最近、何かとキャシュレス経済へ移行することを推奨するような意見が目立ちます。

 日本は、買い物などをした際、諸外国と比べて現金で決済する比率が抜きんでて高いのだとか。

 クレジットカードや小切手などで支払うのではなく現金で支払う比率が高い、ニッポン!

 ところが、海外ではその逆だ、と。

 例えばデンマークでは街角でギターを演奏してくれる若者に対する投げ銭がキャシュレスでなされるのだとか。

 どうな風にして行うのでしょうね?

 スウェーデンでも、物乞いへの施しもキャッシュレスでの支払いがされるのだ、と。

 これまた、物乞いにどうやってキャシュレスでお金をあげたと同じような効果を生むことができるのか、私にはイマイチ想像がつきませんが、いずれにしても日本は遅れているのだ、と。

 いずれにしても、外食産業や小売業界などでは、キャッシュレス決済によって事務の効率化を推し進めることが可能なのだと言います。

 確かに、カードのやり取りで決済が簡単に済むなら、大変便利であることは事実。

 これは容易に想像することができますが…

 しかし、一番怖いのは、カードなどに記録される情報が勝手に書き換えられる恐れがないのかということなのです。

 それに、安倍政権への忖度のために財務省は、公文書の改ざんまで行い、1年近く国会を欺いていた訳ですから。

 今の安倍政権の嘘つき度合いを考えるとき、そういうインチキが起きないとは断言できないのです。

 キャッシュレス化のメリットとして、キャッシュがない社会では強盗や窃盗がなくなるという意見があるのですが…その一方で、保有する現金残高の書き換えなどの不正が増える可能性は大きくなると思うのです。



  キャシュレス化を進めるとしても、今のような嘘つき内閣の下では御免だという方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓