何故かPCR検査に消極的な日本政府。

 厚労省職員の中からも感染者が確認されている訳ですが…

 TBSニュースです。

 新型コロナウイルスの集団感染が起こっているクルーズ船で業務していた厚生労働省の職員の多くが、ウイルスの検査を受けずに職場に復帰していたことが分かりました。厚労省は今のところ、こうした職員らに検査を受けさせない方向です。

 横浜港に停泊しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」では、船内で検疫などの作業にあたっていた厚労省の職員ら4人がウイルスに感染していたことが明らかになっています。

 船には、これまでに90人を超える厚労省の職員が入っていますが、そのうち、熱などの症状が無かった職員の多くがウイルスの検査を受けずに元の職場に復帰していたことが関係者への取材で分かりました。中国・武漢市からのチャーター便に関わった内閣官房の職員らは、ウイルスの検査を実施していました。しかし、クルーズ船では応援で船内に入ったDMATも含め、検査は行っていないということです。
 

 これこそ、まさにブラック企業。

 仮に感染していても、あの厳しい受験競争を勝ち抜いてきた者たちだから、コロナウィルス如きに負ける筈はない、いや、負けて感染するような者には官僚の資格がないとでも思っているのでしょうか?


 確かに、ボロボロと感染者が発覚すれば、仕事が回って行かなくなってしまいます。

 ですが、だからと言って感染者を働き続けさせれば、益々感染が広がる、と。


 早い話、幹部は、自分も感染してしまうのではないかと心配にならないのでしょうか?

 大臣だって同じです。

 総理だって、役人が用意した答弁書を読むわけですから、感染の可能性は大いにあります。

 でしょう?

 どうして、職員たちのウィルス検査を実施しないのでしょうか?

 しかし、職員たちのウィルス検査を認めてしまうと、他方で、では何故一般の人たちついては検査を渋るのか、となってしまい…

 要するに、整合性が取れなくなってしまう訳です。

 だったら、検査をしていないと言いつつも、厚労省職員については秘密裏に検査を行っているのか?



 いずれにしても、厚労省は、常に、そういう風に決めたというだけで、その根拠を明らかにすることはありません。

 おめえたちに言う必要はない、と。


 それにしても、毎日と言っていいほど外での会食を続ける安倍シンゾウ!

 なんなのでしょうね、このおっさん。



 
 厚労省の言うことは全く信用できないと思う方、怒りを込めてクリックをお願い致します。
 ↓↓↓