森田千葉県知事の台風襲来直後の行動が批判されています。

 NHKのニュースです。

 千葉県の森田知事は、台風15号が県内を直撃した翌日の日中、県庁を離れて、30キロほど離れた自宅にいったん戻り、その後、自宅のある県東部を私的に視察していたことを明らかにしました。森田知事は、対応に問題はなかったとしたうえで「やることがいっぱいあるので私にも至らないところはあり、謝ります」と述べました。

 千葉県の森田知事は、7日発売の「週刊文春」で、台風15号が千葉県を直撃した翌日の9月10日の日中、知事公舎とは別の県庁から30キロほど離れた芝山町にある別荘に向かっていた疑いがあると報じられました。

 これについて、森田知事は7日の会見で、向かったのは別荘ではなく、自宅だとしたうえで「被災地に迷惑をかけないため、自分の車で視察しようとしたが、自宅でしか公用車からの乗り換えができなかった」と述べて、10日の午後公用車でいったん自宅に戻り、その後、自分の車に乗り換えて、県東部を私的に視察していたことを明らかにしました。

 これまで県の秘書課は「森田知事は午後3時ごろ県庁を出て、富里市周辺のコンビニエンスストアまで公用車で送り届けた」としていて、知事自身も「自分の車に乗り換え被害の状況について私的に視察をしていた」とだけ説明していました。

 森田知事は、今回の対応に問題はなかったとしたうえで「やることがいっぱいあるので私にも至らないところはあり、謝ります」と述べました。

 一方、私的な視察については「それが私の政治スタイルだ」と述べました。

 森田知事は、台風15号が千葉県を直撃した当日、県庁に登庁せず、10日の朝に災害対策本部の会議が初めて開催されていました。


 ワイドショーなどの報じ方をみると、どうも歯切れが悪い。

 森田知事のどういう行動がどうして悪いかをはっきり言わない。

 しかし、文春が報じていて、視聴率が稼げそうだからということで報じざるを得ない、と。

 結局、森田知事は、千葉県民のことよりも自分の家のことが心配になって、仕事をほったらかして自宅の状態を確認しに帰ったというだけのことなのですよね。

 しかし、それが公になると流石にやばいと感じていたからこそ、当初、それを隠していた、と。

 でも、それが週刊誌にすっぱ抜かれた!

 だから、今度は、少しでも批判を和らげようとして、公用車から自家用車に乗り換えて私的な視察をしたという訳の分からない説明になっている、と。

 まあ、幾ら県知事とはいえ、自分の家のことが心配になるのは当然。

 問題は、自分の家が心配ではあっても、幾らでも他に方法があるということ。部下に確認させにいってもいいし…

 でしょう?

 しかし、森田県知事は大切な仕事をほったらかしにして、私的なことを優先した、と。

 そう皆が思うから、憤慨する訳です。

 それに、幾ら好意的に理解しようとしても、森田知事の説明には不可解な点が多すぎる。

 はっきり言えば、ウソにウソを重ねているようにしか思えない、と。

 なんと男らしくないことか、と。

 自分の家が心配になったから、つい公用車で戻っただけだと言えば…

 少しは分からないこともない、と


 いずれにしても、
森田県知事は、自分がいなくなったら、どうなるかについて何故考えが及ばなかったのか?

 どう思います?

 この点で、私は森田知事がそうした行動に出た理由が多少わかるような気がします。

 この人、普段から全くリーダーシップを発揮したことがない。

 つまり、県知事としての対外的な発信は別として、組織を統率するような役割を全く果たしてこなかった。

 そして、そうした事態に部下たちも慣れていたから、森田知事に判断を仰ごうという気にもならなかった。

 だから、森田知事は、自分が県庁にいなくても殆ど影響はないと判断して外出をした、と。

 そういうことなのではないでしょうか?

 森田県知事の行動は大変残念なことではあるが、この知事がどこにいたところで何も影響はなかったと言っていいでしょう。

 逆に言えば、この人、組織を統率する役割を少しも果たしてこなかった、と。

 対外的発信に関することについては、多少仕事らしいことをしていたかもしれないが…

 しかし、多くの選挙民は彼が組織内でどんな仕事ぶりだったかが分からない。だから、有名であったが故に一票を投じ続けたけた、と。


 県民にとっても森田知事本人にとっても悲惨な結果を招いたとしか言いようがありません。


 選挙によって直接首長を選ぶシステムの功罪に関して改めて考え直してみる必要があるようです。
 


  森田知事は、ウソを重ねているとしか思えないという方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓