それにしても、坂上忍のバイキングは安田さん批判のしつこさは度を越していますね。

 それに、おかしいのは彼らの論理。

 安田さんが、自己責任を否定するのなら安田さんは甘いと叱責してもいいでしょう。

 しかし、安田さんは、自己責任でシリアに赴いたと言っています。ということは、万が一の場合、死も覚悟していたと言ってもいいでしょう。

 彼らの主張に従うならば、彼らが批判すべきなのは、日本政府であって安田さんではないと思うのです。

 安田氏は、自己責任で危険地帯に赴いたのであって、何故日本政府はおせっかいにも助けたのかと批判したらいい。

 そうでしょう?

 しかし、安田さんを見殺しにするようなことになれば、政府への批判が殺到するのが
分かっているので、政府としては助けざるを得なかった、と。

 そういうことなのでしょう?

 それにしても、話の時間が長すぎただの、どうたらこうたら、としつこいったら、ありゃしない、と。

 よっぽど、フジテレビというのはアベシンゾウをよいしょしたいのでしょうね。

 それに、本日既に記事として書きましたが、自己責任をいうのであれば、何故スルガ銀行を救済するようなことをするのか、と。

 
 東国原とか、あんたの方が勘違いしていると言いたい。


 このバイキングは、相当にバイアスがかかっていると思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓