貿易戦争が始まったと米国のメディアが報じています。

 NPRのニュースです。


 STEVE INSKEEP, HOST:

A trade war with China is on today. At 12:01 Eastern time today, the United States fired the first shots in that war by imposing tariffs on $34 billion worth of Chinese goods. So a trade war that had been discussed, that had been threats, that had been words, is now real. And China has responded, hitting American goods with equivalent tariffs. This is a real economic gamble by President Trump. The world's two biggest economies are now involved in these trade actions, and NPR's Rob Schmitz has been following the story from Shanghai. Hi there, Rob.

 中国との貿易戦争が本日開始されました。東部時間の本日12時1分に米国は、340億ドル相当の中国製品に関税を課すことによって一発目をぶっ放しました。これまで貿易戦争が議論になり、貿易戦争に発展してもいいのかと言われてきましたが、今や現実のものとなったのです。そして、中国も同額の米国製品に対して関税を課し応戦しました。これこそ、まさにトランプ大統領によるギャンブルなのです。世界の2大経済大国がこの貿易戦争の当事者となっているのです。NPRのロブ・シュミッツが上海からお伝えします。

ROB SCHMITZ, BYLINE: Good morning, Steve.

INSKEEP: OK. So just talk us through the practicalities here. President Trump uses authority that he's been given by Congress to raise taxes, raise taxes on things that Americans import from China. China responds on American products. What happens then?

 実務的な問題について話をしましょう。トランプ大統領は議会から与えられた関税を引き上げる権限、つまり中国からの輸入品に関税を課す権限を行使しています。そして、中国は米国製品に関税を課し対抗している、と。次にどのようなことが起きますか?
 
SCHMITZ: Well, then, you know, these tariffs will be passed on to consumers, both in the U.S. and China, as the companies whose products are targeted stop exporting and start to scramble to find new markets for their goods. That, of course, will mean higher prices for a range of products. Eventually, this is going to have a big impact on the flow of goods worldwide, as well as jobs. I spoke to longtime Beijing attorney James Zimmerman about this today, and here's what he said we can expect.

 そうですね、お分かりのとおりこれらの関税は消費者に転嫁されます。米国及び中国の消費者に転嫁されるのです。というのも、関税の対象となる製品を製造している企業が、輸出を止め他の市場を探し始めるからです。つまり、ある種の製品の価格が上がるのです。そして、結果として世界的にモノの流れに大きな影響を与えるでしょう。雇用に対しても同じように影響を与えるでしょう。私は、このことについて本日、中国側の代理人をしているジェームズ・ジンマーマンに長時間話をしました。次が、この先起こりそうだと彼が言っていることです。

JAMES ZIMMERMAN: What we can expect is disruption in supply chains. We can expect job losses and a decline in investor and consumer confidence. And that's going to impact the stock market. And the impact on U.S. business is going to be - in my opinion, will be substantial.

 予想できることは、サプライチェーンが混乱させられることです。雇用が減少し、投資家や消費者のマインドも弱くなってしまうでしょう。そして、それが株式市場に影響を与えます。米国の企業に対する影響は大きなものとなるというのが私の意見です。

INSKEEP: I'm glad that he mentioned supply chains, Rob, 'cause it's not that China sells me directly a product as a consumer. They're selling something to an American company. The product might even go back and forth between the U.S. and China and other countries several times. So how will U.S. businesses be affected here?

 サプライチェーンについて彼が語っているのは嬉しいですね、ロブ。というのも、中国が消費者としての私に直接モノを売る訳ではないからです。中国は米国の企業に何かを売る、と。そして、それを利用してできた製品が米国と中国、或いはそれ以外の国の間を行ったり来たりする訳です。では、米国の企業はどのような影響を受けるのでしょうか?

SCHMITZ: Well I've spoken to folks in the U.S. business community here, and they're telling me that China's government is already targeting their products in ways that sort of go beyond tariffs in unofficial ways. You know, they've seen customs officials inspecting more shipments of U.S. goods, slowing down business in other ways. On the Chinese side, China's government is now targeting Chinese tourism to the U.S. The Chinese embassy in Washington has issued a warning to Chinese tourists to be careful of shootings in the U.S., to watch out for customs agents, robberies and things like that. It's a clear message from them that Beijing has the power to prevent its tourists, as well, from spending money in the U.S.

 私は、よく現地の米国企業社会の人々と話をします。彼らが言うのは、中国当局は既に、関税以外の様々な方法で彼らのビジネスにブレーキをかけているということです。米国製品に対する税関の職員の検査も時間がかかるようになっています。また、中国は、中国人の米国への旅行について制限をかけ始めています。ワシントンにある中国大使館は、中国人の旅行者に対して、米国では銃の乱射事件などに注意するように言ったり、税関職人による盗難に気を付けるように言ったりしています。中国人の旅行者に対して、米国では余りお金を使わないようにと中国当局が言っているということなのです。

INSKEEP: It's kind of like the soft equivalent of a tariff to respond on U.S. tariffs. Suppose it could end well. How would it end well? What is the best scenario here?

 米国の関税に対する一種の対抗措置ということですね。もし、こうした事態が巧い方向で終息することがあるとすれば、どういう形でそうなるのでしょうか?

SCHMITZ: Well, I suppose the best scenario would be for China to say, yes, you're right. We'll give in and start treating U.S. businesses fairly and stop forcing them into joint ventures and stop requiring them to transfer their technology to China. But, you know, that's not really what's happening here. China's responding, as we've seen, with equivalent tariffs, and it's made no discernible moves towards changing these policies that seem to anger the Trump administration.

 そうですね、最善のシナリオは中国が「分かりました、米国の言い分が正しいです」と言うことです。中国が降参し、そして米国の企業を公平に扱い、ジョイントベンチャーへの参加を強制したり、或いは、中国への技術移転を強制することを止めさせることです。しかし、今起きているのは全く違うことです。中国は同じような関税で米国に対抗しているのです。トランプ政権を怒らせるようなこの政策を中国が変える兆しは見られません。

INSKEEP: Where you are in China, how are people on the streets or on social media or elsewhere responding?

 貴方は中国にいる訳ですが、現地で人々はどのように反応していますか? 街の人々やソーシャルメディアの反応ですが…

SCHMITZ: I think there's a lot of confusion, Steve. You know, the Trump administration fired the first shot in this trade war. China's government insisted it's being forced to retaliate. So Chinese people I've spoken to say that this is U.S. aggression against China. And at least in urban China, you know, these are people who drive American cars. They wear clothes with U.S. labels. They use iPhones and they use iPads on a daily basis. So they're thinking, look, you know, we're buying American goods. Why is America targeting us? And that confusion can easily lead to a sense of anti-Americanism if this trade dispute gets worse.

 困惑していると思います。ご承知のようにトランプ政権が1発目をぶっ放しました。そして、中国当局は、報復せざるを得ないと主張しています。私は話をした中国の人々は、これは米国の中国への侵略だと言っています。少なくても中国の都市部では、米国車を運転する人々がいます。米国ブランドの衣服を着ている人もいます。毎日iphoneやipad を使っている人がいます。彼らに言わせれば、自分たちは米国製品を買っている、と。何故自分たちを攻撃対象にするのか、と。ということで、貿易紛争が悪化すると簡単に反米感情が高まるでしょう。

INSKEEP: NPR's Rob Schmitz in Shanghai. Thanks.

SCHMITZ: Thanks.


 私思うのですが、仮に米国と中国が強硬な姿勢を貫き通し、その一方で、中国と米国が日本などを通じて迂回取引をすることになれば、中国の対米黒字は大きく減り、その点だけ見ると米国にとっては成果が上がったように見える訳ですが、他方で迂回取引によって日本の対米黒字が増加するのであれば、何ら根本的な解決になり得ません。

 幾ら政治の力でモノやお金の流れにストップをかけようとしても、抜け穴が見つけられるのです。

 いずれにしても、どこまでトランプのやせ我慢が続くのか、と。




 両国とも痛い目に合わないと妥協はしないだろう、と思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓