それにしても、小泉元総理はまだ諦めていなかったのですね。

 NHKのニュースです。
 小泉元総理大臣と細川元総理大臣は、国会内で記者会見し、直ちにすべての原発を廃止して、2050年までに自然エネルギーに全面的に転換するための法案の骨子を発表し、法案の策定と国会での審議に各党の協力を呼びかけていく考えを示しました。

 法案の骨子は、小泉元総理大臣と細川元総理大臣が顧問を務める民間団体「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」が策定しました。

 骨子は、東京電力福島第一原発の事故により原子力発電が極めて危険で、国民に過大な負担を負わせることが明らかになったとして、直ちに原発を廃止し、太陽光などの自然エネルギーの導入を推進して、2050年までにすべての電力を自然エネルギーで賄うことを目指すなどとする、国の基本方針を規定しています。

 小泉氏は記者会見で、「今までの言動を見ていると、安倍政権で原発ゼロを進めるのは難しいと思っているが、国民多数の賛同を得て、近いうちに必ず原発ゼロは実現する」と述べました。そのうえで小泉氏は「どの政党であれ、原発ゼロ、自然エネルギー推進に全力で取り組むのであれば、われわれは協力していきたい。国会で議論が始まれば国民は目覚める。粘り強く諦めずに運動を展開していきたい」と述べ、法案の策定と国会での審議に各党の協力を呼びかけていく考えを示しました。


 私も、全面的にこの原発ゼロ法案を支持したいと思います。

 ただ、小泉氏の言っていることで少し気になるところがありました。

 「国会で議論が始まれば国民は目覚める

 この認識、少しおかしくはないのか、と。

 原発を誘致しているような地域の人々は別として、一般的には国民の多くが原発を支持してないのは明らかな筈。

 特に、福島第一の大事故があってからは、益々原発ゼロを支持する人が増えていると思うのです。

 でも、その原発ゼロの運動が盛り上がらない!

 何故か?

 それは、原発村の力が強いからなのです。

 つまり、電力会社、原発プラントメーカー、経済産業省、そして官邸が一致団結して、国民の意見を完全にコントロールしているからです。

 テレビなどを見ていても、原発を批判するようなことを言えば、直ぐ外されてしまう、と。

 だから、芸能人なども原発については触れたがらない!

 違いますか?

 そこのところをもっと意識して小泉氏は運動を展開する必要があると思うのです。

 ですから、少なくても経済産業省と親密な関係を維持している今の官邸の体制を打破する必要がある、と。

 では、どうやったら安倍政権を倒すことができるのか?

 幾らでも攻める材料はある筈です。

 もう少し頭を使うべきではないでしょうか?


  原子力ゼロ法案を支持するという方、クリックをお願い致します。
  ↓↓↓
  人気blogランキングへ