本日の二本目です。

 日刊ゲンダイの記事です。
 受託収賄容疑で逮捕された文科省前局長の息子を入学させる見返りに、東京医科大学は私立大支援事業の対象校に選定されるよう依頼していたが、 “アベ友”疑惑が消えない「加計学園」も、医科大が依頼したのと同じ支援事業の対象に選ばれ、過去に補助金を受けていた。 5日の野党合同ヒアリングで、議員らはこの問題を徹底追及。文科省が加計学園を優遇し、補助金を出していた疑惑が浮上した。 

 問題の支援事業は、独自の取り組みをする大学に補助金を支給する「私立大学研究ブランディング事業」。医科大が受給する前年の 2016年11月、加計系列の千葉科学大学と岡山理科大学が事業者として選定されていた。 

 千葉科学大の事業は「『フィッシュ・ファクトリー』システムの開発及び『大学発ブランド水産種』の生産」で、岡山理科大は「恐竜研究の国際的な拠点形成」。 申請した全198校のうち、選定されたのは40校。加計系列の大学が2校も、「倍率5倍」をクリアした格好だ。 

 選定過程は、まず教育の専門家からなる委員会が各事業を審査。点数付きでの評価を経た後、文科省の高等教育局私学助成課が再審査する。 最終決定者は高等教育局長だ。ヒアリングで議員が「委員会の審査時や文科省内の再審査時に、第三者が介入する余地があるのではないか」と追及すると、 文科省担当者は「恣意が入るものではないと思うが、捜査中でありコメントを控える」と逃げの一手だった。 

 さらに、補助金額は年額2000万〜3000万円が相場とされるが、千葉科学大は1年目に3750万円、岡山理科大は4200万円だったことが発覚。 
医科大が受けた3500万円を上回る金額に、議員からは「やっぱり加計優遇じゃないのか」と疑問の声が上がっていた。 

「文科省は昨年、選定に際し第三者が介入する余地はないと説明していましたが、今回の事件で疑惑は深まった。選定過程に文科官僚が介入する余地があったことが証明された格好です。 政官界関係者の間では、安倍首相と加計理事長の関係の深さは周知の事実。文科省が忖度して加計系列の大学を選んだのではないか。そう疑われてもしかたありません」(ヒアリングに参加した国民民主党・山井和則衆院議員) 

 加計学園は4日、愛媛県庁記者クラブに「今後、記者会見は行わない」との文書を送ったばかりだが、説明しなければ疑惑は深まる一方だ。


 文科省の佐野局長が逮捕された件ですが…

 佐野氏だけが突出して悪人のようなイメージ操作がなされている訳ですが…

 イエ、佐野氏を擁護しようというのではないのです。

 もし、報じられているとおり、息子の合格を引き換え条件にしたら、怪しからんこと!

 しかし、補助金をどこにつけるか、なんてそんなに厳正に行われているとはとても思えません。

 もし、厳正にやりたければ、AIに判定させろと言いたい!

 しかし、そうなると政治家の活躍の場がなくなってしまうのですよね。

 いずれにしても、佐野氏の逮捕に裏の事情があるとしたら…

 それは、佐野氏の逮捕によって誰が一番得をするかを考えると、何となく首謀者が分かってくるような気もします。

 先ず、佐野氏が次官コースから外れることによって得する者。

 それから、東京医科大の理事長や学長が排除されることによって得する者。

 但し、そうしたことを考えて佐野氏や東京医科大の理事長らについて密告する者がいたとしても、東京地検がこんなに素早く動くものか、と。

 そして、何故佐野氏だけの逮捕になったのか、と。

 そうすると、どうしても佐野氏の口封じのためと考えるのが一番可能性が高いのではないでしょうか?

 では、佐野氏はどのような秘密を握っていたのか、と。

 どう思いますか?

 ひょっとしたら少し込み入った事情があるのではないでしょうか?

 私の想像ですが…

 日大のスキャンダル報道を受け…東京医科大の関係者から内部告発があったのではないでしょうか、と。

 日大の理事長も酷いが、東京医科大の理事長も同じだ、と。

 この際、告発して体制を一新すべきだ、と。

 そこで、検察に情報が寄せられたものの…調べていくと、私大ブランディング事業の選定の公平性の問題にぶつかった、と。

 なるほど、当時の佐野官房長が関わった疑いが濃いが、同時に岡山理科大などにも同氏が関わっているのではないか、と。

 そこで…


 この先は言いません。

 佐野局長の逮捕には裏があると思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓