米国では、当初は、トランプ関税の影響は限定的だと見られていたのが、最近になってかなり心配する向きが増えているといいます。このままでは景気が後退してしまう、と。リセッションになってしまうと言うのです。

 NPRが報じています。

 
STEVE INSKEEP, HOST:

President Trump's tariffs and threats of imposing even more taxes on imports to the United States have concerned a devoted supporter. Anthony Scaramucci - financier, Fox Business personality, White House communications director for 10 days - wrote last weekend, quote, "I am worried about the trade rhetoric going too far. Capital is starting to withdraw from stocks. Change tactics now," writes Scaramucci. Well, there's a place to begin our talk with David Wessel. He's director of the Hutchins Center at the Brookings Institution and a contributor to The Wall Street Journal.

  トランプ大統領の関税措置、そして米国に入ってくる輸入品にさらなる関税を課すというトランプ大統領の脅かしがトランプの支持者たちを不安にさせている。金融マンであり、フォックス・ビジネスのパーソナリティであり、そして、ホワイトハウスの広報部長を10日間務めたアンソニー・スカラムーチが先週、次のように書いています。「貿易に関する批判の応酬がやり過ぎであることを心配している。株式市場から資金が逃げ出している。政策を変えるときだ」 では、デイビッド・ウィーゼルと話を始めましょう。彼は、ブルックリン・インスティテューションにあるハッチンソン・センターの所長であり、ウォールストリート・ジャーナルにも寄稿しています。

Hi there, David.

DAVID WESSEL: Good morning.

INSKEEP: So how does it affect the overall economy when the United States is fighting trade battles against China and the European allies and Canada and a little bit more than that all at once?

 米国が中国や欧州の同盟国、そしてカナダなどと貿易戦争を繰り広げていますが、経済にはどんな影響を及ぼすのでしょうか?
 
WESSEL: Well, clearly, it's bad for the stock market. We've seen that. And clearly, it's painful for those businesses that rely on imported parts or farmers and others who rely on exporting to the rest of the world. But actually, these tariffs have not yet had much effect on the overall pace of economic growth in the U.S. Forecasters tell us the economy probably grew at better than a 4 percent rate - that's pretty good - in the just-ended second quarter. They say that the tariffs so far may only shave off a tenth of a point or two-tenths of a point off of growth.

 明らかに株式市場にとってはよくありません。もうそうになっています。輸入部品に頼る企業や、海外へ農産物を輸出する農業者などは明らかに痛手となっています。しかし、米国全体の経済成長率に対してはまだそれほど影響を及ぼしてはいません。年率4%程度の成長率になろるだろうと専門家は言っています。第2四半期までのことですが。関税措置の影響は、経済成長率を0.1%か0.2%程度押し下げるに過ぎないとも言っていました

The problem is looking forward. The risk is, one, that the president will make good on his threats to impose even more tariffs, which will then trigger even more retaliation and that this will get out of hand, that everybody's earlier expectations that - oh, grown-ups will prevail - will prove to be wrong. I've noticed - these reports I get from analysts on Wall Street and other economists, they said first that the risk of an all-out trade war was very small. Now they're starting to say, well, the odds are growing.

 問題は、これから先がどうなるかです。大統領がこれから先も関税で脅かしをかけ続ければ、それに対する報復措置も続くことになり、そうなると手に負えなくなります。経済成長は続くと誰もが予想していましたが、そうではなくなる可能性があるのです。ウォールストリートやそれ以外のところからの調査レポートでは全面的な貿易戦争になるリスクは小さいとしていた訳ですが、今やそうなりそうだと言い出し始めています。

INSKEEP: Oh, because you keep hoping that somebody will pull back from the brink. But who knows who that would be, which then raises the next question - could continually increasing tariffs cause a recession?
 
 誰かが危機的な状況から引き戻してくれることを貴方たちは願っているということですね。しかし、そうすることができるのが誰かは、誰も分かりません。でも、そうなると次の質問が湧いてくる訳ですが…関税が上がり続けると景気後退を引き起こしてしまうのでしょうか?

WESSEL: It absolutely could cause a recession. Look, the U.S. has gone without a recession for nine years now. That's a very long time by historical standards - only happened once before in the last 150 years, and that was in the 1990s. Economists like to tell us, with accuracy, that expansions don't die of old age. But they don't go on forever either. And it's not hard to imagine what happens here.

 確実に景気後退を引き起こす可能性があります。米国経済は、もう9年間もリセッション(2期連続のマイナス成長)を経験していません。歴史的に見ても、非常に長い景気拡大局面が続いているのです。このようなことは過去150年間に、今回以外に1度起きているだけで、それは1990年代に起きています。長く景気拡大が続いたから景気拡大が終わりを告げるものではないというのはエコノミストたちの言うとおりですが、しかし永遠に景気拡大が続くものではないこともまた事実です。これから先どうなるかを予想するのは大変に難しいのです。

We put tariffs on our trading partners. They put more tariffs on us. We put more tariffs on them. Exporters lay off workers. Global supply chains get disrupted. Prices rise. The stock market drops. Businesses are shaken, pull back on investment. You get the idea. It could really escalate.

 米国が貿易相手国に関税を課します。すると貿易相手国も米国の関税を課します。そうすると、米国はさらに関税を課します。輸出業者は労働者を解雇します。世界的なサプライチェーンが混乱してしまいます。価格が上がります。その反対に株価は低下します。企業は動揺して投資を見合わせます。そういうことになります。そのようなことが加速する可能性もあります。

INSKEEP: Now, I suppose if you're President Trump, you're hoping that China is hurting here and might feel, at some point, intimidated and willing to back off, that other countries will feel the pain and be willing to back off. And I do notice that the Shanghai stock market, up until very recently, was down about 15 percent for the year - up a little bit overnight - but has been very down this year. Does that mean that China actually is hurting?

 もし貴方がトランプ大統領だったら、貴方は、中国は今痛手を受けているが、この先ある時点で怖気づいて考え方を改めると思っているのでしょうね。中国以外の国も痛みを感じて考え方を改める、と。上海株式市場は、今年に入ってから最近までに株価が15%低下していますが、それは中国にとって痛手となっていますか?

WESSEL: Well, we know that exports are very important to the Chinese economy. And there's no doubt that the tariffs we're imposing on them are hurting their exports. And that's one reason that Shanghai stocks are down - a lot of other things going on, too.

 中国にとって輸出が大変大切であることを我々は知っています。米国が課している関税が中国の輸出を痛めつけていることは間違いありません。それが上海株が低下している一つの理由なのです。そして、株価以外のモノの価格は上がっているのです。

But let's remember, the Chinese have cards of their own to play. President Trump is not targeting only China, as you said. It's Europe, Mexico, Canada, too. And so China's seeing an opportunity here. They're accelerating efforts to organize a free trade deal with 16 big Asian countries - big and small - Japan, India, Australia. And they'll have more impetus for that. And they also can make life miserable for companies based in the U.S. that export to China or do business in China, as they've done. They're going to raise tariffs on SUVs made in the United States by Ford, Tesla, Mercedes and BMW.

 しかし、中国は他にもカードを持っていることを忘れてはいけません。そして、トランプ大統領は中国だけを標的にしているのではないのです。欧州、メキシコ、カナダも標的です。そこで中国は一つの可能性を探っています。アジアの16か国で形成するフリー貿易ゾーンを作ろうとしているのです。日本、インド、そしてオーストラリアも含まれています。彼らは益々その実現に積極的になるでしょう。そして、それが実現すれば、中国に輸出する米国の企業や中国で事業を行っている米国の企業は弱い立場に置かれるでしょう。フォードやテスラやメルセデスやBMWが米国で生産したSUVに課す関税を彼らは上げるでしょう。

INSKEEP: OK. So David, the president has tweeted this morning, (reading) the economy is doing perhaps better than ever before - those are his words. He's also been tweeting, (reading) be patient. It's all going to work out.

 分かりました。大統領は今朝ツイートをしていますね。こんなことを言っています。経済はかつてなく良好だ。これが彼の言葉です。辛抱してくれ、そうすると全て巧く行くとも言っています。

But are companies likely to be that patient? Very briefly.

 しかし、企業は辛抱しそうでしょうか、簡単に言ってください。

WESSEL: No, I don't think so. I think companies that have built strategies on globalization, global supply chains - are beginning to rethink them. And let's remember - while there's a lot of focus on people who get hurt by globalization, there are a lot of people in the United States who've benefited. And those patterns that have led us to the prosperity that many people have enjoyed here and around the world are now at risk.

 そうは思いません。世界規模で、そして世界規模のサプライチェーンの上に戦略を練っている企業は、戦略を練り直し始めています。グローバリゼーションの進展で被害を被る人々がいる反面、そのお蔭で利益を被る多くの人々がいるのです。そして、我々を繁栄に導いた成長パターンが今、破壊されようとしているのです。

INSKEEP: David, thanks very much.

WESSEL: You're welcome.

INSKEEP: That's David Wessel.

 

 共和党の大統領が、自由貿易を否定し、企業に辛抱しろなんていうのですから、世の中変わったものなのです。

 でも、トランプ大統領は止めないでしょうね。

 しかし、そうだとしたら日本は、貿易戦争が悪化したときのことを考えておくべきで、米国一辺倒ではなく、欧州との関係強化に努力することが必要だと思うのですが、如何でしょうか?


 
 トランプもそしてシンゾウも痛い目に逢わないと分からないと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓