厚生労働省はどこまで腐っているのでしょうか?

 安倍政権はどこまで腐っていると言った方がいいでしょうか?

 こいつらの第三者委員会なんて全く信じられない!

 単に早く幕引きをするための手法にしか過ぎない。

 ところで、先日から少し懸念されていたことですが…

 朝日が報じています。

 衆院予算委員会理事会は4日、厚生労働省の「賃金構造基本統計」の不正調査問題をめぐり更迭された大西康之前政策統括官(局長級、1日付で大臣官房付に異動)について「現職ではない」との理由で政府参考人として予算委に招致しないことを決めた。野党側が招致を求めたが、与党側が拒否した。

 政府が統計不正問題を本当に反省し、その真の原因を探った上で対策を講じようとするならば、逆の対応になったと思うのです。

 それがなんですか?!

 現職ではないから政府の参考人として呼べないだなんて。

 これこそ問題の真相を物語っていると思います。

 この統計不正問題に関して、厚生省のOBなどは統計部門の専門バカに責任をなすりつけようとしていますが…

 つまり政治的な意図はなく、単に面倒くさかったからとか、前例を踏襲しただけだったとか…

 しかし、それが本当であれば、今回更迭された局長級の役人に答弁に立たせる筈でしょう?

 でも、それはしない、できない、と。

 この更迭された人間はなにか微妙な情報を握っているとしか思われません。

 現職でないから呼べないだなんて、それではこの役人の口を封じるために更迭したというのは明らかではないですか。

 本当に腐っていると、国民をバカにしている、と。


 安倍政権と厚生労働省、それに厚生労働省の官房長は国民を舐めていると思う方、怒りを込めてクリックをお願い致します。
 ↓↓↓