それにしても、どこまで腐っているのかと思います。

 腐ると臭うのですよね。

 だから臭わないようにと蓋をする。

 でも、それでは何の解決にもならないのです。

 毎日の記事です。

 厚生労働省が公表する「毎月勤労統計」の不正調査問題に絡み、政府・与党は野党が明らかにするよう求めている2018年1〜11月の「実質賃金の参考値」について、当面は公表しない調整に入った。野党は実質賃金の伸び率が同期間の「9カ月で前年同月比マイナスになる」との独自試算を示し、根本匠厚労相は5日の衆院予算委員会で事実上これを追認する答弁をしたが、「再集計するのは困難」として公表には消極的な姿勢を示していた。

 同省関係者によると、この実質賃金の参考値について再集計していないが、野党の試算と「近い数値の可能性はある」という。政府が公表をためらうのは、野党が「アベノミクス偽装」と追及する根拠を公式に認めることを回避する狙いもあるとみられる。

 毎月勤労統計は18年1月に調査対象事業所を一部入れ替えた。その際、ひそかにデータ補正していたが、補正していない前年と比較していたため、賃金の伸び率が実際より高く出ていた。同省は入れ替わらない事業所のみで比較した名目賃金の「参考値」を示したものの、実質賃金の参考値は公表しなかったため、野党は実質賃金についても再集計して公表するよう求めている。

 実質賃金は名目賃金から物価変動の影響を除いた指標で、生活実感に近い数値。同省がまとめた18年1〜11月の実質賃金は6カ月で前年同月比マイナスになった。


 再集計が困難と言っていますが、どうして困難なのか分かりやすく説明して欲しいです。

 決して難しいことはないと思います。

 以前のデータについては、廃棄してしまっていると言っていますが、賃金のデータは多くの企業が記録を保存していると思います。というか、コンピュータに記録されたままだ、と。

 そうしたデータを消去するなんてことはよっぽどの理由がない限り行うことはありません。

 しかし、幾ら国民を舐め腐ったことを安倍内閣がやったところで、それをメディアが大きく取り上げないことには国民の多くは気が付かないままで済んでしまう恐れがあるのです。


 末期症状ですね。


 都合の悪いデータは公表しないだなんて、そんないい加減な、と思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓