米朝首脳会談が終了しました。

 政治ショーだという批判の声が聞こえてきます。

 中身がないではないか、と。

 北朝鮮が具体的な約束をしていないのに、米国は体制維持の保証までしている、と。

 それも一理あるかもしれません。

 しかし、トランプ大統領のイランに対する態度を見れば、彼の体制保証に何の意味があるのかという疑問も湧いてくるのです。


 いずれにしても、NPRは少し違った意見も紹介しています。

RACHEL MARTIN, HOST:

So now the two have met. An agreement has been signed. Promises have been made. Now what? To help us answer that question, we're joined by John Delury. He's a China historian and Korea specialist at Yonsei University in Seoul, South Korea. But he is in Singapore here with me now. John, thanks for being with us.

 今や両者が会談したのです。合意書に調印がなされました。約束もされました。ただ、それが何を意味するのでしょうか? この問いに対する答えを出すためにジョン・デルーイに参加してもらいましょう。彼は中国史の研究者であり、ソウルのヨンセ大学の韓国専門家であります。彼は今シンガポールにいます。ジョン、参加してもらいありがとう。

JOHN DELURY: Yeah, it's a pleasure.

 こちらこそ。

MARTIN: The president says this is a historic comprehensive agreement that he has signed with North Korea's leader. What do you think? Is it?

 トランプ大統領は、今回、北朝鮮のリーダーとともに調印したのは、歴史的であり包括的な合意だと言っています。どう思いますか? そのとおりですか?

DELURY: Historic, yes. Comprehensive, not so sure - especially when we look at the text. And I think it's important to focus on the text. You know, the press conference is a performance. And it can lead us down some rabbit holes. But the text, in its simplicity, it's not too beautiful. It's not very artful. But I think what the text does is it identifies a framework - a real framework that can lead to progress. And I think what you see in the text is a paradigm shift from a hostile relationship between the United States and North Korea to a friendly one.

 歴史的というのはそのとおりでしょう。しかし、包括的かと言えば、そうではありません。特に、文言を読むとそうなのです。そこで、文章にどんなことが書かれているかが重要だと思います。記者会見はパフォーマンスなのです。記者会見に拘っていると本題を見失いかねません。しかし、文章は明快です。美しすぎることもなければ芸術的過ぎることもありません。文章が本当の骨格を決めるのです。そして、それによって前進が得られる、と。文章を読んで分かることは、パラダイムシフトが起きているということです。つまり、これまでの米朝の敵対的な関係から融和的な関係へ、と。

MARTIN: But North Korea has made these exact promises before. It has reneged on those promises. So what gives you confidence that this moment is different?

 しかし、北朝鮮はこれまでにも確約をしてきました。そして約束を反故にしてきた、と。今回は違うという確信が持てる何か証拠があるのでしょうか?

DELURY: I think the key is Kim Jong Un. You know, I think that if you situate Kim Jong Un in sort of North Korean history - if you look at the differences between what he's done domestically and now, over the last six months, what we're seeing internationally - is that he does represent something very new for his country, very different from from what his father did. And, you know, I think that's the significance of him even just being here in Singapore - is that he's ready to sort of let the gates down that has kept North Korea isolated. It's kept it in hostile relations with the United States and with the world. And he seeks to change that.

 その鍵は、金正恩にあると思います。金正恩を北朝鮮の歴史のなかで見直して下さい。彼が国内でやってきたことと、過去6か月間に彼が国際舞台でやっていること、つまり、北朝鮮にとっては全く新しいことを彼はやっている訳ですが、その違いに気が付けば、彼の父がやってきたこととの違いが分かると思います。それが彼が存在していること、こうしてシンガポールにいることの意味なのです。彼は北朝鮮を孤立化させてきた門を開こうとしているのです。門があるからこそ米国との間でも、或いは世界との間でも敵対関係にあったのです。彼はそれを変えようとしているのです。

MARTIN: What does the agreement mean for the region more broadly? I mean, when we think about other major players here - primarily among them South Korea, which clearly has an incredibly large stake in the outcome here.

 今回の合意は、この地域にとって何を意味するのでしょうか? 他の関係国と言えば、一番に韓国が浮かぶ訳ですが…。韓国は、この合意内容によって一番影響を受けると思われます。

DELURY: Yeah, the South Korean angle on this is very interesting. You know, I mean, I'm here with you in Singapore. But I've been living up there for eight years. And the sense I'm hearing from South Koreans already today is - you know, the statement of the president Moon Jae-in. You know, South Korea is fully onboard with what we're seeing, right? The South Korean government, of course, helped to spur a lot of this diplomacy. President Moon wants to see reconciliation. He wants to see dialogue. He sees an opportunity with Kim Jong Un to move things in a very different direction. And he enjoys, you know, 70-80 percent approval ratings in South Korea.

 韓国の視点でみると非常に興味深いです。ご承知のとおり、私は今シンガポールにいます。しかし、私は、韓国で8年間、生活してきました。そこで、韓国人から聞いた感じでは…文在寅大統領の声明文でもそうですが、韓国は、まさに我々がここで目撃しているものと一緒に動いているのです。韓国政府は、当然のことながら今回の会談の実現を手助けしてきました。文大統領は和解の現場を見たがっているのです。対話をするところを見たがっているのです。文大統領は金正恩とは違った角度から事態の進展を眺めています。彼の韓国での支持率は70%から80%もあります。

So one of the fears of what's going on is that the North Koreans are trying to sort of divide the Americans and the South Koreans - break or decouple that alliance. But paradoxically, I would argue the opposite is happening. The Trump administration and Moon government are moving, sort of shoulder to shoulder, in a diplomatic path - on a diplomatic path and taking opportunity of a new direction that Kim Jong Un is signaling he wants to go in. So this is not weakening the alliance. I think this is an opportunity for the U.S.-South Korea alliance to move in a new direction. You know, and it will have to change because it's predicated on an un-terminated war with the North Koreans.

 懸念されることの一つに、北朝鮮が米国と韓国とを分断しようとしているのではないかということがあります。同盟関係を壊してしまおう、と。しかし、実際には正反対のことが起きているのです。トランプ政権と文政権は手に手を取って進んでいるのです。そして、そこに金正恩が参加したいという合図を発しているのです。つまり、米韓の同盟関係が弱まることはないのです。米韓の同盟関係は新たな方向に進むということなのです。北朝鮮との戦争はまだ終わっていないとされているので、変えなければいけないのです。

MARTIN: Right, which still has yet to come to a conclusion even though President Trump suggested it would - as has Kim Jong Un. In the time, we have remaining - China, not officially a part of these talks clearly, but their presence looms large. What does this agreement mean for China?

 金正恩もそうですが、トランプ大統領は朝鮮戦争を終わらせることを示唆していますが、まだ結論は出ていません。今回の会合の正式な当事者ではありませんが中国も大きく関係しています。今回の合意は中国にとってどんな意味があるのでしょうか?
 
DELURY: Yeah, China - the China piece is critical. It's very complex. You know, I was looking at the Shanghai Communique in 1972 that started normalization of the U.S. and China. And you look at that document. And one thing that's basically not in there is the Soviet Union. But, of course, we know that the whole logic of U.S.-China normalization was the shared threat of the Soviet Union. And I'm thinking about that today - you know, how China is not mentioned in this text. China is not coming up explicitly.

 そうです、中国が関係してます。それも決定的な役割を持っていますし、複雑なのです。米中の関係を正常化させた1972年の上海コミュニケを読んだことがあります。貴方も読まれると分かると思いますが、そこにはソ連が存在していないのです。もちろん、米中の関係を正常化しようとしたのは、互いにソ連に対する脅威があったからです。私は、本日、そのことを考えています。今回の合意書には中国のことが何も書かれていません。表立って書かれていないのです。

But part of what's going on is North Korea - Kim Jong Un is basically doing what everyone in this region is doing. He is finding ways to sort of counterbalance - but carefully - at this overweening influence that China has over North Korea's economy, over North Korea's sort of diplomatic position. So it's a very complex dance. I think he's actually quite sophisticated. He's not trying to defect to the American side. But I do think he's rebalancing. And so that - but he's not going to say a lot of that.

 しかし、今起きていることの一つには… 金正恩が、この地域の人間なら誰もがすることを行っているということです。バランスを取る方法を探ろうとしているのです、しかも注意深くです。中国は北朝鮮の経済に影響力を持っていますし、外交面でも影響力を持っています。そこで複雑なダンスになるのです。彼は相当に頭がいいのだと思います。中国を捨て米国の下に走り去ろうとしている訳ではないのです。そうではありません。両者の間でバランスを取ろうとしているのです。しかし、そのことについて話すことはしないでしょう。

MARTIN: In a word, is the world safer today?

 一言で言って、世界は今日、今までより安全になっていますか?

DELURY: The world is safer. The world is safer. But the American public has to see the positives in what's going on here in Singapore.

 世界は安全になっています。しかし、米国民は、シンガポールで起きていることのプラスの面を見なければいけません。

MARTIN: John Delury, thanks so much for your time. We appreciate it.

DELURY: It's a pleasure.




 これをきっかけに、北朝鮮が少しでも態度を軟化させることになれば、それはそれで歓迎すべきではないかと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓