昨日2018年分の政治資金報告書が公表され、安倍総理が政治資金パーティーで荒稼ぎをしている実態が明らかになりました。

 LITERAの記事です。

 安倍首相の資金管理団体「晋和会」の政治資金収支報告書によると、安倍首相は2018年に「安倍晋三後援会朝食会」と題した政治資金パーティを東京の高級ホテル・ANAインターコンチネンタルホテル東京で計3回開催。5月28日に2537万9784円、11月2日に2424万円、12月20日に2018万円を集め、たった3回でじつに6979万9784円も集金している。

 他方、支出に目を移すと、会場費郵便料金など3回の朝食会にかかった費用は548万3375円で、経費は収入の10分の1も満たない。つまり、安倍首相は朝食会だけで6431万6409円を収入として得ているのである。


 でも、こうした行為は、実は安倍内閣がよく使う閣議決定で禁止されているのです。

 安倍首相に対しては例年、「よりにもよって総理大臣が大臣規範を破るとは」と批判の声が上がっている。大臣規範とは2001年に閣議決定された「国務大臣、副大臣及び大臣政務官規範」のことで、国務大臣や副大臣、大臣政務官といった職務に就く者は「国民の疑惑を招きかねないような大規模な政治資金パーティーを自粛する」と規定している。

 だが、この規定など完全無視。安倍首相は総理大臣でありながら、収入が1回で1000万円を超える大規模パーティを開催しつづけ、この大臣規範を毎年、平気で破っている。ようするに、襟を正す気などまったくないのだ。


 幾ら閣議決定で自粛するように規定されていても平気で行い…でも、政治資金収支報告書にはちゃんと記載した安倍総理。

 では、何故前夜祭については記載していないのか?

 それは、公にすることができないからです。

 公にすれば、公職選挙法違反の行為が明らかになってしまうから。

 それしか理由が考えられません。

 それは違うというのであれば、ホテルに明細書か帳簿を提出してもらえば、簡単に証明できる。

 しかし、その簡単なことをしようとはしない。

 何故か?

 明細書や帳簿を提出すれば、やはり公職選挙法違反の事実が明らかになってしまうからでしょう。

 これだけの疑惑がありながら、テレビ局は安倍総理を庇う、と。

 暗黒の時代です。



 野党はもっと追究して欲しいと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓