スシローが朝からテレ朝のモーニングショーに出て、支持率急落のスダレ政権の戦後射撃にこれ務めています。

 そして、フジテレビには三浦が…TBSにも…  

 要するに、テレビにはスダレの援護隊が総出で出演して、スダレ政権がやっていることが少しもおかしくはないのだと擁護しているのです。

 でも、何故?

 本当にスダレ政権が精一杯頑張っていて、そして、国民の多くがそれを理解しているのならば、支持率が急落することはなく、従って、スシローなどがテレビで援護射撃をする必要はないのです。

 しかし、実際には支持率が急落しているので、なんとか支持率を回復することを考えなければいけない、と。

 で、そうやってスシローとか三浦とかは、出番が増えるとがっぽり稼げる、と。

 しかし、その反面、コロナ対策は全く改善されることがなく、多くの国民の健康と生命が脅かされ続けるのです。


 いずれにしても、スシローの使命は、支持率急落を食い止めること

 つまり、どうしたら国民は分かってくれるのかを考えて、それを国民に訴えること。



 しかし、国民は分かっているのです。分かっているから支持しない、と。

 だったら、国民を騙すしかない

 そういうことなのですね。

 で、スシローがいろいろ詭弁を弄するのです。

 緊急事態宣言の発出は慎重に行う必要があるという国会の附帯決議があって、与野党の国会議員が合意しているのだから、そう簡単に救急事態宣言を出すわけにはいかず、時間がかかるのは当然なのだ、と。

 バカ言え、と思いますね。

 普段は、国会の附帯決議どころか憲法の規定に抵触するようなことも平気でするくせに、そんな言い訳をする訳です。

 それに、仮にそうだとしても、だったら何故「先手、先手」で行うなんて格好をつけるのか、と言いたい!

 先手先手で対応すると見得を切りながら、それに失敗したものだから、今度は後手後手になる屁理屈を考える、と。

 でも、スシローの詭弁はそれだけではありません。

 政治家は会食が仕事なのだと言い切りました。

 まあ、本人がそう思うのであれば、それは本人の勝手かもしりませんが、正確を期す上で、自民党の政治家はと、限定すべきだと思いますね。

 私は、何が政治家の仕事だと、言いたい!

 政治家、つまり国会議員の仕事は、法律などを国会で議論することではないか!

 つまり、国会を開いてなんぼの商売

 しかるに、国会は開かない、と。

 会食は政治家の仕事だなんて屁理屈をつけるのなら、若者は、大勢集まってバカ騒ぎするのが仕事みたいなものだし、居酒屋はお酒を提供するのが仕事。

 しかし、皆、その仕事が制限されているのです。

 従って、仮に会食が政治家の仕事だと認めたとしても、何故政治家だけが例外扱いされるのか、と。

 全然理由になっていないのです。


 それに、羽鳥君の番組の進め方も非常に不公平なものでした。

 スシローを含め、コメンテーターたちが自分の意見を言うのは結構だとしても、何故他のコメンテーターが意見を言うたびに、スシローにだけ反論の機会を敢えるのか?

 最初から、そのように番組を進行するように打ち合わせがされていたとしか思えない。

 そして、スダレも、それなりにやっているのだという印象を植え付けたい、と。


 しかし…

 いくらスシローが頑張ろうとも、感染が収まらない限り、支持率回復はあり得ないでしょう。

 し、し、しかし…

 今度は東京都の1日の新規感染者数を報じない作戦を取ってきた、と。

 昨日のNHKのニュースですが…毎日報じていた東京都の新規感染者数を報じなかったでしょう?

 要するに、隠蔽、改ざんで乗り切る方針!



  余りにもひど過ぎる!

  
  スダレも弾劾すべきです。




 本当に見苦しいスダレ政権だと思う方、怒りを込めてクリックをお願い致します。
 ↓↓↓