文科省の佐野科学技術・学術政策局長が昨日、突然逮捕されるという出来事が起きました。

 東京医科大を文科省の私立大支援事業の対象に選定するよう便宜を図った見返りに自分の息子を同大学に合格させてもらったという受託収賄の容疑なのだとか。

 地検というのは、こんなにも素早く動くものでしょうか?

 驚きを禁じ得ませんね。

 それに私立大支援事業に選定してもらっても、東京医科大はたったの3500万円の助成しか受けていないのです。

 私立大学の医学部と言えば…受験生から何千万円も寄付金を要求するというようなことをかつてよく聞いたものですが、それは昔の話になったのでしょうか?

 つまり、3500万円ぽっちのために法に触れるようなことをするのか、と。

 それに佐野氏の側としても、次官就任が確実と思われていた訳ですから、普通だったら法に触れるようなことはしない筈。

 そしてまた、エリート官僚の息子ですからそれなりに頭が良かった推測される訳で、だったらそのようなことをしなくても、どこかの私大の医学部に合格するのはそれほど難しいこととは思われないのです。

 点数を水増しした結果、合格になったとも言われていますが…もし、それが事実だとしたら、何故東京医科大側の関係者も同時に逮捕しないのか、と。

 司法取引が行われたのでは…と言われていますが、どうもおかしい!

 佐野氏が法に触れるようなことをしたかどうかは別として、佐野氏を逮捕して口を封じなければならない事情が権力側にあったから、このようなことになったのではないのでしょうか?

 佐野氏は文科省の官房長も務めています。そして、山梨大の副学長にも就任していたことがあります。

 山梨大学の副学長のポストにいたときや官房長時代に、例えば有力政治家から裏口入学を強要されたというようなことがあったのではないでしょうか? 或いは、文科省の天下り問題に関して、官邸から筋の通らない指示がなされたということがあったのではないでしょうか?

 つまり、有力政治家にとって不都合な情報を知り過ぎていた、と。

 或いは、その不都合な情報をネタに権力側に揺すぶりをかけていた可能性はないのでしょうか?

 だから、佐野の口を封じろ、と。

 突然の逮捕にしては、余りにもしょぼ過ぎる容疑内容です。

 


  この突然の逮捕劇には、何か裏がある筈だと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓