文科省の佐野局長が逮捕された件ですが…

 佐野氏の容疑は、東京医科大に便宜を図った…具体的に言えば、文科省の私大ブランディング事業として選定した見返りに、息子を合格してもらったということなのですよね。

 でも、この私大ブランディング事業には、加計学園の岡山理科大の事業も同じように選定されているのです。

 この選定作業は、学識経験者等で構成する「私立大学研究ブランディング事業委員会」が行うこととされていますが、それは建前であって、文科省の幹部の意向が反映されていないとはとても思えません。

 それにですよ…私学の経営者たちが政治家を通じて陳情することだってある筈。

 東京医科大がどうして選定されたかについて調査する必要がありますが…岡山理科大が選定された理由についてもよく調べる必要があるのではないでしょうか?

 というよりも、役所が補助金をどこに付けるかなんて、そんなに中立、公正に決められているとはとても思われません。

 公共事業の個所付けだって、小沢一郎が取り仕切っていたなんて時代があったではないですか?

 天下りを受けてくれた見返りに、なんてことも十分考えられます。

 今回、見返りの内容が息子を医大に合格させたことになっているので、俄然関心が集まっている訳ですが、そうではなく天下りを受け入れることだったら問題がないのかと言いたい!

 やっぱり、いけないのでしょう?

 いずれにしても、何故岡山理科大が選定されたのか?

 その辺の事情を佐野氏はよく知っているので、口封じをする必要があると考えたのではないのでしょうか?

 或いは、今までに佐野氏が他人の…例えば有力政治家から陳情を受け、裏口入学を何度もあっせんしたことがあり、そのようなことが彼の常識を狂わせた可能性がないとも言えません。

 それにしても、何故佐野氏だけを大きく取り上げ、東京医科大側の関係者については逮捕しないのか?


 意味不明です。


 
  文科省は、安倍総理との関係で岡山理科大を選定せざるを得なかったのではないかと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓