LITERAの記事です。


  安倍首相が「私や妻が関係していたら総理も国会議員も辞める」と答弁したのは昨年2月17日の衆院予算委員会でのことだが、毎日新聞によれば、この日の同委で民進党の福島伸享議員(当時)が森友問題を取り上げることがわかり、官邸では今井尚哉首相秘書官や杉田和博官房副長官らが安倍首相の国会答弁をどうするか、話し合いをもったという。

〈「首相が『自分も妻も問題には関わっていないが、こんな話になって申し訳ない』と言えば済むのではないでしょうか」。出席者からの提案に異論は出ず、今井氏が首相に伝えることになった。
 ところが、首相は「私も妻もまったく関与していない」と「陳謝案」に耳を貸さなかった〉

 以前から、明確な間違いを指摘されても話をすり替えて絶対に謝罪をしない態度から「『謝ったら死ぬ病』にでもかかっているのか」と指摘されてきた安倍首相だが、このときも今井首相秘書官らの進言に耳も貸さず、陳謝するどころか逆ギレして「総理も国会議員も辞める」と啖呵を切ったのだ。

 だが、ここで重要なのは、官邸が当初から安倍首相の国会答弁を主導し、なかでも今井首相秘書官が調整役を担っていた、という事実だ。問題をいかに収束させるかを念頭に置いていた今井首相秘書官にとっては、安倍首相の「総理も国会議員も辞める」発言によって大きな火種を抱えたことになる。今井首相秘書官をはじめとする官邸側が、昭恵夫人の関与を示す証拠の取り扱いについて神経を尖らせたことは想像に難くない。


 まあ、そんなところでしょうね。

 でも、毎日新聞は、どうしてそのような事実を確認できたのでしょうか?

 昨日、ご紹介した共産党が入手した理財局と航空局の応接録もそうですが、誰がそのような事実を漏らしているのか?

 総理周辺の人々に相当ストレスが溜っていて、何かをきっかけにポロッと口にしてしまったのか?

 いずれにしても、安倍総理は、「関与」の意味を当初のものとはすっかり変えてしまって、関与することによって金銭の受け取りがあったことと言っています。

 つまり、昭恵夫人は、そうした仲介によって金銭等を受け取っていないのだからセーフと言いたいのでしょうが…

 そのような屁理屈が通る筈がない、と。

 安倍おぼっちゃまが日本の政治と行政をめちゃくちゃにしているのです。



  安倍おぼっちゃまのお尻をぺんぺんすべきだと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓