アベシンゾウから寿司をご馳走になって、アベシンゾウをよいしょしまくっている田崎スシロウでさえ、今回は、今までで一番できの悪い内閣と言っています。

 この人で大丈夫かという人が5人くらいいると言っていました。

 つまり、大臣にすべきでない人物が相当数含まれているということなのです。

 私も含めて一般の人は、余り有名でない人物ばかり大臣になっているので、それが本当か確認する術がないと思っていたのですが…

 本当につまらない人物が、自信なさそうに棒読みの記者会見をしている動画を観てしまいました。
 


   
東京パランピック!パラピッ?パラピック!競技大会・東京パラリンピック担当大臣の桜田義孝でございます!!



 どうしたのでしょう、この人。

 本当に自信なさそうに話しているのです。というよりも、用意された原稿を読んでいる、と。

 何故このような人を大臣にしたのか?

 でも、この人、過去、こんな発言をしたことが判明しているのです。


   
「・・・これまで国家を批判する輩がこの国をダメにしてきたんだ。 日教組がありもしないことを教えて国をダメにしてきたんだ。 あんたみたいなサヨク的人間がこの国をダメにしてきたんだ。 従軍慰安婦だとかありもしないことを言い続けてこの国の誇りを踏みにじってきたんだ。 私なんか・・・・」


 もうお分かりでしょう?

 アベシンゾウは、こういう保守的というよりもネトウヨ的な発言をする人が大好きなのです。

 言ってみれば、アベシンゾウはネトウヨ教の教祖様みたいなもので、だからその教えに素直に従う信者を幹部に登用するということなのでしょう。


 国家を批判してはならぬ!

 アベシンゾウ様には敬意を表さなければならぬ!

 だから、「もっと強気で行け、PMより」と書かれたメモをみて、虚偽答弁にこれ務めた当時の佐川理財局長(その後国税庁長官)を麻生大臣は「極めて有能な行政官だった」なんて言うのでしょう。

 でも、言っときますが、国会で虚偽の答弁をしたという点については麻生大臣も同罪であるので、その麻生大臣が佐川氏のことを評価したって、何の意味もない、と。

 他にもいますよね?

 教育勅語がどうのこうのと言っている文科大臣。

 本当にみっともない連中の集まりとしか言いようのない安倍内閣。

 全員野球どころか、全員にお灸を据えてやりたい気持ちです。


  
 このパラリンピックもまともに発音できない男をどうしてその担当の大臣にしたのか、とお怒りの方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓