毎日新聞の記事です。
 学校法人「加計学園」の問題を巡り、自民党が衆参の予算委員会開催に慎重なのは、安倍晋三首相が出席して質疑を受けても、野党の追及や世論の反発が収まる見通しが立たないためだ。党執行部は、10日の閉会中審査に続いて質疑は平行線をたどるとみており、「首相が集中砲火を浴びる姿がテレビ放映され、世論の批判を強めかねない」(党関係者)と懸念する。

 安倍総理が国会で追及される姿ばかりがテレビで放映されると、内閣支持率が下がる?

 だったら、正々堂々と反論したらいいではないか!?

 そうでしょう?

 実際には、和泉総理補佐官など重要な参考人の出席を拒否しているのですから、正々堂々どころか逃げまくっているに等しいのです。

 「反論できるのであれば、最初から反論している」

 そういうことですよね。真実が明らかになれば、安倍内閣の支持率低下はもっと決定的なものになるからですよね。

 でも、そうであれば安倍総理がクロであることを自民党が認めたも同然。

 そして、そうなった以上、幾ら政権の座に恋々としがみついていても、結論は同じ!

 それとも、占い師さんから、また人気が回復するとでも言われているのでしょうか?

 8月の内閣改造ができるかどうかさえ危うい!

 それに今、衆議院の解散に打って出たとしても、都議選と同じく自民党が惨敗する可能性が高く、その選択肢はもはやないといっていい。

 しかし、そうこうして時間が経過するに従って益々支持率は低下する、と。

 安倍総理は、四面楚歌の状態にあると言っていいでしょう。

 自民党のなかでいつ安倍降しが始まるか、です。



 安倍総理が辞職してくれたら、こんなに嬉しいことはないという方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ