって、官邸や首相から圧力があったことを示す記録が文書になっていたとの報道について)「そのような事実はない」

 本日付の朝日新聞が、文部科学省が特区を担当する内閣府から「官邸の最高レベルが言っている」、「総理のご意向だと聞いている」などと言われたとする記録を文書にしていたと報じたことへの反論なのでしょうね。

 でも、反論なら反論で、ちゃんと証拠を示すべきなのに…

 「作成日時や作成部局が明確になっていない。通常、役所の文書はそういうものではない」、「誰が書いたかわからない意味不明のものについて、いちいち政府が答えるようなものではない」と理由にもならないことを言って反発するのみ。

 でも、文部科学省の幹部に聞けば、誰が作成したとすぐ分かる筈。

 官房長官は、そのような文書が一切存在しないと言っているのではないのです。

 そのような文書が存在するかもしれないが、誰が書いたか分からないので安倍政権は相手にしないと言っているだけなのです。

 まあ、なんと都合のいいこと!

 それにしても、この国民を舐め腐ったこの表情!

sugakake


 日米両政権による嘘つき合戦が今真っ盛りです。


 このような政権をいつまでも存続させてはいけないと思う方、怒りを込めてクリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ