NHKのニュースです。

 先月、財務省の理財局長から国税庁の新しい長官に就任した佐川宣寿氏が、歴代の長官が開いてきた就任会見を行わないことになりました。

 財務省の理財局長だった佐川宣寿氏は、先月5日、国税庁長官に就任しましたが、就任から1か月が過ぎても会見を開かず、国税庁は8日、会見を行わないことを決めました。

 国税庁によりますと、把握している範囲では、平成14年以降の歴代の長官は就任の会見を開き、抱負を述べるとともに今後の方針などを説明してきました。就任の会見を行わない異例の対応について、国税庁は「諸般の事情による」として詳しくは説明していません。

 一方で、佐川長官はコメントを発表し、「適正・公平な課税・徴収の実現を図ることが重要だと考えており、職責の重大さを感じている」などとしています。

 前例踏襲の役所で、このような異例な決定がなされたのは何故か?

 国税庁長官の記者会見を行わない理由は、「諸般の事情による」としていますが…

 余りにも明らか過ぎますよね。

 それは、森友学園事件に関する虚偽の答弁について再び聞かれることを嫌がっているからでしょう。

 佐川理財局長(当時)は、契約前に籠池氏側に価格を提示することなどあり得ないと言っていましたが、最近明らかになった音声データによって、近畿財務局の担当者が籠池夫妻に価格を示していることが明らかになっているのです。

 そのようなことについて聞かれた場合、何と答えていいのか分からない、と。

 要するに、本人も後ろめたさを感じているからこそ、記者会見をしたくないということなのでしょう。

 但し、国税庁長官に就任して何もコメントを発しない訳にもいかず、「適正・公平な課税・徴収の実現を図ることが重要だと考えており、職責の重大さを感じている」なんて言ってお茶を濁しているのです。

 でも、適正・公平な課税・徴税の実現という言葉が、こんなに虚しく感じることはありません。

 そうですよね?

 要するに、このことでも如何に不適切な処理がなされていたかが分かるというものなのです。

 こんなことで安倍内閣の支持率が回復する筈がない!

 そうでしょう?

 役所の答弁書を朗読すると言ったことが批判されている江崎沖縄・北方大臣について、安倍総理は、「今後、一層緊張感をもって職務にあたってもらいたい」と早期の交代を否定したと伝えらえていますが、江崎氏は一層どころかそもそも緊張感などないのです。

 どうして更迭しないのでしょうね?

 そうなるとまたしても、任命責任は自分にあると言わなければいけないから?


 福田元総理が指摘したように国家を破滅に導いているとしか思えません。


 自分は嘘ばっかりついていて、どうして適正・公平な課税など実現できようかと思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓