小泉進次郎が入閣した理由ですが…

 小泉進次郎の入閣などについて書くなんて、お前も視聴率しか頭にないテレビ局と大して変わらないな、と言われるかもしれません。



 しかし、それでも本日は、そのことについて書きたい。


 私、安倍総理が小泉進次郎を入閣させた理由は、小泉進次郎の人気を利用することにあると考えていました。

 今もその考えに違いはありませんが…

 でも、それだけでは十分な理由にはなり得ません。

 もっと具体的な、企みみたいなものがアベシンゾウにある筈だ、と。

 だって、安倍総理と小泉進次郎はそりが合わないのでしょう?

 だからこそ、あの森元総理も、「取りも取ったり、受けも受けたり」なんていう訳です。

 だとしたら、取りも取った安倍総理側に何らかの企みがある筈。

 その謎を解く鍵の一つは、小泉進次郎がついたポストにあるかも知れません。

 環境大臣は、大臣のポストとしては、人気のない方だと言った方がいいでしょう。

 例えば、参議院議員が就くことが多かったり…目立たない議員が就いたり、と。

 但し、比較的経験年数が短い議員が就く大臣ポストは他にもある訳です。

 地方創生担当だとか…

 しかし、安倍総理は環境大臣のポストを与えた、と。


 ところで、環境庁の仕事と言えば、今や、原発事故による放射性物質対策が大きな比重を占めているのは自明のこと。

 だから、第一義的な責任は東電や経済産業省にあるとは言え、前任の原田環境大臣は、次のような発言をしたのです。

 「所管を外れるが、思い切って放出して希釈するしか方法がないと思っている」


 地元の漁業者にとっては大変ショッキングな発言ですよね。

 そうでなくても、地元の魚は汚染されているとの噂が立ちやすいのに…

 また、だからこそ、大臣就任後すぐに福島を訪れた進次郎大臣は次のように述べたのですよね。

 「この発言によって、お怒りになった方、また大変苦しい思いをされた方にまず会って、自分なりの気持ちをお伝えしたいと思った」

 如何でしょう?

 どう思いますか、進次郎大臣の発言?

 益々好きになった?

 ちょっと横道にそれますが、こうした新旧大臣の発言に関して、あの田崎スシロウは、原田前大臣の件の発言に関して、「イタチの最後っ屁」と言って批判しました。

 全然ピンと来ませんよね?

 田崎スシロウは、原田前大臣の発言が、地元の漁民を怒らせてしまったので、余計なことを言いやがってとでも思ったのでしょうか?

 しかし、私は、それはおかしいと思うのです。

 原田前大臣は、意図して発言したと思うのです、しかも、経済産業省OBの政治家として。つまり、原発推進のために、敢えて発言をしたのだ、と。幾ら原発推進派の政治家であっても、漁民の反発を恐れて、汚染水を海に放出するなんてことを口にすることができないじゃないか、と。私が代わって発言してやる、と。

 そんな気持ちではなかったのでしょうか?

 それに自分が閣外に出ることが予想されたので、何を言っても叱られることはない、と。

 つまり、安倍政権が推し進める原発政策のために、犠牲的精神を発揮した、と。

 

 いずれにしても、福島の汚染水を蓄えているタンクは増えるばかり。そろそろ限界が近づいているのです。

 そうなると否が応でも汚染水を海洋に放出するしか方法はないかもしれないのです。

 但し、本当に関係者の多くが、それしか方法がないと思うのであれば、安倍総理が自らそれを国民に向かって説明し、例えば福島近海ではなく、東京湾の近くに放出すると言えば、少なくても福島の漁民が反対することはないでしょう。

 違います?

 しかし、安倍総理はそんな役は引き受けない、と。

 そこで目を付けたのが小泉進次郎。

 小泉進次郎大臣の人気は凄いもので、さらにその小泉大臣は、大臣就任後の会見で、「どうやったら原発をなくせるかを考えたい」とまで言う政治家。

 その小泉進次郎大臣が、汚染水は海に放出するしか方法がないと言うのなら、少しは国民の理解が得られるのではないかと、アベシンゾウは考えた、と。

 つまり汚れ役を小泉進次郎に引き受けさせようという作戦なのでしょう。

 要するに、原発推進派の安倍政権がその点で進次郎を利用しようとしているだけなのです。



 さあ、進次郎、どうするのか?



 小泉進次郎は、本当に原発をなくすことを考えて欲しいと願う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓