安倍総理が、NHKの日曜討論で埋め立てに関して、「土砂の投入に当たって、あそこのサンゴは移植している」と述べたことをご存知でしょうか?

 本当にそのようなことをしているのか?

 そしてまた、移植が可能なのか?


 琉球新報が報じています。


 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に伴う埋め立てに関し、安倍晋三首相は6日に放送されたNHKのテレビ番組「日曜討論」で事実を誤認して発言した。安倍首相は「土砂投入に当たって、あそこのサンゴは移植している」と述べたが、現在土砂が投入されている辺野古側の海域「埋め立て区域2―1」からサンゴは移植していない。

 埋め立て海域全体では約7万4千群体の移植が必要だが、7日までに移植が終わっているのは別海域のオキナワハマサンゴ9群体のみにとどまっている。 

 沖縄防衛局は、土砂投入の海域付近にあった準絶滅危惧のヒメサンゴ1群体を当初移植する方針だった。県から移植に必要な特別採捕許可が得られなかったことから、特別な装置を用いてサンゴを囲み、移植を回避するよう工法を変更した経緯がある。

 (中略)

 サンゴの生態に詳しい東京経済大学の大久保奈弥准教授は「発言は事実と異なる。サンゴを移植しても生き残るのはわずかで、そもそも環境保全策にはならない」と指摘した。

 (中略)

 首相は「砂浜の絶滅危惧種は砂をさらって別の浜に移す」とも発言した。沖縄防衛局の事業で、貝類や甲殻類を手で採捕して移した事例はあるものの、「砂をさらって」別の浜に移す事業は実施していない。



 如何でしょう?

 なんといい加減な発言。

 なんと無責任な発言。


 信なくば立たず、と安倍総理はよく言っていたが、実際には正反対。


 嘘つき、捏造、アベシンゾウ。

 それでも安倍政権を支持しますか?




 よくもまあ、こんなデタラメを言えたものだ、と思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓