それにしても醜い安倍政権!

 先日、菅官房長官は、(日付や作成者が書かれていない)出所も明確でない怪文書ではないか、そんな意味不明なものに政府がいちいち答えることではない、と反発した訳ですが…

 しかし、どういう訳か、寿司友の田崎氏は、あれは本物だと発言したことをご存知でしょうか?

 そんなことを言えば安倍総理を窮地に追い込むことになってしまうのに…何故、そんなことを言うのでしょうか?

 しかし、田崎氏は言うのです。

 文書は本物であっても、「問題があって処分された役人が逆恨みで流出させた」と。


 そして、それと同じことを今朝、テレ朝のモーニングショーに出ていた細川隆三氏も言うのです。

 話は脱線しますが…

 あの山口敬之氏は、もう出てこれないのでしょうね?

 だって逮捕状まで発付されるようなことをしていたからです。

 そして、その代わりに細川隆三氏が出ているものと思われます。

 でも、そうなると役割は明らか。

 だからこそ、細川氏の言うことは田崎氏の言うことと大筋において同じ。

 では、「問題があって処分された役人」とは誰なのでしょうか?

 実は、天下り問題の責任を取らされて辞任した前川喜平元文科事務次官だというのです。

maekawa


 官邸に対して恨みを抱いているので、だから安倍政権に打撃を与えるようなリークをしたのだ、と。

 私は、それは甚だ疑問だと思うのです。

 というのも、仮に前川氏が安倍政権を逆恨みしていたとしても、リークするのなら森友学園事件の関係でこれまでに行うことが可能であったからです。

 でも、森友学園事件の関係では文部科学省からは何も決定的なことは出てきていないのです。

 それに、仮に寿司友の田崎氏等の印象操作、つまり、前川元事務次官がリークしたという説が本当だったとしても、この文書は本物だと田崎氏も認めているのですから…全然安倍総理の擁護になっていないのです。

 つまり、文書に書かれていることが本当だとしたら、やはり安倍総理は間接的に文部科学省に圧力をかけていたことになり…

 そうなると、安倍総理は、「私はね、もし働きかけていたのなら、私、責任取りますよ。当たり前じゃないですか」とまで言っていた訳ですから、辞めて当然!

 そうでしょう?

 なのに、あれは前川喜平元事務次官がリークしたものだから、なんて言って問題をすり替える作戦に出ているのです。

 繰り返しになりますが、仮にそれが前川氏がリークしたものであっても、本当のことが書かれている以上、安倍総理の責任は明らかなのです。

 今度ばっかしは、幾ら否定しても、安倍総理の関与を否定することはできないと思います。

 自分の右腕ともいうべき荻生田副官房長官やその下で働く内閣府の藤原豊審議官の名前まで出ている訳ですから。

 前川氏は、天下り問題では確かに責任があるのでしょうが…しかし、その一方で、加計学園の問題では筋を通し、だからこそ安倍政権から煙たがられたということなのでしょうね。

 
 


 安倍総理の関与は明らかであって、即辞任すべきだと思う方、怒りを込めてクリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ