昨日は長崎原爆の日で、長崎で開かられた平和式典に総理がいつものとおり参加していました。

 で、どのように地元の人に迎えられたかと言えば…

 次の動画をご覧ください。

  



 総理、あなたはどこの国の総理なのですか、私たちを見捨てるのですか、と問い詰められています。

 それに対して、何も言えない総理。

 被爆者団体の人々が怒りたくなるのも当たり前!

 安倍政権は口で言うことと行動が全く違うからです。

 つまり、アメリカの事情しか考えていない。

 だからこそ、被爆者団体の人が、どこの国の総理なのかと言いたくなるのです。

 安倍総理は、改憲の大きな理由として、それが米国から押し付けられた憲法だからよろしくないと言います。独立国家なのだから日本国民の意思で憲法を独自に作るべきだ、と。

 しかし、もし、本当に安倍総理がそのような考え方をしているのだとしたら、核兵器禁止条約についても、アメリカべったりではなく独自の路線を進むまなければ話の整合性が取れません。

 みっともない憲法だと言う安倍総理こそ、アメリカべったりでアメリカの顔色ばかりを伺っているだけなののです。

 本当にこの人の考えていることは理解できません。

 アメリカべったりで核兵器禁止条約に参加することもできないくせに、日本国憲法はアメリカから押し付けられたもので怪しからんだなんて。

 増税の問題にしても、この核兵器禁止条約にしても、嘘ばっかりついているのです。

 国民が人柄に信頼が持ていないと感じるのも当然なのです。



 安倍総理は、国民のことよりも、憲法を改正して歴史に名を残すようなことしか考えていない、と思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ