韓国の最高裁が下した判決に対して日本が厳しく抗議しています。

 それにしても不可解な判決ですね。

 個人の損害賠償請求権が消滅していないという主張が、純法理論的に全くあり得ないものではないとしても、日本と韓国の両政府間で、戦争に伴う損害賠償は解決済みとの結論が出ている以上、今更韓国の最高裁がそれを認めてしまうと、国家間の約束事が無意味になってしまい、法秩序はないに等しいものとなってしまいます。

 それに、仮に個人の請求権が消滅していないと認めたとしても、その個人の損害賠償の請求先は、日本政府と合意をした韓国政府に向かうべきものとならないと法理論的におかしいでしょう。

 そのようなことは、法律を学んだことのあるものであれば常識だと思うのですが、それにも拘わらず敢えてそのような判決を下したことの意味は何なのでしょうか?

 韓国の最高裁は、理論的な問題よりも国民感情を尊重してそのような判決を下さざるを得なかったということなのでしょうか?

 つまり、韓国民にとって受け入れたくない判決を下して、国民や現政権から批判されたくない、と。

 しかし、そうやって無理難題としか思えない判決を下すことによって、日韓関係がまたもやぎくしゃくなる恐れがあることを心配することはなかったのでしょうか?

 これは多分、理屈ではないのでしょう。

 言ってみれば、怨念!

 日韓併合という名の下に事実上植民地となった韓国は、その無念さを忘れることができない、と。

 日本を悪者にすることによって自分たちがすかっとしたい、と。

 但し、こうした行動に韓国が出るのも大いに米国が影響しているのではないでしょうか?

 つまり、例えば竹島の領有権に関しても、日本はもっと強い態度に出てもいいのに、米国から自制するようにと求められて、それに従ってしまう、と。

 日韓の通貨スワップについても、日本にとってのメリットはないのにも拘わらず、韓国と通貨スワップ協定を結び、韓国を甘やかしてきた、と。

 韓国は、日本に対して少々の無理難題を突き付けても、日本は許してくれるとの思いもあるのかもしれません。

 もし、今回の判決の結果、日本企業が多額の損害賠償を実際に求められることになったら、今度は、日本の企業が韓国政府を相手取って、貴方の国が約束を反故にしたからこんなことになったと、日本で訴訟を起こしたらいいと考えます。

 でも、そのようなことになったら泥沼状態ですよね。

 だから、いつも日本は立ち止まる、と。

 しかし、韓国は、そうした泥沼状態が好きなのです。

 好きで行動しているから、いつまで経っても態度が改まらない、と。

 いずれにしても、今回の判決に関して、安倍総理は、国際法に照らしてあり得ない判断だと言っていますが、貴方様は、国内においてあり得ないことをやっているじゃないか、と。

 分かりやすいように言えば、日本の検察官や裁判官も相当政治の影響を受けているよ、と。

 因みに、私は、日本政府の韓国に対する最後の円借款協議のために韓国に出張したことがあります。地下鉄建設のために日本が韓国に円借款を供与するという案件でしたが、あの頃は、こんな問題は少しも問題にはなっていませんでした。

 実際、徴用工であった人々が文句を言いたい気持ちは分からないではありませんが、韓国政府のいい加減な態度は理解できません。

 
   


 韓国の司法制度は、相当に政治の影響を受けているなと痛感した方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓