山本太郎さんが言います。

 腐った政治の原因は、選挙だ、と。
 諸悪の根源は選挙なんです。

 私選挙に出ます、僕選挙に出ます、エントリー費用だけで300万かかります。

 エントリーするだけでですよ?狂ってるでしょ?

 そして、選挙活動を行うには最低でも2000万必要と言われています。

 普通の人払えます?無理ですよね?

 だから政治家は普段から、大企業からたくさん献金を受けてるんです。

 企業献金、個人献金 そうやって企業に後押しされて当選した政治家が、誰のために政治をするか?

 答えはわかりますよね。

 私は、選挙にお金がかかることだけが原因ではないと思います。

 それ以外に、選挙で確実に当選しようと思うならば、無所属で出馬することは諦めなければならないということです。

 その時々において一番人気のある政党から出馬することが最も確実な方法である、と。

 で、そうやって特定の党の公認を受けて目出度く国会議員になることができても、今度は党の方針に拘束されてしまうので、自由にモノが言えなくなるという訳なのです。

 だとすれば、最大の党のトップが独裁的な力を持ちがちになるのは当然と言えば、当然。

 だから、安倍一強体制がこれまで続いてきた訳ですし、都議会では小池旋風が吹き荒れたのです。

 多くの候補者が、都民ファーストから出馬した訳ですが…この人たちが皆、小池都知事と同じ考えだなんてあり得ないのです。ただ、小池都知事の人気にあやかりたかっただけ。

 それに、選挙に出るにはお金の他に多くの支持者を集めることも必要となります。

 幾ら高邁な意見を述べたところで、支持者が少なければ当選は覚束ない、と。

 そうなると、いろんな支持者にいい顔をする必要がある訳ですが、そうなると様々な陳情を断ることができなくなります。

 ということで、一見理想的に見える民主的な選挙という制度も根本的な問題を抱えていることを先ず認識する必要があるということなのです。

 では、その欠陥をどのようにして克服していくべきなのか?

 なかなか難しいと言っていいでしょう。


 アフリカの原住民と裸で交流していた姿がテレビで放映されていた山本太郎氏がこんな政治家になるなんて、当時は想像もしていなかたという人、クリックをお願いします。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ